楽しみは神様からのご褒美 [2018年08月09日(木)]

訪問ヘルパーさんが、

掃除・洗濯をしてくれなくなって1か月・・・


週に1回、風呂掃除とトイレ掃除を頑張るワタシ


部屋の掃除は、義姉が来た時にしてくれると言うから

お願いすることにした。精神的にも助かる。


風呂掃除は週に1回でいいようなシステムにしてて

毎日しなくていいからOK。

難関がトイレ


1畳もないほどのトイレなのに

掃除をする勇気がわかない

とにかく悪臭がすごいのだ。

どの部分から取り掛かるか・・・予定を立てよう。



で、なかなか手が付けられなかったトイレに

ワタシの神の手が入る


まずは”カ〇キラー”を使って、便器の周りをシュッシュ



壁のタイルもカビだらけ

狭い床に、いろんなものが置いてある。

ゴッキーの死骸も多数

頭上の棚には、何年前の物?という様な100円カゴに

使い捨てのトイレ用除菌シート

小さな花瓶には埃だらけの造花・・・

足元に敷かれたマット2枚も年季が入ってる。

既にお役御免の汚物入れが、

床の隅っこで大ボコリをかぶって鎮座

便器を洗うブラシもいつ買ったのか不明・・・

意味のない消臭剤の空容器。

そして極め付けの手拭きタオル・・・

大きな字でトイレと書いてある。

私の記憶の中で、このタオルを洗ったことは1度もない

ババさん亡くなって4年だぜ



足元のマット1枚を残して、すべて廃棄

マットは買って来なくっちゃって、友達に愚痴ったら


「買うことないよ!使い古したバスタオルの四方を縫って

それを使えばいいよ!汚れたら捨てればいいだけ


なるほど〜


じゃ、そうしよう!


3週間かけて、ジジさん宅のトイレがスッキリ

まだまではいかない(笑)

ブラシのスタンドはワタシんちから持って行き、

タオルは新しいのをかけ直した。

芳香剤を買って(シャボンの臭い)置いたら、

トイレの窓からいい香りがするようになった。

今までは悪臭しかしなかったので、これは気分がいい。



そしてジジさんが開閉しやすいように、

トイレの入り口はカーテン。

これもカビだらけなのだけど、勿論洗う選択肢は無い

カーテン買うが安いか、縫うが安いかだ。

安い生地を買って、ツッパリ棒で代用するか?




お客さんが使うお店のトイレは

どんなに汚されても、きれいに掃除するのは当たり前。

毎日掃除しているから、どんだけ汚くてもすぐ落ちる。

でも、高齢者の一人暮らし…

特におじいちゃんの独り暮らしのトイレは

どこだってこんなものなのだろう。



うちのヘルパーも掃除してくれてたらしいが

どこをしていたのか?不思議だ。



私が3回掃除したら、8割きれいになった。

全部捨てたからね


あとは、バケツを捨てて(必要ない)

もう1個、ブラシのスタンドを買う(100円)

床の掃除をきれいにしたら、お手製マットを新調する




神様がきっと私を見ていてくれてる。

よくやった!と、褒めてくださる。

ご褒美をもらえると信じてる。




あっ!勘違いなさいませんように・・・

ワタシ、どこの宗教とも無縁でござるよ(笑)


posted at 09:37 | ひとりごと | この記事のURL
93歳の思考能力 [2018年07月27日(金)]

「金に余裕があったら お前にやるんだが…

どれくらい余裕があるのか?」



ジジさん、今朝私にこう言いました。


本当は義理の姉たちに聞いてもらいたかった

私と舅の会話ですが、先日姉たちの前で

お金の話を再度したばかりで、

またお金の話題を持ち出すのは良くないです。


せめて子供達に聞いてもらおうかと思いました。

でも、息子はじいちゃんを大事に思ってますので

私が愚痴ると、反対に攻撃されるかも・・・


旦那がいたら、今朝ジジさんの言った話は

ガツンと叱られて終わったことでしょう。


だからここへ書かせてください。

誰にも言わずに腹にためておくより

書いたらすっきりすると思うから・・・



続きを読む...
posted at 09:24 | ひとりごと | この記事のURL
便利な者 [2018年07月11日(水)]

もし今、急に私が居なくなったら・・・


もしくは、病気で突然立てなくなったら・・・


まず迷惑をかけるのは、子供達だ。

どうにかして、私の代わりをしようとするだろう。

子供達はもう大人、2人とも結婚もした。

私が居なくなっても、もう心配はない・・・


実家の両親が気になるところだが

やはり、子供たちが祖父母を看てくれることに。

これには申訳ないと思う・・・


ペットの事は、子供たちの自己責任(笑)

元々連れてきたのは子供達。

最後まで面倒見るだろうから、心配してない。



だが、私が居ないと困る人達がいる。


義父・旦那・義姉達だ。


”嫁”という、こんな便利な者はいない。


今、現実に私が居なくなったら

ジジさんの朝ごはんを誰が作りに来る?

