DHCのアロマアイテムを意欲的に企画するアロマセラピー課から発信する癒し系ブログ

嗅ぐだけで美しくなるアロマセラピー [2019年11月06日(水)]
だんだん文化の秋っぽい雰囲気が高まってきました。

いつもこの時期になると、東京国際映画祭〜フィルメックス…という風に、映画祭と共に年末感が押し寄せて来る恒例の季節感です。

お散歩がてら美術館通いも気分を盛り上げます。

さらには、積読の山を少しは崩せそうな期待も(ただ単に本を持ち歩くだけで終わったとしても苦笑)。


さて…


【今日の仕事場の香り】 は…

グレープフルーツ
ゼラニウム
シダーウッド


…の組み合わせで室内に拡散させています。

フレッシュさと甘やかさと落ち着きが良いバランスで融合して、心地良い仕事環境です。


↑「えっ、本当?」と思われそうですが、本当です。
アロマの中にいると、イライラや憂うつも、いつの間にか穏やかに落ち着いていたりします。あまりにも自然なので気がつかなかったりして。


吸入した精油の香り分子が鼻の粘膜から脳神経に伝達しただけで、様々な効能をもたらすというメカニズムって、もしかしたらピンと来ないかもしれませんが、本当に、嗅いだだけで効果があるのです


たとえば、今日、仕事場に香らせている精油だと…

グレープフルーツによって、集中力が高まり、ついでに過剰な食欲も抑えられ…

ゼラニウムによって、情緒が安定するよう調整され、美容に良いホルモン分泌にも働きかけ…

シダーウッドによって、思考がすっきり前向きになりながら、呼吸器の健康も保たれているわけです。


ゼラニウムは、ローズに似通った香りがするので、効能的にも近いものがありますが、やはりローズには神がかり的なパワーがあるのですよね

残念ながらローズ精油は廃番になってしまいましたが、DHCナチュラルアロマパフューム」の「蝶々にさそわれて」にはちゃんとローズ精油が配合されていて、理にかなっているなあと思います。


ただ、ブレンドエッセンシャルオイル「スリープ」には、アンチエイジング効果が高いネロリが配合されているので、まさに睡眠美容と言えるでしょう。


そういえば、睡眠に関して言えば、12/4まで「秋の夜長の快眠セット」というキャンペーン(ベルガモットとマージョラムのセットで税込¥2,508)が実施中です。


やはり、何事にも睡眠が一番大切なように感じられます。快適な眠りの環境づくりにぜひお役立てくださいね。



…素敵な香り高き秋をお過ごしください…



Bon Voyage


11:03 | この記事のURL |
冬のハンドケア [2008年02月05日(火)]

この週末はとうとう雪が積もりましたね
節分はどのように過ごされましたか?
私は家の猫に豆をぶつけ、太巻き寿司を黙って食し
・・・と、しっかり伝統行事を楽しみました〜。

冬はどうしても手指が荒れやすくなりますね。
何かの折りに目立ってしまう指先を、女性としては美しく保ちたいもの。
(名刺を出す時に手が注目されるとかで最近は男性のネイルサロンも見かけますが)

冬のハンドケアの極意
・ハンドクリームを常備して、家事の合間など気がついた時に塗るようにする。
・なるべく手袋を着用。たとえば就寝時にハンドクリーム+手袋は効く。
・炊事の際、ハンドクリーム+綿手袋にさらにゴム手袋を重ねて行うとしっとり。
・集中ケアとして、ハンドバスの後にアロマオイルで手指をマッサージしましょう。

冬の乾燥は、爪にも過酷です。
折れやすくなったり、ささくれなどでガサガサしたり・・・
でも、ちょっとしたお手入れで防ぐことができます。
健康で美しい爪を保つために開発されたキューティクルオイル(写真)にも、
アロマセラピー課で提案させていただいたアロマが配合されていて、
ほんのり甘いバラの香りで心地よくお手入れできるんですよ。

私はネイルケアの時にいつもこのオイルで爪をマッサージしています。
最近はベースコート+爪先ラメのみの超シンプルなネイルですが、
爪が剥離しやすいので、ハンド&ネイルケアは欠かせません。

とは言っても、忙しい現代人。
「改まってハンドケアする時間なんてないわ!」なんて最中でも、
スキンケアの際、手に余った化粧品を素早く手指にもすり込んだり・・・
といったさりげない努力で美人度に差がつく、と某女優さんもお話ししていました。
やはり、美は努力のたまもの

いつまでも美しい手の持ち主であり続けたいですね。




11:55 | この記事のURL |
アンチエイジングについて1 [2006年12月12日(火)]
冬の散歩道は空気が澄み渡ってキリリとしますね

次のアロマ通信でアンチエイジングをテーマにしたいと思って、
(やはり薬事の関係上ハッキリ書けないことが多いのだけど)
このところ様々な資料をあれこれ拾い読みしていました。
人類が若く美しくあり続けるための研究はどんどん進んでいるみたいですね

アンチエイジングというと、
私がまだ編集部で原稿を書いていた頃に取材させていただいた、
海原純子先生のことを思い出します。
先生は「楽しんで老けて行きたい」とお話しされていました。
逆に、年を取らなければ出来ないことをやりたい、と。
最近はシャンソンを精力的に歌われている海原先生。
とても励まされる存在です

先日、何の気なしに雑誌を眺めていた時のこと。
黒スーツに赤いシャツを決めて映画祭に現われた、
ギャングのようなルックスのアラン・レネ監督(80代)の写真を見て、
カッチョイイ〜とシビれました。

精神的にも外見的にも自分の美学が光っている・・・
それは見事なアンチエイジングというか生きざまなんだろうな。

でも、女性の場合は、人間としての生きざまプラス、
どこかに艶っぽさが垣間見えると素敵
・・・これは私の思い込みだけど(笑)
どこかに隙があって、いつまでもロマンティックなのがいい。
私はそう思っています。


女らしさを匂わせるうっとり夢見心地アロマ

ゼラニウム     2滴
クラリセージ    1滴
オレンジスウィート 2滴 

こんなレシピでアロマバスしましょう。
イランイランローマンカモミール、ローズなどもおすすめ。
変化が多い女性の人生だけど、いつもやさしく安定した気持ちで過ごせます。

バニラやジャスミンサンバックを芳香浴に使ったり、
ローズトワレを身に纏うのも






15:40 | この記事のURL |
2019年12月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール


Bun
ブログ
リンク集
DHCオンラインショップ

http://www.dhcblog.com/aroma/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る