2018年04月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
マホちゃんまたね♪ [2018年04月22日(日)]
 先々週の土曜日、マドヤマさん&マホジーに会いました。
 最後にあったのは私がまだ妊婦だった頃。
 メールなどのやりとりはあっても会うのは本当に久しぶり!・・・・・とは思えない気軽さで、電話してすぐにランチを一緒にしてもらったのでした。
 ありがとう!
 コペンで移動中、コアラに「マホちゃんこんにちは」と「マホちゃんのママこんにちは」って言えるかな?できるかな?と問うと「できる」と言い、「マッホちゃん、マッホちゃん」と練習していましたが、いざ会ってみると照れまくってちゃんと言えなかったコアラでした。
 でも、お子さまうどんをペロリと食べて野菜ジュースを飲み、私のオムライスやサラダもちょっと食べ、マホジーのおもちゃをいじりまくり、それなりに会合を楽しみ、マドヤマさん&マホジーにはすぐに慣れたようでした。
 マドヤマさん&マホジーもベリーベリーフレンドリーだから、すぐに溶けたのでしょう。
 食後、マホジーを追いかけて、また、何か?に向かって1人で疾走するなどして、照れてなんかいられないとすっかりアクティブモードのコアラを見て、マドヤマさんが言いました。「コレは結構、大変ですね」・・・・・ハイ。
 親が見えてさえいればどこまでも駆けて行ってしまうコアラです。
 子どもが喜びそうなカラフルな広場の山を駆け上って、向こう側に降りて、さすがに不安になったのか、真剣な表情で裾を回り込んで戻ってきたスピードもなかなかのもので、マドヤマさんが「まだ1歳?あ、今月2歳?・・・にしても、スゴい運動量ですね」と笑っていました。
 ハイ、怖いけど笑うしかないときもあります。
 コアラはその広場の、水辺に異様に興味を持ち、その辺を自由に遊ぶマホジーに憧れ、好きになってしまったようでした。
 せっかくなので記念撮影を試みたのですが、コアラがじっとしていられなかったのでなかなか撮れず、私が撮ったものはコアラの後ろ姿ばかり。
 上の画像がその中の1枚で、左右違う靴を履いたマホジーもやや呆れ気味。
 マドヤマさんも何度かトライして良いものが撮れたというので後で送ってもらうことにして、バイバイ。
 マホジーもコアラもまだまだ遊びたいのでなかなかバイバイできなかったのですが、コアラを「馬に乗りに行こうよ」と誘い、やっと「マホちゃん、またね」とバイバイタッチできました。
 「馬」と言った瞬間の、マホジー熱が冷めたかのようなあっさり感。
 もっと早くこの手を使えば良かったと思いました。
 馬、と言うのは、メリーゴーランドのこと。
 待ち合わせをメリーゴーランド付近でしたのですが、一目でメリーゴーランドが気に入ってしまったコアラの興奮たるや凄まじく、メリーゴーランドの周りをグルグル駆け回り必死に入り口を探していたのだろうけど入り口にはおじさんがいたのでそこだけは近づけず、半泣きで「コレ乗るーヨーヨー」「欲しいヨーヨー」と絶叫。柵を乗り越えようと足を絡ませて腕を絡ませ、貼り付いたコアラをはがすのが大変でした。
 「マホジーとご飯食べたら乗ろうねー」などと言っても聞き入れてもらえず、マドヤマさんとマホジーが現れるまで私も必死でした。
 どこに向かって良いかわからないのに今度は馬に向かって駆け出すコアラ。
 まるで暴れ馬。
 メリーゴーランドまで来ると、発券機でチケットを買うのも待てずにどこかへ行ってしまいそうだったけど、おじさんが近くてフリーズ気味だったのでなんとか。
 でもおじさんが背を向けた瞬間、脇をかすめてゲートに滑り込み、迷わず二階席への階段を上り始めました。
 一丁前に馬を選んで、決めた馬に跨らせると、馬をなでて超うっとり。
 乗客が少ないのでスタンバイが長かったのですが、コアラには至福の一時だったようで馬をなでながらあちこち眺めて満足そうでした。
 動き始めると最初はびっくりしたようでしたが、キャーキャー大喜び!
 落ちたら危ないので押さえていた私の手を払いのけつつキャーキャー♪
 しっかりつかまってるし、大丈夫なんだなぁと思ったので私も白電君を出しました。
 いつもはカメラを向けると突進してくるのですが、さすがにできないので、珍しくコアラの笑顔が撮れました。
 馬が失速するととても残念そうで、私が帰ろうと促すと「イヤー、また乗る、もう1回」と言いましたが、また今度乗りに来ようと言うと納得しようとしてくれました。
 私にはコアラの葛藤が見えました。
 昼寝の時間でもあったので、最後は抱えてコペンに戻りました。
 チャイルドシートに乗ってからもコアラは「また来るー、また来るー」と繰り返し、私もまた来ようと思いました。
 こんなに喜んでくれるならメリーゴーランドの300円は安い!とても短いのだけど。
 コアラ、この日は白い馬に乗ったのですが、次は黒い馬に乗りたいそうです。


