一日一言みたいなブログです。
体重の記録で体調管理!

[2012年04月13日(金)]
もしも883を買っていたら
ハーレースポーツスターシリーズを購入していたら、まず マフラーを交換していたでしょう。とにかくハーレーのノーマル車のマフラーは、要交換です。音がなにもしやしない!楽しくもなんともない。次にクラッチの遠さに閉口し、小さな手用のクラッチレバーに変えます。ついでに前ブレーキレバーも日本人向けに替え、そうそうインチねじなので工具は一新します。アイドリングでエンジンがぶるんぶるん振動するので、ねじが緩まないか心配してしまいます、それに振動で体がおかしくなる。ライディングポジションがきついので、なんとなくいや気がさしてきます。細かいこと考える人にはハーレーは無理です。特に繊細な日本人には国産でないが故のおおらかな設計思想にあきれることもあるかもしれません。それにやたら重たいので車庫からだそうという気がだんだん薄れていきます。もっぱら美しい外観をみているだけになります。やっぱり国産のもう少し軽いバイクにしておけばよかったと思っているでしょう。キット
posted at 23:32 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(0)
[2012年03月15日(木)]
ハーレー物色中ならホンダも
このブログはそもそも・・・友人がハーレーユーザーで彼に影響を受けた元ライダーが、リターンするまでの話が中心です。ハーレーは見るたびに何かを持っているバイクだということが感じ取れます。しかしあえて、無名の?ホンダ製クルーザーの一員であるVT750Sにしたかが、書かれています。ホンダライフ、シビック、アコードのユーザーだった私がホンダのエンジンは気持ちよく回るというイメージがそのままオートバイにも当てはまることを知っていました。W800やCB1100も人気が有るようですが、本当にそれでいいの?大型バイクはなぜハーレーが一番売れているの?などと考え、ハーレー=2気筒クルーザー ビッグVツイン=気持ちよいエンジン ということだったのです。クルーザータイプに乗るということは、それだけで楽しいことなんです。クルーザーは止まった時とても重いですが、それでもハーレーが好かれるのはそれが面白いからです。VT750Sも軽いとはいえ車庫入れはとっても大変ですがすっごく楽しいことです。ハーレーをやめてVT750Sにしてみると、とっても財布にやさしく、高性能エンジンでクルージングを満喫できることがわかるんだけどなぁ。(VT750S/400S仲間で楽しくやりたい)・・・もちろんハーレーの彼とツーリングもしますよ。
posted at 22:19 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(0)
[2012年03月14日(水)]
ハーレーとスペック比較

