バブル入社組の責任 [2019年12月13日(金)]
昨今電気や銀行を中心にバブル期入社で現在50
歳前後となった大企業のボリュームゾーンに対
して早期退職を中心とする大リストラが始まる
との記事を毎週のように目にする。以前も書い
たが、この議論は私が勤めていた大企業でも10
年前から繰り返されて来た。

まず、自分自身のキャリアに対して責任を持つ
べきだ。居座れば何らかのポストにありつける
時代は大昔に終わっている。技術や知識を磨か
ず何となく日々過ごして来た人には厳しい現実
が待ち受ける。守られた大企業の外は生き馬の
目を抜く競争社会だ。ましてや外資系での評価
は厳しく1年で首になる。

下の世代への責任もある。何を残してあげられ
るのか。自分の面倒も大切だが、ここまで生き
て来た以上次世代に対してどんな手本を示せる
か。今年27歳の男性部下を採用した私は時代
の異なる彼が確実に生き残れるよう、普遍的ス
キルを教えようとしている。

現在勤務する米石油大手は140年の歴史のあ
る大企業だ。去年就任したCEOは社員に問いか
ける。あなたは明日の未来構築のために何をす
るのかと。本国から私宛に年明けのビジネスミ
ーティングで流すビデオ参加への依頼があった。
私自身、何ができるのか、真意が問われる。
posted at 07:14 | Around 50's | この記事のURL
人生に終止符を打つ時 [2019年12月12日(木)]
私は100歳まで生きる気満々なのだが、先週
メーカー時代に最後にお世話になった女の先輩
が50代半ばで旅立っていた事実を知り、人と
して生きている上での終わりが来る時について
考えざるを得ない。

退職後もメーカー人事のつながりは深く、広範
なネットワークでつながっており情報が飛ぶの
は早い。彼女の訃報の知らせが遅れたのは、も
ちろん彼女がひっそりと旅立ってしまったから
だろうが、独身でありご両親も高齢であったこ
とより会社関係者への知らせまで手が回らなか
った事実もあろう。

自分だったらどうするだろう。癌で余命告知を
受けた時、わざわざあと何年なの!と明るく伝
えらるだろうか。別れが近づいて来たので会っ
ておきたいと言えるだろうか。そもそもそんな
余裕はなく闘病生活でげっそりするのだろうか。

考えても仕方ないけど、私はしっかり心の準備
をしてお世話になった人たちにありがとうと言
ってから旅立てるといいなと思う。

そんなのきっと理想でしかなく、今も闘病に苦
しむ人たちは今日1日が精いっぱいなのかもし
れない。
posted at 06:45 | Around 50's | この記事のURL
踊りの技術を磨く [2019年12月11日(水)]
フラメンコも習い始めて20年。できる人たち
はコンクールに出たり、スペインにフラメンコ
留学したりしているが、趣味の世界。できる範
囲で週末の自主練を続けて来た。先月の発表会
のDVDも仕上がったよう。自分の踊りを見つめ直
し、踊りの癖やタイミングが合ってないところ
を確認する。自主練では初心に戻り、しっかり
足を打ち込み、腰を使い、背筋と腹筋を引き上
げ、練習を繰り返す。運動としてはいいんだけ
ど、身体にはホントにきつい、、

フィギュアスケートのグランプリファイナルが
終わった。闘志を燃やし挑んだ羽生選手は2位
だった。優勝はもちろんネイサン。彼は恐ろし
く冷静で余裕がある。回転の軸はまるで針先、
機械のように正確だ。一体どんな練習をすれば
あそこまでできるのか。学業だって忙しいだろ
うに。

どんな世界にも圧倒的強者と何事にも恵まれた
人がいる。もちろん本人の努力も人並みでない
ことは事実だろうが、1日24時間、時間は有
限だ。

羽生選手ももう25歳。スポーツの世界の選手
生命は瞬く間に旬を超える。限界に挑み続ける
彼の気力もまた人並みでない。
posted at 07:49 | Flamenco | この記事のURL
生涯現役 [2019年12月10日(火)]
高齢化が急進展する社会、年金もどうなるやら
たいしてあてにならず、自分の人生責任を持た
ねばと日々思う。先週元社員の男性が地元で孤
独死しているのが発見され、人事として警察対
応。孤独死しないようにせねばなどと余計な先
の心配もする。(まだ父と2人住まいなのでど
ちらか死んだ時は気づくが、、)

