20年以上続けている趣味のトライアスロンと、
我が家の愛犬「もも」を中心に、気ままに書いています。

2011年02月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
日別アーカイブ
審判講習会
[2011年02月28日(月)]
おはようございます。雨降りの朝です。朝練はお休みと
しました。今月も今日で終了。月間走行距離の目標は
300kmですが、今朝を休んだために今月は293kmで
残念ながら届かず。土・日曜日に頑張って計32kmを
走って射程距離に入れていただけに残念です(-_-;)

昨日は静岡県トライアスロン協会主催の、「第3種審判
講習会」に参加してきまし講師の方の一人に、「えぇー
まだゴトウさんは資格を持っていなかったの」と驚かれ
ました。全講習受講者は11名。その内の6名が所属する
クラブからで半数以上を占めました。ルールの細則は
配布されたルールブックを参照するということで、
講習内容は審判をやる上での注意点を、競技開始前
から終了後までの流れに沿って説明してくれました。
選手としてまたボランティアとしては、数え切れないほどの
大会に参加していますが、審判としての心得は裏方と
しての大変さを再認識。「主役はあくまでも選手。
マーシャル(審判)は上から目線でなく、裏方として
選手の為に尽くす」をしっかりと胸に刻み込みました。
Posted at 07:12 | トライアスロン | この記事のURL
定年
[2011年02月25日(金)]
おはようございます。今朝は雨上がりの曇り空。
これから回復に向かうようです。
朝練は定番の山越えのRun10km。昨日、今日と
朝練時に雨降りにならなくてラッキーでした(^_^)v

つい先日、私の一年先輩の方が定年を迎えられました。
弊社の社員としての定年は60歳。今の所はその後
5年間は、嘱託として働かせてもらえます。
私の前後の年代は結構社員数が多く、来年私が定年
を迎える7月までに、所属する建築部員だけでも3名の
方が定年になります。ほとんどの社員がそのまま嘱託
として残りますが、中にはまだまだ働けるのに退職
する方も・・・。やはり30年以上も現場管理一筋でやって
くると、ストレスも相当な物になっているのですネ。
退職しても暮らしていけるのなら、ノンビリとするのも
良いかも知れませんが、一気に老け込んでしまい
そうです(^_^;)
Posted at 06:50 | 仕事 | この記事のURL
床屋
[2011年02月24日(木)]
おはようございます。雨上がりの暖かな朝です。
朝練は定番の山越えのRun10km。今朝は雨上がりで
食べ物を掘り出しやすかったのか、朝練の途中、あちら
こちらで3匹のタヌキを見かけました(*^_^*)

昨日は3ヶ月ぶりで床屋へ行ってきました。会社近くの
床屋で、内勤になってからすぐに行き始めたので、
かれこれ20年以上の付き合いになります。
息子さんと二人でやっていますが、私をやってくれるのは
いつも親父さん。前回行ったのが11月末で「良いお年を」、
今回は「明けましておめでとうございます」と言われ
ました(^_^;) 親父さんはもう70歳近くで、そろそろ引退
したいようですが、私が会社を辞める予定の残り6年間
ほどは、まだまだ現役で頑張ってほしいものです。

先日の焼津市の河津桜の続きです。

Posted at 06:50 | 世間 | この記事のURL
腐れマスコミ
[2011年02月23日(水)]
おはようございます。今朝もほぼ快晴。遠くに見える富士山も朝日に輝いています。
朝練は相変わらずの山越えのRun10kmでした。

昨日の夜7時のNHKニュース。ニュージランド地震の模様を延々と30分以上、
流し続けていました。続いてがリビアの政変のニュース。ようやく3番目に
民主党倫理委員会での小沢氏の弁明の模様。本当に今のメディアは腐りきって
います。午前中に行われたこの弁明、都合の良い部分だけを要約し、
全文を掲載した新聞は皆無のようです。倫理委員会ではこの弁明への回答を拒否し、
小沢氏の党員資格停止を決定しましたが、この全文を読めば大抵の方は
どちらの言い分が正しいか、判断できると思います。
ネットではあちらこちらで掲載されていますが、まだ目にしていない方も
いることと思うので、以下に貼り付けておきます。



※「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」

平成二十三年二月二十二日

衆議院議員 小沢一郎

党倫理委員会の皆様、このような機会をいただいたことに心から感謝申し上げます。

一昨年来、私の政治資金管理団体にかかわる件について、国民の皆様、同志の皆様にご心配をおかけしていることを、まずもってお詫び申し上げます。

さて二月十四日の民主党役員会、十五日の常任幹事会において、元秘書が逮捕・起訴された事実について、私に対し検察審査会により起訴手続きがなされたことは「倫理規範に反する行為」に該当すると判断したとのことですが、本日は倫理委員会の皆様に私の考えをお伝えし、また委員の皆さんのご所見を伺いたく参りました。どうぞよろしくお願い申し上げます。



