決戦は月曜日 [2018年06月17日(日)]

今日は一週間ぶりの休み。


私の予定ではする事てんこ盛り!


ヘルパーさんが、身体に関わる以外の事はしなくなり

ジジさんの洗濯&掃除をしてくれなくなったので

私にそのお役目が回って来た。

今朝もジジ洗濯を終えたが、

洗濯はいい、洗濯機がしてくれるからOK。

お風呂掃除も、私がするしかない。


困ったのがトイレ掃除・・・

すごい悪臭・・・


これだけはストレスになりそう


あすのデイの日、ジジ居ない間に決行するか!

posted at 09:45 | ひとりごと | この記事のURL
これも試練…逆境に立ち向かう [2018年06月12日(火)]

4月まで・・・

旦那の悪口ばかり書いていたこのブログ。

私にとっては、愚痴の吐け口がここ。



3年前姑が亡くなり、同時に遺された舅の介護開始・・・

同じような境遇の方が、全国各地にいらっしゃる。

私だけではないと思いながら、逆境に立ち向かって生きる。

立ち向かうことは、私は嫌ではないから・・・



こんな、きれいごとにも聞こえる私の生き方が一変!


旦那が病に倒れた5月末。

舅の介護どころではなくなった

とはいえ、私がやらなくては誰がやる?的な舅の事。

こんな時に、心配事は重なるものだ



旦那が肺の手術を終えた翌朝、脳梗塞を発症。

右顔面に若干の麻痺が残ると同時に

のどの嚥下機能が麻痺。


その後の心肺停止は、予想外の展開

ICUで1週間、手厚い看護を受け、この世に戻ってきた。


今までの生活に、少しずつ戻っていけるよう

治療の幅を広げるために、気管切開をした。

せっかく三途の川の手前で引き返してきたのだから

もう少しこちらで頑張ってもらおうじゃないか





さて、これから旦那にとっては

過酷なリハビリが始まることになるが・・・



鬼嫁なりに応援していくから

お父さん、頑張ってね





続投 [2018年04月20日(金)]

マコちゃんが昨日・・・


「このまま勤めさせてもらおうと思うんです・・・」


本当は辞めたくなかったんだと思います。

お母さんの手伝いをしなきゃならないので

毎日は来られないけど、

休みがもらえるなら、今まで通り勤めたいとのこと。


私はみんな(他のスタッフ)のこと考えると

それがベストだと思ったので、感謝を述べて快諾しました。


私が居なくなるより、

マコちゃんが居なくなる方が

今の職場には痛手のようです(笑)


有難いと思って、私は今までの様に

仲良くさせてもらいたいと思います。




そのうち、私はこの家を出て行きますよ。

まぁ、いつになるかわかりませんけどね・・・



借金・・・私も保証人のハンコついちゃったもんで

posted at 11:22 | ひとりごと | この記事のURL
蛇女を甘く見てはいけません [2018年04月13日(金)]

マコちゃんが辞めるタイムリミット・・・今月20日。


私の不本意な謝罪・・・

マコちゃんはいい気分ではなかったと思いますが

とりあえず、私の話を理解してくれたと思います。




あれからやはり、普通に話が出来ないでいます。

私のなぜ?の疑問、正直にぶつけましたが

マコちゃんは黙っていて・・・



なぜかな?と思ってたけど、大体わかったから

もういいんだけどね・・・



我が社にとって忙しいGW前に辞めるけど

本人は、もうすでにやる気なし。

昨日息子も言ってたよ、やる気で仕事してくれないって。


他人はそんなもんさ。

でも、矛盾なのは

他人だけど、他人以上に親しくしてきたから

もう、触らせてもいいっか!(・・・本人の談)と、

触らせてたらしいから(笑)

それが1度や2度ではないらしい(バカだ)




多分、このまま20日で辞めてしまうと思うけど

もし、継続して来るって言ったら

私もこの一連の出来事は忘れてしまわなければなりません。



それがマコちゃんの望むところ、

ということになるのでしょうね。


ネックの私(旦那ではない)が、

今まで通り、普通に接してくれるかどうか・・・


『私が冷たくなった』が、辞める理由ですから。




でも私・・・執念深い蛇


けっこうしつこい






posted at 10:19 | ひとりごと | この記事のURL
知らないなら言わないで [2018年04月11日(水)]

従業員の中では

【私がやきもちを焼いてマコちゃんを無視し始め

結局マコちゃんが職場に居づらくなってやめることに】


と、こんな雰囲気が漂い始めた・・・


マコちゃんが毎日泣いている・・・

辞めたいって言った時、私の態度が冷たかったと。

私が「あっそ!」って言ったと、

従業員の一人が言ってると。




勘弁してください!

