2018年01月  >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ガァガァ7 [2018年01月14日(日)]
 白鳥は入れ替わっているのだろうか?
 それとも、いつも見に行く狭い川にしばし定住?
 いるかどうかわからないけどいたらいいねーと、今日は甥っ子(弟の長男)と白鳥を見に行きました。
 いました。
 数が7羽に増えていました。
 初めて見たのか甥っ子も白鳥に大興奮♪
 今日も会えて良かったね。



今日もいるかな? [2018年01月13日(土)]

 どんなに寒くても外が好き。そして、鳥が好き。
 コアラが余りにも期待しすぎていたので、白鳥がいなかったらどうしよう?と思って出かけました。
 まだいました。
 今日もあえて良かったね〜♪
 と、言えて良かった。
みちくさガァガァ [2018年01月12日(金)]
 あけましておめでとうございます
 1月も既に12日、早い。
 この調子で1年もあっと言う間に過ぎていくのでしょう。
 今年は3日からコアラとも風邪をひいてしまいました。
 コアラも私も熱が上がったり下がったりするタイプの風邪で、治りにくく感じました。
 今も完全復活とは言いがたい状態。
 それでもずっと家から出られないのも窮屈なので、連休明けあたりから外出していました。
 昨日、散歩中に白鳥を見かけました。
 ここは有名な白鳥の飛来地!ではありませんが、近くの有名なところまで行く途中の白鳥かと思われます。
 今日もいるかと思い出かけてみると、今日もいました。
 鳥類が好きなコアラは、「ガァガァ、ガァガァ」と大喜び♪
 昨日より時間的に余裕があったのでしばらく眺めていたのですが、コアラの騒々しさに白鳥が逃げていきました。
 コアラが土手沿いに追っていったのですが、ゆっくり流されているかのように見えて、かなり早い白鳥。
 当然、追いつけません。
 あっと言う間に遠くまで行ってしまいました。
 白鳥も時間もゆっくりのようで早い早い・・・・・。


APPLE HEART [2017年12月24日(日)]
 今日、にゃんこが実家へやってきました。
 お疲れさまでした。
 にゃんこはお昼前に到着。
 そして、ランチタイムには妹ファミリー&弟ファミリーがドワッと来たので、わいわいがやがや騒然たる実家に疲れが増したことでしょう。
 午後、お買い物の後、コアラと一緒ににゃんこもお昼寝・・・、も束の間、夕方は赤いイルミネーションを見に出かけたのでした。
 ワケあって連れていった妹の長男に半分案内されながら・・・・・。
 広場の道路に面した建物や木のイルミネーションは白、青、金色で、それらもキレイだけど、赤もまとまるとなかなかキレイなものだなぁと思いました。
 表面がツルツルで歩くのが怖かったけど、雪に投影された赤に浮き上がるリンゴもかわいかった。
 雪と赤い光は相性が良いのかも。
 コアラは「キラキラ♪キラキラ♪キレイ〜!」と大興奮。
 フィンランドクリスマスマーケットも開催中で、寒いのにとても賑わっていました。
 妹の長男とコアラに何かプレゼントしたかったのだけど、子どもが喜びそうなものがなくて、そこがちょっと残念でした。
 でもまぁ、イルミネーション、キレイで良かったよね。
 にゃんこも北国イベント楽しんでくれたかな〜。
コアラのディズニーシーデビュー♪ [2017年12月15日(金)]
 そう言えば、実家に帰ってきた日の前日、ディズニーシーに行ってきました。
 コアラはお初でした。
スノーマウス? [2017年12月14日(木)]
 いつもならクリスマス辺りから本格的な雪シーズンなのですが、今年は違うよう。
 大雪警報が出たり、昨夜は除雪車が入りました。
 毎朝外は真っ白で、カーテンを開けるとコアラは「ゆきーっ!」と言って窓に張り付きます。
 コアラは、天から降ってくるものは雨しか知らなかったので、最初は「あめあめ」と言っていて、雪を受け入れてくれなかったのですが、今は雨と雪の区別が付くようになりました。
 雪の上を歩くのも触るのも好きで、そのふれあい方に躊躇がないのでちょっと怖いのですが、手が冷たくなると「つめた〜い」と困った顔をしてフリーズするので遊びもそれまで。
 ま、ずっと天気が悪く、長時間屋外で遊べなかったので、天気の良い日にきちんとスノージャンパーを着せてグローブをはめて本気で遊ばせたら、喜びそうだなと言う予感はあります。
 そんな日が待ち遠しい。
 まだ日中雪が融けるとビショビショになるので、もう少し雪が降って固まって、地面がきれいになったら外でも遊びたいなぁと思っています。
 画像のもの、昨夜降った雪でサクッと作ってみたものの、かなり怪しい出来映え。
 「ミッキー!」と言ってくれたコアラは、この歳にして既にお世辞上手かもしれません。
 そうそう、コアラと私は雪国の実家に帰ってきていたのでした。
『AX』 伊坂 幸太郎 [2017年12月07日(木)]
 殺し屋の話でありつつ、これは家族愛の話、愛妻家の話。
 その世界では一目おかれる殺し屋でも、何より奥さんが怖いというところがおもしろく、器用なのだけどどことなく不器用さがあって哀愁漂う人柄とその背景は読者として愛さずにはいられない、兜。
 「BEE」はどこかで読んだことがあって、だから私は兜を知っていたけど、あとの短編は多分読んだことがない。
 伊坂さんの殺し屋は皆印象的だけど、多分「BEE」でしかお目にかかったことのない兜に、私は好印象を持っていて、『AX』を読み初めて、コレ、全部兜の話か!とわかったときには少し浮かれました。
 冒頭に檸檬と蜜柑の話が出てきて、スズメバチがターゲットにあがったり、以前からのファンには小躍りしたくなるような内容だったのに加え、この本は、やはり兜の人間性が読みどころ。
 存分に楽しみたい人は、伊坂作品最初から読んでください、。是非是非です!
 と言う私も、スズメバチのメス、どこで死んだっけ?と言う感じなのですが・・・・・。
 兜さん、あなたの家族は幸せだから!
 伊坂さん、ホッとさせる殺し屋をありがとう♪
 私はかなり泣けました。
| 次へ