2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
バスクチーズケーキ [2019年10月21日(月)]
バスクチーズケーキなるものが流行ってるらし
い。TV番組でのセブンのアピールに魅かれ、早
速商品をゲット。ローソンが先発らしいが残念
ながら店頭は売り切れ。人気なのかな。

サイズは思ったよりも小さい。女性の手のひら
程度。しかしながらチーズを多用しているため
ずっしり重い。驚きはそのカロリー。なんと!
360キロ。十分食べ応えがあるはず。

スプーンを入れるとしっとり。生地が濃厚でク
リーミー。チーズのコクが旨味を演出。ブラッ
クのコーヒーと良く合う。

いいかも、バスクチーズケーキ。人気に納得。
ローソンのも食べてみよ。
posted at 08:33 | Altri | この記事のURL
部屋を秋冬に模様替え [2019年10月20日(日)]
最近秋らしい秋が短い。からっと天高く晴れた
青空。まさに馬肥ゆると言う感じの。長引く残
暑、10月中旬でも25度超え。秋はどこ?
それでも朝晩は気温が15度前後に。こうなっ
て来ると、そう、私はこたつが欲しい!

家を建て替えて保温がいいのか、身体の冷えは
弱まり自称寒がりの看板は下ろしつつある。最
近はまだ半袖?と驚かれるほど。50歳過ぎて
更年期で体温上がってたりして。

無印で3年前に買ったこたつテーブルは通年で
使用しているもの。この時季にこたつ布団をか
ぶせて完成。クッションカバーも秋冬仕様に。

布団カバーも変えるぞ。こちらはニトリの人気
商品白熊シリーズ。暖かいシーツと毛布にくる
まって寝るのってホントに幸せ。ぬくぬく。

ワインを飲みながら、野菜炒めにこぶご飯。こ
しひかりの新米がうまい。炭水化物大好物。心
地よくまどろむ土曜午後。
posted at 06:59 | Altri | この記事のURL
牡蠣に白ワイン [2019年10月19日(土)]
金曜午後は使い切れてない振替を半休取得で数
時間早めの帰宅。日中の街の風景は夕方とは全
然異なる。学校から帰宅する子供たち、静かに
散歩を楽しむお年寄り、ラッシュ前で電車も座
って帰れる。普段サラリーマンとしていかにぎ
すぎすした世界にいるかを自覚する。地元の駅
ビルですっかり冬支度になったインテリアを見
ながら新しいこたつ布団が欲しいなと思う。な
るべく物を増やしたくないのだけれど。

小雨がぱらつく中、自転車を走らせ買い物へ。
夕飯は何にしよ。おかずのなくなってしまった
父はかわいそうに介護施設に行く前にテーブル
の上に生卵が2つ並べてある。

生牡蠣が半額になっていたのでアヒージョに。
まぐろも2割引き。醤油とみりんで漬けを即席
で。蓮根とえりんぎ、豚肉のきんぴらも作った。
味噌汁は豆腐にネギ。温かい食卓の完成。

ボルドーの白ワインに合わせる牡蠣は最高!
レタスにのせてサラダ風に。残り物のピーマン
の肉詰めも。手作り料理でほっこり金曜日。
posted at 07:59 | Vino | この記事のURL
五郎丸選手はどこに? [2019年10月18日(金)]
日本中が大フィーバーしているラグビーワール
ドカップ。開催前から薄々気づいてはいたが、
五郎丸選手は出ないのか?NHKの解説担当など
しているところを見て、そうか、やっぱり引退
していたのかと思ったが、驚き、引退していな
いのだ。

2015年大会の後、五郎丸ポーズで一斉を風靡し
髪型までまねる子供たち続出。CMやTV番組でも
ひっぱりだこ、寡黙なイケメンなので女性たち
の黄色い声も思いのままにした。

記憶にあるのは海外移籍。さすが!世界のトッ
プを目指すのね、と言う観察もつかの間、数年
後、表舞台では一切見なくなってしまった。

サッカーよりは長命で一部30代後半の選手も
活躍する中、まだ20代の五郎丸選手は一体い
つ引退したのか。引退会見をできなかった理由
は何かと勝手に思いを巡らしていたのだが、引
退していなかったのだ。

