健康のために走り出してはや33年が過ぎました。年々低下する記録が少しだけ気になりますが、「無事是名馬」を座右の銘にして走り続けます。今年も去年までの自分を最大のライバルとして、決して速くは走れないけれど、細く長く楽しく走り続けていくつもりです。ここには練習記録も兼ねて日々のことを書いてみたいと思います。

2018年05月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
とっきゅう
良いものが買えました。 (05/20)
良いものが買えました。 [2018年05月20日(日)]
天気晴れ 5月らしい清々しい風



先日の裾野ハーフに参加した時に会場に出店していたランニングショップで超安くなっていたゲルニンバスを買いました。

今日の走友会はそのシューズを履いてみました。

高いクッション性が売りのモデルということで、着地の時も膝にずんと響く感じがありません。

私の体重や走力に合っていて、とても走りやすかったです。

費用対効果の高い良い買い物ができたと自画自賛しています。




気候も良かったので、いつもの練習コースの後半は少しペースを上げてみました。

追い風になったこともあり無理なくビルドアップできました。



ニューシューズ効果でしょうが、久しぶりに1時間を切るペースで走り切れました。




自分へのご褒美にいつものパン屋で昼食用のパンを買いました。


次の日曜日は群馬県昭和村で開催されるハーフマラソン大会に参加します。

利根川の流れが長い年月をかけて造り出した河岸段丘の台地を上り下りするこれまた厳しいアップダウンコースです。

昭和村はレタスの名産地なので、走った後は美味しい野菜をたくさん買い込んで帰りたいと思います。
posted at 13:07 | この記事のURL
コメント(3)
富士裾野ハーフ報告part2番外編 [2018年05月13日(日)]

富士山に傘雲がかかると天気が崩れるという説明は以前天気予報の解説で聞いたことがありましたが、この日の富士山はまさにその状態でした。
本当に富士山が傘をかぶっているように見えました。


話は変わりますが、現在我が家には練習用と大会用と兼用にしたランニングシューズが6足あります。

ランニングを始めた最初の頃に何を履いていたかはすでに記憶が定かではありません。

その後、私のように体重があり、幅広の足の人間にはニューバランスのシューズが良いと知り、クッション性重視のM800シリーズをX→A→Xとモデルチェンジの度に購入して長く履いてきました。
また通販サイトで見つけたMR760を気に入って履き続けてきました。

M800もMR760も自分の足や走力に合っていたので次のモデルも期待していたのですが、ニューバランス社の方針転換で自分には合わないシューズになってしまいました。

そんな時にアシックスのGT−2000NYに出会いました。
これが一番自分に合っていると思いました。

その後、同じアシックスの製品でクッション性能の高いカヤノも気に入って購入しました。


ニューバランスのM800シリーズは全て寿命が来てすでに廃棄してしまったので、現在は色違いのGT−2000NYが4足、カヤノ、そして唯一のニューバランスのMR760を使用しています。

月間練習量が100kmそこそこで走り方も歩幅の狭いフラット走法のため長く履き続けていてもほとんどソールが減りません。

そのためなかなか捨てる時期を決められません。

しかし考えてみると一番古参のMR760はすでに6〜7年は履き続けています。

さすがにそろそろ引退させないといけないようです。

ただこのシューズで多くのハーフやフルマラソン大会に参加してきました。

言わば苦楽を共にした友のような存在です。

最後に大会で履いて引退させてあげたいと思いました。


そこで今日の富士裾野ハーフはMR760で走ることにしました。


大会前に会場に出店しているランニングショップを覗きました。

いつもはただ見るだけでまず購入することはないのですが、今日は安売りの箱の中に無造作に入れられているシューズが気になりました。

こういう安売りコーナーにはサイズや幅、そして自分の走力に合ったものがほとんどないのがいつものことでした。

今回も上の方にあったものはサイズは合っても幅が狭いものや自分の体重や走力にはふさわしくないレーシングタイプのものでした。

ところが下の方にあった1足だけ、明らかに幅広でクッション重視のものでした。
しかもサイズがぴったりです。
価格も定価の3分の1以下という安さでした。


引退が決まったMR760が後継者を選んでくれたのだと勝手に思い込み、衝動買いをしてしまいました。

帰宅してからこのシューズについて調べてみると、カヤノとともにクッション性重視のモデルのようでした。(リンク参照)

今の私の走力に合っていることが分かり、安心しました。

秋以降のフルマラソンにも使用できそうです。

これで私のシューズは全てアシックスのものになりました。

最後のニューバランスのMR760は今日もいい仕事をしてくれました。
途中で足の指が当たって痛くなることがなく、雨の中でも滑らず走りやすかったです。
今までありがとう。
posted at 23:50 | この記事のURL
コメント(3)
晴れ男パワー届かず富士裾野ハーフ報告 [2018年05月13日(日)]
天気曇りのち雨 風が強い。

