猫シェルターに行ってきた [2018年06月15日(金)]


スマホから久々に投稿。
近所の保護猫シェルターへ行きました。
うちの猫の1匹が、そのシェルター出身なので
近況報告と、少しばかりの支援物資を届けに
時々訪問しています。

悲しいことに、保護猫としてシェルターに
やってくる猫が後を絶ちません。
この画像の子は新顔さんです。
他にもたーくさんの新顔さんがいました。
そして、もう何年も在籍している子も。
やはり、持病持ちさんや人馴れしてない子、
人馴れはバッチリでも猫同士とうまくやれずに
単独飼い向きな子は、なかなか御縁がありません。
シェルターでひっそりとその生涯を終える子もいます。
でも過酷な野良生活でボロボロになって
この世を去るよりずっといいよね。
施設内で亡くなった子は、普通の飼い猫同様に
名前を付けられ、霊園で荼毘に付されます。
在籍したのがたった1日でも、たとえ数分でも。

不幸な動物を無くすためにも
飼い主さんには完全室内飼育に
避妊去勢手術を義務化してもらいたい。
野良猫暮らしを自由気ままだなんて
思わないで欲しい。
そして、外飼いや出入り自由をやめてほしい。
外のあちこちに糞尿をして他の人様に
迷惑をかけさせないでほしい。
バカな飼い主のせいで害獣になってしまう
猫が不憫で仕方ない。
そして糞尿被害に悩まされている市民のことも
考えてほしい。
猫が苦手な人のことも考えて。
猫には罪はないからと、怒りを押し殺して
我慢してくれているんだから。

…って話を、自称猫好きで
外飼い不妊手術せずのバカ飼い主に
何度も何度も言い聞かせても
逆ギレして聴いてくれない。
「仔猫うまれたから里親募集〜」
とか言い出す始末。
自分で飼えないのに何故増やすのか。
まったく理解できない。

Facebookの猫コミュニティには
こういう飼い主が一定数、いる。
我慢できずに物申すしたら
こっちが退会させられるという(笑)

ほんまなんとかならんのか。

おなかピーピーさん [2018年04月09日(月)]


お久し振りです。
って、誰か見てくれているのかな。
だとしたら嬉しいな。

春真っ盛り、我が町ではもう
桜も散りました。

そんな中、愛猫の元保護猫
コッペさん(♂推定5〜7歳)が
持病の口内炎悪化で免疫力低下、
その流れでトリコモナス発症。
一日に何度も激しい水下痢で
鮮血も混じり、大変なことになりました。

水分がそのまま出ちゃうので
脱水になり、オシッコが出なくなる
これは大変危険な状態。

トリコモナスやジアルジアといった
原虫を駆除するお薬は
現在の日本では、とても苦い錠剤しかないので
飼い主が強引に飲ませるか、
食べ物に混ぜて一緒に食べさせるか
しなければなりません。

しかし、ニオイに異常なほど敏感なコッペさん
お薬をどんな大好物に包んでもダメ。
口にしてくれませんでした。

では仕方ない、強引に口を
開けさせて飲ませるか…と思いきや。
口内炎のせいで大きくお口を開けられないのでした。

そんなこともあり、素人の私では
どうすることもできなかったので
費用がかさむのを承知で、
駆虫が済むまでの予定である二週間もの間、
入院させることになりました。

ええもちろん、二週間は最低ラインであり
駆虫がうまくいかなければ入院期間延長も
視野に入れておかねばなりませんでした。

もう今年は節約しまくって
娯楽は諦めようと覚悟を決めました。



それが、幸いにも二週間で駆虫できたようで。

・・・と、なぜ断定できない言い方なのかというと
トリコモナスって、とてもしつこい原虫でして
無事に駆虫できたと思ったら、実は沈静化しただけで
また何かの拍子に活発化して下痢復活・・・なんて
よくあるらしいんです。