あっそ!なんて言ってませんから




何も知らない者が、余計な事言わないでほしい



マコちゃんはどういう気持ちで泣いてるのか知らない

でも・・・

私だって悔しさのあまり、毎日泣いてご飯食べてたよ!

私がこれだけ怒るには理由があるって

誰も知らない・・・マコちゃんでさえ・・・



これは、私がマコちゃんを引き留めないと

おさまりつかないらしい・・・




と〜〜〜〜っても不本意だけど

私はマコちゃんに頭を下げた。


引き留めないで、黙って辞めさせてあげるのが

私の精一杯の器量だった。

でも、引き留めてほしかったんだね、マコちゃんは。


だから、

「嫌でなければ また勤めてもらえませんか?」

とお願いしたよ。

もし、また勤めてくれるなら

他の従業員も旦那も嬉しいみたい。


私・・・なんで私が頭下げなきゃならん?

と思ったら、涙出て、声震えて悔しかった

マコちゃん、辞めてもらっても良かったのに。



一番ゲスな旦那は、あの騒動の後入院して

先日退院したばかり。

罰って本当に当たるものだと思った。


旦那退院の翌日、

ジジさんに用事を言いつけられたので

そのまま旦那に話を振った。

旦那・・・ジジ宅へ出向く。



で、今朝ジジさんが私にこう言った。


▼男は体調が悪いらしいのう

と、心配そうだ。


私は、”そうですよ”だけ答えた。


”▼男”が体調悪いなら、昨日言っていた用事は止めた

そう言うので、後で旦那に伝えとくねと言った私。


するとジジさん、やはり93歳になっても父親だね、

「用心してやれ・・・」

と息子を心配する言葉・・・


すかさず私・・・

「病院行けと言っても言う事聞かないんですよ



ジジさんも言わなけりゃいいものを、

次の瞬間私はブチ切れそうになった!


「お前が言う事聞かせにゃ・・・

▼男の体が一番大事じゃないか!」




「お義父さんの育て方悪かったんじゃないですか?

60歳過ぎた男に 言う事聞かせろって・・・

私を責めるのはオカシイですよ!

大人の男ですから!自分で考えるのが当たり前です!」




ジジさんは私を責めたのではあるまい。

でも、なぜ?

「お前(私)が言う事聞かせにゃいかん!」

と言い切る?



息子が一番だから

つい私に「大事に思え!」みたいな言葉が出る。

それはわかるけど・・・


してないみたいに言うな!



私は確かに気性の激しい女だが

旦那を大事にしてないとは言われたくない。

(さんざん人に言われる・・・
私が太ってて旦那は痩せてるからだと思う)



私の今までをどれだけ知ってるの?


それを知ったら、私に

旦那を大事にしてない発言は出来ないはず。


それより・・・

うちの旦那さんに言ってもらえませんかね。



イイカゲン奥さんを泣かさず生活できないものか?

・・・と


posted at 09:39 | ひとりごと | この記事のURL
私が悪いの? [2018年04月01日(日)]

今日は実家に行こうと思ったけど、

午前中に、畑耕して、洗濯して掃除機かけて

旦那のご飯作ったら、出かけるのが嫌になった



昨夜も布団に入ってからも

なかなか寝つけなかった・・・

気が付いたら4:00に

7:30にはワンコの散歩に行きたいから

ぎゅっと目をつむって、布団をかぶった。



布団に入って眠ろうとすると

思い出したくない嫌な光景がよみがえる・・・

コレ・・・どうにかならないかな

気持ち悪いんだけど・・・


白黒はっきり出来たらスッキリするのに

それすると、

なんか

私が悪いのかなって思ってしまう。

何も悪いことしてないのによ、

毎日涙出てくるし・・・

毎日胃が痛い・・・




ちょっと買い物でも行って、気晴らしして来よっと




posted at 14:44 | ひとりごと | この記事のURL
軽率な行動の顛末 [2018年03月31日(土)]