エキセントリック★コアラ [2018年04月13日(金)]
 女の子なのに服の裾をめくっておなかを見せるのが好きというか、得意というか、癖のコアラ。
 どこでもやるし、寒くてもやるし、眠っているときもやっているのです。
 おもしろい〜と笑っていたいところですが、おなか冷えちゃうし、人前だとこちらが恥ずかしいときもあります。
 今のところ下着は股下スナップ留めのものを着用させているので服を脱いでしまうことはないのですが、股下スナップの下着には前開きのものもあり、気が付くと白いぽんぽこりんが晒されていることもあり、止めさせようとするとそれがおもしろいのか喜んでしまいます。そして、逃げる。逃げまくる。
 困ったものだ。おもしろいけど。
 真剣な表情で雪が融けきらない実家前の道路の真ん中で、昼の白い月に「おつししししま」と言いながらぽんぽこりん見せていたこともありました。
 以降、月を見るとおなかを出す機会が増えたような気がします。
 月を見ると見せたくなる・・・・・、しょうじょう寺のタヌキを連想してしまう。
 コアラは月を指して「お月さま」と言いたいところを「おつししししま」と言います。
 「し」の数がその時々で違っていて、力みがちに「お・つ・しっしっしっしっしっしっしっしっしっしっまぁっ!!」みたいなときもあり、その一生懸命な感じ、子どもらしい滑舌の悪さが我が子ながらとてもかわいいと思う。
 にゃんこは「おつししししま」を何度も言わせようとして、度々振られています。
 言わせようとするとなかなか言わないものです。
 コアラは「お日さま」も「お星さま」も「おひなさま」もだいたい「おししししま」みたいな感じです。
 コアラなりに言い分けているとは思うのだけど皆同じに聞こえる。
 ちなみに、最近はそれぞれそれらしく聞こえるようになりましたが、「バナナ」も「魚」も「小松菜」も「ナナナ」でした。
 もう1つ言うと、「オレンジ」が「うんち」に聞こえる。
 そんなコアラ、「空」は「そら」と言いません。
 屋外でも家の中からでも絵本の中でも、コアラは空を指してこう言います。
コ「うちゅう」
 クール!!
 この詩的でエキセントリックな発言に最初は耳を疑ったのですが、何度訪ねても「うちゅう」。
 心底シビレました。
 見下ろされて「あなた、ちっちゃいのよ」と言われてしまった感じです。
 月に向かっておなかを見せるのも、何か意味があるのでは?と思ってしまう。
 雲は「くも」と言うのになぁ。
 コアラ、見ているものも指さしている位置も私より広くて遠いのだ、きっと。

 画像は、2月、白鳥飛来地で有名なところにちーちゃんファミリーと行ったときのもの。
 カモの方が圧倒的に多かった。
バルーンは・・・・・ [2018年04月10日(火)]
 日曜日、今度こそバルーンフェスだ!と出かけた私たち。
 やはり自宅からは見えませんでしたが、「確実に開催日だし、飛ばないしにても係留しているに違いない!」と、前回の失態を本日返上すべしー!!と人一倍張り切るにゃんこ。
 にゃんこが張り切ると惨めな思いをすることが多いので、一応私はゴンちゃんに電話しました。
 ゴンちゃんのウチからはまたしても見えないと言う回答でしたが、バルーンフェスだもの、なんかしらやっているだろうと出かけました。楽観的♪
 確かに道ばたや駐車場には車を誘導する人が立っていて、ゴチャゴチャしたところを案内されました。
 人をよけて歩かねばならない人出、会場らしきところにはイスが並びステージでは誰かが歌ってて、屋台が並び、ホンダの車が並び、主催側の人にたくさん声をかけられました。
 しかし、と言うかやっぱり、熱気球は影も形もありませんでした。
 またまたゴンちゃんファミリーが来てくれて、関係者に尋ねたら強風のため熱気球は上がらない、係留もナシなのだそうだと教えてくれました。
 崩れ落ちそうになるにゃんこ。
 またしても残念でした。
 でもまぁ、熱気球があろうがなかろうがコアラとMちゃんには余り関係がなく、天気が良いし、アスレチックでたっぷり遊んで帰ってきました。
 そうそう、熱気球はなかったのだけど、撮影用にバルーンフェスっぽい背景の前にカゴだけセットされたものがあり、とりあえずそれに乗ってるところを撮影してもらいました。
 本物はまた来年にでも♪
 帰り道、ランチがてらににゃんこはめがねを新調しました。
 その翌日、私もめがねを新調。
 今度はちゃんと見えてから行こうか。