走り始めて33年、記録を繰ると230回の種々の大会に参加してきましたが雨に降られた大会は本当に数えるほどです。

晴れ男などという能力は非科学的と言われるかもしれませんが、自分的には信じています。

それはさておき、普段は晴れ男パワーで乗り切っている分、いざ雨となるとそれまでの分を取り返すようにしっかり降られます。

今日の大会はそんな数少ない大会となりました。

スタート時は雨は降っていませんでしたが、雲の速い動きと吹き抜ける風の冷たさは今すぐに降り出してもおかしくない状態でした。

予想通り、スタートして1時間も経たないうちにザーザー降り出しました。
しかも風が強く、体に吹き付ける感じでした。




このコースの特徴はスタートして5kmまでは標高差300mの上りが続きます。

途中の区間はアップダウンのある所を2周するため、ツインピークス状態のコースレイアウトになります。
何度走っても最初の上り区間は慣れません。






上り区間はともかく下り区間では腰の位置を高く保って真下に踏み込むことを意識しながら走りました。

最後まで脚も気持ちも切れずに走ることができたと思いましたが、残念ながら昨年の記録を超えることはできませんでした。

実力以上でも以下でもない今の実力相応の記録でした。

年々低下する記録に寂しさがないと言えばうそになりますが、完走できたことを素直に喜びたいと思います。


今月はもう1回27日に群馬県昭和村でハーフマラソンに参加します。

こちらもアップダウンが厳しいコースです。

しっかり体調を整えて実力相応の走りを目指します。


part2番外編もよろしければご覧ください。
posted at 23:47 | この記事のURL
コメント(0)
ゴールデントライアスロン達成 [2018年05月06日(日)]
天気晴れ 風が気持ち良い。

今年のゴールデンウィークは好天に恵まれましたが、例年になく暑い日が続きました。

観測史上1位の高い平均気温だったそうです。

あらためて、この夏が思いやられます。

ゴールデントライアスロン最終ステージは走友会の10kmペース走でした。

一昨日の27km坂ランで左足の人差し指の爪が死んでしまって少し痛かったので、今日は設定ペースを6分30秒にしました。

風があったので思ったよりも快適に走れました。





この連休中、3日間連続で身体を動かしたことでさすがに脚ががちがちです。

明日は天気も悪いようですのでしっかり休養して、水か木に筋トレして、週末のハーフマラソンに備えます。
posted at 12:26 | この記事のURL
コメント(2)
セカンドステージはエアロビレッスン [2018年05月05日(土)]
天気晴れ 快晴

せめて休みの日は朝寝坊をしようと思うのですが、普段の早起きのリズムはそう簡単に変わるものではないようで、ピタリと5時15分に目が覚めてしまいました。

起きた時は結構、昨日のランの疲れが脚に残っている感じがしました。

今日のエアロビは無理なく動こうと思いました。

バイクで駒沢公園に向かいました。
都心の道路はすいていて自然とスピードが出てしまいます。

そんな私たちの解放感を見透かすように246号や環八の交差点では白バイが熱心に取り締まりを行っていました。

すでに車やバイクが止められて違反切符を切られていました。

捕まってしまった彼らにとっては一瞬にして悲しい連休になってしまったことでしょう。


さて、本題です。

ゴールデントライアスロン第2ステージは、駒沢公園トレーニングルームでの2時間のエアロビレッスンです。

昨日の坂ランで両太腿がかなり張っているため、脚を曲げたり伸ばしたりする動きがきつかったです。

ただ、一番辛かったのは、左足の人差し指の爪が昨日のランで内出血してしまい、動くたびに靴が当たりかなり痛むことでした。

1時間目のレッスンが終了した時点で、左足首も痛いし、爪も痛いしで今日はこれでやめようかと思いましたが、休憩時間中に足首や太腿のストレッチをしたところ、これが効いて嘘のように痛みがなくなりました。

2時間目のレッスンはかえっていつもより動けたくらいでした。

アクティブレストの効果を実感しました。


連休最終日の明日は第3ステージの走友会練習です。

前の人に食らいついて10km気合を入れて走ってきます。


昨日の坂道ランのラップ表です。(一つの記事に載せられる画像の数が制限されているため、こちらに載せました。)





コースの途中には急な上り坂、階段や未舗装の区間もあるので、その区間が8〜10分台のラップになってしまうのは仕方ないのですが、下りの区間も疲労が脚に溜まって体重を載せて走ることができませんでした。

かなり苦しく感じたのですが、心拍数を見る限りではそれほど循環器系は追い込まれていなかったようです。
完全に脚の筋肉の疲労状態でした。
posted at 14:46 | この記事のURL
コメント(2)
勝手にゴールデントライアスロン [2018年05月05日(土)]
天気晴れ 日差しがまぶしい。

