目指せ、ネタの引き出し!

2019年11月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
わけています
最新みかん情報
ありがとうございます
ぐうたらりん
和歌山だけが特番? (11/06)
千菊丸
和歌山県民の本音 (06/06)
紀州みかん
桜の便り (04/06)
千菊丸
桜の便り (04/03)
紀州みかん
思い出さずにいられない (05/13)
紀州みかん
修学旅行ではなく遠征だった (04/18)
紀州みかん
じゃがりこやみつき (04/18)
QRコード
 
気が重い [2019年11月11日(月)]
うちのオーケストラでは
早ければその日の夜には
練習の録音がアップされることになっています。
週明けで頭がぼんやりしているところへ
録音のアップが届いて聴いていました。
練習に出ていた人は反省し、
休んでいた人はその日の様子を確認します。
いつも全部は聴けていませんが
輪の中にいるとわからなかったことや
パートでボロが出ているのがわかったりと
気が沈んでばかりです。
これが本番まで続くのだと思うと
ますます気が重くなりました。
Posted at 20:00 | 音楽 | この記事のURL | コメント(0)
和と洋の化学反応 [2019年10月07日(月)]
和歌山初の音楽の祭典、きのくに音楽祭。
昨日まで3日間にわたって行われました。
チケットが完売したコンサートもあり、
期待の高さがうかがえました。
昨日のファイナルコンサートに行き、
行けなかった人のために写真を撮りまくっていました。
地元出身の音楽家が一同にそろい、
テレビや新聞で見ていた人が目の前にいたことが贅沢でした。
中でも最終日のダンスのステージに出演されていた
有名なダンサー・近藤良平さんがおられたのは驚きでした。
近藤さんはNHKのテレビ番組などで
ダンスの振り付けを手掛けられておられます。
大河ドラマ「いだてん」でやっていた天狗ポーズと
いだてんでのセリフを一節披露すると
ご本人はとても喜んでくださいました。
午後7時に開演し、休憩時間が
ちょうど「いだてん」の放送中でした。
まさかロビーの真ん中で天狗ポーズを
することになろうとは思いませんでした。
和と洋の楽器がごちゃまぜのステージでは
曲のたびに暗転があわただしく行われていました。
琴やリュートやハンマーダルシマーとか
なかなかお目にかかれない楽器もありました。
この日のための特別バージョンとかすごすぎ!
極めつけは音楽祭出演者オールスターズの
ラプソディー・イン・ブルーでした。
和と洋の楽器がずらりと並びました。
ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、チェンバロ、
ハンマーダルシマー、リュート、ピアニカ、
琴、尺八、津軽三味線、そして打楽器。
ピアノは1台で4人が弾くハチャメチャぶり。
みんなが和と洋の化学反応に聞き入りました。
あっという間に終わってしまいました。
ただ、一夜明けて現実に戻るのが辛かったです。
Posted at 20:00 | 音楽 | この記事のURL | コメント(0)
名手への期待 [2019年09月26日(木)]
久々に聞いた言葉、ヴィルトゥオーゾ。
ヴィルトゥオーゾとは「名手」という意味で
ピアノの教則本で上級レベルになると
表紙にさりげなく載っていたりします。
200年ほど前、ピアノの改良に伴って
ショパンやリストといったような
名手が現れるようになりました。
私が練習したピアノの楽譜を引っ張り出してきました。
時代とともに変化してきているのがわかります。
中学生や高校生の時では弾くのに必死で
そこまでやっている余裕はありませんでした。
周りの人たちが次々と名だたる音大に合格していくなか
早々と落ちこぼれてしまった私に
ヴィルトゥオーゾという言葉はわかりませんでした。
落ちこぼれてもいっていくところがありませんが
名手は語り継がれ、また次世代に
そのような人が現れることを期待したいものです。
Posted at 20:00 | 音楽 | この記事のURL | コメント(0)
祭りとの共通点 [2019年09月14日(土)]
オケの連絡網で次の演奏会までの
練習予定がずらりと並んでいます。
今は9月でシーズンが始まったばかりですが
長いなというのが正直なところです。
大人数で準備するのに時間がかかり、
お客さんを集めるところは
祭りに似たところがあります。
祭りの準備は大変ですが
なんとかやっていこうと思っています。
Posted at 20:00 | 音楽 | この記事のURL | コメント(0)
テンション下がるよ [2019年09月03日(火)]
弦楽器の弓は定期的に取り換えることになっています。
先日、業者さんのところに調整に出した時に
「弓の毛がボロボロ」といわれてしまいました。
弾いていれば必ずボロボロになりますが
張り替えをお願いしました。
弓を張り替えたばかりなので
弦の引っ掛かりが悪くて途中で毛が取れてしまいました。
それもかなりどんちゃん騒ぎのさなか。
なんてついていないのだと
テンションが下がりました。
Posted at 20:00 | 音楽 | この記事のURL | コメント(0)
シーズン開始前 [2019年08月25日(日)]
うちのオーケストラは来月からシーズンスタートです。
オフに入る前に来年の演奏会の曲の楽譜を
一式もらっていたのですが
改めて見ていると、すごい曲が並んでいます。
今は真っ白の譜面ですが、練習が始まったら
どんなことをいわれて書き込むのか想像がつきません。
応援してくださっている人たちがいるからこそ
みんなが頑張れるんだ、
そのために一人ひとりがしっかりしないといけないと
改めて感じました。
Posted at 08:00 | 音楽 | この記事のURL | コメント(0)
舟歌から見える作曲家たち [2019年07月27日(土)]
作曲家の数だけ舟歌あり。
この暑い時期に涼しくなりたい時に
聴きたい曲であります。
彼らの時代、陸続きとはいえ
旅することは体力も時間も要していました。
あるいは見知らぬ土地への憧れを
かきたてていたにちがいありません。
イタリアのベネチアでゴンドラに揺られる光景に
どんなことを思いながら作曲したのか
作曲家によっておかれた状況や
生きていた時期によって
まちまちであることがうかがえます。
中にはその時の体調がわかることも。
エアコンのきいた部屋で音楽を聴いていても
聴き手に情景や憧れをかきたてる名曲は
ずっと受け継がれていくのだなと思いました。
Posted at 20:00 | 音楽 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
私のプロフィール


紀州みかん
ブログ
リンク
おともだちです

マイコレBOX
ログイン
Mypagetopに戻る