医薬品やサプリメントに関するブログです。

猫の日 [2018年02月21日(水)]
こんにちは

2月22日猫の日だそうですね



お客様からの相談の電話を受けている際も、
電話口の向こうからニャーン ニャーンという猫ちゃんの鳴き声が聞こえてくると、
つい顔がほころんでしまいます

(きっと猫ちゃんとしては飼い主さんに構ってほしいんだと思いますが・・)

猫ちゃんにいつまでも元気で過ごしてもらいたいという飼い主さんのために、
DHC猫用サプリメントがあるのをご存知でしょうか


「かるがるキャット」


「負けないキャット」


「パーフェクトビタミン+タウリン」


猫ちゃん好みのかつお節味にした粉末タイプです。
そのままでも、フードに混ぜてもOKです 専用の計量スプーンが付いてます。

ちなみに、「負けないキャット」は現在キャンペーン中です

乳酸菌、食物繊維(難消化性デキストリン)、ラクトフェリン
βグルカン、マヌカハニー


などを配合した、腸内の健康を保ち免疫力をキープする猫用健康補助食品です。

※健康維持による


ちなみに、おやつもあります


猫ちゃんとのコミュニケーションに是非お役立てください

19:58 | この記事のURL |
ワンコのダイエット [2017年03月28日(火)]
みなさまごきげんよう

の季節を迎えておりますが
皆様いかがお過ごしでしょうか

ワンちゃんとのお散歩
楽しい季節になってきましたね。
ところで、飼い主様にとっても、ワンちゃんにとっても肥満は対敵

愛犬のわき腹を触って、一番最後の肋骨がわからないようだと
肥満の可能性大ですよ〜
食事と運動を見直して健康的な身体を目指しましょう。

減量が必要なワンちゃんは、
1週間で現在の体重から0.5〜3%ぐらいを目安に減らしていくのが
理想のダイエットペースです。

さて、私も“明日からダイエット

11:38 | この記事のURL |
ついに猫用! [2017年03月17日(金)]
こんにちは、テンです。

3月なのになかなか温かくならない今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか?



「家政婦は見た」ではありません。
お留守番していたのでいじけてるんです。


飼い主はまたワタシを置いて、美味しいお酒を飲みに行ってしまいました。
湯たんぽを置いていってくれたって、寒かったんだから・・・



でも、こんな美味しそうなケーキの写真をみせられても、ぜんぜんうらやましくないの!

猫は甘いって感じる味覚がないから、甘いものはわかりません!
そして、猫にぴったりなおいしいサプリがあるんだから!!



新発売のこれ!!
犬のサプリは数々あったけど、猫のサプリは初登場です。

留守番のお詫びに山盛りかけてくれないかしら???(きっとダメだろうけど)



猫の大好きなかつお節風味です。お試しください。
16:28 | この記事のURL |
肉球にご用心! [2016年12月20日(火)]
みなさまごきげんよう

ワンちゃんと一緒にお過ごしの皆様
突然ですが、肉球はいつ最後に触りましたか?

お肌の乾燥が気になる季節をむかえ
ワンちゃんの足元もダメージを受けています
特に室内で一緒に生活をしているワンちゃんの肉球
暖房器具などの影響でより乾燥がすすみます

加えて、年齢を重ねたワンちゃんの肉球
硬くなりやすいのです
乾燥して硬くなった肉球はキズやひび割れしやすく
ひどいくなると出血し歩行に痛みを伴います

そうなる前に、保湿してあげましょう
マッサージも有効です
いやがるワンコには少しずつ慣らしてあげてくださいね

ぷにゅぷにゅ愛らしい肉球に癒される
マニアックな一、飼い主でございます(笑)

みなさま素敵な暮れをお過ごしください


15:40 | この記事のURL |
ワンコと一緒の夏 [2016年08月17日(水)]
皆様ごきげんよう


まだまだ暑いですね〜

人間もバテ気味でございますが、
まさに毛皮を着ている動物たちにとりましては一層、辛い季節です。

十分な休息、給水、食事、換気に気をつけて
ヒもト動物も、ともに熱中症に気をつけて元気に夏を乗り切って参りましょう

そういえば、あの大人気の千葉県非公認のゆるキャラさんにおかれましては、
なんと目から風を(笑)送りこむ独自の暑さ体策をされていました。
いやいや、驚いたなっし〜笑!


