たまには根暗になる [2018年12月11日(火)]
うちは家族全員かなりポジティブ思考な性質を
引き継いでいるため、基本何があっても明るく
乗り切っている。現に母が脳出血で寝たきりに
なってしまったものの、わずかな改善に歓喜し、
希望を失うことなくみんなで分担してせっせと
介護施設通いにいそしんでいる。

よって、気分が落ち込むと言うことは真面目に
経験したことなく過ごして来た。短気な性格な
のでイライラすることは多いが、もうダメだ〜
みたいなムードにはなったことがない。人事の
専門家としてメンタル不調者へのアドバイスも
よくわかんねーなーと思いながらやっている状
況だ。

しかしながら、恩師は亡くなるわ、母の介護は
いつまで続くかわからないわ、仕事では訴訟を
抱えるわなど中年なりの苦悶が続くとさすがの
私もまいったなあーと正直思うのだった。

人生、たまには根暗に。もののあわれを感じつ
つ生きるのも人心を知る意味においては必要だ。
スーパーポジティブだと人の苦労がわからない
のだ。
posted at 09:19 | Altri | この記事のURL
恩師の突然の逝去 [2018年12月10日(月)]
私が15年勤務した電気メーカーの元人事部長
の訃報が届いた。まだ60代前半、東大卒のエ
リートで私が入社して間もない頃、自分の部の
人材開発系機能の立ち上げメンバーとして呼び
寄せてくれた人だった。その後その課での3年
間は私のキャリアの宝物になった。何度も叱責
してくれたことは後々10年経ってその意味が
わかった。感謝した。先日まで元気だったと言
うから一体、何があったのか。

元人事センター長の訃報が届いたのは数か月前
だった。この人も京大卒のエリートで私を管理
職に引き上げてくれた人だった。恩義を感じて
いた。長年苦しんだアルコール中毒の末、兄弟
間のトラブルで命を落としたと言うことだった。

退職後、彼らとの接点はなかった。異動したと
か、定年を迎えたとか言う話は聞いても。

人はいつか死ぬと言う意味において死は常に隣
り合わせ。だが、こうしてお世話になった人が
急に亡くなったと知ると心が折れる。そして、
私の周りではそんな話題が続いた1年だった。
posted at 09:08 | Altri | この記事のURL
歌う楽しさと喜び [2018年12月09日(日)]
今年2月から通い始めたボーカルスクールの年
度末イベント。各校から勝ち上がって来た歌唱
力高いレッスン生が結集。グランプリを決める。
その間にグループで歌うイベントが計10組。
即興で集まった生徒5人と安室ちゃんのDo'nt
wanna cryを歌うことに。

そもそもこの歌を良く知らなかった、、最初で
最後の合わせの時まで自主練。難なくキャッチ
アップ。皆さん声量が異なるのでどの程度のボ
リュームで歌うか迷ったがひとまず声でかいの
で貢献すべく大音量。

リハは場当たりの合わせをわずか3分。ほぼぶ
っつけ本番。スポットライトをあび、いざステ
ージへ。

人前で歌うって気持ちいいのよね〜。マイク握
りしめ気分だけは安室ちゃん。フラメンコで舞
台慣れしてるのでほとんどあがらず。音痴の男
性はすっかり舞い上がり歌詞は飛ぶはずれるわ、
彼のパートは大惨事に。

それでもまあ、5人、精一杯歌いました!先生
も一応労い。20代、30代中心のボーカルス
クールに50歳目前で飛び込んだ。新しい世界
はいつでも楽しい。
posted at 20:54 | Altri | この記事のURL
ホームパーティ [2018年12月08日(土)]
イタリア語つながりで知り合って付き合いも早
15年。永福町のマダム宅に15時集合。恒例
年末のホームパーティ。

それぞれが得意料理を持ち寄る。私は蓮根のき
んぴらに鶏ささみの柚子胡椒和え。きんぴらは
甘辛、鶏肉のほうは茅乃舎のドレッシングで和
えただけだがどちらも好評。ほか人参のラぺ、
生ハム巻き、ベジャメルソースの揚げ春巻きが
並ぶ。仕上げにペンネのトマトソース

ワインはスパークリングを2本、白1本に赤2
本と4人で5本のペース。さすがに最後の1本
私は手を出さず、、疲れもたまってたのか眠く
なって来てしまった。

それぞれの近況報告と時事ニュースと。デザー
トに巨大なあまおうを楽しみ21時解散。
posted at 20:38 | Vino | この記事のURL
息切れ気味の年末 [2018年12月07日(金)]
師走に入ると何て時間の流れは速いんだろう。
冬を感じぬまま、加速して行く生活のペース。

会社では年末の業績表彰や忘年会、納会の企画
を取り仕切り、年を超える前にとやり残した設
備系の修繕やオフィス家具の手配、非常食の買
い替えに加え、なぜかこのタイミングで海外来
客。。いい加減休ませてくれ!!と叫びたい。

社内的に今年はいろいろあり過ぎて、会社の規
模は小さいが訴訟に発展する可能性のある大型
人事案件の仕切りを通年で行って来たため、さ
すがに私も疲れた。様々な人の思惑が交錯する
ためそのハンドルに終始気遣い、自分の判断も
加えながら微妙なバランスであるべき方向に導
く。自分自身内省しながら、でも会社の立場も
通さなくてはならない難しい状況だ。

