逆境に立ち向かって生きてます!
武器は貫く信念&・・・笑顔です(^^♪

2018年08月  >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
sara-n
欲しいんじゃないよ! (07/29)
ホッピー
欲しいんじゃないよ! (07/28)
sara-n
金はあるか? (07/27)
ホッピー
金はあるか? (07/27)
ぐうたらりん
田舎のケアマネの仕事ぶり (07/09)
ホッピー
田舎のケアマネの仕事ぶり (06/26)
sara-n
イライラさん (06/13)
まる
イライラさん (06/13)
謙虚さが無いのか? [2018年08月13日(月)]

仕事を休んだ翌日には、

「昨日はご迷惑かけてすみません」

くらい言うのが常識です!


まだ20歳のスタッフ・・・今朝私に会っても言わない。

親も常識知らずだから、当たり前か?

「娘がいつもお世話になってます」

の挨拶もできない母親。

親がそんなだから、子も同じ。


あと1週間で辞めるからもう何も言わないけど

こういう日常の一言で済む常識が無い人

ほんとに嫌い!



こういう人・・・

仕事休んでも迷惑かけてないと思ってる?

娘・息子が会社でお世話になってるとは思わない?


謙虚な気持ちが無いってこと?






Posted at 14:53 | こんな私が経営者 | この記事のURL | コメント(0)
偉そうな男ほど奥さんに代わることは出来ない [2018年08月10日(金)]

今朝は、腰が痛くて昼間は休ませてもらった。

昨日からおかしいな・・・と思っていたんだけど

でも出たら治るからくらいに思ってた。


ところが、クン無事ご出勤の後も

立ってるのが辛くなり

駆に電話して、昼だけ休ませて・・・と頼む。



痛み止めの薬を飲んで、少し横になろう・・・

ここんとこ頑張ってるから、疲れが出てるんだ。

皆に助けられてなかったら、

自分一人では何もできないけれど

私が今、倒れたら誰もが困る。

たとえ便利に使われているとしても、

元気で居る方が、病人で居るよりずっといいはず。



かかりつけ病院で電気治療でもしてもらおうか・・・



なんて思ってたら、そうだ!昨夜・・・


昨夜、帰宅したら玄関に手紙があったな・・・

昨夜はろくに目も通さず寝てしまったことを思い出し

再度よく見てみると・・・

近所の”宮””寺”の集金についてだった。


『何度足を運んでも(我が家)留守なので

役員の家までご持参ください』


と書いてある。


その電話番号に電話すると、

手紙の主のお母さんが出て

今から集金に伺いますとのこと。

直ぐにみえてさっさとお金を払い終え、

仕事で午後から夜も晩くまで居ないことや

度々足を運ばせたことのお詫びを言った。


が、話好きなお母さんだから

暑いのに外で立ち話・・・

やっとお帰りになったと思ったら、

駆に畑の野菜をとっておいてほしいと

昨夜頼まれたっけ・・・と思い出し畑へ・・・

腰痛いのに中腰、要るだけとり終えたら

旦那の後輩が家の前で車を停める・・・

私を見つけたので聞いてみようと・・・旦那の容態。


汗かきながら話すかくかくしがじか。。。

そこで立ち話30分ほど・・・



やれやれ帰った・・・

ちょっと横に。。。



ピンポーン今度はだれ


宅急便。それも私ではなくジジ宅の分。


ハンコついてふと時計を見ると

もうかかりつけ病院に行くには遅い・・・


体休めようと、仕事休んでも

洗濯だけはしておこう・・・

あっ!犬のエサ・・・

って、家に居るとすることがいっぱいの主婦。


旦那が私の立場だったら

仕事は100%するけど

家の事、ジジさんの事は何もしないだろうな?

ましてや、私の実家までも

気が回らないと思う。

あれもした?これもしてくれた?

