2017年10月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 にほんブログ村
 人気ブログランキング

Comments
     
http://www.dhcblog.com/tassok/index1_0.rdf

嵐がやって来る [2017年10月22日(日)]

朝食:奴豆腐(花かつを・葱・摺り生姜)、鳳蓮草浸し(擂り胡麻)〈精・春・14〉、鯛飯、鮟鱇汁(蕪)〈魚・冬・87〉、香、梅干、白湯
昼食:弁当(鯛飯・胡麻・鶯宿梅)、半平さしみ、塩昆布、サラダ、即席味噌汁(ねぎ)、白湯
夕食:さば水煮、食パン、酎ハイ
間食:カレーパン、紅茶(牛乳)



 

明日のために。

一万六千日 [2017年10月21日(土)]

朝食:塩鮪、青菜のおしたし(花かつを)、牡蠣粥(蕪・葱)、梅干、白湯
昼食:鮟鱇鍋(鮟鱇・白菜・葱・大根・蕪・豆腐・油揚・麩)、酎ハイ
夕食:するめ、食パン(アフォエン)、チェダーチーズ、酎ハイ
間食:紅茶(牛乳)



 

先考の忌日のため休み。
数えてみたら先考が他界して今日で 16436日になります。
早いですね。一万六千日って、どれくらいか実感が湧きますかしらん。
でも四万六千日には、まだ三万日も足らないんですよ。

閑話休題。本来なら精進日なのですが、御覧のとおり、ものぐさで生臭な日でした。

鈴木春信あるいは江戸の恋 [2017年10月20日(金)]

朝食:鯛の指身(大葉・熬酒)、青菜のおしたし(胡麻)、鯨飯、味噌汁(滑子)、香、梅干、白湯
昼食:フォー、餃子、ビール 〔千葉駅構内:一得餃子房〕
夕食:するめ、食パン(アフォエン)、チェダーチーズ、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)

|

 

パートの帰りの時間、さいわい雨も上がったので、千葉市美術館の「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」展に行ってきました。

東京の展覧会や個展の情報は、うんざりするほど来るけれど、同じ県内の情報がほとんど流れて来ないのは、いったいどういった理由なのでしょう。
この春信展も、東京の知人に教えられたものです。

春信のリプリントは一枚持っていますが、オリジナルを観ると、やはり、リプリントはリプリントだなぁ、と思わざるをえません。

15年ぶりの春信展だそうですが、それにしてもいい企画だな。
やったね千葉ちゃん!!

ブラームスに殺された男 [2017年10月19日(木)]

朝食:さば水煮、青菜おしたし(花かつを)、白黍飯、味噌汁(蕪菜汁)〈精・冬・77〉、香、梅干、白湯
昼食:鶏鍋(鶏・白菜・葱・豆腐・油揚)、雑炊(玉子)、天ぷら(海老・烏賊・竹輪)、酒
夕食:食パン(アフォエン)、、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)



 

ブラームスの対極に、ワグナーやブルックナーがいます。
ブラームスはブルックナーの交響曲を「ヤマタノオロチのような交響曲」と揶揄したのは有名な話で、そのブルックナーの弟子に、ハンス・ロットという人がありました。
マーラーとは2歳年上で、ウィーン音楽院時代の同窓でした。

彼は1880年、22歳の時に自作の交響曲をブラームスに演奏の依頼をしたところ、けんもほろろに断られたあげく「才能はないんだから、音楽なんかやめちまえ」と罵倒されたのだそうです。

ちなみにブラームスは、4年前の1876年、構想(22歳の時)から20年以上もかけて、やっとこさ最初の交響曲を完成したところで「己はは20代の初めから苦心惨憺の末、不惑を過ぎてようやく完成にこぎつけたのに、20歳そこそこの青二才めが」という気があってのことなのかどうか、それは知りません。

それを気に病んで精神に異常をきたし、自殺未遂をくりかえしたあげく、26歳を前にして結核により死亡。
なんとも気の毒なことだと思わずにおれません、と言いたいところですが、そもそもブルックナーに師事していながら、ブラームスのところへ行くことじたい、大きな間違いなんです。

続きを読む...