連休後半の4連休は良い天気が続いています。

身体を動かすには最適な気候です。

持ち帰りの仕事は連休初日に必死に仕上げましたので、残りは体育的行事に専念することにしました。

勝手にゴールデントライアスロンと銘打ち、3日間連続で身体を動かします。

昨日はその第一弾。私が普段練習している坂ランコースをラン仲間2名とともに走りました。

風が結構あったので助かりましたが、この時期としてはかなり暑くなりました。

まだ身体が暑さに慣れていないのでしんどかったです。


登戸駅をスタートゴールとして生田緑地や読売ランド及び王禅寺付近の丘陵地帯を上り下りしました。


起伏のグラフを確認すると標高差50〜100m近い6回の上り下りがありました。
走りがいがありました。


暑さとの戦いになりましたので、一生懸命走ったつもりでしたがペースは上がりませんでした。




生田緑地の枡形山展望台で記念撮影です。
遠くに新宿の高層ビル群がよく見えました。
posted at 08:30 | この記事のURL
コメント(0)
せいぜい18金の3連休 [2018年04月30日(月)]
天気晴れ 風が割と強い。

待ちに待ったゴールデンウィークです。

毎年、年度初めは目が回るほど忙しいため、「とりあえずゴールデンウィークまで頑張ろう!」が職場の合言葉になっています。

とは言っても今年は暦の関係で、明日明後日の2日間は通常勤務ですので、純金とは言えない感じです。

この3連休は天気に恵まれ、風も爽やかでしたので、運動や屋外の活動には最適の気候でした。

昨日は走友会の練習会に参加しました。

キロ6分ペースのグループに参加し、前を走る仲間に必死でついていきました。

おかげでかなり苦しかったですが、最後までペースを維持して走ることができました。






朝、走友会の会場に自転車で行こうとしたら後輪が完全にパンクしていました。

仕方なく、通勤用のパパチャリに乗り換えていきました。

走友会の練習から戻ってからさっそくパンクの修理を行いました。

タイヤやチューブの状態を調べると、何か尖ったものを踏んだのではなく、チューブの劣化によりバルブとの接合部分が割れてしまい、一気に空気が抜けてしまたことが分かりました。

考えてみるとタイヤとチューブを交換してからもう7〜8年経過しています。

以前は勤め先まで時々通勤サイクリングしていたので、マメにメンテもしていましたが、ここ3〜4年程は通勤に使用しなくなったことでメンテをさぼっていたばちがあたったようです。

タイヤも表面の溝がかなり摩耗していたので、思い切って前後のタイヤとチューブを交換しました。

かなりの出費になりましたが、走友会の練習の時に使用したり、また仲間とサイクリングに行く機会もありそうですので、安心のためにも必要な経費と自分に言い聞かせました。

久しぶりの交換作業で少々手間取る場面もありましたが、無事に交換できました。




今日は久しぶりに愛車を徹底的に磨き上げました。

花粉と埃がボディにこびりついていたので、研磨剤を含んだ洗剤と水垢除去のクリーナーを使用しました。

最後に艶出し効果の高いワックスで仕上げました。

最近は洗車とワックスがけが同時にできる手軽な製品もありますが、やはり手間を惜しまず、磨き上げてあげると新車のような光沢になるものです。

しかし洗車は疲れました。

しばらくはまた機械洗車に頼りそうです。

posted at 15:28 | この記事のURL
コメント(2)
深大寺ロングラン報告 [2018年04月22日(日)]
天気晴れ 夏の暑さ

この週末は真夏のような暑さになりました。

いや、最近の日本の夏はこんなもんじゃないですね。
まだ30度そこそこですから。
今からこれじゃ真夏が思いやられます。

先日申し込んだユーミンの武道館アリーナコンサートの優先予約が当選しました。
ユーミンのコンサートはシャングリラコンサート以来です。
来年の3月が今から待ち遠しいです。

