サヨナラは突然に [2019年12月05日(木)]
華やぎを増す街並み。クリスマスシーズンのデ
ィスプレイや曲が気分を高揚させる。今年もあ
と何日かで終わる。年取るごとに時の流れは砂
時計のようにさらさらと。それでも立ち止まっ
て1年の出来事を振り返る。

恩師が2人この世を去った。1人は癌、1人は
兄による殺害と言う衝撃的なニュースだった。
2人とも東大、京大卒と言うエリート。60歳
での旅立ちだった。厳しく指導してくれた、私
を後押ししてくれた笑顔と声がよみがえる。

夏のアンマンからの帰宅後、はとバスのバイト
時代の友人の訃報が届いた。癌になって3年、
余命宣告を受けての仕事からの引退。両親から
喪中葉書が届いた。享年49歳とあった。2人
で行った台湾旅行。私を引き継いで仕切ってく
れた添乗員の現場、まさかSちゃんが40代でこ
の世を去るなんて。もう20年以上会ってなか
った。でも2人の思い出が鮮明に蘇る。

再び悲しい知らせが届いた。電気メーカー時代
の女性の先輩が亡くなった。退職後数回食事を
ともにした。連絡が途絶えた。どうしたのかな
と思っていた。まだ50代のはず。

人はいつしかこの世を旅立つ。その時を選ぶこ
とはできない。自分も精一杯生きるしかない。
posted at 06:42 | Around 50's | この記事のURL
美しく年を重ねる [2019年12月03日(火)]
令和元年の今年、50歳になったわたくし。来
年はもちろん51歳。アラフォーからの10年
間瞬く間に過ぎたからきっと次の10年も早い
んだろうな。

若さを武器にできなくなった女は何で勝負すれ
ばいいのだろう。今までも若さや女らしさで勝
負するキャラではなかったものの、それなりに
男性のお誘いや一応女扱い?してもらっている
自覚はあった。40代には40代なりのモテ期
もそれぞれあるものと思う。

50歳を超えるとはて?いくらきれいな女優さ
んでも久々に見ると一気に老け込んだなと感じ
たり、明らかな皺伸ばし工作が見えることも。
整形による若返りに人としての美しさはない。

どんな人と言われたいか。素敵な人、センスの
いい人、ゆとりのある大人の女性、みたいな感
じかしら。

白髪も増え、顔全般たるみ、目の下にも疲れが。
自分の顔を見てぎょっとするけど、自分らしく
その年齢なりの輝きをいかに保てるか。やっぱ
健康第一!
posted at 06:48 | Around 50's | この記事のURL
バブル世代切り [2019年11月26日(火)]
ここ数年、50歳前後になったバブル世代が組
織のお荷物だ的な記事を頻繁に見かけるように
なった。私も92年大学卒のまさにバブル世代。
91年ほど就職は好調でなかったものの、みな
そこそこの企業に就職できていたぎりぎりの年
代だ。その後、私は4年のホテル勤務を経て米
大学院に進み、氷河期世代の98年に大手電気
メーカーに再就職した。

結局大手電気メーカーは43歳になる年に去っ
た。理由はもちろん、15年間勤務し十分学ば
せていただいたと言うことが一義的だが、人事
として迫るバブル世代をターゲットにしたリス
トラが来ると明確に理解していたからだ。7年
前すでにその話題は大企業の人員構成の議論の
中心だった。

もちろん大企業で働く多くの人にとって終身雇
用前提に住宅ローンや子供の教育を考えている
だろう。そして真面目に、それこそ粉骨砕身、
長時間勤務にも耐えて来たのだと思う。

しかしながら、時代の流れを読む作業を怠って
はいけない。自分の市場価値を把握し、思い切
った決断をして適切な場に身を置かないと気づ
いた時にはもう遅かったとなりかねない。

私も50歳を超えた。55歳までどう生きるか、
そしてその後の10年、15年何をするか。生
涯現役のキャリアプランはまだまだ続く。
posted at 06:13 | Around 50's | この記事のURL
令和はハイスピード [2019年11月15日(金)]
天皇陛下の即位に伴う各種儀式も日曜で全行程
終了したとのこと。ひとまず無事終了して良か
った。時代が変わったと言う実感は薄れて来た
が令和はどんな時代になるのか。