なんて、私が病院のベッドの上で

それも筆談で聞いたりしたら、逆切れもんだわ





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



結局長椅子に寝転んで・・・

2時間ほど昼寝した。


Posted at 11:36 | 健康 | この記事のURL | コメント(0)
この男は・・・ [2018年08月09日(木)]

----男尊女卑----

男性を重くみて 女性を軽んじる事





昔はこうだった

男の人はお国のために命をかけて戦争へ行った

医者も学者も学歴のある人も男が多く

女の分際で!と言われ、差別もされた。



昔も情けない男はいたはず。

がんばってる女の人もいたはず。


今の時代になったから、

がんばる女の人が取り上げられ

沢山の女の人の励みになってると思う。

男でも女でも、頑張ってる人は称えてあげよう。

労ってあげよう。褒めてあげよう。


私はこんな考えの持ち主。


でも同じ生活30年以上してるのに

今でも女を蔑(さげす)む・・・というか

自分が一番偉くて、地球のど真ん中で

自分がすべてを回しているかのような考えの男・・・



うちの旦那だ!




病院のベッドの上で、口もきけない状態で

・・・手足は動くけど・・・

いつも気分が悪そうな顔して寝転んでる奴が

私には毎日上から目線



イライラを直球でぶつけて来る。

自分の思い通りにならない状況を

周りにはわかってもらいたい旦那。


私だって旦那不在の今、すごく頑張ってると思うヨ。

旦那の親も介護してるし、商売だって前向きに進んでる。

今の私、睡眠時間は2〜4時間さ。

ワンコに起こされるから朝は5:30

仕事終え、病院に行く。ほぼ駆も一緒に、時々嫁も。


眠たい目をこすりながら運転して帰宅は11:30〜0:00

それから夜の散歩ヽ。。。

ご飯食べて、洗濯物たたんで、シャワー浴びて・・・

下手すりゃ寝るのが3:00になるからヤバイ



そんな私の事情は、旦那にはわからない。

私が行くと最初は穏やかだが

言いたいことが口パクでわからないとなると

紙に書く・・・イライラ書くから殴り書き!


私を労うことは知らない。



昨夜は、

「私が来てお父さんをイライラさせるなら帰るわ!」



行って数分ですぐに病室を出た。




コッチもイライラするんだよっ!



って、言いそうになった

もちろん言わない・・・それくらいの理性は働く、



感謝の気持ちは無いのだろうか?

いやきっとこうだ・・・



「なんでお前にお礼言わなきゃならない?

お前はそんなにお礼を言ってほしいのか!?

フンっ(・・・と小ばかにした笑みを浮かべる)」




三途の川の河川敷で、

”謙虚さ”と言う名の小石を

ひとつでも拾って来たかと思ったが・・・


私が甘かった・・・



この男の性格は死んでも変わらない。





Posted at 08:09 | 介護 | この記事のURL | コメント(0)
ひゃくまんえんでもあったら・・・ [2018年08月06日(月)]

おはようございます。


ジジさんにかかるお金の心配で始まり、

商売の支払いの心配で終わる1日が

今日も始まりました〜!




昨夜、机の上に中途半端に置いてある

紙切れや、不要な書類、要・不要な領収書などを整理、

その中には、ジジさんに関する支払い明細なども

封筒に入ったまま放置状態だった。


デイなどの領収書が、何か月か足りないのは

私の管理不行き届きだろう。

捨ててはないから、どこかから出てくる・・・はず(笑)



訪問歯医者も3年くらい頼んでいたので

歯医者の領収書もたくさんあった。

月に4.000〜5.000円の支払いで

入れ歯を作った時だけ少し値段が高かった。



ジジさんが何度も歯の「治療は止める」とか

「入れ歯が合わん」とか、

「金を捨てるだけじゃ」とか言ってたけど

ただのわがままだと思って聞いていた。


最後の方では、人の好い先生だが腕は最低だと(笑)

でも、私としては・・・


「歯が痛い」から始まったジジさんの歯の治療。

歯医者の予約を取り、通うとしたら、

私が送り迎えできるか・・・?と言うと、

できないし、絶対ムリ←”絶対”がつく!

訪問してもらって、食べられるようになって

健康を維持してもらえるなら、言うことは無い。


そう考えていたので、月に4.000円くらいは

安いものだと思っていた。



お金が無い現実は厳しいけれど

健康でいてくれることが一番の節約だ。

特に食べることは大事!