本来なら仔猫や老猫など
免疫力が弱い猫が発症するそうです。
しかし、成猫でも何らかの理由で
免疫力が低下すれば、たちまち活発化して
症状が出ちゃうのだそうです。

コッペさんは雑種ですが、
ペルシャやスコティッシュなど
人気の純血種猫がよく発症するそうです。

まぁコッペさんが保護される前は
純血猫も雑種もごちゃまぜの
多頭崩壊現場におりましたので
トリコモナスが出やすい猫種の血が
混ざっているのかも知れません。

というか、なんだこの顔は(笑)

退院後、駆虫が終わって
通常のウンチに戻って安心していたのに
また最近になって下痢に。
まさか、さっそく原虫が復活???と
ショックでぶっ倒れそうになった私ですが
また病院へ連れて行った結果、虫は出てこず。

しかし、お腹の調子が戻った勢いで
食べ過ぎてしまい、消化不良を起こしたとのこと。

猫は犬と違って一気食いしないから
置きゴハンでも大丈夫だと
ずっとそう信じていた私はショックを受けました。

これからは、決まった時間に分けて
ゴハンを与えなければなりません。
しかし今までずっと好きな時に食べていたから
ゴハンタイム前のクレクレ攻撃がハンパないんですが(笑)

それから毎日の通院、下痢止め注射と
下痢による血便の消炎剤注射を続けました。
規則的なゴハンタイムも継続中。
おかげさまで、今はもうすっかりいいウンチです。

置きゴハンチビチビ食べでも問題なかった
もう一匹の猫、お琴さん(♀4歳)は
非常に不満げで、こうなった経緯を
知っているのか、コッペさんに対して
八つ当たりが激しいです(;'∀')



こちら、お琴さん。
べっぴんさんなのは勿論(笑)、
画像きれいでしょ?
これはスマホアプリ(iPhone)の
「foodie(フーディー)」で撮ったものです。
今はスマホでこんなきれいな
写真が撮れるんですね〜。




そうそう、ここはDHCブログだったわね。
そのDHCさんの猫用サプリ
「負けないキャット」はわりと良いですよ。
でもね、せっかく効果あったのに
うちの子たち、かつお風味に飽きちゃった( ;∀;)

もしできれば、無味タイプも出してほしいなぁ。

ここ、DHCブログ
運営が通販会社なのに
商業的要素がいっさいないので
のんびりと書きたいことを書けます。



タブレットから記事書けるかテスト [2017年12月11日(月)]
夫の会社支給のタブレットで、
ブログの記事を投稿できるか、テスト。
もう使わんからあげると言われたので
何かしら使い道はなかろうかと模索中なのだ。

しかし、これかなり使い勝手の悪い製品なのだろうか?
それとも私が下手くそなのかな?
文字入力は、最初こそ手こずったものの
慣れたらまあまあ?かな?
しかし、せっかくのタブレット端末だから、
お絵かきアプリでイラストでも描こうかなと思って
極細のタッチペンをAmazonで買ったのに
Android端末OKってちゃんと確認して買ったのに
全然ダメだー。

凄く反応悪い。全くと言っていいほど描けない!
iPhoneではちゃんとスムーズに描けるので
ペンのせいじゃない。確実にこの
タブレットが悪い。

まぁ仕方ない。
お絵かきは諦めることにした。
あとは、この記事がちゃんと投稿できるかどうかだ。
それも無理なら、コイツはデカい文鎮みたいな
役割しかできないということだ。

それか、平たいカメラ(笑)
とにかく何かに使いたいのだ。

さて、投稿できますように・・・。



9月になっていきなり涼しい [2017年09月02日(土)]
台風の影響もあって、昨日あたりから
いきなり涼しくなっちゃって
朝方なんて寒い位です。

またうっかり風邪をひいてしまいました。
昔から、自己管理があまり得意ではありませんでした。
季節の変わり目や、急な冷え込みが来ると
だいたいいつも体調を崩していました。

若い頃は、そんな自分を何故か
センシティブなのに自分を省みない所が
自由奔放な感じでイケてんじゃない?
なんてふうに勘違いして、気に入っておりました。
だから友人など周囲に体調悪いアピールしまくってた
思い出すだけでも死にたくなるような黒歴史があります。

そんな若い頃の勘違い&恥晒しを通り過ぎて
一応は大人になり、もう中年と呼ばれる年代の私。
ブログの他にSNSも、TwitterやInstagramを
やっております。