昭和生まれの自分が社会に出たのはバブル絶頂
期。都内ミッション系大学のキャンパスは華や
かで卒業生である著名野球選手やアナウンサー、
女性誌の読者モデルが闊歩し、校門前には遊び
人風だったクラスメイトが真赤なオープンカー
で通学。就職も好調、不安なんて何もなく、未
来はどこまでも安泰に感じていた。そんなわれ
われの年代は50歳を超え、会社のお荷物世代
としてリストラの対象になりつつある。人事と
して役員の動きを察知していた私は43歳で
15年勤めた大企業を一足先に飛び出し、外資
系に転職した。早めに決断して良かった。50
歳になった今からの再スタートはより勇気が必
要だ。

甥っ子も社会人になり25歳だ。彼らはこれか
ら後40年は生活の糧を得なくてはならない。
右肩上がりの経済成長が見込めず、何でもAIが
こなしてしまう時代、どう生きるのか。

どんな時代になるのか、と言う受け身の姿勢で
はなく、こんな時代にしたいと自分たちで思わ
なければいけないのかもしれない。時代の変化
は想像以上に高速スピードだ。食らいついて行
くしかない。
posted at 09:08 | Around 50's | この記事のURL
菊池桃子さんの再婚2. [2019年11月11日(月)]
菊池桃子さんが東大卒の局長級エリート官僚と
再婚された。誰しも気になる彼の経歴、結婚歴、
そして年収。

私は人事なので給与の相場観が頭に入っている
のと留学時代、同期の多くは日銀や国家公務員
1級の出世コース候補だったため、その年収は
2000万と想像したが推定年収1800万と
のことだった。

世の中の結婚相手に求める年収は1000万と
か、それは高望み過ぎるので平均的な500万
とか言うが、各自のライフスタイルもある。稼
いでいても病的にケチな旦那もいれば無駄使い
が多く全然貯まらない人、はたまた女性やギャ
ンブルなど派手にばらまく人もいよう。

前職の社長の年収は3000万だった。彼の奥
さんは48歳で癌で先立っていた。43歳独身
で入社した私は2度ほど彼に結婚する気はない
のか聞かれたことがある。(質問の真意は不明
だが、、)身長も180センチはあり、ある俳
優にも似ていて男気もあったから結構女性にも
モテていた。

一度結婚したことのある人のほうがハードルは
低いのかもしれない。事実再婚するのは離婚経
験者中心と言う統計もある。私みたいにそもそ
もAKな人はそのまま我が道を行く。。
posted at 08:41 | Around 50's | この記事のURL
菊池桃子さんの再婚1. [2019年11月10日(日)]
私が中学生だった頃、絶大な人気を誇っていた
菊池桃子さんが51歳で再婚!同年代である。
50歳を超えているとは思えないピュアな感じ
をそのまま、2人のお子さんを育てながら様々
な活動をされているのはすごい。

再婚相手を見ても驚きである。エリート官僚と
言うことから、欲しいのは肩書かと思ったが、
肩書欲しさで何も再婚する必要はないし特段お
金にも困ってないだろうから本物の恋愛?

そして相手の結婚歴が気になるのは誰もが一緒。
記事ありました、なんと初婚だった!!奥さん
と病気で死に別れたか、離婚かと勝手に想像し
ていたが、初婚で射止めた相手が菊池桃子さん
とはすごい。しかしながら、東大エリートだっ
た彼はアイドル時代の菊池さんを知らなかった
との説明。うん、それだからこそ怖いもの知ら
ずでプロポーズできたのかも。

今は彼と同年代のおじさんになったかつての桃
子ファンはもううらやましいの一言だろう。実
際、新橋の街頭インタヴューで溜息もらすおじ
さん多数。

50歳を超えてもなお、結婚をうやらましがら
れる、そんな女子力は尊敬もの。
posted at 07:36 | Around 50's | この記事のURL
あの頃のままの君で [2019年10月04日(金)]
同窓会嫌いの私だが、今月は3回あり。うち2
回は電気メーカー時代の人事の管理職級集い、
もう一つはフラメンコ初心者時代の仲間だ。

メーカーの時の集まりは男性中心なのだが、20
年以上の付き合いになるので当時40代でバリ
バリだった人たちは今は60代。全然雰囲気変
わらない人たちもいれば一気に老け込む人もい
る。特に男性の場合わかりやすいのは、白髪、
ハゲ、出腹だろうか。。髪が薄くなると一気に
じいさんだ。あー変わっちゃったなーと。元々
ハゲだったりすると案外あまり変わってなかっ
たりする。お腹の出っ張りもたぬきおやじ化を
強調。