一. 検察審査会の起訴と、通常の検察による起訴との違いについて



役員会・常任幹事会は、私が、収支報告書の虚偽記載につき共謀したという容疑が真実であるか否かにかかわらず、単に起訴されたという事実をもって処分の根拠としていますが、今回の検察審査会による起訴を通常の起訴と同視することはできないと考えます。

一連の問題に関し、一年余にわたる東京地検特捜部の徹底した捜査により、多数の書類を押収され、秘書・元秘書は身柄を拘束された上で取り調べを受け、私自身も四回にわたって事情聴取に応じてきました。結果、私については不起訴処分、さらに、一回目の検察審査会の起訴相当議決後の再捜査でも再び不起訴処分となりました。検察審査会の議決にある通り、検察審査会制度は「国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度である」とのことです。検察審査会の議決による起訴は、検察の起訴のように有罪の確信があって行うのではなく、法廷で「白黒」をつけるために行う、つまり迷ったから裁判の手続きに乗せようと、当の検察審査会自身が述べているわけです。

また今回、検察官役を担われる指定弁護士も、記者会見において「有罪だと確信したから起訴したのではない。議決があったから起訴した」「私たちの職務は必ずしも有罪だと確信したから起訴するのではなく、法令上、起訴しない条件がなかったから起訴した」と述べたと聞いており、今回の起訴の性格を指定弁護士自身の発言が物語っております。

この点について、倫理委員会の皆さんは、検察審査会による起訴手続きと、検察による通常の起訴の違いについて、どのようにお考えになっているのか、お伺いします。



二.検察審査会の起訴議決が有効であるか否かについて



役員会・常任幹事会は、今回の検察審査会の起訴議決に基づく起訴が有効であることを前提に処分の判断を行っていますが、そもそも検察審査会の起訴議決自体に手続違反があります。

東京第五検察審査会の二度目の議決には、不起訴になった事実以外も議決の対象となっております。つまり一回目の議決と二回目の議決の内容が異なっているのです。被擬事実でもないことについて審査の対象となるのであれば、いかなる無辜の民であっても審査の対象となり、いわれなき容疑によって強制的に起訴されることとなりかねません。公人中の公人であり公選による衆議院議員にとっては尚更であり、到底認められません。

私は、検察審査会の議決の有効性についても行政訴訟により争ってまいりました。この点につき、最高裁は、「刑事裁判の中で主張しうる」との判断を示しており、今後の刑事裁判の中で起訴議決の有効性自体についても争ってゆくこととなります。

さらに、起訴議決に至った最大の証拠である石川議員の供述調書についても、再捜査の取調べの際に担当検事の誘導等があったことを示す録音が存在しており、この供述調書の任意性、信用性が否定されれば公訴取消しも十分にあり得ます。

また検察審査会自体、議事録も公開されておらず、第一回目の議決の際と第二回目の議決の際の構成委員の平均年齢が、本来入れ替わっているはずであるにもかかわらず三十四・五五歳と同じであって、そもそも一億人の中から無作為抽出によって委員を選任した場合に、平均年齢が三十四・五五歳となる確率はほとんどゼロであることに加え、二度の審査委員会委員の平均年齢が同じとなることなど、偶然にしてもあり得るはずもないこと、審査補助員の弁護士に支払われた旅費の日付が、報道による審査補助員就任時期以前のものまで含まれており、ルールに則った審査が行われたかどうか疑わしいこと、議決前には担当検事による不起訴理由の説明が必要ですが、ほんとうに担当検事が議決前に検察審査会に出席したかどうか定かではないことなど、その経過も内容もまったく公開されておらず、全て秘密のベールにつつまれております。一千万都民のなかから無作為で選ばれたとされる十一人の検察審査会委員の素性はもちろん、審査の過程も明らかにされていないのであります。果たして検察審査会による議決が、「国民の責任」といえるだけの正当性を有しているのか、はなはだ疑問であります。

倫理委員会の皆様は、検察審査会の起訴議決の有効性について、どのように判断されているのか、お伺いします。



三.元秘書3名が逮捕・起訴されたことについて



役員会・常任幹事会は、元秘書三名が逮捕・起訴されたことを処分の理由としていますが、これまでは秘書がその容疑を認めた場合がほとんどであり、しかも秘書の逮捕・起訴を処分の理由にした例はないと記憶しております。

他方、私の元秘書三名は、一貫して無罪を主張して参りました。無罪を主張しているからこそ、他の秘書の件とは異なり、強制捜査の対象となり、現在は公判廷において無罪を争っているのであります。この中で先にも申し述べた通り、取調べの際に担当検事の誘導等があったことを示す録音が証拠として採用され、証拠をねつ造したとされる検事による調書の証拠採用が見送られるなど、裁判の今後の成り行きが注目される中、自らの罪を認めた秘書の事例と同列に私の問題を論ずることには違和感を憶えざるを得ません。