朝もヘルパーに頼む?お金は実費だよ?

誰が払うの?ジジさんの預金はゼロさ!



姉達はみんな、それぞれご主人の親を看取って

『長い間ご苦労様』なのであるが

自分の親の事は、嫁の私に任せっきりだ。

唯一長姉がたびたび来てくれるのには助かってる。

自分のお父さんだもんね、来てもらわなきゃ。



私だって実家帰ってやりたいよ。





昨日・・・

次姉に送ったお中元が届いたと電話があった。




「弟の具合はどう?もう喋れるの?」




「喋れませんけどね 少しずつ良くなっていますよ」



こう言うに留めた。

”弟”情報は、姉達の間ではツーツーだから

私が細かく言う必要はない。



そして次姉は私にこう言った・・・



「saranさん 大変やな〜

体壊さんように もう少し頑張ってね〜

まぁ頑張ってるんやと思うけど…(笑)」




素直に解釈すればありがたい気遣いだ。


が、ノーテンキ!!


もう少し頑張ってね〜はないだろ。




どれだけ、今の私に負担がかかってるか・・・

どれだけ泣きたいのを我慢して頑張ってるか・・・

どれだけここから居なくなりたいと思ってるか・・・



それでも前向いて進んでる。




皆言う・・・「一人で抱え込まないで」って。

でも、誰が助けてくれるの?

ジジさん、ショートに預けたら朝が楽だよね・・・

でもそんなお金は無い。全くない。貯めとけよ!

結局、私が毎朝世話するしかない。





だから、私・・・時々思う、

ちょっと居なくなりたいな〜って。






posted at 03:27 | ひとりごと | この記事のURL
私の人格が出来あがったわけ [2018年07月06日(金)]

嫁ちゃんが体調崩した。

ここ数日、仕事にも出てこない。

でも、具合悪いって言うのに

仕事に出てこいとも言えない。



みんな元気で居てこその幸せだと

最近特にそう思うけど、本当にその通りだ。


昼の時間、人が1人いないだけで

職場は人手不足に陥り、

私は、昼前に行っていた旦那の病院に行けなくなった。


病院は、別に行けなくてもいいの・・・

付き添いが必要ではないんだから。

昼に行かなくても、夜仕事終えたら行くんだし。


ただ。。。

嫁ちゃんが体弱いと、この先息子が苦労する。

私もいつまで働けるかわからないし・・・

旦那はもう仕事出来ないかもしれない・・・


嫁ちゃんも、調子悪いからといって

直ぐに休む癖付けない方がいい。

すこしは頑張る根性が無ければ

女将さんはやっていけない。


時代も違えば、本人の考えも十人十色。

その時の周りの人にもよるし、

私と一緒に考えてはいけないが・・・



しかしあえて言うなら

私の若いころは、まず仕事だった。

旦那は私がどんなに具合悪くても、仕事優先の人だった。

絶対に休んでいいとは言わなかった。


私には、とっても厳しかった。



だけど、自分は休むよ〜旦那ね・・・

風邪こじらせた時も寝込んだし、

ぎっくり腰の時も4日も休んだ・・・

普段から腰が痛いと言ってるけど

仕事の合間に、休憩室で横になってたし・・・



私だって・・・と言いたい。

・・・言いたかった。

坐骨神経痛の時、毎日泣きながら働いた。

1年間続いたけど、鍼に通って完治した。

足の裏に釘が刺さり腫れた時、運転できないほど。

病院で治療してもらった当日だけ「休ませて」

って言ったけど、来い(仕事)って言われた。


中絶した時も辛かったな〜

午後から実家の母が病院に迎えに来てくれた。

子供たち連れて来てくれて、

処置室のベッドの上に寝てる私を心配そうに見てた。

母がそばに居てくれてありがたかった。

母も辛かったと思う・・・だって

自分の娘が泣く泣く手術して、横たわってるんだから。



でも、そんな厳しい旦那だったから

この間旦那の心臓止まった時も、

私は意外と冷静でいられたんだと思う。

30歳の息子は不安で泣いていたけど・・・




私は、きっとどんな状況でも

一呼吸後に、受け入れられるし、

立ち向かえると思う。



冷たかった旦那のおかげだ

posted at 11:10 | ひとりごと | この記事のURL
決戦は月曜日 [2018年06月17日(日)]

今日は一週間ぶりの休み。


私の予定ではする事てんこ盛り!