最近、ワンコの介護をされているお客様からのご相談も増えています

近年の獣医学の進歩や飼育環境の向上などから
家族の一員として生活を共にするワンコたちの平均寿命が
伸びてきていることは嬉しいことです

その反面、長生きワンコのケアで疲れてしまっている
飼い主様も多くいらっしゃいます。
愛情が深い分だけ、
ご自身のケアが後回しにされることはとても心配でございます。

どうか、抱え込んでしまわないように

しっかり食べて、ちゃんと睡眠そして、いっぱい笑って
一緒に過ごせる時間を大事に愛しんで参りましょう



我が家の妙齢のワンコさまは最近立ったまま寝ています(笑)







 ヒトには人用
ワンコにはワンコ用
10:10 | この記事のURL |
ヒトとペットの避難 [2016年04月19日(火)]
このたびの熊本地震により被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

避難されている皆様におかれましては水分摂取を心がけ体調管理には十分お気をつけください。

 
  【リンク】
  避難生活におけるエコノミー症候群や自立度低下を予防するための運動・身体活動
   ー独立行政法人国立健康・栄養研究所ー
   https://hfnet.nih.go.jp/usr/news/110318/undou%20jirei-110318.pdf


 また、ペットと一緒に避難されていらっしゃる方も多くいらっしゃるかと思います。東日本大震災以降、ペットの同行避難が推奨されています。周りの環境やペットの体調管理など十分お気をつけください。

 
  【リンク】 
  ペット動物の災害対策 ー環境省ー
   https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2309a/full.pdf


万が一、ペットと離れてしまったらお近くの行政担当機関にご連絡してください

  【リンク】
  地方自治体の動物愛護管理行政担当組織一覧 −環境省ー
   http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/3_contact/index.html?code=/

  熊本県動物愛護管理ホームページ
   http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/


1日でも早く健やかな日常生活に戻られることを心よりお祈り申し上げます。


13:03 | この記事のURL |
長生きわんこ [2015年12月01日(火)]

みなさま、ごきげんよう


師走に入り、お寒うございますね
早いもので、今年もあと少し・・・
忙しい毎日は身体のメンテナンスも大切



わんこも同じ





飼育環境の改善や獣医学の進歩などで、近年、長生きわんこ たちが増えています。わんこもシニア世代になると様々な変化が出てきますので、早めに気づいてケアしてあげることが大切です。
ちょっとした変化もサインとして早めに気づいてあげたいですね。






そして





長生きわんこたちを支える
ご家族のみなさまも体力勝負
ときに介助が必要になることだってあります
風邪など引かないよう要注意





             
       愛情たっぷり一緒に元気に長生きしましょう


13:32 | この記事のURL |
わんこも備え [2015年06月19日(金)]
みなさまごきげんよう

暑い夏の前の梅雨
雨が多く湿度が高いこの季節も
緑が美しく四季の情緒が味わえると思って
楽しく乗り切ってまいりましょう

さて、今日はペットの減災についてです。
いざと言うときの備えはペットに関しても準備してありますか
昨年も記事にしましたが、
ここのところ日本全国で地震や噴火などの活動が活発化している様子が怖いですね
改め、ご一緒に今一度考えてまいりましょう

東日本大震災の教訓から環境省では、ペットの避難に関する指針を作成し
その中でペットの同行避難を基本としています。

いざ、避難となった場合に困らないように、ケージ、リードやカラー、食器、食餌、シーツ、常備薬などもすぐに持ち出せるように準備しておきましょう。
鑑札(犬)やマイクロチップなどはペットが万が一離れてしまった時に個体識別に重要な情報となります。
避難に関してもまわりに迷惑をかけずにワンちゃんの負担を軽減するためには日ごろからのしつけが大変重要です。

