ゴールデンもシニアになると “目” で会話でき、大きさだけではない大事で愛しいかけがえのない存在に。そんな子が骨肉腫を宣告されたのが8歳になるひと月前でした..
病気発覚時に我が家に‘元気パワー’と‘癒し’を運んでくれた妹 〜白い天使〜 「LILY」に 力をもらって、目標だった9歳の誕生日を家族で迎える事ができました^^ 9年と7ヶ月間、最後まで笑顔輝いて明るく生きた私の自慢の宝。
だいじなだいじな愛息子『LUCKY』を知ってください♪

2015年09月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
食欲ダウンのラッキーの顔 [2009年08月08日(土)]

もう このお顔は「メロン食べたくない」って言ってます。
スイカよりメロンの方が食べる ←そうなってから私は冷蔵庫にメロンを欠かしたことがありませんでした。
主人が仕事から戻ってラッキーを見てもらって夜の11時まで開いてるスーパーに買いに行く事も数度。

大好きなものがダメになっていきます きっとそれは、これなら食べるとホイホイあげるから「もういらない」になってしまうのでしょうね。。 ですが食べれる物=食べたいとおもえる物が本当に限られてくるので、この子が今それを食べたいのなら母はアゲマス!


不思議なもので まだ1度もあげてないような果物は興味を示して口にしてくれる事がありました。 それがマンゴーやピオーネで、マンゴーは殆ど何も受けつけなくなってしまった時期にも口に入れると2口くらい食べてくれました。

主治医から『最終の‘とっておき’残しておいてくださいね』
それが‘お肉’でした。 野菜も果物も缶詰も納豆もパンも全てが嫌になって最終のお肉週間に入り、3日間だけは喜んで食べてくれました(が、やはり上と同じ流れに


またそのうち.. “お肉を食べるラッキーの顔”も載せますネッ

私の経験が、誰かの何かの道標になれば・・ そう願って我が子の旅立ちまでのことを綴っていこうと決めました・・・

ワタシは、ラッキーが好きだったママ を保つ努力をしています
posted at 22:48 | この記事のURL
我が子ラッキーの記念日 [2009年08月06日(木)]
やっと本日(早朝の6時8分) 憎き癌の苦しみから解放されたことを、皆さまにお伝えしなければ〜と頑張って書いています...

特にこの1週間は可哀想でした。 主治医に往診してもらってモルヒネを打ち、身体の痛みと咳を少しは抑えられたものの、ほとんど食べ物を口にしない&動けないで足が弱ってしまい立つのがやっと。。
昨日は立つことすらできなくって… 本当に本当につらかった…


大きな瞳を見開いた時、しっかりと「ママ愛してるよ! また家族になろうね!!」 そう伝える事ができました

ラッキーは とっても愛された子で、もう危ないという連絡を入れた友人達が毎日入れ替わり立ち替わりに我が子に逢いに来てくれました。
それが嬉しくて もう無理なのに頑張って立ちあがって、、夜には血を吐いたりしてたのに それでもちゃんと自分で皆に挨拶する強い子でした。

すっごく綺麗に、素晴らしい姿のままで穏やかに逝きました..

今はこれが精一杯です 力が抜けて何も考えられません。
posted at 16:54 | この記事のURL
ラッキーとの だいじな9年 [2009年07月27日(月)]
ココロ・・・・ ころころ変わって、本当に難しいものですね。
たった何週間の今の この時が、何ヶ月もラッキーと離れずに過ごしてるようにも感じます・・

苦しくて苦しくて、息もちゃんとできてない我が子を感じながら、その横で私は沢山の事を日々考えます。

一生懸命だった子育てを過ぎ、犬と暮らす楽しさだけでない心の繋がりを知り、こうして最後まで私に「教え」を授けてくれたラッキー。

ラッキーと1年半以上を共に暮らし、ラッキーをしっかり見て育ってきているリリーも、傍で すべてを悟ってるようなそんな気がしています。


↑母は薬漬けの毎日。。 ほんの少し穏やかにラッキーが休んで寝てくれる時間に楽しかった9年のお出かけ写真を眺めたりして〜

アチコチいーっぱい出かけて楽しみました。 4歳ころまで毎月のように日帰りも含め犬連れの旅行をし、1歳前から3年間の訓練の成果をいろんな場所で発揮して..

わたし、、 もうリリーだけでいいかも... めいいっぱいの力だしきったし....
命のバトンがリリーに渡ったら、リリーを終生だいじに育てるだけで

また心は その時々で変化するのでしょうけれども。。。
posted at 16:40 | この記事のURL
天に通じた想いに感謝! [2009年07月22日(水)]
おおきなあたたかい皆様の言葉に励まされます

そして、それに応えるかのように食べてくれてるラッキーが居ます。

七夕の夜・・ に、食欲がなくならないようにお願いをしました

それと もうひとつ、、これは叶わないだろう わがままな母の祈り
雨でいい… 季節をすこしだけ巻き戻して… 数日だけでもいい…

せっかくの夏休み、海でご家族サマには申し訳ありませんっ

天に祈りが届きました〜 また頑張ることできます!!!
posted at 12:07 | この記事のURL
1年と7ヶ月を生きて… [2009年07月18日(土)]
ブログは止まっていますが私は慌ただしい日常です

ホームドクターと高度医療専門のセカンドオピニオンの両方へ出向きました。 ラッキーは動けないので私だけで数々の疑問・質問に向き合っていただきました。

どう考えても、、今の状況で生きてる奇跡と我が子の頑張りに もう一踏ん張りワタシが何かできないだろうか、見守るだけでいいのだろうか.. といった事などです。

私の考えや行動は全てラッキーに通じてるんだな〜という再確認ができました。 どんなに苦しい現実の中であっても「ママが居るから大丈夫」そう強く言ってあげられてるからこそ、まだ諦めずに進んでいるのでしょう。 私の使命を きちんと果たしていると、そう感じることができました。


ある日 主人に家に居てもらって、リリーを連れ出しました。

1人でのランは・・ いつものようにはハジケませんでした

あまり お友達とも絡まず それでも笑顔は見れました〜

お兄ちゃんが一緒だったら なお良かったねっ ママも そうよ!