そんな私をいつも応援してくれていた男性陣4
名がいなくなってしまったのもダメージが大き
い。判断軸もそして心も拠り所がなくなってし
まった。

息抜きせねば。自分に言い聞かせる。
posted at 21:04 | Altri | この記事のURL
外国人材の受け入れ [2018年12月06日(木)]
急激に高齢化が進む社会において不足する労働
人口を補おうと政府が外国人人材の受け入れに
大きく舵を取ろうとしている。すでに近所のコ
ンビニ、安い居酒屋、ビルの清掃員などほとん
どが外国人だ。皆さん真面目に一生懸命取り組
んでいる。つたない日本語でがんばる姿も健気
だ。雑誌などの記事を読むと多くを自国への仕
送りに充てるよう。涙ぐましい努力だ。

シンガポールや香港など新興アジアの富裕層は
外国人のメイドさんを雇うのが常識だ。国の制
度も充実しており、マカオでフィリピン人のメ
イド職の人と話をした際、条件によって国を渡
り歩いてるとのことだった。優秀な人材に国境
はなく、日本もこの中での人材獲得に参戦しな
くてはならないのだ。

確かに安易な受け入れは社会の批判を招くが、
もう入れないことには私たちの社会が成り立た
くなっているのではないか。

仮住まいしていた近所のアパートは中国人、イ
ンド人、ネパール人と多様な人たちが住んでい
た。ランチ時、それぞれの家庭からエスニック
ないいにおいが流れて来た。皆さん礼儀正しく、
普通に馴染んでいる。共存社会はもう来ている。
posted at 08:52 | Altri | この記事のURL
安上りな父の食事 [2018年12月05日(水)]
母が去年倒れてから人生48年目にして主婦も
兼任することになった私。せっかちで処理能力
だけは人倍高いこともありすっかり主婦業とバ
リキャリの二本立ては難なくこなせるように。

朝はみそ汁に飯炊き、卵料理を毎朝父のために
準備。自分はパンを食べるのでフルーツヨーグ
ルトを必ず添える。バランスばっちり。最近は
5分で弁当も準備。

戦後に育った父も母も粗食だ。79歳と高齢で
あることもあるが、みそ汁、卵に納豆、漬物が
あれば満足してるよう。だって私たちの祖先は
みなこの食事で生き延びて来た。

子供時代に普及した洋食が今でも好物。中でも
ポテトサラダは早食い。シチューやグラタン、
手羽先なんかも好き。

酒飲みの私と違って全然飲めない父は酒代もか
からずエコノミーな生活。父の健康管理も私の
大切な仕事。
posted at 06:40 | Ricetta | この記事のURL
ボーカルイベント [2018年12月04日(火)]
ボーカルスクールに通い始めて約1年。先生方
に声をかけられ年末のイベントにグループで出
演することに。地元大宮を拠点とするこのスク
ールは池袋、新宿、渋谷など都内にも拠点があ
りこのイベントはなんと、銀座の貸切スペース
で行われる。先週行われた2回のレッスンはス
キップで日曜のみ参加、即、次の週末が本番だ。

イベントに出るからには相当自信のある人たち
かと思いきや、げっ、、正直下手くそ。1人の
男性なんか完全音痴。それぞれソロパートがあ
るのだが音量も小さければテンポも悪く、入り
損ねるわ、ま、だからスクールに通ってるのよ
ね。

かなり笑えるのがお笑い芸人みたいな小太りの
30代の女性が真ん中でダンスまで披露。ちな
みに曲は安室ちゃんなのだが。

年齢もレベルもバラバラ、何の接点もない人た
ちとの一夜限りのステージ。本番は照明も浴び
るため11時には場所入りでリハもやるらしい。
何事も経験である。
posted at 06:06 | Altri | この記事のURL
遺伝子操作ベイビー [2018年12月03日(月)]
中国人の学者が遺伝子組み換えを行った双子の
赤ちゃんが誕生したと発表したニュースが世界
を駆け巡った。学会での批判に加え、早速中国
政府も実験ストップの指示を出したとのこと。
本人はエイズに感染した細胞の遺伝を阻止した
と誇らしげだったが、世間の受け止めは安全性
が確認できる前の人体実験は倫理観がおかしい
と批判殺到。

驚いたことに遺伝子操作は今や誰でも簡単にで
き、実験キッドなども安く手に入るらしい。そ
して作業も難しくない。中学生や高校生の理科
の実験レベルだ。

農学部の研究室などの実験で遺伝子操作した魚
や植物は明らかに大きい。食品として扱う場合
短期間で大きくなるのは効率的なのだ。

大きな人間、強い筋肉、美しい目の色。映画の
世界の出来事だったデザインベービーは今、や
ろうと思えばできる段階まで来ている。生命が
維持できるかのの検証は済んでいなくとも。
posted at 09:14 | Altri | この記事のURL
外苑並木と西麻布 [2018年12月02日(日)]
午前中友人と待ち合わせ、外苑前の銀杏並木を
散策。数年前からか絵画館前は屋台も出るお祭
り騒ぎで並木道は警察による交通規制に交通整
理まで。外国人観光客も多く、もう大騒ぎ。そ
れでもまあ、東京の冬の入りを感じに。

タクシーを走らせ、青山墓地を抜ける。ここも
楓が紅色で美しい。西麻布の交差点からほど近
い行きつけのイタリアンでランチ。

正午前からスパークリングワインで乾杯。前菜
の盛り合わせは変わり種の野菜類と魚介が彩り
きれいにまた味付けも10種、舌鼓を打つとは
このこと。冷製パスタはラフランスにトマト。
トニックのゼリーが添えられ、よりさわやかに。
山形豚は脂身が甘い!付け合わせのほうれん草
はシャキッと肝のソースがアクセント。暖かい
パスタは白海老のペペロンチーノ。いつ来ても
裏切らないおいしさ。

なんと手土産にオリーブオイル一瓶、いただい
てしまった。常連へのサービスのよう。販促も
兼ねてると思うけど大いに得した気分!
posted at 19:54 | Vino | この記事のURL
| 次へ