DHC健康食品相談室の担当医が、健康についてご紹介します。
みなさまからのご質問も受付中。テーマ募集より投稿してください。

紫外線と肝斑 [2018年04月18日(水)]
皮膚科医のMKです。

肝斑で苦労されている方、肝斑じゃないのかな?と思っている方、沢山いらっしゃるかと思います。
日本人を含めたアジア人女性、そして意外なことに、中東女性にも多い肝斑ですが、白人では
めったに見られることがありません。

肝斑には、紫外線、ホルモン、ストレス、刺激などがいろいろ関与していますが、中でも、
紫外線は最も影響の大きい因子かと思います。
紫外線が強い時期になりましたが、この時期になると両ほほ骨のあたりにうっすらと茶色の線が
出てきて、ああ、またこいつが。。。。と思います。

さて、対策です。
日焼け止め、もちろんです。
私は、SPF50、PA++++の最強の日焼け止め。 その他、トラネキサム酸、ビタミンE
ビタミンCも服用していますが、加えて、「スーパーH2 サンシトラス」も摂取しています。





紫外線は必要でもあるので、過剰に保護することがいいかどうか、論議されているところだと
思いますが、今の時期はさすがに通常の生活をしている方でしたら足りているかなと思います 
私はかなり過剰に日焼け対策をしている方なので、念のためにビタミンD摂取しています 
アメリカなど日照時間の短い冬などは子供さんもビタミンDの摂取をしていると聞いています
ビタミンDは皮膚が紫外線にあたることによって活性化されるので、生活によっては冬は
摂取したほうがいいかもしれません
その他にも、筋肉維持、免疫力、骨の代謝に関わっている大事なビタミンです



体にとって必要な紫外線ではあるものの、日焼けは皮膚にとって天敵
サプリメントを上手に活用したいものです



13:10 | この記事のURL |
さくら! [2018年04月12日(木)]
どうもこんにちはまさぼです^^



お花見に行ってきました
もうこのブログ書いている今現在は散ってしまっていますけどね
ただ、花粉症なので地獄でした
4月上旬はもう目を掻きすぎて
目頭が切れてしまいました



しかし・・・
確かに満足はしました
まさぼさくらが好きなので。


正直、花粉の季節は部屋の中にいても
ちょっと動くだけで花粉が舞い上がるのか
鼻水やくしゃみが止まりませんからね


外でも中でも変わりません。


でも久しぶりに散歩をしました
最近はなんとなく忙しくて
運動もできるだけパターン化して効率を求めていましたし
休日は全力で自分のしたいことをまとめてしていたので
時間を気にせずのんびりぼーっとできたので良かったです



そういえば
さくらの樹皮桜皮っていって
鎮咳去痰に効果あるとされているんですよ。
桜皮から作ったブロチンという名前のお薬を聞いたことがありませんか?
最近まで鎮咳去痰薬として病院やクリニックなどで
処方されていました。



まさぼも小さい頃
よく飲んでいたんですけどね。
つい最近
製造中止になった記事を読んだ気がします。
ちょっと悲しいです




花粉症・・・
数年前までこんなんじゃなかったのになぁ。
甜茶シソの実油シソの葉エキスも飲みました



























治一郎のバームクーヘン!
いっぱい食べました笑























おしまい!
15:38 | この記事のURL |
人間ドック [2018年04月05日(木)]
内科医のC.Nです。
の命は短くてと昔から言いますが、私たちの五感を
楽しませてくれた桜の花も、ほとんど散ってしまいましたね。
昨日新宿御苑の近くで毎年恒例の人間ドッグを受けたんですが
緑ばっかり目立っていましたね。
桜が散ると新緑の季節が始まるので、これはこれでさわやかで
素敵ですけど
家の近くに名所的なきれいなところがあり、2回も見に行ったので
後悔はないですが。


今年は年齢の節目ということでフルレディースドッグという
婦人科や乳がんの検診を一度にやってもらいました。
乳がんのほうは結果待ちですが、婦人科はOKという
ことでほっとしていますが、毎年ひっかかる悪玉コレステロールがなかなか立派な数値でしたので、「濃縮紅麹」飲むかなと考え中です。兄も母も立派な数値で、家族性の高コレステロール血症は間違いないでしょう。
紅麹の中に含まれる「モナコリンK」という成分が、肝臓内で
酵素を邪魔して、悪玉コレステロールが合成されるのを抑えてくれるというわけなんです






異常がみつかるのが嫌だから検査を受けないという人や
何の症状もないし、元気だからいらないという人がいますが
確かに怖いといえば怖いですが、そのまま検査もしないで
ひどくなってから何か見つかるのも、もっと怖いなと思いませんか?
高齢の方に言わせると「ぴんぴん、ころん」と行くのが理想だ
そうで、そういう意味では急に倒れて逝ってしまうというのも
いいのかもしれませんが、最近は医学の進歩で、片方マヒ
したまま存命だったり、ということもありますから。