既になかよし [2018年04月09日(月)]
 コアラはまだですが、コアラのお友達が保育園や幼稚園に通い出しました。
 本当に赤ちゃんの頃から知っているお友達S君もこの春から幼稚園です。
 S君とは近い将来同じ幼稚園に通うことになるだろうからまた会えるだろうけど、学年違うし、入園おめでとうと言いつつも、もう子育て支援センターには来なくなるからなんだか寂しいなぁと思っていました。
 S君の入園式が明後日と言うので、会えるのは今日が最後。
 今日は名残惜しくて子育て支援センターでいつもより長く遊んでいました。
 お昼を過ぎると急に人数が減るプレイルームに、コアラと私を含め3組の親子がいました。
 そこへ今日初めて来たと言う親子。
 人数が少ないと子どもたちは広々遊べて単純に衝突が少なくなる分気持ちが楽になるので、親同士の会話に余裕が生まれて、親近感も湧くものです。
 しかも子どもたちの誕生日が近かったので親同士は話が合うし、その分仲良くなれたし、子ども同士も一緒に何かするわけではないけど、なんとなく追いかけっこしたり、同じおもちゃで遊んだり、同じ箱の乗り物(?)に乗ったりと良い雰囲気に!
 しかもしかも、コアラとM君、2人で窓の外を眺めたり既に親密な感じだったのでした。
 S君から乗り換えたのだろうか?
 そもそも何もないので乗り換えも何もないのですが、なんとなく常に寄り添う2人、とても微笑ましかったのでした。
バルーン、ん? [2018年04月06日(金)]

 日曜日の朝、にゃんこが窓の外に熱気球を見つけて、「バルーンだ、バルーンだ!いっぱい飛んでる!」と騒ぎました。
 にゃんこはコアラを抱っこして「見えるか?見えるか?」とパタパタ。
 コアラはわかっているのかいないのか「あるある」などと言うし、でも私には全く見えず、これは私の視力低下が進んだのだなぁと思いました。
 確かにこの時期バルーンフェスあるし、私にはウチから見えないにしてもコアラに熱気球見せてあげたいな、あわよくば乗せてあげたいなと思ったので、にゃんこに言われるがままに出かけました。
 行く途中でバルーンフェス開催地の近くに住むゴンちゃんにメールしました。
 実家から戻ってきた挨拶と、あわよくばゴンちゃんに会えたらいいななど思って。
 ゴンちゃんからすぐに、お花見にもちょうど良いよと言うお返事。
 そうだなぁと思っていると再びゴンちゃんからメールが来て、バルーンフェスは翌週で家上空にバルーンは見あたらない、と。
 それをにゃんこに伝えると「えっ?!マジで?!」。
 にゃんこは本当にバルーンを見たのでしょうか?
 幻だったのでしょうか?
 エイプリルフールのジョークだったのでしょうか?
 目が悪くなっていたのは私ではなく・・・・・。
 まぁそれはさておき、開催地近くまで来ちゃったし、ゴンちゃんのおすすめ通りお花見することにして向かいました。
 桜も水仙もキレイでした。
 車が通らない広いところを自由に走り回ってコアラも楽しそうでした。
 これはこれで良いかと思い始めた頃、ゴンちゃんからのメール。
 なんとゴンちゃんファミリーも来てくれたのです!
 嬉しかったよ〜♪ゴンちゃんファミリーありがとう♪
 ゴンちゃんもMちゃんもお久しぶりなのだけど、ビームさん超お久しぶり!デシタ。
 だいぶお姉ちゃんになったMちゃんに遊んでもらって、コアラにとっては更に素敵な1日になったのでした。
 めでたしめでたし。