日ごろの準備近隣との連携が如何に大きな力となるか、われわれは過去の教訓から学んでいます

環境省の指針を受け、各自治体でも避難時ペットの扱いに関し、様々な取り組みで準備を進めています。しかし、当然人間が優先。ペットのことは飼い主さんがしっかり守ってあげなくてはいけません。

緊急時のストックとしていかがでしょうか

パクッといきいき食欲ゼリー…水分エネルギー補給に
おだやか…不安な状態の軽減に
主食といっしょにグルメなおかず…軽くて水で戻せるので携帯食として

万が一のために家族みんなが安全でいられるよう心がけて参りましょう。



16:52 | この記事のURL |
風邪? [2015年02月09日(月)]
春を待ち焦がれる 猫ひげ堂です。

今朝は 暖かいはずの湘南も朝から冷え込み 空はどんよりと曇っていて 北風がピューピュー吹くわ 小雪さえも チラチラ舞っておりました

今回は季節柄 ワンちゃんの風邪?について ちょいとお話をしましょう。

ワンちゃんたちにも ヒトの風邪に良く似た症状を起こす場合があるのです
まるでブリです リブです

例えば、
たびたび、くしゃみをしたりや鼻水がみられる場合
鼻炎、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、アレルギーなどが主な原因で、その他ケンネルコフ(伝染性気管支炎)や犬ジステンパーウイルス感染症などが考えられます。

咳がみられる場合
肺炎、肺水腫、気管虚脱、ケンネルコフ(伝染性気管支炎)、犬ジステンパー感染症、フィラリア症(犬糸状虫症)、僧帽弁閉鎖不全症など

これらの症状の他に、発熱するときもあります。

ヒトでは、なんとなく鼻がつまったり、くしゃみや咳が出たり、喉が痛い、頭痛や発熱したりすると、それを称して風邪と呼んでいます。主な原因は細菌やウイルスの感染によるものをいいますが、動物の場合は、ヒトとタイプの違うウイルスの感染症があります。
この場合、ヒトの風邪と症状は似ていながら結構重い病気もありますので、注意が必要となります。
ただし最近は、これはヒトでいう風邪ではないかなという症状、飼い主さんに移されたのでは?と疑われるほどそっくりの症状を見せるワンちゃんもいますから、あいまいな部分もあるのだなとご理解ください。

ワンちゃんのウイルス感染症は、ワクチンのあるものも多いので接種をしておけば安心ですね。

病気にかかってあわてるよりは、日頃の免疫強化を!
とくに高齢犬には「負けないドッグ」を与えてください。

15:49 | この記事のURL |
ペットの誤食にご用心! [2015年01月13日(火)]
皆さま、ごきげんよう

寒い日々が続きますね。
我が家のおばあちゃま犬お二人様は…
犬はよろこび庭かけ回り〜とは程遠く、
寝袋タイプのおうちが大のお気に入りで目下冬ごもり中です。

さて、年も改まりわんこの誤食についてお話しします
ヒトの食事のおいしさを知っているわんこは人間の食事時、
テーブルの下からそっと現われ皆さまのお相伴にあずかろうとしていませんか
人間と動物では体に必要なものが異なりますので
良く注意する必要があります。

また、音に対しても学習しますので
サプリメントのパッケージなどを触るカサカサ音
おやつや食べ物と勘違いして反応するわんこも少なく在りません。
わんこが間違って食べてしまう場合、その食性から
大量に摂取してしまうことが懸念されます。
サプリや薬の保管にも十分注意が必要です。


薬やサプリの保管の注意
 ペットの届かないところに保管
 容器はしっかり閉める
 何がどのくらいあるのか日ごろから把握しておく

  
十分気をつけて望まない事故を防ぎ、そろって健康家族を目指しましょう!


それでも…
万が一誤ってフード以外のものを食べてしまったときは
 あわてずワンちゃんの様子を良く観察し
 内容、量を把握し
 かかりつけの病院へすぐご連絡してくださいね。

ヒトも動物も元気に仲良くすばらしい2015年を過ごしましょう


10:29 | この記事のURL |
2020年01月  >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
DHCオンラインショップ
プロフィール


DHC健康食品相談室
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/iyakuhin/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る