DHCのアロマアイテムを意欲的に企画するアロマセラピー課から発信する癒し系ブログ

愛猫の誕生日 [2018年09月11日(火)]
今日は我が家の愛猫ルナ氏の16歳のお誕生日

Happy Birthday to ルナ氏

ルナ氏は、訳あって15年前にはるばる飛行機で我が家にやって来たノルウェージャンフォレストキャットの男の子。

それ以来、ずっと見守って癒してくれてありがとうね。




まだまだやんちゃだし、毛むくじゃらなのでパッと見ただけではわかりませんが…

何と、猫の16歳は人間だと80歳に該当するそうです。

これからも元気で長生きしてほしいルナ氏です。


猫の禁忌としては、タマネギ、チョコレートなどがよく挙げられていますが…

アロマも良くないと言われますね。


ただ、不思議なことに、

我が家のルナ氏はアロマの企画を仕事としている私の身近にいて、今のところ無事です。

大きい猫であることと(体重6kg)、アロマを使用する濃度が低めだったから…かもしれません。


ただ、個体差はありますが、動物や小さなお子様のいるご家庭では、アロマは要注意とされています。

最近は、アロマセラピーに限らず、様々な香りが生活の中にいつの間にか存在しているので、

動物の種類や状態、お子様の体格や体質なども含めて、チェックした方がいいのかもしれません。




ルナ氏「ありがとさん。いつもと変わらないよ。後でツナとチーズ、よろしくな」


Bon Voyage



16:15 | この記事のURL |
動物のためのアロマ [2006年09月12日(火)]


これは何の写真でしょう?
えっ、獅子? 猛獣を飼育してるのかって?
ハハハ・・・実は、我が家の猫なのでした
まさにすっかり安心してグワァ〜と眠りこけている姿でして、
もっと可愛いフォトジェニックな写真もあるのに、
ひと笑いして一服したかったのだよ〜
ルナ(猫の名前)、ごめんよ!
先祖がノルウェーの森の中に住んでいたという、
ものすごく毛深い猫ちゃんなのです。

何でいきなり猫が登場しているのかというと、
今日がこの子の誕生日ということもあるのだけど、
動物のアロマについてちょっと触れてみようと思ったからです。

最近はワンちゃんリフレのお店まで出来るほどのペットブーム。
But, まだDHCではペットアロマセラピーは基本的にご紹介していません。
(・・・ベビー、マタニティ、ペット、メンズ・・・
アロマの宇宙は全方面に拡がっているから、現在研究中)
その手の書籍は色々と発売されているので、
興味があれば読んでみたり、専門医などに相談するのもいいかも。

また、ペットショップへ行くと、そういったハーブ商品が売られているので、
目的に合ったアイテムを試してみてもいいと思います。
猫のマタタビなんかもその一種と言えますネ。

実は、私自身は勝手に猫ちゃんにアロマを使っています。
お風呂嫌いな子なので、たまにスチームタオルで拭いてあげるのですが、
その時の湯にほんの微量の精油を入れたりします。
動物は香りに敏感なので、子供の半分以下と考えていいかもしれません。
できれば水で1%以下に薄めたものやハーブ水を少しお湯に入れてもいいくらい。
トイレなどの匂い消しスプレーとしても使えます。
日頃から好みの香りを気にかけておき、好きな香りを使ってあげましょう。

簡単デオドラントウォーター

栗駒深層水100ml
ラベンダー1滴

スプレーボトルに入れ、よく振ってから使用します。
気になるスペースなどにもシュッシュ。
お湯に入れて毛を拭いてあげるのもおすすめ。
イヤがるようなら中止して別の用途で使いましょう。
そして、早く使い切りましょう。









18:26 | この記事のURL |
2020年03月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール


Bun
ブログ
リンク集
DHCオンラインショップ

http://www.dhcblog.com/aroma/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る