もう散歩へ出れない日々が続いています。 我が家は庭があるので‘出たい’という意思が見えれば外へは出れます。。 でも動きたくない(動けない)のでしょうか...

肺に溜まってる水が腸へしみ出て軟便になり、そしてその水が足の方にもまわり 今あんよは1.5倍くらいに脹らんでしまっています。 救いは痛がらないことデスネ。


フードは嫌、果物も食べたり拒否したり。 高カロリーの缶詰とカステラと、そしてこの頃 ママは汗だくになってヤギミルク入りの手作りパンを焼いてるので、だんだん目分量でもご覧の通り
posted at 22:46 | この記事のURL
ラッキーが笑ってくれるとき [2009年06月30日(火)]
今日で6月が終わります。 明日から7月。。
9歳の誕生日を絶対の目標に掲げ、その次は今年も一緒に桜を観よう!
⇒ そして今、、 私は何を目標にしたら良いのかな〜。。。

本音は複雑で、この子を ずっと手放さずに傍においておきたいと心が叫ぶけれど、日に日に闘い疲れる我が子を目の当たりにしてラクにさせてあげたいと感じる時も…

ラッキーは家族で車で出かけるのが大好きな子.. それなのに何処へも出かけれない.. 無理して連れだす事はできてもしたくない この先もしも 頑張れる力があるのなら、その力を失くしたくない...

ワタシが付いてること・それがラッキーの望むこと・それを教えてくれる瞬間がアリマス

「ママ〜〜」 そう、この笑うお顔。 愛おしい。

いただいたコメントの返事が遅れがちでゴメンナサイ・・
posted at 12:39 | この記事のURL
応援パワーが届いて(^_-) [2009年06月17日(水)]
ラッキーを気にかけて見てくださってる皆様へ。
ありがとうございます! まだもうすこしイケます

この子の笑顔が見れました〜

まったく動けない(しんどくて動きたくない)日もあります
ですが、このように調子良くイイお顔を見せてくれる日も。
お兄ちゃんお得意の立ち座りポーズ = アップ コマンド名

リリーちゃんも、ホラ できるようになりましたよ

まだリリーに教える事があるから〜〜だよねっ ラッキー
posted at 14:55 | この記事のURL
生きるチカラ、残ってます^.^ [2009年06月13日(土)]
現在のラッキーの姿です。
お顔はつらそうでも、足腰しっかり踏ん張って立っています。

動くと咳が出て、夜は苦しいようであまり寝れてない様子
食べても食べても身にはならず栄養は横取りされてますが〜、それでも
しっかり食べてくれる我が子 強い強い生命力に溢れています

もうそろそろ骨肉腫で “1年半” 生存になるラッキーです。
1年半前に下顎に硬い腫瘍をみつけ即座に検査し、なにか良くないものかも?全身麻酔での検査を進められ 私が決められないでいた時、主治医との会話の中で「最悪、もしも骨肉腫であったらば1年後に生きてないかもしれない」
そんなことは絶対に嫌で、だから検査を決めたのに… 骨肉腫と判明し…
それから先 どれほど主治医と話し合っても頭の中は『1年は生きれない』

1年どころか1年半も生きていますよっ

今が どんなにつらそうでも、、ママは なにひとつ後悔なし!
ラッキーの為に出来る事と、敢えてしない事を、私は間違わずに選べたと そう確信してるからこそ
そう、リリーを家族に迎え入れ妹をつくってあげた事もネ

だから私達家族 こんなふうに、笑いをつくって過ごせるの♪
posted at 16:58 | この記事のURL
ラッキーの守護天使(^^♪ [2009年06月10日(水)]
皆さまの大きな励ましと応援のお言葉に深い感謝を
梅雨入り間近のジメジメいやな陽気 でもこの頃の気温が低い
リビングを常にドライいれておけば我が子たちには快適空間〜
それでも気がつくと廊下に居るラッキーなのですが(苦笑)
かならず、必ず そばにリリーがピッタリはり付いています。

つい最近 もう既に2回もあった、とっても不思議なことデス...
お兄ちゃんの上の方を ジィーーー っと真剣に見つめながら
私の時は「ウウゥ…」と唸り、主人の時は「ワンッ」吠えたそう

何を見たの? あなたには何か、嫌なモノが見えたんだね。
リリーが唸って吠えて「あっちいけ〜〜」してくれたのネ
ありがとう。 ありがとう。 パパ・ママ、嬉しくて泣いちゃうよ..

posted at 11:08 | この記事のURL
だいじなラッキーの温もり [2009年06月07日(日)]
雨で涼しかったおかげで、少し持ちなおしました

皆さんの心優しい応援のお言葉に支えられながら…
まだお伺いできませんが、我が子は生きていますョ


お兄ちゃんの傍を離れられない妹も力を注いでいます。


リリーの健気さに涙が滲む。 でも泣くことはしません。


小さな体で精いっぱいの力を分けようとしてるんだね。


だからラッキーは まだ死ねない 一時、もうこのまま最期かと弱気になったママ.. ラッキーとリリーになんて失礼なこと想ってしまったんだろう...
また母は この子たちに教えられました
posted at 10:41 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール


ラッキーママ
自己紹介
ブログ
LINK
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
http://www.dhcblog.com/lily303/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る