赤沢温泉郷の今をお届けします。
あんな赤沢、こんな伊豆の情報をスタッフがお伝えしていきます。

赤沢迎賓館でのひととき [2018年05月25日(金)]
皆さまこんにちは@てくてくです


5月も残すところ1週間。
今回は快晴の日に 赤沢迎賓館へ。


赤沢迎賓館へは こちらの門をくぐってお客様がいらっしゃいます。
さらに広がる石だたみ。




赤沢迎賓館 お客様をお迎えするのは
枯山水のお庭
四季折々の美しい情景から 日常を忘れる時間へと誘います。



赤松をふんだんに使った格調高いロビー。
連子格子に囲まれた吹き抜けは、その隙間からやわらかな光が入ります。


宿泊処へ向かう壁には 西陣織
日本を代表するキモノデザイナー、テキスタイルアーティストとして活躍する
斉藤 上太郎氏の作品です。




お食事処2階から見た庭園。現在は眩しいほどの新緑が広がります。
1階は掘りごたつ式、2階はテーブル席。
それぞれの個室からは春にはヤマモモやツツジ、
秋には紅葉が彩をつける四季折々の庭園をお楽しみください。
また夜はしっとりとライトアップ。こちらも幻想的な風景が現れます。


赤沢迎賓館。
最高級のやすらぎとくつろぎ
ここでしか味わえない「本物の贅沢」をご堪能ください。



■■■ ご予約・お問合せ ■■■

赤沢迎賓館 0557-54-2112

ホームーページは こちら をご覧ください。


※6月19日(火)〜21日(木)の3日間は、設備点検のため
 休館日とさせていただきます。
12:31 | この記事のURL |
人気のお土産★赤沢温泉ホテル [2018年05月17日(木)]
皆さまこんにちは@てくてくです

今回は 赤沢温泉ホテル売店で人気のお土産
ご紹介します!


まずは新商品のこちらから。



伊豆大島の自然から生まれた「ハマネの塩」をつかったお菓子は大人気!

◎塩チョコ焼きショコラ (12枚入) 648円
◎塩チョコ焼きリーフパイ(10コ入) 648円
◎塩チョコサンドクッキー(16枚入) 540円 (27枚入) 918円


母なる海を意味しているハマネ。
原料は伊豆大島深層地下海水 100%。
こちらを時間をかけてじっくりゆっくりと結晶させるのだそうです。
深みのある口あたりがたまりません。


このハマネの塩を使った塩チョコシリーズ
お菓子の持つ、本来の甘さはもちろん 
柔らかいハマネの塩の後味がやみつきになるおすすめの商品。

会社やお仲間へのお土産、またはご自身のおやつにと人気です!


ハマネの塩をつかったお土産は他にも
うま塩 蒸しケーキ、うま塩 蒸しまんじゅう なども売店に置いています。

これから迎える暑い季節にも活躍の「塩分」。
おいしくて 喜ばれるお土産をぜひどうぞ♪



また、フロントにてお問合せいただくのが
赤沢温泉ホテル お客様のお部屋で召しあがっていただいている
「踊子物語」。


甘く焼き上げた国産小豆とクランチのなんとも言えないこの食感に
「ハマる」という方も続出



ネーミングの「踊子」からも
伊豆旅行のお土産にと 選ばれる方も多くいらっしゃいます。

伊豆の踊子はご存知、川端康成の小説で
東京から伊豆へ一人旅に出た「私」が 旅芸人、そして一人の踊子と出会い
旅を共にしているうちに「私」の歪んだ心が癒されていき
また 別れを経験することにより知る感情や
人の親切を自然に受け入れられる美しい気持ちになるという伊豆を舞台にしたお話し。


幾度か映画化されていますが、
1974年には山口百恵さんが映画初主演されていて 
この作品でも ご主人となる三浦友一さんと共演されています。

そんなお話しをしていただきながら 伊豆半島を楽しんでいただき
お土産話しと一緒に「踊子物語」を召しあがっていただくのもおすすめですね。



赤沢温泉ホテルの売店
には 
地元の食材をつかったお菓子や食品、静岡茶をつかったフレーバーティーや
人気のDHC商品なども揃っています!


ぜひぜひ のぞいてみてください

また、迷ってしまう!という方は お気軽にフロントスタッフに
お声掛けくださいね。


これからの気持ちのよい季節。
大自然の中でゆっくりと赤沢温泉でお過ごしください。



赤沢温泉ホテルお得なプランはこちらからもご予約いただけます。

↓ ↓ ↓
詳しくはこちらをクリック!