私は職場の検診もありますが、知っている人に診てもらうのが
いや(恥ずかしい)ということもありますし、異常があったら
知られてしまうのも嫌という変な、自意識過剰な理由で
人間ドッグを選んでいますが、区の健診や特定健診
職場の健診などどれでもいいですので、1年1回くらい検査を
受けていただきたいですね。




薬を飲むほどではない方や、経過観察の方など、
コレステロール対策には「濃縮紅麹
中性脂肪対策には「DHA」「レシチン」など
生活習慣の改善をサポートする健康食品を数多く
御用意しています。
どれを選んでいいか迷う方は、お気軽に有資格者で
構成されているDHC健康食品相談室まで
お電話をいただきたいと思います。
14:50 | この記事のURL |
ストレスを乗り越える術 [2018年03月26日(月)]
皆さん、こんにちは♪
内科医のHAでございます(^_-)☆

日本の春といえば、新たな年度の始まり。
進学や進級、就職や転職等で環境が変わる時期でもありますね*^-^*

環境が変わると、活動する場所だけでなく、人と人とのつながりも変わるかもしれませんよね?
もちろん、ステキな出会いもあると思いますが…その環境に慣れるまで、ストレスというものが付きまとってくるかもしれません(>_<)

一時的なストレスであれば、自力で乗り越えられることもあるでしょう。
ですが、それが大きくなったり、長引いたりすると、自分だけでは対処しきれず、何らかの“症状”という形で“危険信号”を発してくるようになったりすることがあります(T_T)

そのような時、あなたならどうしますか?
もしくは、どうしていますか?

ストレスについて「家族や親友、 先生や上司等に相談する」ことで、根本的な解決策の糸口が見えれば…ストレスそのものは多かれ少なかれ解消していくかもしれません。

ですが、ストレスそのものが解消されても、その影響により生じた“症状”がパッとは消えず、しばらくの間、悩まされることがあります。何故でしょう?

それは、ストレスによって乱された自律神経のバランスが修復しきれていないからです。

ストレスがかかると、自律神経が正常に働くための栄養、とりわけビタミンミネラル、タンパク質が消耗されてしまい、自律神経は乱れてしまいます。その乱れによって起こるのが“危険信号”でもある“症状”ですので、ストレスがかかっていた時に消耗されてしまった分の栄養を補給しなければ、自律神経が修復されていない分だけ“症状”が出てしまう可能性があるという訳です(^_^;)

つまり、ストレスの解消だけでは片手落ちのことがある…ということですね(>_<)

以上から、ストレスの影響を乗り越えるには、どうやらビタミンミネラル、タンパク質が豊富な食事」を摂ることが助けとなりそうだ、という結論が導き出されます♪

それに加えて、ストレスおよび自律神経のバランス対策に役立つ補助食品、つまりサプリメントDHCにはちゃんとあるんです*^-^*

* * * ストレス・自律神経のバランス対策に * * *

 

 


これらのサプリメントも上手に活かして、ストレスという「ピンチをチャンスに」変えて生きていけたら…超ステキですよね☆ミ
13:00 | この記事のURL |
記憶力の向上 [2018年03月19日(月)]
こんにちは

顧問医Gです

子供の成長を見るのはとても楽しみです。

少しずつ大きくなり先週初めて自転車にのれるようになりました。


手を放したらふつうに漕いでました(笑)

そして昨日は

アルファベットを書けるようにもなっていました。




ほんとうに日々すごいスピードで進化していきます。

それだけ早く進化するにもかかわらず時間の進みは私たちよりも遅いのは

不思議です。

私たちはほとんど進化せずむしろ退化?していると思われるのに
時間の進みは異常に早いわけです。



また普通にサプリを飲めるようにもなりました。


特に頭のよい子供を育てたい方には

ビタミンBミックスはおすすめです。私も娘に身体元気になるよ〜なんて

言いながら粒が小さいので渡すとサクッと飲みます。







最近葉酸も認知症予防で推奨される事も多いですが、

特に、記憶力の向上という医学的な研究報告もあるようです。

また、他に入っている成分も身体の疲れなどにも良いです。



なので、元気になって賢くなる、という一石二鳥のサプリです。


持続力やご実感を求められる大人の方でしたら、持続型がより良いかもしれません。

私がとっているから、娘も来たら飲ませるという程度ですが、

着実に色々できるようになっているので、このまま継続でといきたいものです。

以上、親ばか報告でした(笑)では
14:50 | この記事のURL |
ブルーベリー [2018年03月14日(水)]
こんにちは
顧問医師のKです。
だいぶ暖かくなりましたね!