食事作りも、歯が良ければ問題はない・・・はずだった。


ところが、訪問歯医者にかかり始めて

昔、何百万円もかけたことが発覚した

ジジの歯のインプラント


インプラントで、何年美味しい思いをしたか知らないが

ジジさんのインプラントは、

結局「お金を捨てた」と言わざるを得ない。

いえね・・・

他にお金を沢山残して使うならいいのよ・・・

すべて使い切るなよっ!!!って話。



訪問歯医者をお願いしたころは

まだ数本あった自分の歯も

いつの間にかすべて抜けてしまった。


13本くらいまで確認できたインプラントの数。

これもすべて抜け落ちた。

推定だが。。。500万円がゴミ箱に



それで総入れ歯にすると、奥に引っかかるところがなくなり

合わないとか痛いとか言って、わがまま放題。

我慢も足りないのだ。慣れるってこと学べよ!



今は、総入れ歯が気に入らなくて

作ったものは使わないし、

新しく作りかけた歯は途中で作成拒否。


今思えば、最初からすべて抜いて

総入れ歯にしとけばよかったのかな〜と思う。


たとえ私がそう思っても、ジジはわがままだから

言うことはきかないと思うけど。




昔は私が気に入らなくて嫌味言うし、

クソ嫁と思ってたくせに

今は世話係の私が居ないと困るから

猫なで声で話掛けて、気を遣ってるように見せてるけど

肝心な話にはうんと言わない。

頭はしっかりしてる、お金の計算もできる。



そして。。。

昨夜の整理整頓でババさんの通帳が出てきた。

亡くなる2〜3年前まで記帳されてた。



テイキヨキンリシ・・・1500円が数年入ってる。



今どき1500円の利子って・・・

相当の金額を貯金していたと思われる。

その預金通帳は、最後まで出てこなかった。


どこへ流れて行ったのだろうか?

そのお金を黙って懐に入れて、

ほくそ笑んでるやつが、どこかにいるはず・・・



バカなフリして、したたかだったバーさんは

最後にジジさんの顔に砂をかけて逝って

肝心なお金だけは、自分の妹に遺してやった。


それを証拠に、妹家族は

バーさん死んで初盆から後、全く来なくなった。




Posted at 07:09 | 介護 | この記事のURL | コメント(0)
すべて1人ではできません [2018年08月05日(日)]

今日は朝から忙しかった。

午前中は書道教室、

午後から少し昼寝して

日中の暑い最中、末姉のところまで

初盆のお供えをもって行った。



末姉宅まで、我が家からで50分ほど。

結婚して約33年・・・1人で行ったのは初めて!


朝、予め電話しておいた。

突然行って(50分もかけて)、もし留守だったら困る

午後から在宅の確認して、

お供えを買いに、近所のスーパーへ。


ババさんが亡くなった時、

末姉宅から届いたのは、昔ながらの盛り籠。

缶詰や出汁の素、醤油などの調味料が

盛り合わせてあったような気がする。

フルーツは腐るから、入って無かったね・・・

8.000〜10.000円くらいかな・・・って思ってたので

それくらいはお返しするつもりでチョイス!



でも、近所のスーパーには盛り籠が無い

今どき流行らないと思うから、置いてないのはうなづける。


並べてあるのは

お砂糖・お線香・果物盛り・ビール・お菓子・・・


お砂糖10s入り + ボトルコーヒー1箱(12本)

それとお線香で5.000円。お供えはこれで良し!