そのSNSのページ、いわゆる
タイムラインに乗って流れてくる
あの頃の私の黒歴史とソックリな
「不健康自慢」の数々。

「○時間しか寝てない」
「○○○(医薬品の銘柄)飲まなきゃ」
「一人でいる時はアイスしか食べない」
「私だけ寒いから何枚も着てる」

私はこんなに繊細
私はこんなにか弱い
私って幸薄
こんな無理しちゃう私って可愛い
私は守られるべき


わたしわたしわたし・・・・

ようは、愛されたいのだね
甘やかされたいのだね
誰かに守ってもらいたくて
それを叶えられたら見せびらかしたいんだよね

今思えば若かった頃の私がそうだったなぁ。
当時はまるっきり自覚なかった。
・・・いや、うっすらとはあったけど
無自覚のフリをしていたかも。
とにかく若かった、そして子供だった。
子供でいたかったんだろなぁ。

若かったら、ちょっと弱くて
足りないほうがチヤホヤっていうか
周りが助けてくれるんよね。
たとえ演技バレバレでも
そのあざとさですら魅力にできちゃう。
それを本能的に分かってた。

と、ちょっとだけ格好よく言い訳してみるが
やっぱり思い出せば出すほど
こっぱずかしい。

それに歳食った女が
若い子と同じように
できないわかんないアタシ弱いアピールしても
誰も助けてくれんわ。
稀に例外な女性もいるけど
それは別世界の人で、人種が違う
「プロ」ですから真似しちゃダメよ危険。

って、いつの間に話が大きく逸れまくってら(笑)
単に風邪ひいたってだけなのによ。






見てはいけなかったのか [2017年08月05日(土)]
スマホのゲームアプリを、夫と競い合いたい為
それだけの理由でFacebookに登録した。
もう本当にそれだけの理由だったから
夫以外の他に誰とも繋がらずにいた。

そうすると、Facebook側から
友達をもっと作りましょう、だの
スマホの連絡先や住んでいる地域から
割り当てているのか、
「○○ ●●さんと知り合いですか?」
だのといった通知が
しょっちゅう来て、うるさい(笑)

その中に、偶然
昔の友人と同姓同名の方を発見。
思わず興味が湧いて、その名前をクリックした。

私はかつての友達とは
あまり良い別れ方をしていなかったので
正直、彼らがあれからどうなっているのか
知りたいような、怖いような。
でも、どうしてもスルーできなかったのだ。

ま、見た結果、その元友人ではなく
まーーーったくの別人で、無関係な人でした。

で、それが起爆剤になっちゃったのか
今ではすっかり疎遠になっている
昔の友人の名前で検索をかける、かける。

で、見つかりましたよ。
かつての友人たち。

あの頃と殆ど変わっていない人いれば
すっかり変わって大人になった人もいる。
そもそもFacebookは、今や
「リア充自慢サイト」とも呼ばれるように
現状が充実していなければ、記事を書かない。
っていうか、いい事しか書かないもんだよな。
実名晒してるんだもの、そうなるんだよな。

なので現在は充実しているらしい
元友人たちのことは、素直に
よかったね、と心の中で祝福しておこう。

でも、そのリア充自慢ネタの中に埋もれた
悲しい出来事に、愕然とした。

あの頃、まだ10代のガキだった私に
とても親切にしてくれた人がいた。
彼は、当時の私の友人と恋愛関係になって
そのまま結婚したんだっけ。
その人が、まだ若いのに病気で亡くなっていた。

元友人は未亡人になって、今も
再婚することなく、彼のことを想い続けていた。

あの頃の元友人に抱いていたイメージは
奔放でドライで、男関係が途切れない子だったから
今、まさか、もう10年以上前に死別した相手のことを
まだ想い続け、独り身でいるなんて、思いもしなかった。