花よりワンワン [2018年04月01日(日)]
 先週自宅に戻りました。
 雪国の実家はまだ寒いようですが、こちらは上着がいらない陽気です。
 桜見頃!
 そんなわけで、昨日はにゃんこ実家の近くの土手でお花見。
 コアラは「お花キレイー」はそこそこに、川の流れやカモや魚を眺め、土手をいっぱい走り、何度か転んでズボンに穴あけたり・・・・・、汗をかきながら遊びました。
 その後にゃんこの実家で庭の金魚やメダカを見て、テレビで録画の「いないいないばぁ」を見せてもらいました。
 外でもはしゃいでいたけど、久々のワンワンに大喜び。
 元気いっぱいの「ワーオ!」を披露してきたのでした。
 にゃんこも私もテレビを見る習慣がないので自宅のテレビはクローゼットの中。
 私の実家でEテレを見ていたコアラは、Eテレ欠乏症気味。


しゃっしゃとなんでなんだ問題 [2018年03月22日(木)]

 昨日、弟がコアラにプレゼントをくれました。
 前倒しの誕生日プレゼントかな?
 コアラが受け取った袋からひょいっと取り出したのはとらねこたいしょうの顔型タオルハンカチ。
 すぐに「たいしょー♪」とハンカチで顔を拭き、にっこり&うっとりのコアラ。
 もうそれだけで大満足で、もう1つのものを見ようとしないので私が袋から出して広げると、コアラは更に喜んで「しゃっしゃ〜♪」とTシャツを広げたテーブルごとハグしようとしました。
 そしてすぐに自分の大事なものと認識したコアラは、なんだなんだと見たがるちーちゃんを寄せ付けないのでした。
 Tシャツのイラストは馬場のぼるさんの『11ぴきのねこ』の表紙のイラスト。
 ちなみに背中側のイラストは裏表紙のイラストです。
 これはこれは嬉しいプレゼント♪
 弟に感謝です。
 コアラが「しゃっしゃ」と言うのは、絵本『11ぴきのねこ』のこと。
 作品中に子守歌「ねんねこさっしゃれ」がタイトルだけ何度か出てくるので、この絵本を読んで欲しいときは「しゃっしゃなんで〜」と言うのです。
 そうそう「ねんねこさっしゃれ」が「しゃっしゃ」。
 「なんで〜」は「読んで〜」です。
 私でも時々噛むので「ねんねこさっしゃれ」が「しゃっしゃ」でも仕方ないかなと思うのですが、「読んで」が「なんで」はちょっと・・・・・。
 でも、すぐ直りそうで直りません。どうしたものか。
 ちなみにコレ系の間違いでもう1つ気になるのが、「なんだ」。
 コレなーんだ?の「なんだ?」の使い方は間違っていないのですが、コアラは「パンダ」を「なんだ」と言うのです。ややこしい。
 最初このことに気付くまでは、パンダのイラスト・写真・ぬいぐるみなどを指して「なんだ、なんだ」と言うので、問われているのかと思いその都度「パンダだよ」と答えていたのですが、何度も何度も繰り返して同じものを指して「なんだ、なんだ」と言うので、ほかの動物は着々と覚えているのにパンダは覚えられないでいるのかと悲観していました。
 「なんで」もはじめは質問かと思っていたけど、絵本を持参するので「読んで」の言い間違いとすぐわかりました。
 でも「なんだがパンダ」は気付くのに「なんで」の何十倍も時間がかかりました。
 ま、そのうち直るというか自ら気付くのだろうけど・・・・・。
 「ぱ」って発音難しいかな?
 いや、「パン」は「パン」って言うし。
 ん〜、そうなると、インプットの問題かも。
 そうそう、コアラ、オフロスキーのモノマネをするのですが、「よんだんす〜」は、ちゃんと「よんだんす〜」って言うんです。
 オフロスキーの「よんだ」は「呼んだ」ですが。
 あ、あと、そう言えば、全く関係ないけど、某出版社に「ヨンダ」って言うパンダいましたよね。

 弟への感謝するつもりで書き始めたのだけど、すっかりコアラの話になってしまい、なんだかな〜ですが、実はこのTシャツ、私がコアラと親子ペアで着たいなと思っていたものの1つで、プレゼントにより一層感激したのは私の方かも。
 弟の鋭さに親子で刺されてしまって、そして感謝もしているんだよ、ありがとう♪デシタ!
| 次へ