その上に、姉の好きなお惣菜やパンを沢山買い、

もしも、何かあってはいけないので

娘に「おばちゃんとこ行くね〜」と伝えて

1人・・・家を出た



夕飯にはまだ早い時間に到着。


「すぐお暇(いとま)しますから・・・」


と言うと、末姉は




「夕飯食べて帰って〜準備してるから」



と言い、姪っ子家族も来ていて賑やか




「急いで帰る用でもあるの」との姉の問いに




「いえ・・・ないですが 病院に行くだけ(笑)」




「じゃ 食べてお帰んなさい





折角なので、ごちそうになることにした

末姉なりに気を遣ってくれてるのがわかるから。



この間の、ジジさんのことでの家族会議で

末姉が途中で黙り込んでしまったので

てっきり、私がお金の事を持ち出したので

機嫌悪くしたんだと思ってたけど

今日は快く接してくれたので、私の思い過ごしかも。


まぁ、油断大敵だ・・・

旦那含めみんな敵陣って事は、頭に叩き込んである。



お腹いっぱいごちそうになって、

明るいうちに、姉宅を後にした。




やることやっとかないと

言いたいことも言えないから、

常識的な事だけは完璧にやる。

任務完了!ってわけだ。



帰り際・・・末姉が言った。


「じいちゃんの事も 弟の事も頼むね〜

あんた1人で全部せなならんけん 大変だけど」




私を気遣って言ってくれたのはわかる。

でも、複雑な思いで車に乗った。




ねぇ・・・


誰の親?



Posted at 22:32 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(0)
『生と隣り合わせの死』 [2018年08月04日(土)]

昨夜、晩くに病院へ行くと旦那がよく話す(書く)(笑)

おお!今日は気分が良かったのかな?と思った。

駆には仕事の話を、しきりにしていた。

駆もわからないことが解決したようだった。

お父さんにまだまだ教わらなきゃならないことが

有るからね・・・

職人としては未熟な駆だけど

今は、お父さん不在のお店を一生懸命守ってる。

それに、お嫁ちゃんも必死で付いて行ってる。


そんな二人を見てるのが好き

昔の自分と重なる・・・

右も左もわからなくて、一生懸命だったな〜

30年前が、妙に懐かしい・・・(笑)




そうそう、それで昨夜・・・

「さて ワンコの散歩もあるから帰るよ…」

と、言ったのがPM11:30ころ。

すると帰り際に旦那、また書き始める。


この人は癖だ・・・


私が出かけようとしたり、

昨夜の様に帰宅しようとすると

新たな用事を言いつけたり、話しかけたりする。

人恋しいのかな?

そもそも小心者だから、誰かにそばに居てほしいのかも。

で、何を書き始めたか・・・だよ。




同じ病棟にいた人が今朝亡くなった・・・と言う。

朝7:00頃だったんだけど

ナースステーションがピーピーなってるのに、

一向に止まらなかったらしく

気が付かなかったんじゃないかと言う。

たまたま先生が来て、おかしいってその人見に行くと

息してないぞ!ってことになって大騒ぎに。


結局、心臓が止まってて亡くなったそう。



旦那「亡くなるような容態が悪い人じゃなかった」



私「顔見知り?リハビリ行く時でも顔合わせてた?」



「いや…声…声聞いた限りではまだ元気そうだった」



夕方から朝の8:00くらいまでは

看護師さんも少なくて、一人の患者さんにかかってたら

患者さんからの呼び鈴(死語?)・・・

今は何て言うのかしら?ナースコール?

それに、すぐ対応できないのかも。


でも、亡くなっちゃったらダメよね〜




旦那は何を思っただろうか。

2か月前に、自分の心臓が止まったこと?

喋れないけど生きてるだけ儲けもの!とか?

今、自分が危篤な状態になったら、看護師来るか?


聞いてないからわかんないけど

昨日の朝の亡くなった方に

何らかの思いを寄せた様子だった。






Posted at 08:30 | 介護 | この記事のURL | コメント(0)
もう取り戻せないかも・・・ [2018年08月03日(金)]

