2018年09月  >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
BMI目標21

カミングアウト? [2018年09月17日(月)]

おはようございます

明け方 雨が降っていましたが 7時過ぎには

良い天気になりました

じめじめしていますが

一応晴れなので 良い一日になりそうです

さて 今日はブログの話です

久しぶりに 昔のお仲間の足跡を見つけ

ちょっとうれしかったです

ブログを書くことは 私生活を公開してしまう事なので

今の社会では あってはならない個人情報の 

垂れ流しと 同じです

なので、私が 個人を特定できないように

気を使ってブログを書くのですが

あのやっかいな LINEが出てきて

リアル友人に DHCブログと同じ 写真や

話題を載せると 個人が特定できちゃうので

一層 管理が難しくなります

でも 他人のブログを 読む人って それほど 多くないような気もします

なので 今まで通り 自分が思ったことを綴っていくという

精神安定剤的な使い方

それでいいのではないでしょうか

ただ やってはいけないのは

誰が読んでいるかわからないので

知り合いの記事は書かない事です

自分のことはオープンに書いても結構

赤の他人に対する記事ならば

問題は起きないと思います

では

個人情報ダダ洩れブログ

これからも 続けていきたいと思います

私も自分の色々なこと いわゆる

カミングアウト的なブログ

それもあっていいのではないでしょうか

自分のことなら 問題ない


写真 デロンギでおいしいアイスコーヒー

デロンギコーヒーマシン [2018年09月16日(日)]

おはようございます

デロンギコーヒーメーカーは

エスプレッソを作る機械なので

レギュラーコーヒーは エスプレッソを

作って そのあとに 熱湯で薄めて

コーヒーにするんです

エントリーマシンには 自動で レギュラーコーヒを

作る機能はありませんので

普通のコーヒーを作るには

デロンギから出る 熱湯を手動で混ぜるか

お湯を自分で沸かして混ぜるか どちらかです
(自分はガスで沸かしています)

デロンギは1450Wという電熱器でもあります

お湯は瞬時に出来ますので

エスプレッソが出た後 すぐに レバーを回すと

熱湯が出る仕組みですので

ガスでお湯を沸かさなくてもいいんです


6万円以上する上位機種では

レギュラーコーヒーも自動でできますので

予算がある方は ワンランク上の機械を買えばよいです

お湯はここから(瞬間湯沸かし)


間違った情報発信してしまいました
お詫びします 

デロンギ全自動コーヒーマシン エントリーモデル
ESAM03110でも レギュラーコーヒが
自動で作れます
ごめんなさい

コーヒーのお湯の量をつまみで変更して
レギュラーコーヒー
薄めのコーヒー など

自動で作れます

あとから お湯を足すなんて ナンセンスでした

デロンギコーヒーマシン [2018年09月15日(土)]

おはようございます

天気予報は 雨・曇り です

デロンギ・コーヒーメーカーのレポートです

12日マシンが来てから 自宅にあったコーヒー豆(100gぐらい)を

全部、マシン内に投入していましたが

やっと 新しい豆を 投入できるようになりました
(古い豆だったので お試しとして使っていました)

本来の使用方法として 必要な分だけ 豆を投入するのです

付属していた 計量カップ(写真 左)は 7gの豆が入ります

マニュアルを読むと  コーヒー一杯で 豆7g

コーヒー2杯で11〜14g(カップ2杯)という

普段手動でドリップしている量と変わりません

写真右の 昔から使っていた

マグカップ用 コーヒーカップ用 

計量カップが そのまま使えます

手動では必要だった ろ紙が要らないので

とても 便利です




今日は4〜5杯 飲みますので

こんな感じ


全自動コーヒーメーカーレポ [2018年09月14日(金)]

おはようございます

全自動コーヒーマシンのレポート続編です

こんな感じです

朝 水道水を入れる(浄水器の水は推奨していません)

電源を入れる→自動洗浄が始まる

コーヒーボタンを押す→コーヒーができる

電源を切る→自動洗浄する

夜 コーヒーかすを捨てる→ケースを洗う

この繰り返し

コーヒー好きで めんどくさがりで忙しい?の中高年には

最適のマシンです

お勧めは

イタリアン デロンギコーヒーメーカーです

エントリーモデルは イタリア製でした

二日間使って 良いと思ったのは

ボタン一つで 豆から挽いたコーヒーが

出来ること

忙しい朝でも すぐにコーヒーを飲めるし

お手入れは 夜の 一回だけ

朝から美味しいコーヒー [2018年09月13日(木)]