私は苦労が足りないのか、全然変わっていない
ねーと言われる。20年も経っているのだから
変わってないことないのだが、、

若さの維持は、髪、体形、姿勢だろうか。グレ
ーヘアも流行りだが失敗すると単なるやまんば、
猫背も人を老けさせる。誰もが憧れる若返りの
薬はなく、自分で努力するしかない。
posted at 06:49 | Around 50's | この記事のURL
体調と生活を整える [2019年09月22日(日)]
9月は前半12日間も海外出張に出ていたので
怒涛のごとく過ぎた。先週も海外からプロジェ
クトメンバーが来日していたので気が休む間が
ない。出張中から便秘と下痢を繰り返しており、
外出先でトイレに駆け込む始末。やっと来た3
連休、体調を整えたい。

まずはたっぷりの睡眠。土曜も午後2時間昼寝。
出張中は終日の会議の後、日本からのメールに
追われる状況だったので起きてる間は仕事モー
ド全開。時差ぼけのまま帰国しその後克服する
のにまた1週間。疲れもたまった。

食生活もリズムを整えるには重要。秋の味覚が
店頭にならび、梨、キノコ類、薩摩芋など彩も
香りも豊か。きのこのパスタに薩摩芋のそぼろ
煮などこの時季ならではのメニューで食卓を飾
る。気持ちもウキウキ。

趣味もキャッチアップせねば。フラメンコは発
表会まで2ヶ月。今日も友人と午前中は練習。
これからダッシュだ。歌の練習も昨晩こなした。
明日は友人とのランチ。かくしてやっぱり週末
も忙しい、、
posted at 08:44 | Around 50's | この記事のURL
秋の装いの気分 [2019年09月19日(木)]
海外出張から戻って来ると街はすっかり秋の装
い。大型台風後の復旧作業は続けられており、
残暑も厳しいけど山吹色やボルドー、茶色など
の服が飾られているのを見ると秋は何を着よう
と気持ちも華やぐ。季節の変わり目はいつも悩
みどころで気温は30度だけど真夏の様相はお
かしく、かと言って私は先取りしてます!みた
いなのもお洒落だが暑いには暑い。かくして夏
でも秋でも大丈夫な紺の服が増え、何だが地味
になってしまうのであった。

おまけに一枚で決まる服が少ないのも現実。
いいかなと思って買っても微妙にラインが想定
と異なったりモデルさんたちみたいに細くもな
いからウェストにインするスタイルもどことな
く野暮ったい。

週末ルミネの10%オフで衝動買いしようかと
も思ったが気を取り直し、本当に着たい物をじ
っくり選ぶことに。さもないと数か月おきに数
枚は増えるクローゼットはあっという間にいっ
ぱい。1枚買ったら1枚捨てる、と言うのもも
ったいない精神が邪魔し。
posted at 06:25 | Around 50's | この記事のURL
海外出張は老けさせる [2019年09月18日(水)]
今年はプロジェクトが佳境であることもあって
例年以上に海外出張が増えた。個人旅行も含め
ると約1ヶ月はすでに海外。若い頃はそれを楽
しめたと思うが、今は疲れるし何よりも日本が
一番!

まず治安への配慮と緊張感は常に付きまとう。
銃乱射事件が続いたテキサス州滞在中、次期大
統領選の候補者による討論会がヒューストンで
開催されていたのだが厳重警備にも関わらず警
察の高官が銃撃された。幸いにも手術で一命は
取り留めた。

空港から飛行機と長い移動はメイクもしたまま
で肌の疲れは倍増。ホテルも気候も乾燥してい
るので顔表面もからからだ。おまけにオフィス
はこれでもかと言わんばかりに冷房ガンガンで
体温調整が難しい。外に出ると40度の灼熱。

滞在中はずっと時差ぼけが続いているみたいな
ものなので睡眠時間は5時間前後と浅く、起き
たらすぐにパソコンに向かう。

身体に良いわけないわな。。出張明け、疲れ切
った自分の顔を鏡で見て老けが一気に加速した
のを感じる。
posted at 06:04 | Around 50's | この記事のURL
| 次へ