読むと前回大会のキックで一躍有名になってし
まったものの、選手としての総合力で他の選手
にはかなわないとのこと。実力主義のスポーツ
の世界は厳しい。選ばれ続ける小柄な田中選
手がいかにすごいかがわかる。
posted at 10:52 | Altri | この記事のURL
災害は想定できるのか [2019年10月17日(木)]
悲しいことに被害状況が明るみになるにつれ被
災者、被災地域、そしてお亡くなりになった方
の数が増えて来た。あれだけの警告があったに
も関わらず、なぜこのような事態になったのか。

人は言う。
「あっという間に水が流れ込んで来た」
「予想以上のスピードだった」
「気づいた時は遅かった」

警報に対しては、
「命を守る行動とは具体的に?」
「逃げろと言われてもどこに逃げる?」
「どう備えろと言うのだ」

数十年に1回の災害に対して想定して行動しろ
と言うのは多くの人にとって難しい。経験した
ことのないことをぶっつけ本番で成功させろと
言われているようなものだろう。

水場から可能な限り、遠く。そして高く、早く。
災害から身を守る方法に絶対これで大丈夫と言
う方程式はない。究極には自分の命は自分で守
る。生命を持って生まれた以上、それが生き物
の宿命かもしれない。
posted at 10:35 | Altri | この記事のURL
介護施設の浸水 [2019年10月16日(水)]
TVで川越の老人ホームが完全に水に浸かってし
まったものの、全員が無事救出された映像が流
れていた。よもや大惨事、逃げられて良かった。

母の入居する介護施設は川越より手前の指扇。
先日ラジエーターハウスのドラマ撮影で窪田正
孝さんや本田翼さんも来られていた病院だ。台
風翌日病院前の道路は冠水し、介護施設の1階
は水で埋まっていた。これは復旧に相当時間が
かかると思ったが、あら驚き。翌日にはすっか
り水が引いている。夕方到着し守衛のおじさん
に挨拶すると、1日がかりで泥をかき出してい
たとのこと。手伝いに来れば良かった。。

浸水した1階に厨房や風呂がある。水は出るよ
うになったものの、まだ泥水で安全の確認がと
れないため、料理は全くできない。よって母も
カップに入ったかゆにのりの佃煮、牛乳プリン
だけ、と言う寂しい夕飯であった。それでも、
食べられることに感謝すべきだろう。

施設の職員さんも若干パニック気味。水は3階
まで手作業で運ばなくてはならず、ほぼ入居者
全員おしめなのでその処理も大変だ。

介護施設なので病院とは異なり、機材面での不
安はそれほどない。とは言え、何をするにも倍
はかかるであろう職員の方々の苦労は図り知れ
ない。感謝の言葉しかない。
posted at 06:09 | Mother | この記事のURL
新宿ガルロチで刺激 [2019年10月15日(火)]
日曜夜はもともと予約していた新宿ガルロチに
スペイン人グループのフラメンコを見に。幸い
にも午後になって埼京線は運転を再開。本数は
少なかったものの、遅れもなく新宿に到着でき
た。

ビールを飲みながら前菜盛り合わせをつまみに。
ハムや海老、スープにマリネが美しく盛付け。

ラ・ファルーカは日本でも有名なファルーコの
息子ファルキートのお母さんとのことで年齢は
私よりは少し上だろうか。たっぷりとした巨体
で繰り出す高速サパテアードは年齢を全く感じ
させず、正確でリズミカル。一度舞台を引退し
ていたと言うのだから、驚きだ。ファラオナの
踊りもフラメンカ。陽気さのある踊りで人を一
瞬にして引き付ける。来月自分たちも踊るタン
ゴはいいお手本だ。

ステージ終了後、すでに何度か踊ったことのあ
る舞台を眺めながらチームで自分たちの立ち位
置や動きをシミュレーション。本番は近い。
posted at 08:28 | Flamenco | この記事のURL
守れなかった命 [2019年10月14日(月)]
台風一過、自宅周辺は風は強かったものの、日
常を取り戻した人たちがジョギングし、自転車
を走らせて買い物に行く人たちも。平和な朝を
迎えた。