今日は走友会のゆるジョグロングランのイベントに参加しました。

いつもの二子玉川の練習会場から野川沿いに上流の野川公園まで走り、折り返して深大寺に到着しました。

深大寺は多くの観光客で大賑わいでした。

先に近くの温泉で汗を流してから、名物の蕎麦を食べました。

天気に恵まれ楽しいランになりました。

6月のロングランは、山手線ランだとか。

梅雨の時期ですが、晴れ男パワーで雨を吹き飛ばします。





posted at 19:38 | この記事のURL
コメント(3)
週末アラカルト [2018年04月15日(日)]
天気雨のち晴れ 暖かい。

朝方の風雨はすごかったです。

でも不思議なことに庭木の枝葉やバイクのカバーも飛んでいませんでした。
風向きが良かったようです。

楽しみにしていた走友会の練習は中止の連絡がありました。
この風では仕方ありません。

ラン仲間が長野マラソンに参加しました。
現地はこちらと比べると風雨は弱かったようでナイスランができたようです。
おめでとうございました。




昨日はいつもの駒沢公園のエアロビレッスンに参加した後、奥さんと娘の3人で文化教養行事に参加しました。

今回のミュージカルはストーリーの面白さもありましたが、それぞれの登場人物の独唱と掛け合いの歌唱に引き込まれました。

この劇団のミュージカルの素晴らしい所は、演じる題目によって歌、踊り、演出方法がかなり違っていて毎回新鮮に楽しめることだと思います。





観劇の前に腹ごなしで飛び込みで入った中華街の店です。

ネイティブな店員が着席するや否やメニューを投げるようにテーブルに置いたのには、さすがに文句を言いましたが、異文化コミュニケーションと割り切って自分を納得させました。
味はなかなかのものでした。





発売を心待ちにしていたアルバムです。

通販サイトで予約していたので発売初日に届きました。

同封されていた全国アリーナツアー3月武道館の先行予約に早速エントリーしました。
21日の当選発表が待ち遠しいです。

ユーミンを本格的に聴くようになったのは大学に入学してからのことです。
当時のガールフレンドに勧められて購入したLPレコードのアルバム「パールピアス」と「サーフアンドスノー」を聞いてたちまちユーミンワールドに引き込まれました。

曲や歌詞の魅力ももちろんですが、振り返ると学生時代に経験した様々な喜怒哀楽の場面で必ずユーミンを聞いていたことがわかります。

そのため、今でもそれぞれの曲を聞くとその曲に紐づけされている楽しかったこと、悲しかったこと、苦かったこと、嬉しかったことの思い出が昨日のことのように頭に浮かんできてしまいます。

しばらくはこのアルバムが家でも車でもヘビロテになりそうです。






3月下旬に受診した人間ドックの結果が郵送されてきました。

内科関係の結果は良好で、心配していた高血圧の指摘もなく一安心です。

節アルコールの効果が出たようです。

初めて受けた脳ドックの方も脳MRI画像による診断では、腫瘍や血管病変、奇形性疾患などの異常所見はないと言われました。

自分の頭の中身を初めて見ました。
空っぽでなくて一安心です。

ただ、左側大脳深部に加齢性変化が見られたそうです。

内視鏡検査による胃の表面も加齢性の変容があると言われています。

すぐに治療が必要な状態ではなくても年齢に伴う機能低下はやむを得ないのですね。

まあ考えてみれば白髪も老眼もありますし、モスキート音は全く聞こえないのですから体の中身も衰えているのは当たり前ですよね。

分かってはいるのですが、年々低下するランの記録と同様に、「加齢のせい」という言葉でいろんなことを納得しなければいけないこと、納得させていることが最近とみに増えてきているのを少しだけ寂しく思っています。





紅白の沈丁花の苗を購入し、鉢に植えました。

しっかり根付いたら場所を決めて庭に定植しようと思います。

大きい赤い方はすでに少しだけ花が咲いていてかすかに良い香りがしました。

来年は楽しめそうです。
posted at 16:00 | この記事のURL
コメント(5)
薄氷を踏む焼津ハーフ完走 [2018年04月08日(日)]
天気晴れ 風が強くて意外に寒い。

2年ぶりに参加しました。

天気は快晴でしたが、吹き飛ばされそうな風が吹いていました。

途中3か所の制限時間の関門を通過するためには最初から設定ペースで走ることが必要です。
普段は滅多にしないウォーミングアップのジョグも念入りにしました。

中間点までは厳しい向かい風でした。
時計をチラチラ見ている係員を横目に見ながら通過しました。


15kmの関門でも係員が時計を見ていましたが、関門によく設置されている掲示時計がないので何分マージンがあるのかわからず不安でした。
自分の時計では5分位は余裕があると思いました。


防風林沿いの道を過ぎるとまた斜め前や横から吹き付ける風に苦労しました。

20knの関門は残り5分を切って通過しました。

ラスト1kmの地点で奥さんが応援してくれている姿が見えました。
完走できる姿を見てもらえそうで安心しました。


結局、ゴールは制限時間3分前でした。

制限時間内に完走できて良かったです。



完走証をもらうと順位の末尾の数字がカツオをもらえる当たりの数字でした。

頑張った甲斐がありました。


帰宅してからカツオを肴に美味しいビールとサワーで乾杯しました。
posted at 20:58 | この記事のURL
コメント(2)
| 次へ
プロフィール


リンク集

http://www.dhcblog.com/hashirunodaisuki/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る