今更、私が突然にしゃしゃり出て
彼女にかけてやる言葉なんてない。
そんなこと、出来る訳がない。

ま、私のことなど忘れてるかも知れんし。
あまり良い別れ方しなかったし。
そっと彼女のページから離れました。

そして、あの頃あんなにラブラブで
絶対に離れることなんてないだろうなっていう
元友人カップルが離婚してた。

あの頃、凄くイケメンでかっこよかった
憧れの人が、現在、激太りして禿げてて
自己紹介欄に「既婚だけど彼女探し中」
と書いてあってドン引きした。

なんだか、見てはいけなかったのと
見るんじゃなかったというのと。
でも、心の何処かで
気持ちの整理がついたような
不思議な感覚を覚えたのでした。

ああ、もう明け方。
寝なくちゃ。


猫のセクシーポーズ [2017年03月24日(金)]


うちの猫さまが、セクシーポーズしておった。

何なんだ、この足つきと目線は。
私にそんなことしたって、何もやらんぞ。

ところでこちらはDHCブログでしたな。
DHCさん、遂に猫用サプリを発売してくれました。
うちには犬もいるけど、犬のほうは幸い
まだサプリは必要ないので…
(と言ってももう7歳、そろそろかな)

猫、二匹いるけど
画像のセクシー猫♀は便秘がちで、
今回は登場していない薄茶トラ♂は
ストレスですぐに下痢するタイプ。
そして厄介なことに歯肉炎体質なので
善玉菌サプリを常用しています。
でもそれがね、お高いんですわ。
DHCさんの猫サプリはその半額近いくらい。
お試しで購入する価値ありですよね。

・・・・もっと早くに知っていればよかった。
もう既に40日分のサプリを動物病院で買っちゃったよ

あ、猫の名前を紹介してなかった。
画像の子は
「お琴」。
現在3歳の女の子。

もう一匹は、次回に紹介します。



鼻ムズムズ [2017年02月15日(水)]


この飴ちゃん、うさぎさんが
可愛いから思わずパッケージ買い。
しかし、中身の飴ちゃんの味が(笑)

はい、ブログを放置し過ぎました…(;´∀`)
最近のブログサービスは
次々と高機能になり、
逆に扱いづらくなってると思う
現代文明について行けないお年頃。
ここはいい意味でも悪い意味でも
シンプルで、気楽。

でも画像アップロードで、
スマホ(iPhone7)で撮ったものを
そのままUPできない(容量デカすぎ)から
こちらで縮小しなければいけないのは
少々、面倒なのでそこんところ・・・
改良お願いしたいんですが。



ここ最近の鼻ムズムズがひど過ぎる。
風邪なのか花粉なのか、
それとも副鼻腔炎なのか。

先月末に風邪をひいてから
この鼻水鼻ムズ鼻くそ地獄が続いています。

たぶん風邪はとうに治ってるわ。
で、花粉症なんだけども
数年前から、1月下旬になると
サラサラ鼻水が出てくる。
なのに去年アレルギー検査したけど
花粉での反応は「なし」。
じゃあ何なんだ、この鼻水。

で、副鼻腔炎に至っては
風邪を引いた後に後遺症として
残りやすい体質だと。

今ちょうど、右の鼻から
アレルギー性のサラサラ鼻水、
左側からは、副鼻腔炎の
黄色く鼻血の混ざった粘り気あるやつが
出ておるんです。

耳鼻科行くか。
それとも、もう少し
鼻うがい頑張って自然治癒を待つか。

隠れ家的な日記、はじめます [2016年09月26日(月)]


ここでひとつ、
隠れ家的なブログでも開設して
人知れず日記ぽいブログやろうかな。

今時の新機能満載のブログに
ちょっと疲れ気味だったりして。
ええ、そのテの(ア○ーバ、F○2等)は
ちょっとビジネス的要素もあるんで
本音をつらつら書けない感じなのです。
身内も見ているみたいだし。
だからここで、アクセス数やページビューや
インセンティヴとか、いっさい気にしない
本当の日記を書きます。

面白くなんてなくていいや。

ちなみに画像は、ずーーーーっと前に
上野動物園で撮影したシロフクロウさん。
古いデジカメで撮ったから画質も悪いですが
容量が軽いので表示もサクサクさ。

メカに疎い私にとって、
高機能とか最先端は、時々
便利を飛び越えて、疲れる。

同じ人、いるはずだ。