銚子ハーフマラソン速報 [2017年11月19日(日)]
寒かったですが、気持ちよく走れました。
2時間3分37秒でした。昨年より25秒記録を短縮できました。今年は昨年よりも記録がかなり悪い大会が続いていたのでこの記録更新は嬉しかったです。詳しくは後日。
フル3週間前の41km走 [2017年11月12日(日)]
天気晴れ 風が冷たかった。

先週に続いて晴天の日曜日になりました。

各地で多くのランニングの大会が開催されました。

ラン仲間の一人は久しぶりのフルマラソンに参加し、無事完走したとご本人のブログで報告がありました。おめでとうございます。

多摩川でも対岸の世田谷側ではハーフマラソン大会が開催されました。
そこで今日の練習は、大会に参加しているランナーの邪魔にならないように、いつもの上流と下流の橋を廻るコースではなく、川崎側と大田区側を走る往復コースにしました。

自宅から多摩川の一番下流の大師橋との往復で41kmとなります。

2週続けて30km走はしましたが、マラソンの勝負はそこからです。

来月3日の湘南マラソンの前に一度は35km以上のランをしておこうと思いました。

幸い、天気は快晴で、朝のうち比較的強く吹いていた風も昼過ぎには弱まりました。

ロングランには絶好のコンディションになりました。

今日の練習
自宅から多摩川の大師橋までの往復走 41km








最後まで6分台のラップを刻めたことは嬉しかったです。

先週のラン仲間との31km走のおかげだと思います。

また、週に1回の筋トレの効果が少しずつ出てきていることを感じました。

今後は、来週の銚子ハーフマラソン参加、その次の週のロング走でフルマラソン本番に備えたいと思います。
フル1か月前の31km走 [2017年11月07日(火)]
天気晴れ 立冬というのに暖かい。

先週まで2週連続の台風の日曜日となりましたが、ようやく今週は気持ち良い青空となりました。

今シーズンのメインレースの1つである湘南マラソンまで残り1ヶ月となりました。

9月以降、箱根駅伝各区イベントランやハーフマラソン大会の参加により20km位までの距離は走ってきましたが、フルマラソンを完走するために必要不可欠な30km以上の練習が圧倒的に不足していました。

先月末の土曜日にようやく付け刃的な31km走ができましたが、ラストの5kmは大幅にペースダウンしてしまい、持久力不足を痛感しました。

そこで今週も多摩川の河川敷を走ることにしました。

最初はまた一人練習のつもりでしたが、一緒に湘南フルマラソンを走るラン仲間から誘われたこともあり、結局いつものラン仲間6人でイベントランとして走ることになりました。

イベントランとなれば、ランの後はお風呂と打ち上げがお約束です。
駅からできるだけ近くて午後の早い時間から営業している市内の銭湯を検索してみると、南武線宿河原駅前にあることが分かりました。

そこで今回は一つ隣の登戸駅に集合し、荷物をコインロッカーに預けてから、近くの多摩川水道橋付近の川崎市サイクリングロードをスタートしました。


コースはまず川崎側をサイクリングロード終点の多摩川大橋まで走ります。

多摩川大橋を渡り、対岸の大田区サイクリングロードを丸子橋まで戻ります。

そこからは未舗装の河川敷を避けて丸子川という小川に沿って二子玉川駅付近まで走ります。

二子橋からはまた河川敷のサイクリングロードに戻り、世田谷側を多摩川水道橋まで走ります。

コースはほぼ平坦で、心配していた強い風もなく、絶好のコンディションでした。

今回の練習内容
多摩川水道橋と多摩川大橋を廻る31km走






今回はラン仲間が最後まで一緒に走ってくれたので、前回の鬼門だったラスト5kmも6分台後半の良いペースで走り切ることができました。
仲間にあらためて感謝です。
大雨の前に多摩川31km走 [2017年10月29日(日)]
天気 大雨 気温も低い。

2週連続の台風接近です。

仲間が走る予定だった横浜マラソンも中止になりました。

先週、私が参加した鳴沢ハーフ位の規模の大会であれば、何とか開催もできるのでしょうが、2万人以上の参加者を集める大規模大会であればまずは安全優先になるのはやむを得ません。

ただそうはいっても、3倍近い抽選を無事に通過し、戻ってこない参加費15000円を支払った仲間の落胆ぶりが目に浮かびます。

さらに35000円のチャリティ代を支払ったチャリティ枠の参加者やわざわざこの大会を目指して海外から来た外国人枠の参加者は泣きたいくらいでしょう。

例年10月後半になれば、雨天はあっても台風接近による大雨はまずないというのがこれまでの常識でした。
最近の異常気象はその常識も覆すようになってきたのだなとあらためて思いました。