この点についての倫理委員会の皆さんのご所見をお伺いいたします。



四.衆議院政治倫理審査会への出席について



私は、昨年十二月末に政治倫理審査会への出席を言明いたしました。

私の弁護団は、刑事裁判中に政倫審に出席して自己に不利益な供述を求められることは、場合によっては裁判において不利益を被りかねず、憲法の人権保障の趣旨に反するとの意見でしたが、私は、国民生活に不可欠な予算の成立に必要であれば、党のために政治倫理審査会に出席すると申し上げたところであります。出席を拒否してはおりません。

政治倫理審査会が未だに開催されていないのは、国会運営上の都合によるものと思います。

倫理委員会の皆さんのご所見をうかがいます。



五.党員資格停止の不利益遡及について



私はもとより処分を受けるいわれはありませんが、今回の党員資格停止処分の期間について、「党員資格停止期間中の権利制限等の指針」によれば、最長六ヶ月とされているものを、一般職公務員の起訴休職を類推して「判決確定までの間」とされている点についても、前例はなく理解に苦しむところであります。党において規約や指針があるにもかかわらず、定められた以上に不利益を適用することは、法治国家のあり方からからしても、また民主主義の国の政党のあり方としても、著しく不穏当であります。これでは規則や指針を定めている意味がありません。

倫理委員会の皆さんはこの点についてもどのようにお考えか、お聞かせください。


以上申し述べて参りました通り、私に対して発議されている今回の処分はいずれも前例がなく、なぜ私だけがこのような処分を受けるのか、合理的な理由は見当たりません。

倫理委員会におかれましては、ただ今申し上げました私の主張について、書面によりご回答下さいますようお願い申し上げます。


今後私は、全国民に開かれた法廷の場において、これまで通り真実を述べて参ります。

そして、何よりも、従来から様々な機会で申し上げてきたとおり、何一つ私自身やましいことはありません。これからの裁判において、私が無実であることは自ずと明らかになります。

私は、この二十年間、一貫して政権交代の必要性を主張してまいりました。そして国民の皆様のお力で、ついに民主党政権が誕生しました。しかしながら、「国民の生活が第一。」の政治は未だ実現しておらず、何千万もの国民の皆様とのお約束を中途半端にすることはできません。

今後は、弘中惇一郎弁護士を始めとする弁護団とともに、一刻も早く無罪判決を獲得して参ります。そして、引き続き民主党の国会議員として、「国民の生活が第一。」の政治を実現すべく、私の座右の銘である「百術は一誠に如かず」の言葉の通り、誠心誠意取り組んで行く決意であります。

何卒倫理委員会の皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。


以上※

Posted at 06:58 | 世間 | この記事のURL
河津桜
[2011年02月22日(火)]
おはようございます。今朝は快晴。久し振りに冷え込ん
だ朝でした。夜明けがだいぶ早くなり、6時過ぎの通勤
時に安倍川にかかる橋上から、シルエット状になった
富士山がクッキリと見えました。
朝練は定番の山越えのRun10kmでした。

この時期にいつも訪れる、焼津市の朝比奈川河口近く
にある「河津桜」。そろそろと思い先週末に訪れてみま
した。しかしながらまだほとんど咲いていなくてガッカリ。
昨日の地元の新聞によると、20日に地域での桜まつり
が催されたそうですが、1,2分咲きでせっかくの祭りも
イマイチだったようです。1月の長期間の冷え込みが
開花に影響して、例年よりも10日から半月遅れに
なってしまったとか・・・。
それでもチラホラと咲いた濃いピンク色の桜と、根元に
植えられた菜の花が、少しだけ楽しませてくれました(^_^)v


Posted at 06:53 | 自然 | この記事のURL
再び島田トレラン
[2011年02月21日(月)]
おはようございます。今朝は曇り空。それでも雨の心配
は無さそうです。
朝練は定番の山越えのRun10kmでした。

昨日は所属するトライアスロンクラブの練習会で、
先月末に行った島田市の千葉山周辺を駆けめぐる、
トレイルランニングを再び行いました。今回の参加者
は8名。私が2番目の年長者で、最近は30歳代の
若手の参加者が増えたことがうれしいです。
コースは基本的には前半上りで、後半下りですが
所々に歩きの入る急坂などもあります。標高約500mの
千葉山までのコースはマウンテンバイクのダウンヒル
の練習コースとして、県外からも愛好者が訪れるとか。
一部倒木などもありましたが、やはり落ち葉が敷き
詰められた未舗装の山道は、普段舗装路ばかり走って
いる足にはとても優しく、走るにはちょっと暑いくらいの
気温でしたが、木陰になった所が多く、吹き抜ける風が
とても心地よかったです(^_^)v