ヘルパーさんが、身体に関わる以外の事はしなくなり

ジジさんの洗濯&掃除をしてくれなくなったので

私にそのお役目が回って来た。

今朝もジジ洗濯を終えたが、

洗濯はいい、洗濯機がしてくれるからOK。

お風呂掃除も、私がするしかない。


困ったのがトイレ掃除・・・

すごい悪臭・・・


これだけはストレスになりそう


あすのデイの日、ジジ居ない間に決行するか!

posted at 09:45 | ひとりごと | この記事のURL
これも試練…逆境に立ち向かう [2018年06月12日(火)]

4月まで・・・

旦那の悪口ばかり書いていたこのブログ。

私にとっては、愚痴の吐け口がここ。



3年前姑が亡くなり、同時に遺された舅の介護開始・・・

同じような境遇の方が、全国各地にいらっしゃる。

私だけではないと思いながら、逆境に立ち向かって生きる。

立ち向かうことは、私は嫌ではないから・・・



こんな、きれいごとにも聞こえる私の生き方が一変!


旦那が病に倒れた5月末。

舅の介護どころではなくなった

とはいえ、私がやらなくては誰がやる?的な舅の事。

こんな時に、心配事は重なるものだ



旦那が肺の手術を終えた翌朝、脳梗塞を発症。

右顔面に若干の麻痺が残ると同時に

のどの嚥下機能が麻痺。


その後の心肺停止は、予想外の展開

ICUで1週間、手厚い看護を受け、この世に戻ってきた。


今までの生活に、少しずつ戻っていけるよう

治療の幅を広げるために、気管切開をした。

せっかく三途の川の手前で引き返してきたのだから

もう少しこちらで頑張ってもらおうじゃないか





さて、これから旦那にとっては

過酷なリハビリが始まることになるが・・・



鬼嫁なりに応援していくから

お父さん、頑張ってね





続投 [2018年04月20日(金)]

マコちゃんが昨日・・・


「このまま勤めさせてもらおうと思うんです・・・」


本当は辞めたくなかったんだと思います。

お母さんの手伝いをしなきゃならないので

毎日は来られないけど、

休みがもらえるなら、今まで通り勤めたいとのこと。


私はみんな(他のスタッフ)のこと考えると

それがベストだと思ったので、感謝を述べて快諾しました。


私が居なくなるより、

マコちゃんが居なくなる方が

今の職場には痛手のようです(笑)


有難いと思って、私は今までの様に

仲良くさせてもらいたいと思います。




そのうち、私はこの家を出て行きますよ。

まぁ、いつになるかわかりませんけどね・・・



借金・・・私も保証人のハンコついちゃったもんで

posted at 11:22 | ひとりごと | この記事のURL
蛇女を甘く見てはいけません [2018年04月13日(金)]

マコちゃんが辞めるタイムリミット・・・今月20日。


私の不本意な謝罪・・・

マコちゃんはいい気分ではなかったと思いますが

とりあえず、私の話を理解してくれたと思います。




あれからやはり、普通に話が出来ないでいます。

私のなぜ?の疑問、正直にぶつけましたが

マコちゃんは黙っていて・・・



なぜかな?と思ってたけど、大体わかったから

もういいんだけどね・・・



我が社にとって忙しいGW前に辞めるけど

本人は、もうすでにやる気なし。

昨日息子も言ってたよ、やる気で仕事してくれないって。


他人はそんなもんさ。

でも、矛盾なのは

他人だけど、他人以上に親しくしてきたから

もう、触らせてもいいっか!(・・・本人の談)と、

触らせてたらしいから(笑)

それが1度や2度ではないらしい(バカだ)




多分、このまま20日で辞めてしまうと思うけど

もし、継続して来るって言ったら

私もこの一連の出来事は忘れてしまわなければなりません。



それがマコちゃんの望むところ、

ということになるのでしょうね。


ネックの私(旦那ではない)が、

今まで通り、普通に接してくれるかどうか・・・


『私が冷たくなった』が、辞める理由ですから。




でも私・・・執念深い蛇


けっこうしつこい






posted at 10:19 | ひとりごと | この記事のURL
知らないなら言わないで [2018年04月11日(水)]

従業員の中では

【私がやきもちを焼いてマコちゃんを無視し始め

結局マコちゃんが職場に居づらくなってやめることに】


と、こんな雰囲気が漂い始めた・・・


マコちゃんが毎日泣いている・・・

辞めたいって言った時、私の態度が冷たかったと。

私が「あっそ!」って言ったと、

従業員の一人が言ってると。




勘弁してください!