皆さまのお越しをお待ちしております。



*** ご予約・お問合せ ***

赤沢温泉ホテル 0557-53-5555
予約センター  0557-53-4890(8:00〜21:00)

※6月19日(火)〜21日(木)の3日間は、設備点検のため
 休館日とさせていただきます。
12:49 | この記事のURL |
伊東祐親まつり@伊豆半島おすすめスポット [2018年05月12日(土)]
皆さまこんにちは@てくてくです

新緑の5月。
そよかぜが気持ちの良い赤沢温泉です。



さて、今回は伊豆半島おすすめスポット
JR伊東駅周辺の情報をご紹介します

この時期、毎年行われているのが
伊東祐親(いとうすけちか)まつり。
今年は5月19日・20日に開催です。


「伊東祐親まつり」は、平安時代の末期、伊豆随一の勢力を誇り、
「伊豆に伊東あり」を全国に広めるもとを作った伊東祐親をはじめとする
先人たちへの感謝祭です。


この祐親まつりには
伊東市街中心地を流れている松川に水上能舞台が設置されます。


今年もこの水上舞台で 5月19(土)に「薪能」、
20日(日)には、伊東温泉「奉納舞台」、伊東温泉「華舞台」が行われます。

「薪能」は 夜の闇の中に浮かぶ かがり火の中で、
人間国宝や重要無形文化財の演能者による能・狂言。
観ている方々を幽玄の世界へといざないます。



来週末(19日・20日)の舞台に向けて 着々と準備が進んでいます。




また、この両日は藤の広場でのイベント
20日には伊東駅から出発する武者行列なども行われますので
ぜひ、お楽しみください♪

詳しくはこちらのサイトから

↓ ↓ ↓
伊東祐親まつり(伊東市文化財史蹟保存会)
伊東祐親まつり(伊東観光協会オフィシャルサイト)



また祐親まつりの後夜祭として5月21日(月)〜27日(日)には
「松川せせらぎの夕べ」が行われます。
伊東郷土芸能や民謡・ハワイアンショーや伊東郷土史ミュージカルなど
毎日演目が変わり さまざまにお楽しみいただけます。
27日にはラッツ&スターの桑野信義さんによるライブも!

松川特設水上舞台での一週間を存分にご堪能ください♪
※開始時間・入場協賛金・チケット料金も異なりますので詳しくはご確認願います。

↓ ↓ ↓
松川せせらぎの夕べ(伊東観光協会オフィシャルサイト)



そして、流れる松川・水上能舞台の後ろには
伊東温泉観光文化施設 「東海館」
昭和初期の建築様式をそのまま残す木造3階建。
昼の姿は空に映え、祐親ウィークのこの時期は
夜、部屋に明かりが灯り 水面に映る姿もそれはまた幻想的です。

東海館は外観だけでなく 館内にも入れます。
(拝観料がかかります)

↓ ↓ ↓
東海館(伊東観光協会オフィシャルサイト)

こちらの写真は「いでゆ橋」からの撮影。
伊東駅からここまではまっすぐ一本。
徒歩で 10分前後なのでお散歩にはちょうどよく
海からの風もとても気持ちがよいのです




また、駅からは少し離れますが、
伊東市役所近くの物見塚公園(伊東氏の居館跡)には
伊東祐親像も見られますのでお時間のある方はぜひ。


赤沢温泉郷にお越しの際には伊東でちょっとひと休み。
土地の歴史に触れてのひとときも、きっとお土産話しになりますよ



赤沢温泉ホテルフロントでは
伊東市街へのアクセスなどご案内しております。
お気軽にお問合せください。


この季節の伊豆半島もおすすめです!!
皆さまのお越しをお待ちしております。

15:48 | この記事のURL |
送迎バスの時刻が変わります。 [2018年05月08日(火)]
お客様各位

いつも赤沢温泉郷をご利用いただき、誠にありがとうございます。


赤沢温泉郷の送迎バスのダイヤ変更
についてお知らせいたします。


平成30年5月14日(月)より 新ダイヤにて運行いたします。

皆さまには、ご迷惑をおかけいたしますが、
何とぞご理解・ご協力をお願い申し上げます。


なお、送迎バス順路と新ダイヤは以下のとおりです。






◎ ※1印のついたバスは 伊豆高原 ⇔ ホテル直行となります。
  日帰り温泉館・赤沢スパには停車いたしませんのでご了承くださいませ。

◎ ※2印のついたバスは 赤沢スパには停車いたしません。
  ご了承くださいませ。

◎ 20:00〜21:00までの時間で伊豆高原駅への送迎ご希望の際には
  代表電話 0557-53-5555 までご連絡ください。
  ホテル発 19:50 、 20:30 、 21:00 の3便ご用意がございます。
  (予約制となります)


その他、ご不明点等ございましたらお問合せください。

=================================
お問合せ
赤沢温泉ホテル 0557-53-5555
=================================



18:53 | この記事のURL |
赤沢ボウル★NEWS(カレンダー) [2018年05月06日(日)]
赤沢ボウルファンの皆さん、こんばんは。

2018年のGWも静かに幕を下ろそうとしております。

楽しいGWを過ごしましたか?

私は出勤の時に「赤沢」と書いたボードを持ったヒッチハイカーを乗せてあげました。
東京からきた高校生の男の子二人だったのですが、
「今日中に下田方面に向かって伊豆半島を回るつもりでいるんですが、それを他の人に話したら行き先を「東京」にした方がいいよとアドバイスされました」と笑ってました。

ヒッチハイカーくん達は、赤沢日帰り温泉館の足湯に浸かってリラックスしてました
無事一周できたかなぁ・・??

遅くなってしまいましたが、5月の予定表です。
続きを読む...
18:38 | この記事のURL |
| 次へ
2018年05月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール


赤沢温泉郷
自己紹介
ブログ
カテゴリアーカイブ
ブログのURL送信


このブログのURLを携帯に送信します。
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
 

http://www.dhcblog.com/akazawa/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る