ということで、昨日の午前中がこの週末で何とか走ることができるワンチャンスだと思いましたので、エアロビをお休みして多摩川にロングラン練習に出ました。

本当ならば、12月の湘南マラソンに向けてもう少し早い時期から30km以上のランを踏んでおかなければいけなかったのですが、何しろ今年は天気に恵まれず、箱根ランや大会参加で20kmそこそこを走ることが精一杯でした。

今回は何としても30km以上は走りたいと思いました。

多摩川の河川敷のランニングコースは先週の台風による大雨で増水した痕跡が至る所に残っていました。
土のランニングコースは濁流によって削られた箇所があちこちにあり、応急処置で入れられた砂が深くてまるで砂浜を走るように走りにくい所もありました。

川のすぐ側を走る区間では頭上の柵の所まで流されてきた草や枝が大量に引っかかっていて、こんな高さまで水面が上昇したのかと思うと怖くなりました。

本来、多摩川の練習で30km以上の距離を稼ぐためには、ガス橋かもう一つ下流の多摩川大橋と上流の多摩川水道橋を廻ってくる必要があります。

今回はいつ雨が降り出してもおかしくない空模様だったので、ガス橋の上流の丸子橋と水道橋を廻ってまず自宅前まで戻ってきました。

その時点で走行距離は26km前後になりましたので、後は自宅近くの平瀬川沿いを廻る3kmの周回コースを2周して帳尻を合わせました。

すでにかなり走ってきているので、早くシャワーを浴びてのんびりしたい気持ちを抑えて自宅の前を2度通り過ぎるのは辛かったですが、良いメンタルトレーニングになりました。

今回の練習内容
多摩川の丸子橋と水道橋を廻る31km走








やはりラストの5kmはラップが7分台になってしまいました。

ただ、これまで30km以上の練習をした時は自宅に着くと脚の疲労感が半端ではなかったのですが、今回はあまり感じませんでした。

翌日になっても筋肉痛や関節の痛みもほとんどありません。

毎週木曜日に取り組むことにした筋トレの効果が少しずつ現れてきているようです。

タイムアップにはすぐにつながらなくてもフルマラソンを確実に走り切るためには筋トレは有効なようなので、これからも続けていきます。
降れば土砂降りの鳴沢ハーフ [2017年10月23日(月)]
天気晴れ 久しぶりに気持ちよい風

朝方に台風が関東地方を通過しました。

自宅を出る頃はまだしっかり雨が降っていましたが、その後急速に天気が回復しました。

日中は久しぶりの陽射しがまぶしく感じられました。

ラジオの交通情報を聞いていたら、昨日私たちが車で通ったばかりの中央道や圏央道が通行止めになっていました。

あらためて何事もなく無事に帰ってこれたことに感謝しました。


大自然の営みに私のようなちっぽけな人間が影響を与えられるはずはないのですが、自分は勝手に晴れ男だと思っています。

これまで数多くのランニング大会に参加したり、ランニングイベントを企画したりしていますが、ほとんど雨に降られたことがありません。
降水確率80パーセントの日でも全く降られなかったこともありました。

その代わり、晴れ男パワーが届かずいったん雨になった時は今まで貯めていた分を全て吐き出すような大雨に遭遇します。

自分の記憶の中では4年位前の長野県やぶはら高原ハーフに参加した時の大雨が一番でした。

今回はそれを上回る今までに経験したことのない位の大雨の中のレースになりました。


いつもは開会式や地元の方々のアトラクションで賑やかなメイン会場も閑散としていました。

雨水を大量に吸い込んだ芝生はまさに湿地帯のようです。

足を着くとそのままずぶずぶと地面に足がめり込んでいきました。


スタート直前まで近くのテントの下に避難していましたが、風も強くなってきていつテントが持ち上げられてしまうか心配になるほどでした。

スタートして最初はできるだけ路上の水はけのよい所を選んで走ろうと思っていましたが、その考えはすぐに完全に打ち砕かれました。

100mも行かないうちに道路全体が水没している所を通過することになり、シューズは完全に水没しました。

その後も上り坂の部分では上から川のように流れてくる水に足を取られそうになり、下り坂の底の部分では路面が全く確認できない位の水深になった区間をウォーターシュートのように水しぶきを上げながら駆け抜けました。

ぐしょぐしょになった靴の中では足先が冷えました。

それでも少し水はけのよい所を通るうちに体温と摩擦熱で足先が少し温まってくるのですが、またすぐに水没区間に入ることでせっかく温まった足が冷やされてしまいました。

前記事にも書きましたが、昨年のこの大会は前々日の大酒飲みがたたって最後の上り坂に負けてしまいました。

今回は同じ失敗は繰り返さないようにと1週間禁酒して臨みました。

そのおかげで上り区間のペースは亀のような遅さですが、最後まで歩かないという気力は途切れることはありませんでした。

ただ、筋トレの効果はまだ実感できませんでした。

さらに継続していくことが必要なようです。

今回の出場大会 第8回富士鳴沢紅葉ロードレース大会ハーフ男子の部





富士鳴沢ハーフ無事完走 [2017年10月22日(日)]
季節外れの台風の中の開催でした。大雨でしたが無事に完走しました。最後まで歩きませんでした。詳しくは後日。
いくら晴れ男パワーでも・・ [2017年10月21日(土)]
天気雨 あまり寒くない。