職場のマコちゃんが辞めることになりました。

建て前の理由は、実のお母さんのお世話らしいですけど

このタイミングで辞めるのは、私の不信感を一層あおるだけ。


本人もわかってはいると思いますが

私の心が、彼女にも見えているのでしょう・・・

居づらいのだと思いました。


それはそれで仕方ないと思います。

私は、マコちゃんと旦那に対して

どうしても不信感がぬぐえませんから・・・


マコちゃんとは30年付き合ってきて

何でも相談できる人ではなかったけど、

たくさん愚痴を聞いてもらいました。

私を絶対否定しないで、いつも味方してくれました。

それだけにとても信頼していたので、残念です。


まさか自分の旦那が、こんな身近な女性に

大胆なセクハラをしていたとは、思っても無かったので

私が愚かでした・・・マコちゃんに申し訳なく思います


でも、嫌なら拒むべき!


うちの旦那は、いわゆる社長ですが

マコちゃんはいつもため口でしゃべってました。

それなのにあの瞬間なぜ、触られて黙っていたのか・・・

これが不信感の根源です。



仕事では、私の負担が少し増えるかな・・・

でも、わが社の事!いつだって私は頑張れます




続きを読む...
posted at 10:31 | ひとりごと | この記事のURL
実は・・・ [2018年03月29日(木)]

6kg・・・体重が減った



私ではありません、旦那が痩せたそうです。



私が旦那の晩ごはんを作らなくなったから

痩せたのかと思っていました。

もしそうなら、私にも奥さんの値打ちがあったのかなと

思えましたが、どうやら違うようです・・・



本人曰く、夜はちゃんと食事しているらしいです。

お刺身ばかり食べてるので、

肉類の栄養が足りないのだろうかと、

私にではなく、職場の人に話したらしいです。


じゃ、6kgも痩せるなんて病気の悪化ですか?

病院へ行って検査してもらってほしいです。


今、自分が立ち上がれなくなったら

息子たちに負担がかかるということは

考えないのでしょうか?


いつまでも、自分本位な旦那です



私が旦那に必要とされることは

もう無いと思いますが

義父さんのお世話がありますからね・・・

それと、仕事で少しだけ・・・


まぁ、私で役に立つのなら、とも思いますが、

いろんな事が悲しかったり悔しかったり

昼ご飯を食べてたら、涙がポロポロ出てきました


旦那もすごく悪いのですが

私はもっと性格が悪いのかもしれません。


旦那がずっと腰が痛いのは、実は・・・





続きを読む...
posted at 16:31 | ひとりごと | この記事のURL
パンツと入れ歯と顔拭くタオル [2018年03月25日(日)]