めばるの煮付で朝ごはん [2017年10月18日(水)]

朝食:めばるの煮付け、菠薐草浸し(花かつを)〈精・春・14〉、白黍飯、味噌汁(油揚・葱)、香、梅干、白湯
昼食:天丼(海老・茄子・蓮・獅子唐・大葉)、味噌汁、香、酒 〔日本橋高島屋:ローズ〕
夕食:さきいか、バゲット(アフォエン)、チェダーチーズ、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)



 

メバルの切り身が半額だったので煮付けにいたしました。
残りはどうしましょう。

ブラームスの小径 [2017年10月17日(火)]

朝食:鰤の蒸焼き、法蓮草浸し(胡麻)〈精・春・14〉、源平飯、味噌汁(韮)、香、梅干、白湯
昼食:ビフテキ(ジャガ芋・人参ピリ煮・隠元)、サラダ、冷飯、即席スープ(アボカドのちから)、赤ワイン、酎ハイ
夕食:バゲット(アフォエン)、チェダーチーズ、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)

/

 

原宿にブラームスの小径というのがありますが、モーツァルトでもショパンでもなくて、なぜブラームスなのだろうか。

さよならをもう一度 [2017年10月16日(月)]

朝食:いわし味付け、鳳蓮草浸し(花かつを)〈精・春・14〉、鯨飯、味噌汁(鮪から汁)〈魚・雑・頭〉、香、梅干、白湯
昼食:鱧鍋(鱧・白菜・葱・平茸・豆腐・油揚)、雑炊(玉子)、酎ハイ
夕食:バゲット(アフォエン)、チェダーチーズ、酎ハイ
間食:餅のおまつり、ミルフィーユ、インスタントコーヒー、茶、紅茶(牛乳)



 

金曜日から2日おきまして、今日も冷たい雨の降る日本橋。
今朝はブラームスの交響曲の第3番と第1番を聴いていました。

憶えているかたもいらっしゃるかと思いますが『ブラームスはお好き』は『さよならをもう一度』というタイトルで映画にもなりました。
この映画では、第3交響曲の第3楽章が重要なモティーフで……と、知ったふうなことを申しましても、原作を読んだこともなければ、映画を観たこともありません。
だからこれでお仕舞い。

日ヶ窪町秋霖日記 [2017年10月15日(日)]

朝食:鮪すき身〈魚・雑・5〉、奴豆腐(花かつを・葱・摺り生姜)、三白飯、味噌汁(韮)、香、梅干、白湯
昼食:弁当(胡麻・鶯宿梅・鰒の子ぬか漬け)、零余子煎付け、クリームコロッケ、サラダ、即席味噌汁(あぶらげ)、白湯
夕食:バゲット(アフォエン)、チェダーチーズ、酎ハイ
間食:カレーパン、紅茶(牛乳)



 

書くことがないので、記録のみ。

名残りの夢 [2017年10月14日(土)]

朝食:さば水煮、隠元胡麻浸し〈精・夏・30〉、零余子飯、潮汁(鱧)、香、梅干、白湯
昼食:弁当(胡麻塩・鶯宿梅)、鱧の煮付け、ハムカツ、サラダ、即席味噌汁(ひるげ)、白湯
夕食:バゲット(アフォエン)、チェダーチーズ、酎ハイ
間食:茹でた孫、紅茶(牛乳)



 

近所のスーパーで、名残りの鱧が尾頭つきで220円。
朝は清汁(潮汁)、昼は弁当用に甘辛く煮付け、さて残りはどうしべい。

ブラームスはお好き [2017年10月13日(金)]

朝食:カリー(鶏・玉葱・しめじ)、ジャガ芋、人参甘煮、クスクス、即席スープ(しじみのちから)、白湯
昼食:上海鮮丼、味噌汁、ビール 〔松戸駅ビル:三崎丸〕
夕食:食パン(アフォエン・マーマイト)、チェダーチーズ、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)



 

冷たい雨の降る日本橋の朝、パートの時間に、ルドルフ・ケンペの指揮するブラームスの交響曲集を聴いていました。
現場で音楽をかけていられる時間は一時間ほどですので、今朝は第2番と第4番です。
続きは後日。

罐詰めな日々 [2017年10月12日(木)]

朝食:さば味噌煮、隠元辛子マヨネーズ、鯨飯、味噌汁(茄子)、香、梅干、白湯
昼食:鱈鍋(鱈・白菜・葱・豆腐・油揚・しめじ)、天ぷら揚げ物(芋・南京)、雑炊(玉子)、酎ハイ
夕食:食パン(アフォエン)、チーズ、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)

/

 

