逆境に立ち向かって生きてます!
武器は貫く信念&・・・笑顔です(^^♪

2018年10月  >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
sara-n
欲しいんじゃないよ! (07/29)
ホッピー
欲しいんじゃないよ! (07/28)
sara-n
金はあるか? (07/27)
ホッピー
金はあるか? (07/27)
ぐうたらりん
田舎のケアマネの仕事ぶり (07/09)
ホッピー
田舎のケアマネの仕事ぶり (06/26)
sara-n
イライラさん (06/13)
まる
イライラさん (06/13)
忙しい毎日 [2018年10月15日(月)]

旦那の葬儀が終わってひと段落・・・


と思いきや、


後から後から、亡くなったことを知らなかった!と

知人友人がお悔やみに来てくれます。

ありがたい事です・・・



人が1人亡くなると、何かと手続きがありますね。

今は、そんな諸々の手続きに追われて、忙しい毎日です。




1.市役所

2.年金事務所

3.生命保険会社

4.証券会社

5.銀行

6.司法書士事務所

7.名義変更手続き

8.カード会社

9.骨董品の処分




色んな事を遺してくれて

その整理にしばらくは時間がかかりそうです。









Posted at 10:04 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
見送りは笑顔で・・・ [2018年10月02日(火)]

「じぃじ 目さめる?

じぃじ 治る?」



こんな孫の可愛い願いむなしく、

1週間前、旦那は旅立ちました。

子供たちと、

「お父さん 笑顔で見送るね(^_-)-☆」

と言って、お棺の蓋を閉じました・・・




お医者さんに余命宣告されても

尚、頑張ろうとした旦那に

私にできたことがもっとあったと思います。


ただ、24時間付き添うことしかできなかった事に

少し無力感を感じています。


旦那の口がきけたら、また罵られ

腹立たしく文句言いながら付き添ってたかもしれません。



子供たちが、お母さんは良くやったと

言ってくれることが、何よりありがたいです。



これから気持ちを切り替えて

がんばらなければなりません。




Posted at 16:34 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
よくがんばりました! [2018年10月01日(月)]

花マルをあげたいと思います。


旦那はよくがんばりました














                                                                                                        



Posted at 00:50 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
良くなれば悪くなる [2018年09月24日(月)]

ひとつ良くなれば、違う病気が頭を出す(¬_¬)

ひとつ治療を増やせば、副作用が出る。



治療が出来るならしてあげたい。

しかし、治療には必ずリスクが伴う。



今日も先生に言われました。

新しい病気が発覚!Σ( ̄□ ̄;)

投薬開始するけれど

致命的なダメージを受ける可能性も有ります。




専門用語で話されてもわからないんです。

わかるような言葉に代えてもらわないと理解できないし。

喩え、わかりやすい言葉で説明を受けても

子供たちにまた説明しようとしたら、

もう、忘れてる…





旦那は、生きたい‼って頑張ってる…と思うんです。

そうじゃなかったら、

もう死ぬ目前ですって言われて

笑顔を見せるまでに回復しないと思います。



良くなる見通しはありませんが

少なくても、先生には一筋の光が見えているんだと思います。

こんな旦那を熱心に診てくれた先生は

今週一杯で、転勤されます。

不安しかありません。




Posted at 17:11 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
先生も…見当がつきません [2018年09月23日(日)]

いつ、どうなるかわからない状態です。

余命は、全く見当がつかないと言われましたが

急変する可能性は常時あります。



肺気腫・腎臓機能低下・胸水・むくみなど

良くないところ…というより

もう改善されないであろうところもあります。



死ぬと言われて驚異の復活!

あれから13日目です。





Posted at 13:10 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
チアノーゼが消えた [2018年09月22日(土)]

昏睡状態が続いた5日目…


なにもしないで看取ると決めていたので

点滴一本することなく

ただただ最期の時がくるのを

傍で恐々待っているだけでした。


その朝、いつものように足をさすろうと

足先の布団をはぐると、

昨日まで冷たくて紫色だった足(チアノーゼ)が、

普通の肌色になっていたんです。

その朝の看護師さんに、

「今朝は足の色がきれいです!と

カルテに書いといて下さい」

と、言いました。

看護師さんも、ホントですね(^-^)と笑顔。


しばらくして先生が来たので、足を診てもらったら

先生が「すぐに血液検査します!」と言いました。

Posted at 07:52 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
なにもしない決断 [2018年09月21日(金)]

人は酸素を吸って、二酸化炭素を吐き出すのだそうです。


二酸化炭素を吐き出す力が

旦那にはもう残っていませんでした。

意識レベルは低下、目は生きた人の目ではありません。

もう肺機能は限界です、と先生に言われて

子供たちと最後の決断を迫られました。



あと数時間の命、

私たちの問いかけに反応すら出来ない。

そんな旦那に、心臓マッサージは必要なのか?

血圧を上げる薬は必要なのか?




そんな処置をしても

そのあと植物状態になってしまったら

そんな旦那と向き合うことが出来ないと思いました。



旦那は、旦那に残っているだけの力で生きる…

私たちはなにもしない。

自然に任せてお父さんを見送ろう。


私と子供たちの決断でした。



Posted at 19:15 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
まさかのブログ再開です [2018年09月21日(金)]

―三途の川―とは、広い川なのでしょうか?


この3ヶ月の間に

2度も川岸まで行ったはずの旦那は

川を渡らず、こちらの世界に帰ってきました。

2度目は、4日間くらい意識が無かったので

川岸をさ迷っていたと思われます。



まさか、またこうしてブログに

生きている旦那の近況を書くことになろうとは…


Posted at 07:27 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
傍にいたところで [2018年09月20日(木)]

容態はいつ急変するかわかりません。

今朝も発熱した後、意識が遠のきました。



私も少しだけ疲れてますが、まだ大丈夫。


一進一退の状況で、傍を離れられない感じです。

ちょっと離れた間に、急変するかもしれないので

駆が、他のことは心配せず

親父の傍に居てやれと言います。



旦那の体の中で、何が起きているのでしょう?






Posted at 09:56 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
余命は2時間ほど [2018年09月20日(木)]

今月10日の昼過ぎ、今夜は越せないと

余命宣告された旦那は…




続きを読む...
Posted at 07:08 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール



http://www.dhcblog.com/omoshiroi/index1_0.rdf
月別アーカイブ
ログイン
Mypagetopに戻る