おはようございます

今日も秋の涼しさが続いて気持ち良いです

さて 全自動コーヒーマシン 一日使って

写真のような コーヒーかすが出来ました

一日一回する 掃除としては

この コーヒーかすを捨てることと

それと水を補給する事 それだけです

自分で豆を挽いて お湯を沸かして ペーパーを用意して

ドリップして ・・・ という時間が 無くなったことの

代わりが この掃除です

はっきり言って 掃除のほうが 全然らくちんです

お掃除警告ランプが点灯したら

内部についた 石灰成分を 除去する作業
(これも ある手順通りやれば簡単 たぶん 半年に一回?)

それと 機械内部に飛び散った コナコーヒーを

付属している ミニほうきで 適宜掃除すれば

良いのです これで

毎朝 素早く コーヒーを用意できます

今朝は いつもドリップコーヒーを

アイスコーヒーにして飲んでいましたが

デロンギで作れば あっという間です

豆をひいたばかりの あの コーヒーが

毎回飲める うれしさと

保温ポットに入れて 職場へ持ち込み

午前中は 美味しいコーヒータイムが待っています

なんといっても イタリア家電のデザインの良さ

キッチンが 格好良くなりました



デロンギマグニフィカ [2018年09月12日(水)]

おはようございます

今日は、全自動エスプレッソマシンが届く日です

食洗器ほど大きくはありませんが かなり大きな家電です

なので、キッチンのレイアウトを少し変えてみました

電子レンジを移動して その場所に置けるように

しました。

キッチン周りを整理する良い機会となりました

このエスプレッソマシン

アマゾンのレビュー記事を読んで

(1)掃除はそれほど大変ではない
(2)豆から挽くコーヒの美味しさを家庭で満喫できる
(3)イタリアデザインのカッコ良さ


それに 毎日コーヒーを入れて飲む習慣と
家電好き?
新しい物好き?

手動で豆から挽くコーヒーが面倒と思っていた
それほど高い機械ではなかった

などなど 二日間考えて
購入を決めました

もちろん 大きな家電なので 奥さんの
同意を得てのことです

デロンギ社 ネットショップカタログ



意識を覚醒させる [2018年09月10日(月)]

おはようございます

ドラマ リバースで影響を受け

コーヒーマシンの導入を考えています

デロンギのカタログを見ると

写真(A)のこれが エントリーマシンと書いてありますので

まずは この機種を検討してみたいと思います

アマゾンで65000円程度

もう少しサイズの大きい

超エントリーマシン(B)は44000円程度

(A)にするか(B)にするか 悩んでいます


(A)


(B)



Posted at 06:44 | この記事のURL | コメント(0)

東京都計画停電 [2018年09月09日(日)]

おはようございます

計画停電といえば

3.11の原発事故の際

わが町は 都内で一番最初に

計画停電に該当し 実施されたところです

都内でも いの一番に 計画停電対象になったんです

あのとき

東京都が大停電にならなかったのも

一部の区が 計画停電をしたおかげですよ

それを実行した 東電の判断は素早かった


北海道の場合も

設計通りの 停電なのでしょうけれど

次回からは 連鎖反応型ではなく

部分停電方式に 改めるべきです
(専門家は すでに そうしていくことを
決めているとは思いますけど)


北海道大停電を繰り返さないで [2018年09月07日(金)]

おはようございます

北海道 震度7

発電所が地震に耐えられないことがわかった

全国の発電所の再点検が必要です

一か所の発電所がダメになると

連鎖反応で たの発電所が停止するなんて

そんな設計はおかしい

それこそ計画停電を ささっと実行して

全域が停電するなんて防げたはずです

北海道以外の 発電所システム 見直しをお願いします

停電対策2 [2018年09月06日(木)]

おはようございます

停電対策用に2種類のLEDランプを買いましたが

どちらも 停電時に 自動で点灯するタイプです

一つは 充電池が内蔵されていて 常に満充電

なので使用時は15時間程度の寿命

もう一つは エネループなど 放電しにくい

電池を入れておくタイプ

こちらは AC電源も使えて 常夜灯として

使えるものです

充電タイプは かなり明るいらしく

(サイズも大きい)

一晩の停電なら十分生活に困らない明るさのようです


充電池内蔵1668円



AC電源と電池併用2250円


| 次へ