時化なのか、食指が動くような魚類の刺身や切身がありません。
たまにあっても、高直で手が出ません。
困ったものです。
やむをえず備蓄してある、さばやいわしの罐詰めを消費しています。
でもこれが、けっこう美味いんですよ。

もったいない [2017年10月11日(水)]

朝食:焼き茄子(花かつほ・摺り生姜)、青菜、鯨飯、船場汁(鯛・大根・陳皮)、香、梅干、湯冷
昼食:ちらし寿司、清汁、ビール、茶 〔日本橋高島屋:おけい寿司〕
夕食:食パン(アフォエン)、モッツァレッラチーズ、酎ハイ
間食:種なし梅、茶、紅茶(牛乳)



 

以前にも書きましたが、焼いた茄子の香ばしい皮をむいてしまうのは、もったいないと思います。
肉でも魚でも野菜でもなんでも、皮と身のところ、遠江が一番美味いんです。

鶏鍋 [2017年10月10日(火)]

朝食:さば味付け、隠元辛子マヨネーズ、手亡飯、味噌汁(滑子)、香、梅干、白湯
昼食:鶏鍋(鶏・白菜・葱・平茸・豆腐・油揚)、磨俣猪ヒ、カキフライ、酎ハイ
夕食:食パン(アフォエン)、モッツァレッラチーズ、酎ハイ
間食:種無し梅、茶、紅茶(牛乳)



 

水炊きって何ですか?

休日出勤の昼は京橋でフレンチ [2017年10月09日(月)]

朝食:平茸豆腐、青菜の浸し(花かつほ)、手亡飯、味噌汁(納豆汁)〈精・冬・76〉、香、梅干、白湯
昼食:エビのフライ、フォアグラのソテー、スズキのポワレ、パン、ヴァンムスー、白ワイン、テェラミス、コーヒー 〔京橋:レ・ロジェ・ビストロ・ド・ロア〕
夕食:、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)



 

初夏のような気候の日本橋でした。
妹母娘と待ち合わせて高島屋で買物をしてから、京橋でフランス料理のランチ。
数えてみたら、フランス料理を食べるのは、30数年ぶりのことでした。

連中は「怖い絵」展を観たいというので、上野で別れてそのまま帰宅。

木の子の味 [2017年10月08日(日)]

朝食:塩鰤切身〈魚・冬・89〉、青菜の浸し物(胡麻)、しめじ飯、味噌汁(平茸)、香、梅干、湯冷
昼食:弁当(しめじ飯・獅子唐佃煮)、サラダ、即席清汁(まつたけ風味・とろろこんぶ)、白湯
夕食:いわし煮付、トマト、ブロイ
間食:カレーパン、ぶどうジュース、紅茶(牛乳)

/

 

先週のしめじ飯は本しめじでしたが、今朝のしめじ飯は畑しめじです。
木の子はこれくらい食感がしっかりしていると、ある程度の味わいがありますが、いっぽうの平茸の味噌汁は先日の初茸同様で、あまり旨味を感じません。

と、こんなことを弁当を使いながら話しておりましたら、同僚の小母さんたちが、
「あら、あたしもよ。キノコなんて味しないじゃん
「そうよ。キノコに味があってたまるもんですか…」
ですって。

ところで、昨日駅前でイヴェントをやっていて、撮影用に↑なものを買いました。
半畳ほどのサイズの、本物の畳のプレイス・マットです。
やっぱりお膳は畳の上があいますね。

日ヶ窪町は雨後の傘 [2017年10月07日(土)]

朝食:鍋鴫*〈精・夏・43〉、青菜のお浸し(花かつほ)、鯨飯、味噌汁(若布)、香、梅干、白湯
昼食:弁当(胡麻・ゆかり・鶯宿梅・塩昆布)、ハムカツ、サラダ、即席味噌汁(あさげ)、白湯
夕食:バゲット(アフォエン)、モッツァレッラチーズ、酎ハイ
間食:紅茶(牛乳)

/

 


続きを読む...