昨日街で見た景色。


↑菜の花!春のイメージ


↑こちらは見にくいですが、なんとか桜という桜の種類だと名札がかかっていました。

春はもう直ぐですね。
しかし!春はウキウキばかりではないですよね。
花粉も飛びます!
わたしは花粉症ではないのですが、今年はなんだか目はゴロゴロするかも。
ついアレルギー用の目薬を買いました。
あれ?これって花粉症なのかな??

目といえばうちの子がとうとうメガネデビューしました。
わたしもわたしの母も強度近視なのでまあ致し方ない気もしますが。
わたしが子供の頃はメガネを作るのは一大事だった気がしますが、
息子のメガネを某チェーン店で作ったらあまりの簡単さにびっくり。
そしてお安い。
わたしの子供の頃は万単位だった気がするけど。
それは度が強すぎたからなのか?

近視に良いサプリメントというのはなかなかご用意がありませんが、
例えば目の疲れが原因になっているような可逆的な仮性近視でしたらブルーベリーサプリメントを使ってみるというのも一案かと思います。

現在弊社には3種類のブルーベリーサプリメントがございます。
お電話でも「どう違うの?」とお尋ねいただくことがあるので、今日は違いを簡単にご案内します。

まずはブルーベリーの基本的な働きから。
ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」という物質が、視覚情報の伝達や目の筋肉調節に必要なロドプシンの再合成を促します。
ですから、ブルーベリーを摂ることが疲れ目対策にもなり、見えやすさを手助けする、ということになります。

ブルーベリーエキス

こちらが従来品で、一日量に170mgのブルーベリーエキス末が入っています。

「速攻ブルーベリー

その次に発売したもので、ブルーベリーエキス末の量はあまり変わりませんが、溶出スピードが3倍になったので、働きを素早くご体感いただけるであろう商品です。アサイーやクロセチン、ルテインなどの目に良い成分が他にも入っています。

「速攻ブルーベリーV−MAX」

さらにブルーベリーエキス末が増量され200mg入っているとともに、ルテインの量も10mg入っていますので、ブルーライト対策や目の老化対策もしたい方にはおすすめです。溶出スピードは「速攻ブルーベリー」と同じく従来品の3倍を保っています。

ぜひご検討くださいね
11:42 | この記事のURL |
春のむずむず対策 [2018年03月06日(火)]
こんにちは
chikoです。

先日はポカポカと暖かく、とても春らしい気候でしたが
今日はまた少し肌寒くなりましたね。

この気温差では風邪をひいてしまいそう
はやく暖かくなってほしいです。

そんな春の訪れが待ち遠しい季節ですが、

目がかゆい!鼻がムズムズ!くしゃみがとまらない!

という方も多いのではないでしょうか。

花粉症の発症は突然なので、今年初めて違和感を感じた方もいらっしゃると思います。

私もアレルギーなんて自分には関係がないと思っていましたが、
数年前から決まってこの時期に症状が。。。

アレルギーの検査をしたわけでもないし、気のせいかもしれない!
と何年か耐えましたが、もう認めざるを得なくなりました

本来は、花粉症の症状が始まる2〜3ヶ月前からサプリを飲んでおくことがお勧めです。
しかし、症状が出てしまってからでも働きが全く得られないわけではないので
気になる方は是非お試しください

花粉症サプリは、まずは症状別に選択していただくと良いと思います。

目の腫れや鼻づまり、目の充血などにお悩みの方は「シソの葉エキス



くしゃみや目のかゆみ、鼻水などでお悩みの方は「甜茶



上の2つの成分を含め、アレルギーに良い複数の成分を摂りたい場合は「むずむず



もちろん相性もありますので一概には言えませんが、
商品選択の目安にしていただけばと思います

近年は小児の花粉症も増えてきているようです。

今回紹介した3つの商品は、5歳以上のお子様からお摂りいただける商品になります。
粒数の調節は必要になりますので、
摂取をお考えの際は是非健康食品相談室までお電話ください。



久々に登場のうちのわんこ
1年中元気いっぱいです。
よく食べ、よく動き、よく眠る!
健康の基本を押さえてるね〜


12:13 | この記事のURL |
ペットにも癒し [2018年02月27日(火)]
みなさまごきげんよう

    今冬は 
     雪
   多いですね


そういえば。。。。

昨秋、ずいぶんカメムシをたくさん見ました見ました〜!!!

秋にカメムシの発生の多い冬は雪が多い!

というのは

地域によっては知られた話なんですね〜

昨年はじめて知りました!!