今週は水曜日に晴れただけで後は雨ばかりです。

防寒の上着が必要な位の気温なのに夏の風物詩のような大型台風が関東直撃しそうです。
異常気象ここに極まりという感じです。

でも、全天候型屋外スポーツの宿命として、明日は山梨県の鳴沢村で開催されるハーフマラソン大会に参加します。

これまで数多くの雨予報を覆してきた私の晴れ男パワーも今回は敗北宣言です。

久々の本格的なレインレースを覚悟しています。

昨年もこの大会は参加しましたが、前々日に職場の飲み会ではじけ過ぎ、レース後半に地獄を見た苦い思い出があります。

今回は1週間アルコールを断ち、リベンジを図ります。

また、今月より始めたスポーツジムでのマシーントレーニングの効果がどの位、走りに影響しているかを確かめたいと思います。


コースはおあつらえ向きのアップダウンの連続です。

昨年地獄を見た最後の長い上り坂にどの位食らいついていけるか、今から楽しみです。

何しろ大雨なので歩いたり、ペースが落ちたら体が冷えてしまいます。

絶対に歩かずに走り切ることを心がけます。



最近のお気に入りの文化的行事として来年2月の公演チケットの予約をしました。

29回目の結婚記念日と2回目の東京マラソンの前祝いです。
8020前途多難 [2017年10月14日(土)]
天気雨時々曇り 肌寒い。

昨日の晩酌の時にクルミやアーモンドをつまみ代わりに食べていました。
急に何か固いものを噛んだように上の歯がガリっとしたので触って確かめてみると金属を被せていた歯が根元から折れたようにグラグラになっていました。

間違えて飲みこんでしまっては大変なので引っ張って取ろうと思いましたが、まだ一部はくっついているようで取れませんでした。

今朝の朝食の時は噛むと痛みもありましたので、午前中のエアロビ終了後に急いでかかりつけの歯医者に行きました。

やはり歯の根元の片側が完全に折れてしまっていたようです。

抜歯ぎりぎりの状態でしたが、医師の判断でなんとか歯の土台を再生して再び金属を被せることができるようです。

最悪の事態は免れましたが、これからは固いものを噛む時は十分に気をつけようと思います。


前にも書いたと思いますが、私は20代の頃に禁煙に取り組んだ時に煙草の代わりに飴を常に口にしていたため、ほとんどの歯が虫歯になり、治療してあります。

少しでも長く自分の歯で物が食べられるように毎日の歯磨きに気をつけるとともに3カ月に一度の歯科の定期検診は必ず受けるようにしています。

世間には8020運動と言って「80歳まで自分の歯を20本残す。」取り組みがあります。

永久歯の数は32本ですが、私は若い頃に上下の親知らずを4本抜いてあり、昨年左の奥歯を1本抜きましたので、すでに8020運動のゲームセットまでのマジックナンバーが7となっていました。

今回また1本失ってしまったら残り6本で後24年過ごさなくてはいけません。

もちろん残り7本でもかなり厳しい目標であることは間違いありません。

これからも歯のケアは十分行っていきたいと思います。


余談ですが、一般的な8020運動の目標に加えて自分だけの8020運動の目標として「80歳で20km走ることができる。」というのも掲げています。

こちらも日々の努力と節制を心がけないとかなり厳しい目標だと思っています。


話は変わりますが、毎年ほぼ月に1回のペースでハーフマラソンやフルマラソンに参加してきました。

昔から決して速く走れるほうではなかったのでそれほど記録の経年変化はないのですが、それでも10年位前のハーフの記録を見るとこんなに速く走れていた時もあるのかと懐かしく思えます。

また、まるでワインの当たり年のようにある年だけ不思議に好記録を連発できた年がありました。

最近では23年後半から24年前半にかけての時期と27年がそうでした。

特に27年は出場大会のほとんどでその大会のPBを出すことができました。

青梅マラソン30kmの3時間切りや横浜と湘南の2つのフルで4時間30分切りも達成できました。

ところが翌年から前回と同じ位のペースで走り切れた感覚があるにもかかわらず、記録が2〜3分も悪くなるようになり、今年に入ってからは更にその傾向が顕著になりました。

どの大会も苦しくなって走れないとか脚が痙攣して歩いたというような明らかなトラブルではないのですが、後で1kmごとのラップタイムを確認してみると15秒から30秒ずつ落ちていました。