あっそ!なんて言ってませんから




何も知らない者が、余計な事言わないでほしい



マコちゃんはどういう気持ちで泣いてるのか知らない

でも・・・

私だって悔しさのあまり、毎日泣いてご飯食べてたよ!

私がこれだけ怒るには理由があるって

誰も知らない・・・マコちゃんでさえ・・・



これは、私がマコちゃんを引き留めないと

おさまりつかないらしい・・・




と〜〜〜〜っても不本意だけど

私はマコちゃんに頭を下げた。


引き留めないで、黙って辞めさせてあげるのが

私の精一杯の器量だった。

でも、引き留めてほしかったんだね、マコちゃんは。


だから、

「嫌でなければ また勤めてもらえませんか?」

とお願いしたよ。

もし、また勤めてくれるなら

他の従業員も旦那も嬉しいみたい。


私・・・なんで私が頭下げなきゃならん?

と思ったら、涙出て、声震えて悔しかった

マコちゃん、辞めてもらっても良かったのに。



一番ゲスな旦那は、あの騒動の後入院して

先日退院したばかり。

罰って本当に当たるものだと思った。


旦那退院の翌日、

ジジさんに用事を言いつけられたので

そのまま旦那に話を振った。

旦那・・・ジジ宅へ出向く。



で、今朝ジジさんが私にこう言った。


▼男は体調が悪いらしいのう

と、心配そうだ。


私は、”そうですよ”だけ答えた。


”▼男”が体調悪いなら、昨日言っていた用事は止めた

そう言うので、後で旦那に伝えとくねと言った私。


するとジジさん、やはり93歳になっても父親だね、

「用心してやれ・・・」

と息子を心配する言葉・・・


すかさず私・・・

「病院行けと言っても言う事聞かないんですよ



ジジさんも言わなけりゃいいものを、

次の瞬間私はブチ切れそうになった!


「お前が言う事聞かせにゃ・・・

▼男の体が一番大事じゃないか!」




「お義父さんの育て方悪かったんじゃないですか?

60歳過ぎた男に 言う事聞かせろって・・・

私を責めるのはオカシイですよ!

大人の男ですから!自分で考えるのが当たり前です!」




ジジさんは私を責めたのではあるまい。

でも、なぜ?

「お前(私)が言う事聞かせにゃいかん!」

と言い切る?



息子が一番だから

つい私に「大事に思え!」みたいな言葉が出る。

それはわかるけど・・・


してないみたいに言うな!



私は確かに気性の激しい女だが

旦那を大事にしてないとは言われたくない。

(さんざん人に言われる・・・
私が太ってて旦那は痩せてるからだと思う)



私の今までをどれだけ知ってるの?


それを知ったら、私に

旦那を大事にしてない発言は出来ないはず。


それより・・・

うちの旦那さんに言ってもらえませんかね。



イイカゲン奥さんを泣かさず生活できないものか?

・・・と


posted at 09:39 | ひとりごと | この記事のURL
私が悪いの? [2018年04月01日(日)]

今日は実家に行こうと思ったけど、

午前中に、畑耕して、洗濯して掃除機かけて

旦那のご飯作ったら、出かけるのが嫌になった



昨夜も布団に入ってからも

なかなか寝つけなかった・・・

気が付いたら4:00に

7:30にはワンコの散歩に行きたいから

ぎゅっと目をつむって、布団をかぶった。



布団に入って眠ろうとすると

思い出したくない嫌な光景がよみがえる・・・

コレ・・・どうにかならないかな

気持ち悪いんだけど・・・


白黒はっきり出来たらスッキリするのに

それすると、

なんか

私が悪いのかなって思ってしまう。

何も悪いことしてないのによ、

毎日涙出てくるし・・・

毎日胃が痛い・・・




ちょっと買い物でも行って、気晴らしして来よっと




posted at 14:44 | ひとりごと | この記事のURL
| 次へ