まだ春まで油断できませんので、

特に雪の多い地方にお住まいの方や

行かれる方は十分ご注意ください。




   さて、ペットのはなしです


彼らの存在は何とも言えない癒しですねぇ

ただいてくれるだけで元気にしてくれます

疲れて帰ってきても、顔をみるとつい緩みます


自律神経に与える影響や、高齢者の予防医学的な面からも

様々な研究がされています


その効果は生身のペットだけではないようで

ペット型ロボットにまで実用化されています

どらえもんの世界がぐっと現実に近づいて来ていますね〜

足を嗅いでその臭いが強いと気絶するロボットまで登場してます〜笑


って生身のペットのはなしに戻りまして

そんな癒しをくれる彼らですが

私たちの暮らしに合わせて生活しているので

飼い主の住宅事情や労働状況などの環境の変化から

近年さまざまなストレスを抱えていることは

想像に難しくありません

日頃、癒しをもらっている彼らのストレスも

住宅環境改善や十分な散歩、スキンシップの時間を確保などで

解消してあげたいですね






ワンちゃんのリラックスサポートに





15:54 | この記事のURL |
インフルエンザ [2018年02月23日(金)]
こんにちは。内科医のA.I.です。

我が家にわんこが来てから半年が経ちました。

毎日よく食べますので、体重も5kgから25sに増えました。すっかり成犬に見えますが、中身はまだまだ仔犬です。



朝夕の散歩もすっかり定番の日課になりました。まだ薄暗い6時過ぎに起き、私一人もしくは娘と一緒に、30分かけて約2qを歩いています。
去年までは足腰の力の衰えを感じていましたが、最近はどんどん力がついてきましたよ。

正月には私とわんこが同時に風邪を引きました。

今考えると、インフルエンザだったような気もするのですが、獣医さんによると、人間の風邪(インフルエンザも含め)は犬には基本的に感染しないとのことです。

今年はインフルエンザが猛威を振るっています。感染者数は過去最多と。
今年の外来は、インフルエンザの患者さんが確かに爆増しています。

最近は、熱が出て病院に来ても、インフルエンザ判定の検査をしないことが増えてきました。

これにはいくつか理由があるのですが、判定キット自体の不正確さも大きな要因となっています。偽陰性(感染しているのに感染していないと判定される確率)が、一説には4人に1人くらいあると。

また、家族がインフルエンザの方が、いきなり高熱を出すなど傍から見て明らかにインフルエンザだろう、という患者さんには、あえて偽の陰性になりえる判定検査などはせず、臨床的に診断を下すことが少なくないのです。

どちらかというと、明らかにインフルエンザらしい方が罹っていることを証明するというより、B型インフルエンザのように、微熱しか出ない方のインフルエンザをはっきりさせるという意義の方が大きいように感じます。特に今年は。

ワクチンは受けたものの、多くの病院スタッフもインフルエンザに倒れています。

感染予防の自助努力のひとつとして、サプリメントも活用しなくてはならないと考えます。

感染に対して免疫力を上げるサプリメントはいくつかありますが、私はもっぱらビタミンCと亜鉛を活用しています。
他にもビタミンD、エキナセアプロポリスなども適宜利用しています。




ビタミンCは抗酸化の力で免疫力を上げるのですが、本来ほとんどの動物は体内でブドウ糖からビタミンCを生合成することができます。

人間は残念ながらその酵素を失ってしまい、食べ物からビタミンCを取らざるを得ません。

食べ物から十分得られればよいのですが、野菜・果物を十分摂れない方や喫煙でビタミンCを消費してしまう方などは、サプリメントの活用が望ましいようです。

インフルエンザの嵐が収まるまでまだもう少しかかりそうです。

皆様もお気をつけください。

12:15 | この記事のURL |
体かゆくないですか? [2018年02月16日(金)]
皮膚科医のMKです。

になると体がかゆくなる方、多いと思います。 特に、もともと乾燥肌の方、そして中年以降の年代の方、皮脂分泌は年齢とともに下がります。 お風呂上りは保湿ケアされておりますか?

熱いお風呂は気持ちがいいですが、乾燥肌にはよくありません。 保湿ケアの働きもある入浴剤入れたり、工夫してみてください。 

 この時期は頭皮も乾きますので、シャンプーの回数を減らしたりも必要になってきます。 ひざ下はよく剃る方が多いですが、乾燥を悪化させるので剃る頻度を減らしましょう

保湿は朝晩2回が理想ですので、乾燥がひどい方は夜だけでなく、朝も保湿してみてください。

保湿が基本になりますが、コラーゲンが保湿にも役立つといわれています。 お試ししてみてください。

13:45 | この記事のURL |
| 次へ
2018年04月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール


健康食品相談室 担当医
自己紹介
私の履歴
ブログ
リンク集
DHCオンラインショップ

http://www.dhcblog.com/iyaku/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る