生涯現役とは、仕事、趣味、恋愛?何事にも生
き甲斐を持って取り組み続けるのは貴いもの。
やはり人として生きる以上、何かしらの楽しみ
があってワクワクできたほうが生活も楽しいだ
ろう。

仕事と趣味は生涯現役で行けると思うが、恋愛
と言うのはさっぱりだわ。。そもそも若い頃か
ら慎重なのと頭で考えるタイプだったので恋に
落ちづらいと言うのもあったが、年増?になり
世の中に対する見方全てが厳しくなる中で人を
好きになる気持ちなんかすっかりすっ飛んで行
ってしまった。ま、時にいいな、と思う人はい
ても。

最近入った30代の男性社員から飲みに誘われ
る。もちろん彼は既婚者なので適当にやり過ご
す。別に仕事の延長で飲みに行けばいいのだが
微妙な空気が。きっと私が50歳超えてるのが
わからないのね・・
posted at 09:23 | Around 50's | この記事のURL
老いのスピード [2019年12月09日(月)]
50歳も超えると人生いよいよ折り返し地点。
嫌でも老いと言う現実を突きつけられる。病気
で人生に終止符を打ったり、癌治療に苦しむ人
たちも増えて来た。他人事ではない。

先月のフラメンコの発表会では数年ぶりに足を
運んでくれた友人たちも。久しぶりだからこそ
その容姿の変化に気づくもの。顔周りに増えた
白髪は一気に人を老けさせ、グレーヘアを選ん
だ友人は明らかに50歳超えに見える。

老いから誰しも逃げることはできない。しかし
ながらその生き様が大きく容姿に関連するのは
明らか。

以前TVで見た100歳超えで現役で活躍する床
屋のおばあちゃんや時計職人のおじいちゃんは
どうみても70代だ。生涯現役の姿勢は自然と
身体に活力を漲らせ、ポジティブなエネルギー
が代謝に好影響を与えるのだろう。

キーワードは生涯現役かしら。。人事の仕事は
細かくもセンシティブでどうもストレスが多い
ように感じているが、全然変わってないと人か
ら良く言われることから自分で思ってるほどス
トレス感じてないのかも。50歳からのキャリ
アも悩みどころ。
posted at 09:12 | Around 50's | この記事のURL
身体にいい食生活 [2019年12月08日(日)]
父の起床は8時頃。起きる前の時間を使って一
気に調理。ほうれん草はゆでる。蕪は酢漬けに。
葉は醤油と出汁で炒め、混ぜご飯の具材にする。
いんげんは胡麻和え。里芋に大根、しめじは豚
汁にした。夕飯のおかずは歳暮にいただいたイ
カの一夜干しの焼き物に豚肉の大根、えのきの
醤油甘辛煮。

とにかく野菜たくさんの食事を心がける。根菜、
葉物に芋類。バランス良く。芋類はお腹にたま
るし、胃にもやさしい。

人生100年時代、健康と病気の境界があいま
いになってくるとやはり生活習慣が大切で、運
動や食事が10年後の自分の身体をつくるとの
こと。

未来の自分のために。手間がかかっても自分の
手で作った料理が安心で体も喜ぶ。
posted at 19:35 | Ricetta | この記事のURL
恵比寿のクリスマス [2019年12月07日(土)]
一気に気温の下がった週末、、空はどんより。
関東でも初雪が観測された。外出は億劫。それ
でも厚着をして自転車で母の介護施設まで飛ば
す。走っていれば身体はぽかぽか。

ボーカルレッスン、フラメンコの自主練とこな
した後、友人との待ち合わせは恵比寿。クリス
マスシーズン突入、街は若い人たちで華やぐ。

向かうは15年通う地中海料理の店、アヴィラ
ン。一度マスターは手の手術で店を休んだもの
の、無事復帰。メニューの数を減らしての再開
となった。

ボトルワインは驚くほど手頃。イタリアのピノ
グリージョにする。サザエのガーリックソテー
はここでしか味わえない。にんにくに香草の風
味が食欲を刺激。茄子のグラタンも絶品だ。グ
リエールチーズたっぷり。トマトソースはどう
作っているのかしら。イカのソテーは海鮮のミ
ックス、最後にすずきのクリーム煮。満足〜。