先月25日の旦那抜きの家族会議は

駆を家に呼んで説得を試みた

ジジさんのデイでフロハイル
の件、

見事に失敗に終わったのだったが、

あれからと言うもの・・・

ジジさんは私に今まで以上に気を遣ってるようだ。




気を遣ってるように見えるけど

実際は自分の意見を押し通して生活してる。


私が面倒くさくなって

結局ジジの良いようになってるって感じ。

義理姉たちも、私の忙しさはよくわかってるけど

ジジさんの事は私に任せるのが一番だと

皆さん(3人の義姉達)思ってる様子。

今の私に下手に口出しすると、

自分達の誰かが、ジジさんを世話しなきゃ

いけなくなるかも・・・・とか、思ってるんだろう。



まず旦那が入院中、ジジさんの世話だけでも忙しい。

実家の両親も、今は健康でなく

なるべく行ってやりたいのだけど、時間は無い。

商売はここ数か月売り上げが伸びず、

おまけに先月の水害は、

この地域の飲食店全体に、大きな損害をももたらした。

我が家の2階の屋根は雨漏りで修理必須、

これから先、旦那が自宅に帰ってきたとして

1階のリフォームも必須だ。

そうなると、上と下の部屋をそっくり替えなければ

旦那の生活が確保されず

ぼちぼちでも、家内引っ越しをせねば・・・

こんな作業も、一人ではなかなか進まないだろう。



旦那が居なくて、困ることはほとんど無い。

お金の工面が大変だけど、

それは私の預金で、当面はしのげる。


ただ、ジジさんの事がすぱっ!と決まらないのが困る。

ジジさんは誰の言うこともきかない。

義理姉達3人いるけど

姉が何を言ってもきかない。

でも、旦那が押し切ると反論できないところがある。


だから、ジジさんより先に旦那に逝かれると困る。




旦那も今んとこ、命の急変は乗り越えたけど

癌もあるし、のどの麻痺もあるし、

安心した生活は、取り戻せないかもしれない。


Posted at 10:00 | 介護 | この記事のURL | コメント(0)
もう一生喋れないかも・・・ [2018年07月31日(火)]

ハッキリ言って、努力が足りないのだと思います。

毎日時間は有るのに、どうして前に進めないのかなぁ?


・・・旦那の事です。




脳外科の先生に、誤嚥防止のための

『喉頭気管分離術』をすすめられました。

それをすると、ご飯が口から食べられるようになります。

喉のカニューレが取れます。

それに手足にまひは無いので

そちらのリハビリを進めることができます。



でも・・・


この手術によって、完全に声が失われます。

一生喋れなくなります。



5月28日の手術で、肺に有った異物は

やはり転移性の癌でした。

その翌日に脳梗塞を起こして

脳の方にみんなが集中してしまって

肺の方が置き去りに・・・


2か月たって、昨日外科の先生と話すことができ

今後、癌の治療はどうしたらいいか尋ねました。






続きを読む...
Posted at 08:48 | 書き残しておきたいこと | この記事のURL | コメント(0)
それなりにするだけのこと [2018年07月30日(月)]

旦那がこの8年で何度も入退院を繰り返し

考えさせられたのが、臓器提供。

脳死状態になった時、

私は旦那の臓器を提供できるか?と。


旦那は自ら「どうぞ使ってください」と言う人ではない。

すでにあちこち癌が転移してたし

臓器提供の当事者には当てはまらないだろうけど

もし、どこか使えるところがあっても

本人が生前強く望んでない限り、提供しないと思う。

ましてや我が子ならもっとしない。

「誰かの体で家族が生きていく」と言う考えが出来ない。



世の中には、ドナーを待ってる人がたくさんいる。

自分や、家族が

そんな人のお役に立てるならとも思わなくもないが。


ちなみに、私自身はしない。

でも一つだけ差し上げてお役にたてるなら・・・

と思うのが・・・『角膜』

でも、もう老眼が進んでるから

これは役立たずかもしれないな。

それとも老眼は関係ないのかな〜?




毎日旦那を見舞うけど

喋れないからストレスMAXにたまってるんだろうね。

旦那がゼスチャーする内容が私にはわからなくて

イライラされて、顔がしかめっ面に・・・

そんな時は文字にしても殴り書きになる


寝ている本人が一番つらい。

でも、旦那は私の気持ちを思う事があるだろうか?

商売の事は、私なら何とかやっていく

と思ってるにしても、運営資金の事もある。

お金のやりくりや自分の親を私に任せっ切りにして

何か心配することは無いのだろうか?

仕事も家もジジもぜーんぶ私におんぶに抱っこ。

でも、何一つ聞かない。

自分の親が生きてる事、忘れちゃったか?