便秘日記 [2017年10月06日(金)]

朝食:木の子粥(あんかけ)、さば水煮、香、白湯
昼食:炒飯、スープ、餃子、ビール 〔北千住:福しん〕
夕食:バゲット(アフォエン)、モッツァレッラチーズ、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)

/

 

下痢のあとは便秘です。

腹痛日記 [2017年10月05日(木)]

朝食:鮪すき身〈魚・雑・5〉、法蓮草浸し(花かつほ)〈精・春・14〉、源平飯、味噌汁(滑子)、香、梅干、白湯
昼食:磨俣猪ヒ、酎ハイ
夕食:磨俣猪ヒ、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)

/

 

気分が悪いので、薬を飲んで早く寝ます。

仲秋 [2017年10月04日(水)]

朝食:さば味付、鳳蓮草浸し(花かつを)〈精・春・14〉、鯨飯、味噌汁(油揚・葱)、香、梅干、白湯
昼食:焼き秋刀魚、ひじき若布、飯、味噌汁(若布)、ビール 〔松戸:大戸屋〕
夕食:バゲット(マーマイト)、ブルーチーズ、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)

/ 中秋

 

記事は後日。

世界の恋人 [2017年10月03日(火)]

朝食:鯨の指身(大葉)、隠元胡麻浸し〈精・夏・30〉、鯨飯、味噌汁(豆腐・辛子)、香、梅干、白湯
昼食:豚鍋(豚・白菜・葱・しめじ)、雑炊(玉子)、揚出し、酎ハイ
夕食:バゲット(マーマイト)、ブルーチーズ、酎ハイ
間食:茶、紅茶(牛乳)

/

 

この旬日、頭のなかでこのメロディーばかりが流れていて、なんという曲なのか思い出せずにいたのですが、今日やっと見つけました。

このての物忘れって、言葉で質問することができないから、もどかしさを感じるんです。

鱈が変じて鰈となること [2017年10月02日(月)]

朝食:スパゲッティ・ボロネーゼ、ホウレン草のソテー、即席スープ(ごぼうのちから)、白湯
昼食:鰈鍋(鰈・葱・豆腐・油揚)、雑炊(葱・玉子)、酎ハイ
夕食:バゲット(マーマイト)、ブルーチーズ、酎ハイ
間食:冷茶、紅茶(牛乳)

/

 

パートの帰り、鱈鍋にしようと思って鱈のあらを買って帰ったら、鰈のあらだった。

鱈鍋よりもはるかに美味かった。

味覚痴 [2017年10月01日(日)]

朝食:湯波わさび醤油、隠元辛子マヨネーズ、しめじ飯、味噌汁(半平)、香、梅干、白湯
昼食:弁当(しめじ飯・獅子唐佃煮)、鰆の昆布〆、サラダ、即席味噌汁(わかめ)、白湯
夕食:さばの水煮、トマト、酎ハイ
間食:カレーパン、紅茶(牛乳)



 

味覚音痴という言葉はおかしい。こんな日本語があるのものか。味覚痴でいいじゃないか。私はこの言葉を使うことにしよう。

以前からうすうす感じてはいたのですが、どうやら私はキノコ類の旨味を感じる能力に、著しく缺けているようなのです。

先日の初茸といい今朝のしめじといい、いまひとつ旨味が感じられません。
美味い不味いとか、味がしないというわけではなく、なんとなく味わいが薄いんです。

松茸にさして関心を示さなかったのも、そのためではないかと思います。
これはずいぶんと損をしているなと、思わざるをえません。

とまあ、知ったふうな書きかたをしてみましたが、あんな高価なものに血道をあげずにすんでいるのですから、よしといたしましょう。

和気家の秋 [2017年09月30日(土)]

朝食:鰆の指身(大葉・煎酒)、しめじそぎ豆腐〈精・秋・67〉、栗飯、味噌汁(莢豌豆)〈精・夏・35〉、香、梅干、白湯
昼食:弁当(栗飯・胡麻)、ハムカツクリームコロッケ、サラダ、ぶどうジュース、即席味噌汁(ゆうげ)、白湯
夕食:いわし煮付、トマト、酎ハイ
間食:紅茶(牛乳)

/

 

今朝のしめじそぎ豆腐は、ひさしぶりのハタケシメジです。

しめじ、シメジ、占地、湿地、標茅茸、玉蕈、エトセトラ……。
シメジの表記は多くありますが、「しめじ」が一番宜敷いようです。

今はもう秋 [2017年09月29日(金)]

朝食:さば味噌煮、奴豆腐(葱・花かつほ・摺り生姜)、きのこ粥(葱)、梅干、湯冷
昼食:ちらし寿司、味噌汁、茶碗蒸し、ビール 〔松戸伊勢丹:寿司清〕 
夕食:さきいか、食パン(マーマイト)、ブルーチーズ、酎ハイ
間食:冷茶、紅茶(牛乳)