特に以前は得意だった上り坂でのラップタイムの悪化が顕著なことが分かりました。

原因は体重の増加もあると思いますが、やはり加齢による筋力の低下が大きいと思います。

そこで新たな取り組みとしてスポーツジムでのマシーントレーニングを行うことにしました。

これまでも自分の体重を利用した基本的な筋トレは行ってきましたが、下肢の裏側の筋肉などはなかなか鍛えにくいと感じていました。

マシーントレーニングでは機種によってほぼ身体各部の筋肉を鍛えられるようなのでぜひ取り組んでみたいと思いました。

幸いなことに職場と最寄り駅の間にジムがあり、しかも職場の福利厚生事業の一環として法人会員扱いで利用することができます。

会費も月会費ではなく、利用の度に料金を払えばいいのでノルマ感がありません。

仕事や他の運動との兼ね合いを考えて基本的に毎週木曜日の夜に通うことにしました。


初回は館内の説明を聞いた後、現在の身体の状態を測定してもらいました。

測定結果はほぼ予想通りでした。
体脂肪の過多による過体重です。

幸いなことに筋量も多い方だと言われましたので75kgまで体重を落とせば理想的なようです。

具体的な数値目標が明確になりましたので、当面の目標として12月の湘南マラソンまでに2kg減、そして来年2月の東京マラソンまでに4kg減を目指します。
フラダンスとスペシャルエアロ [2017年10月09日(月)]
天気晴れ 夏が戻ったように暑い。

今日は体育の日。

以前は体育の日は10月10日で晴れの特異日でしたが、ハッピーマンデー法案で9日になってもやはり晴れました。


3連休最終日は駒沢公園トレーニングルームでのスペシャルレッスンに参加しました。

いつもは2時間で450円の利用料金も今日は利用放題で無料でした。

午前中に家の用事を済ませバイクで駒沢に向かいました。

最初に受けたレッスンはフラダンスです。

フラダンスの基本姿勢は膝を少し曲げて腰を落とします。

この姿勢は地味に効きます。

手の動きも上下左右に伸ばしたり回したりしながら掌を返すので頭の体操にもなりました。

決して激しい動きではないのですが、1時間しっかり体を動かすことでびっしょり汗をかきました。

10分間の休憩後90分間のスペシャルエアロレッスンに参加しました。

4人のインストラクターが順番にいろんな動きをします。

2番目のインストラクターはいつも土曜日にレッスンを受けている人なので、慣れている動きが多くしっかり体を動かせましたが、他のインストラクターの動きは普段経験していないので先が読めず戸惑うことも多かったです。

特に私は左回転は上手く回れることが多いのですが、右回転は苦手で一人だけ反対向きに回ってしまい恥ずかしかったです。

この3連休は天気に恵まれ、初日と3日目はしっかり体を動かすことができ、大満足の休日でした。

明日からの仕事も頑張ります。
箱根5区ランpart3 [2017年10月08日(日)]

駅のコインロッカーから荷物を出し、すぐ裏手の高台にある日帰り温泉に向かいました。
駅前の喧騒が嘘のように静かな所でした。
ただ、高台にあるため急な坂や階段を上らなくてはいけません。
この坂と階段がこの日一番辛かった場所かもしれません。


建物は昭和の匂いむんむんのレトロ感でしたが、お風呂は天下の名湯箱根湯本温泉の名に恥じない柔らかい肌触りの泉質でした。
また蛇口から出る水が井戸水のように冷たくて、温まった身体をシャワーの水で冷やしてからまた温まるという冷温浴を繰り返したおかげで疲れがすっかり取れました。


打ち上げ場所は温泉から近いここでした。
最初に箱根を走った時に仲間から教えてもらった店です。
通りから少し入ったところにあるので目立たないのですが、知っている人には人気の店のようでこの日も混んでいました。


中華料理をつまみ代わりに何品も注文しました。
どれもみな美味しかったですが、特にこの焼き豚は量も多く絶品でした。


ピッチャーで注文したビールを皆であっという間に飲みほした後はこのばち割焼酎を堪能しました。
カボスの酸味が効いていておいしかったです。


二次会はお決まりのスイーツがいいということになり、駅前の店を探しましたが、湯本駅前は思っていたより店じまいが早く、まだ7時過ぎというのに多くの店が閉店していました。
そこで小田原までいったん電車に乗り、駅前のドーナツ屋に行きました。
またまた6個も美味しいドーナツを食べてしまいました。

今回も気の置けない仲間と最高の坂練習とアフターができました。

今月来月とそれぞれのメンバーの大会参加が続きますので、最後の1区ランは12月中旬の予定です。

これまで繋いできた心の襷を途切れさせないように最後まで頑張ります。
| 次へ