帰りはガーデンプレイスのイルミネーションを
楽しむ。恒例バカラのシャンデリアが中心を飾
り、ツリーは極彩色の輝き。

この季節、街の華やかさと人々の心の躍動を感
じる。冬のにおいは自然と人との寄り添いを求
めさせる。
posted at 21:01 | Vino | この記事のURL
乳がんの怖さ [2019年12月06日(金)]
癌になった後の5年生存率は治療法の進歩と病
状への対応の選択肢も増えたため、データだけ
見るとかなり上がっている。がん告知はどんな
人にも大きなショックを与え、その瞬間から自
分の余命を意識するものだが、サバイバーの人
たちも多い。

今週届いた知らせのメーカー時代の女性の先輩
の死は乳がんが理由だったことがわかった。私
の周囲には驚くほど乳がんが多く、大学時代、
フラメンコ、そして職場と仲良くしている人3
人、乳がんを経験し無事復帰した。初期での発
見、もしくは癌自体があまり広がらないタイプ
だったのは運が良かったのだと思う。一般的に
は乳がんの生存率は9割を超える。もはや治癒
可能な癌だ。

50代半ばで克服できず逝ったと言うことは進
行、転移ともに早かったのだろう。

やはり癌は生死を分かつ、怖い病気なんだと思
った。もしも自分がなったら。あなたの寿命は
あと数年ですと言われたら。その苦しみを想像
するだけで、やりようのない気持ちをどこに置
くのか、恐ればかりが募る。
posted at 09:04 | Around 50's | この記事のURL
サヨナラは突然に [2019年12月05日(木)]
華やぎを増す街並み。クリスマスシーズンのデ
ィスプレイや曲が気分を高揚させる。今年もあ
と何日かで終わる。年取るごとに時の流れは砂
時計のようにさらさらと。それでも立ち止まっ
て1年の出来事を振り返る。

恩師が2人この世を去った。1人は癌、1人は
兄による殺害と言う衝撃的なニュースだった。
2人とも東大、京大卒と言うエリート。60歳
での旅立ちだった。厳しく指導してくれた、私
を後押ししてくれた笑顔と声がよみがえる。

夏のアンマンからの帰宅後、はとバスのバイト
時代の友人の訃報が届いた。癌になって3年、
余命宣告を受けての仕事からの引退。両親から
喪中葉書が届いた。享年49歳とあった。2人
で行った台湾旅行。私を引き継いで仕切ってく
れた添乗員の現場、まさかSちゃんが40代でこ
の世を去るなんて。もう20年以上会ってなか
った。でも2人の思い出が鮮明に蘇る。

再び悲しい知らせが届いた。電気メーカー時代
の女性の先輩が亡くなった。退職後数回食事を
ともにした。連絡が途絶えた。どうしたのかな
と思っていた。まだ50代のはず。

人はいつしかこの世を旅立つ。その時を選ぶこ
とはできない。自分も精一杯生きるしかない。
posted at 06:42 | Around 50's | この記事のURL
ホリデーシーズン [2019年12月04日(水)]
12月に入ると一気に気分は慌ただしい。忘年
会の会場確保に年間の功績表彰準備、納会のケ
ータリング手配など年末に向け仕事のやり残し
がないようチェック。

街にはクリスマスの曲が流れ、ディスプレイも
クリスマス商品で満たされる。赤、緑、白に金
の組み合わせは自然と気分を盛り上げる。パー
ティ料理にクリスマスケーキもおいしそう!

やっぱりこういう季節、一緒に過ごす友に恋人
に家族がいるのはいいこと。ひとりは寂しいわ
な。。

この季節、ニューヨークやフィレンツェ、ロー
マを歩きたいなと思う。クリスマスシーズンの
イタリアの街に何度も歩いたニューヨーク。記
憶で景色を描く。街の華やぎと冬の空気が恋し
い。
posted at 09:57 | Italia | この記事のURL
| 次へ