 

記録のみ。

雨中ノ閑 [2017年09月28日(木)]

朝食:鰤煮付け、奴豆腐青唐辛子(花かつを・摺り生姜)〈精・夏・36〉、鯨飯、味噌汁(菜に半平)〈魚・春・22〉、香、梅干、白湯冷
昼食:鶏鍋(鶏・白菜・葱・ぶなしめじ・きくらげ・豆腐・油揚)、豆芽湯麺、酎ハイ
夕食:食パン(マーマイト)、ブリーチーズ、酎ハイ
間食:インスタントコヒー、冷茶、紅茶(牛乳)

|/

 

 雨は降る降る、ズボンは濡れる……ああ

狐日和 [2017年09月27日(水)]

朝食:スパゲッティ・ボロネーゼ、サラダ、即席スープ(ごぼうのちから)、白湯
昼食:清炒三鮮、飯、羮(玉米湯)、奴豆腐、酸菜、杏仁豆腐、ビール 〔松戸:海華〕
夕食:さば味付け、酎ハイ
間食:冷茶、紅茶(牛乳)



 

記録のみ。

初茸の誤謬について [2017年09月26日(火)]

朝食:小松菜浸し物〈精・雑・7〉、烏賊粥(葱)、香、梅干、湯冷
昼食:葱鮪(鮪・葱・若布)、雑炊(玉子)、酎ハイ 
夕食:さばの水煮、ブリーチーズ、酎ハイ
間食:あやめの詩、冷茶、紅茶(牛乳)

/

前にも書きましたが、「初物四天王」の「初茸」は「初キノコ」ではありません。
「ハツタケ」という種類(ベニタケ目 ベニタケ科 チチタケ属)のキノコのことです。

知ったかぶりをして「『初茸』と表記しますが、初松茸のことです」なんて珍説、まで飛び出していますが、なにを典拠にして書いているのでしょうね。

安永4年(1775)発行の『初物評判 福寿草』の「上上吉*」の地位に「早松たけ」と「早初たけ」とが並んで記されています。


      早松たけ 夏季座
上上吉 やハらかでしやんとした所もある温克点
      早初たけ 同 座
    日ましにさびの見へる葵足点


続きを読む...

初物三天神 [2017年09月25日(月)]

朝食:鮭塩引き〈魚・雑・7〉、茄子油煮(初茸煮付け)〈精・夏・45〉、葡萄飯、味噌汁(半平)、香(茄子漬)〈行司〉、梅干、白湯
昼食:オムライス、海老フライ、ビール 〔上野松坂屋:お好みダイニング〕
夕食:食パン(マーマイト)、ブリーチーズ、酎ハイ
間食:冷茶、紅茶(牛乳)



 

初物四天王のうち、初鰹をのぞきすべて季節は秋です。
ちょうど今の時分なんですね。

というわけで、今朝は初物四天王からマイナス1 で、初物三天神です。

このうち初茸は、出汁なので姿はありません。
しかしそれでは藝がないので、出がらしに麺汁で煮付けたものを、茄子の油煮にそえました。

ちょっと色がとんでいますが、御寛恕のほどを。

日ヶ窪町感冒日記 [2017年09月24日(日)]

朝食:アイルランド風肉ジャガ、人参芥子〈精・冬・90〉、白粱飯、味噌汁(茄子)、香、梅干、白湯
昼食:弁当(ちりめん雑喉・松葉昆布・ゆかり・鶯宿梅・胡麻)、いわし味付け、サラダ、即席味噌汁(あさげ)、白湯
夕食:カレーパン、ブルーチーズ、トマト、ブロイ
間食:紅茶(牛乳)



 

風邪をひいたようで、頭痛と咽喉の不調です。
葛根湯を飲んで、早く寝ます。

鯛飯弁当 [2017年09月23日(土)]

朝食:鯛の昆布〆(煎り酒)、隠元辛子マヨネーズ、鯛飯、味噌汁(豆腐)、香、梅干、白湯
昼食:弁当(鯛飯)、メンタマカハムカツ、初茸の煮付け、サラダ、即席味噌汁(とうふ)、白湯
夕食:食パン(マーマイト・アフォエン)、ゴーダチーズ、酎ハイ
間食:ぶどうゼリー、紅茶(牛乳)

//

 

さて、今朝は、初茸の出汁で炊いた鯛飯です。

以下後日。
| 次へ