いや・・・この間もジジさんの訪問介護変える事

話したし、姉たちと話し合うって事も言った。

でも、普段から自分の親に関わりたがらなかったから

今は、私が全部やってて、ほっとしてるかも。

それに関しては、感謝はない(笑)

姉たちは一応、私に感謝を述べる。

だって、私が居なかったら姉たちも困るよー。


都会に嫁いだ次姉においては

今まで(ババさん亡くなるまで)、

毎年春・夏家族で帰省して、

こちら側もたくさんのお金使ったけど←マタ金ノ話(笑)

ジジさん一人になった途端、

ババさんの1周忌と3回忌に戻っただけ。


お中元・お歳暮は必ず来るけど、量が激減(笑)

今が一番私に世話掛けてるのに

今、一番私に気持ちを表す時でしょうよ。


自分の親って言ったって

いざ、介護が必要になった時には近寄らない。

看てくれる人さえいたら、他人でもいいのよね。


そうそう、私は他人ってことを

忘れてるんじゃないかしらん?

私・・・バカじゃないから

自分の親と他人の親を区別出来ますのよん!



それでも、便利な私が元気でいてよかった

私の周りの皆さん思ってるようだから・・・

それなりにやりますけどね(笑)




Posted at 08:39 | 介護 | この記事のURL | コメント(0)
またお金の心配・・・ [2018年07月29日(日)]

台風の影響で、雨が強くなってきた。

さっきまで何ともなかったのよ・・・

あら?本当に台風来るの?って感じで

空は暗かったけど、静かだった・・・



あっ!そうか・・・

これが嵐の前の静けさってわけね



あまり強い雨が降ると、また2階が漏るぞ・・・

この前の豪雨から、1か月待って!と

大工さんに言われてる。

すこしくらいの雨なら、漏らないからと。



で、隣のキャンセルさん(うら若き未亡人)が

保険の事が全く分からない私に、良いこと教えてくれた。



「家財保険に入ってるでしょう?sara-nの旦那さん

そこに聞いてごらんよ・・・雨漏りで下りるかも?」



で、聞いたところ

この間の豪雨、ここら辺は被害が出なかった。

ココから数十キロ離れた地域は亡くなった人も出た。

あたしんちは雨漏りだけ・・・

それでは保険は出ないそう。

でも、次に台風など大きな天災があり

また大雨になって布団や衣服、

タンスなどの家財が大濡れになった場合は出る。


だから、次の台風までこのままにしておいてくださいと(笑)



『次の台風』ってところで笑ったんだけど

本当に来たから笑えなくなった。


だって、わざわざまた布団濡らすのも嫌だし、

床が腐りかけてるのに、また濡らすのも嫌だし、


でも、屋根直すお金にも困ってるから

少しでも家財保険が下りてくれたらすごく助かる。


2階に上がって雨漏り確認したいけど

見るのが怖い気もする・・・





最近の私は、お金の心配ばっかりしてるから

1日中、毎日毎日お金に追っかけられてる感じがする

ジジ&義理姉たちも、sara-nは金の事ばかりで

いやらしいと思ってるに違いない。


今月の支払いは出来るだろうか・・・

(実際はできるんだけどね 預金崩せば)

こういう心配は、経営者ならでは。


旦那の保険金は請求すれば入るし、

私の貯蓄も、まだ少しは残ってる。

どんな苦境にも負けない気持ちは十分ある

どうにか乗り越えられる自信も、なぜかある(笑)



ただ、ただ気になるのがジジさんの事。

↑↑考えると胃が痛いよ〜



今から、ジジさんの葬式に必要な分だけ

私が貯めて行くことになる。


何で私が???


と、こうなるが、旦那が入院してる今、

金が無い舅の面倒を見るのが、私なのだから

仕方ないと思う反面、ハズレくじ引いた気分で

がんばるしかないかな〜と諦めるしかない。



ジジさんが言うように、

葬式出さなくてもいいんじゃない?


そう思ってしまう、心狭い嫁なのだ・・・



あ〜、悔しい〜〜〜〜


Posted at 14:01 | こんな私が経営者 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール



http://www.dhcblog.com/omoshiroi/index1_0.rdf
月別アーカイブ
ログイン
Mypagetopに戻る