舅・姑に意地悪されていた30年前・・・

思い出したくもないが、時折思い出す。



「お前には姉弟がいないから姉弟の事はわからない」

と、舅の言葉。


「こんな子に何を言っても聞くわけない!」

とは姑の言葉。



今でも忘れない、私が二人目を妊娠7か月の時。

上の子供に、お菓子を買い与えていた舅、

お母さんには内緒にしておけ!と

子供に言っていたのをたまたま耳にしてしまい、

私は舅に直接文句が言えないため

子供に、「買ってもらったらお母さんに言いなさい!」と

叱りつけていた時、

私は舅に怒鳴りつけられた


「わしらに当てつけに子供に
当たるんじゃない!!」




買ってもらったら、隠しておくのではなく

お母さん、おじいちゃんに買ってもらったよと

言うのが本当の躾ではないかと思いますが・・・


そのことで大喧嘩になってしまった。

もちろん旦那は知らない、

いないところで叱られるのだから。


私も黙っていない・・・

後妻で実の子供がいない姑に

子供がいないお義母さんには私の気持ちはわからない

と、横着を言った事、今でも覚えてる。


それに対して舅が私をすごい勢いで罵った。

「姉弟のいない者が何を言うか!!!」



今なら笑って取り合わないけれど

25歳の私は、必死で涙をこらえて応戦したよ

「この子に何を言っても聞くはずない!」

と、姑が唾を吐きかけるように言った・・・



あの日から、

この人たちと喧嘩してはいけないと思った。

だれも守ってくれない家で

2人の子供たちを舅&姑に預けて仕事に出るのは

ホントに苦痛だった。


でも、自分で決めた通り、それからは喧嘩はもちろん

言い合いになることも無かった。

相変わらず、旦那は我関せずを貫き通し

あっぱれなものであった。



こんな昔の話・・・私は忘れてないけど

舅は忘れてるんだろうな〜

私に毎朝ごはん作ってもらい、

時々入れ歯すすいでもらい、

目薬や入れ歯洗浄剤買ってきてもらい、

腰にシップ貼ってあげ、

デイサービス施設の役員(私が)引き受け、

汚れた下着の洗濯も時々してる・・・



このことは舅の名誉のために誰にも言わないから

誰が知ってるか知らないかわからないけど

汚れた下着を、舅が自分で洗濯機に入れて回してるのね、

でも、ただ回すだけで洗剤も入れてないから

洗濯機の水が汚く濁る・・・


私は週に2回、ヘルパーさんが洗濯してくれる前日に

キッチンと洗面のタオルを洗濯機に入れるんだけど

さすがに下の汚れ物と顔拭くタオルを一緒に・・・は

汚いからと思い、下着は軽くすすいでおく。


すごく嫌だけど、立場を自分に置き換えてみたら

それって、すごくみじめだと思うから・・・


嫌な思い出しかないのに、

介護って、昔の事どうこう言ってたらできない。

それを、介護してもらってる人がどこまでわかってるか・・・

せめて旦那だけでも理解してくれてたら・・・

って、小さな期待していたけど

旦那は旦那で、ストレスなのか

職場でセクハラして欲求を満たしていたというのだから、

呆れてものが言えない。


私が旦那の親の汚れたパンツ洗ってる時間に

旦那は仕事を一生懸命してるものだと思ってたよ。



「お前のおかげで、親父が家で居られる」



なんて旦那の言葉、うのみにして私は大馬鹿だ(笑)



私は何してるんだろう

私は、一生懸命舅の介護しなくていいのかも・・・


のついた

入れ歯を拭いてる様子のキッチンのタオルと

洗面時、顔拭くタオルと

一緒に洗濯機で回しても、気にしなくていいことにしよう。





posted at 00:05 | ひとりごと | この記事のURL
人生の整理整頓 [2018年03月20日(火)]

いつか突然・・・

私は生きていることを終えるかもしれません。

高齢になって体が動かなくなり、

介護してもらうようになってから

ダラダラ長生きも困りますが


突然死亡!


なんていうのも、周りに迷惑をかけますよね。


亡くなってしまうのは仕方ないです。

寿命ですもの・・・避けられません。

なので、生きてるうちにできる事をしておきます。


できる事1)=しておきたいこと・・・希望であり自己満足

できる事2)=自分で始末しておく・・・後々迷惑かけない

できる事3)=遺しておく・・・大事なことは伝承しておく


まずこの3つに分けました。


1)・・・少しずつ実行していきます

少しずつなら許されるでしょ?贅沢言わなけりゃ。


2)・・・実家の親の事がその一つ

私は一人っ子だから、子供達に迷惑が及ばないように。

子供達や職場の人達が遺されて困る事って何だろう?


3)・・・私しか教えられない事があるとしたら

子供達に遺しておきたいと思う。

お金を残すのとは違って、伝承するって意味で。



私の友達のお母さんは

40歳代・50歳代前半で亡くなった方もいたから

私だっていつどうなるかわからない年齢。

実母だって、53歳でステージ4の乳がんを患ったし。


息子の結婚を機に、私・・・


少しずつ人生を整理します




| 次へ