一方甚大な被害を受けた方々は眠れぬ夜、そし
て家族や家を失いまた発見できず、悲しみと不
安でいっぱいだと思う。急な川の氾濫や土砂崩
れが起こってしまうとなすすべもないのが現実
だろう。

介護施設から連絡が入っており、川越に近い母
の施設も1階は浸水し食堂での調理が不可能と
なってしまったとの報告。15時施設にチャリ
で向かうと駐車場は海と化しており、守衛さん
の待機する部屋もすっかり水の中だ。2階以上
は大丈夫だったので母は何事もなかったように
寝てはいたが、不安な夜を過ごしたのか若干興
奮気味で泣き声をあげた。怖かったのかもしれ
ない。私はもう大丈夫だよと声をかけた。

施設は完全に断水しており水を運びながら寝た
きりの人たちの食事などを用意していた。介護
士、看護師さんも半分パニックである。私は連
休で時間があるので何か手伝えないか申し出た
が日頃からお手伝いに来ているボランティアさ
んが来て下さるとのことだった。感染症も心配
だ。
posted at 07:51 | Altri | この記事のURL
巨大台風の猛威 [2019年10月13日(日)]
最大級の台風が日本列島をすっぽり覆い、ある
意味想定通りの被害情報が各地から届き始めた。
情報が整理されるまで被害の全貌は見えない。
また行方不明者も捜査前で把握仕切れていない
のが現状だろう。とにかく逃げるしかない。防
災管理者の資格を取得したが、最近の方針はま
ず「自分の命は自分で守れ」だ。未曾有の災害
になってしまうと救助にも限界があるからだ。

私が住む埼玉大宮のピークは22時前後だった
と思う。風は轟き、雨は方々へ横殴り状態だ。
物が飛んで来て家にぶつかったら大変と思い、
何度か窓から外を眺めていたが、自宅周辺もほ
とんど建て替えの済んだ家が多いこともあり、
トタン屋根や看板が吹っ飛んで来る可能性が低
いことを確認した。

頻繁に災害警報が携帯に届き、うるさくて眠れ
ない状況だったものの、体調が悪かったことも
ありそれなりに休息できた。日中も家から出る
ことなく、4時間も昼寝してしまった。

中止になったラグビーの試合はホントに残念だ
ったが、この天候では試合なんて絶対無理だっ
たろう。今晩スコットランドとの対戦でめでた
くベスト8進出なるか。明るいニュースを期待
したい。
posted at 08:11 | Altri | この記事のURL
ノーベル賞吉野氏 [2019年10月12日(土)]
今年もこの季節がやって来た。領域ごとに順次
発表されるノーベル賞。なぜスウェーデンと言
うのは歴史を読めばわかる話だが、世界最高権
威の表彰であることは間違いなく、各国その発
表を待ちわびる。

化学の分野で嬉しいお知らせが。リチウムイオ
ン電池のマイナス電極の基礎研究で成果を残し
た日系企業所属の吉野氏が他2名の教授ととも
に受賞された。まず、産業界からの受賞を心か
ら嬉しく思う。

社員でありながらも当然研究水準は教授レベル
なので大学で教鞭もとられているとのことだが、
何よりも吉野氏の満面の笑顔は人の心を癒す。
思わずこちらも笑顔になるし、表情に嘘がなく
素直で温かい人柄が伝わって来る。

柔軟性、頭の柔らかさも重要だが、真逆の価値
観として研究者としての執着も必要だとコメン
トされていた。徹底的にやり抜くパワーが革新
にを生む。その通りだと思う。研究者としての
姿勢のみならず、サラリーマンへの助言として
もいい言葉だと思った。
posted at 10:16 | Altri | この記事のURL
| 次へ
プロフィール


フォルマッジョ
自己紹介
私の履歴
ブログ
リンク集
ログイン
Mypagetopに戻る