時間にして2時間あまりでしたが、気持ちの良い練習が
できて、夕飯時のビールも美味しくいただけました(^_-)
Posted at 07:00 | スポーツ | この記事のURL
ライオンハート
[2011年02月18日(金)]
おはようございます。暖かな雨降りの朝です。
朝練はお休み。雨降りで今月に入り二度目の休み
ですが、昨日までの今月の走行距離は175km。週末に
しっかりと走り込まないと、目標の月間300km超えが
やばくなってきました(^_^;)

いつもの通り3時半に目覚めたので、今朝は読書。
今回読み始めたのはSMAPの歌っていた一曲のタイトル
と同じ、「ライオンハート」(恩田陸著)。
時間や場所を越えて、「エリザベス」と「エドワード」が
何度も出会う恋愛小説で、何とも不思議な感覚になり
ます。フトンの中で読んでいるので、一つの出会いが
終わった所で、ちょっと目を閉じるとス〜と夢見心地に・・・
自分が「エドワード」になった気分になります(^_-)
また続きを読み始めると再び新しい場面で、
「エリザベス」との出会いが・・・。

この歳になってもまだ、自分にもこんなピュアな気持ち
があったのかと少し安心しました(^_^)v

Posted at 07:01 | | この記事のURL
医療費
[2011年02月17日(木)]
おはようございます。今朝は曇り空。結構暖かいですが、
天気はこれから下り坂に向かうようです。
朝練は定番の山越えのRun10kmでした。

つい先日会社を通して、「協会けんぽ」から昨年の1月
から9月までの私個人の「医療費のお知らせ」が届き
ました。それによると私個人が9ヶ月間で支払った
医療費の総額は、約2万円。個人負担が3割なので、
医療費の総額は6万7千円ほどになります。
内訳は約2割が春先までの「花粉症」、残りは全て
歯科医でした。こうして年間を通しての総額を見ると、
やはり結構かかっているものだなぁという印象。
大した病気や怪我をしなくても、これだけ支払っている
のだから、これからさらに高齢になって、身体のあちら
こちらに不具合が出てくれば、いったいいくらかかるの
だろうかと不安になりますネ(^_^;)
Posted at 06:59 | 健康 | この記事のURL
危なかった〜
[2011年02月16日(水)]
おはようございます。今朝も曇り空。それでも日中は雨
の心配は無さそうです。
朝練は相変わらずの山越えのRun10kmでした。

昨日の帰宅の通勤時のこと。自宅まであと2,3分の所
の信号のある交差点で、私の車は左折しようとして
いました。青色の矢印信号で前車3台ほどが左折。
すぐに普通の青色信号に変わるのが分かっていたので、
私もそのまま左折しようとしたところ、横断歩道にいた
中学生くらいの男の子が、自転車に乗ったまま私の
前に・・・(@_@)急ブレーキをかけて、すんでのところで
止まりましたが、男の子は何事もなかったかのように
そのまま通過。私の方は冷や汗タラリでした。
自動車の運転は特に、最初と最後が危ないとよく言わ
れますが、まさにあと少しで自宅に着くという場所。
私の方に漫然運転で油断があったように思います。
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とならないよう、
ヒヤッとした瞬間を忘れずに、緊張感を持って運転したい
と思います。
Posted at 06:56 | 世間 | この記事のURL
審判講習会
[2011年02月15日(火)]
おはようございます。昨日の夕方から降り始めた雨は、
夜半頃には上がり今朝は曇り空。関東地方などでは
大雪になった所もあるようですが、この地方にお住まい
の方は、お出かけの際には十分にご注意下さい。
朝練は定番の山越えのRun10kmでした。

今月の27日、トライアスロンの「審判講習会」が行われ
るということで、急遽受講することにしました。
当初今回は、審判入門の「第3種」ではなく上級の
「第2種」講習・試験のみの開催予定でしたが、今年
から「第3種」は講習のみで資格取得ができることになり、
底辺拡大のためにも第3種講習を開催することになった
ようです。トライアスロン歴23年になる私ですが、恥ずか
しながら未だに審判資格を取得していませんでした。
当クラブ員にもベテラン選手が多い中、資格取得者は
わずかに3名と約1割。競技を行なう上でも、競技規則、
マナー等を学ぶことは十分に役立つと思うので、
今更ですがしっかりと受講してきたいと思います(^_^)v
Posted at 06:55 | トライアスロン | この記事のURL
| 次へ
プロフィール


リンク集

http://www.dhcblog.com/toraimomo/index1_0.rdf
グラフ


グラフを拡大する
ログイン
Mypagetopに戻る