883L

私的にはハーレーの1200と互角!
XL1200C

VT750S
posted at 22:55 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(0)
[2012年03月13日(火)]
VT750Sでも170Km超え
ハーレーなどの大型クルーザーは高速道路を突っ走るための道具ですがスポーツスターでも最高速は170〜180となります。VT750Sは750CCでも172Km/hは出るようです。(エンジン回転数から割り出した速度です)クルーザーだからと言って鈍足ではありませんよ。低回転でトルク重視ですが、ホンダのエンジンは ブン回るからいいんですね。燃費もびっくりするほどですが、10Lのタンクではちょっとねーという人もいますがさて、ツーリングでどうでるか、今後のレポートであげることが有るでしょう。そろそろツーリングに出かけたいと思います。
下の資料見るとVT750Sがハーレーの1200に最低速度走行スペックがほぼ互角ということがわかります。重低速トルクでぐいぐいはしるホンダエンジンです!!!
posted at 22:57 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(0)
[2012年03月12日(月)]
VT750S納車後1ケ月
クルーザーVT750S納車後一か月が過ぎました。もっぱらご近所を走ってばかりですが、納車当日の立ちゴケの問題点は嘘のように無くなりました。クルーザーの性格を知り、体が慣れてしまったんでしょうね。左コーナーの曲がり方もすっかり地について、納車当日の切れ込み現象など、あれ以来有りません。またクルーザー独特の直進性、どっしりとした走りを肌で感じるようになり、クルーザータイプのオートバイの醍醐味を感じる日々です。ハーレーがVTWINにこだわり続け、シェアをtopにしてきたのも、VTWINは楽しいエンジンだからだと思います。日本で最も売れているCB400を批判するつもりはありませんが、日常の足として使用した場合スーパースポーツの性能はどれくらい気持ちが良いのでしょうか。サーキットみたいな走りは公道では無理ですから、それこそストレスがたまるんではないでしょうか。シグナルグランプリで一位になったところでなんなんでしょう。(実はVT750SとCB400を比較対象として悩んだ時期が有りました だって 実売価格がほぼ同じなんですもの・・・)。ナナハンにして正解だったようです。太い低速トルクが、実に気持ち良い走りを提供してくれます。SSにはない力強さ、駆動力、快感が得られます。
これもいいよね。シャープな加速、コンパクトな車体。それほどきつくない前傾、チューブレス、高出力・・・・ CB400SB 風防つきがベストです!2台持てるなら2台目はこれかな?
posted at 22:30 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(0)
[2012年03月08日(木)]
W800盗難防止ついてない
W800には盗難防止のイモビライザーがついていませんがどういう考えでしょうか。人気があるバイクだけに、ユーザーは心配ですね。その点ホンダの大型車は全て標準でイモビライザーがついています。VT750Sもイモビライザー動作中のLEDランプの点滅サインも出ます。このイモビライザーはキーを紛失した場合、ユニットをそっくり交換(約10万円)しなければバイクのユーザーであってもエンジンはかかりません。(と説明を受けました・・・再掲)
posted at 22:40 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(0)
[2012年03月07日(水)]
血統書付W800でいいの?
アンチW800ではありませんが、また書きます。売れているW800にあって、まるで売れていないVTに無い物を考えました・・・それはW1という名前で日本国民に愛されたバイクと、そういう歴史が無いVTという事です。誰の記憶にもないVTは、これから大型バイクを買おうとする時、その候補にあがるはずがありません。いわゆる「どこの馬の骨」と言う話です。なので、私はもっと宣伝をして、こんな楽しいバイクも有るんだよと頑張っているわけです。そもそもW800は指名買いだと思いますが、血統書付きのバイクとアメリカかぶれバイク?を比較するなどという事はあり得ないことですが、しかし、果たしてW800を手にしたとき あのころのキャブトンサウンドのW1スペシャルとなって蘇るのでしょうか。その辺YouTubeなどで調べて(サウンド)、更にインプレッションを読んでも損はないと思います。800と言う数字に未練が残るなら、乗り比べるしか有りません。230KgもあるVTに対し、W800は216Kgですが、低速トルク感、出足の良さ、加速の良さ、体感してください、そもそもW800の試乗車は沢山ありますがVTはほとんど有りませんので乗り比べは難しいのですけど。だから、何人もの試乗記を読んで見てください。だいたいの感じがわかります。続く
posted at 20:41 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(0)
[2012年03月06日(火)]
W800価格差
伝統のW800は最安値、新車価格74.5万ですが水冷エンジン搭載のVT750S新車価格はそれより10万円は下です。ホンダのV字型ツインエンジンも決して伝統が無いわけではありませんし、動力性能が800に劣っているところは一つも有りません。むしろ、低速トルクの大きさ、高速域でのシャープな伸び、どれをとってもホンダのほうが優れ物です。800という数字は魅力を感じるものですが、ナナハンという響きもたいしたもんではありませんか!?W800のFIユニットが原因不明の故障が有るとのこと、有る日突然エンジンがかからなくなるクレームが出ているようです(WEBにて見ましたので真意は?)W800より一回り大きな車体と良い音、加速の良さ、デザインの良さ(こりゃ好みですが)、一度ホンダ店へどうぞお越しください。オートマチックのDN-01もあるでよ・・・
posted at 20:51 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(2)
[2012年03月04日(日)]
W800乗車姿勢
大型2気筒エンジン車のセールスナンバーワンはKAWASAKI W800のようです。W650とほぼ同じ車体なので、これが標準的な乗車姿勢とすれば、VT750Sとハーレー883Lの直立した姿勢は乗車してみると、新鮮に感じることうけあいます。広いハンドル幅と相まって堂々としたポジションが確保されています。クルーザーといわれるシャドウなどはもっと大胆に足が前方に放り出された形になります。W800をこれから買おうと検討している人も、新しいジャンルのバイクもちょっと検討してみてください。たぶんですが、VT750Sに接したとたん大きく悩むこととなるでしょう。夢にまで見たW800と、新時代のクルーザーVT750S/883L。エンジンフィーリング鼓動感、さらに強力な低回転型エンジントルクもW800の個性をはるかに超えてあなたの夢をぶち壊す日が来るでしょう。ものは試し・・・・VT750Sやシャドウのこと、もう少し調べてからにしましょう。

posted at 18:11 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(0)
[2012年02月09日(木)]
いい音が出るホンダVT750S
2010年4月からのバイク騒音規制で、バイクがとても静かになってしまった。今回の規制で今までは、近接排気音量が94デシベルならオッケー(測定方法は、最高出力回転数の75%の回転数までエンジンを回した状態を一定時間(一般的に5秒以上)保持し、急激にアクセルを離したときの最大音量値を測定)加速時の走行騒音を82デシベル以下でないと違反ということになりました。2気筒クルーザーや4気筒バイクの音に魅力を感じていたのが、ますます音のしないバイクが売られている現状です。YuoYubeなどでバイクのサウンドを聞いてみると、ほとんどのバイクがとても静かになっています。その中で異色なのがホンダVT750Sです。このバイクは水冷エンジンでなおかつホンダのエンジン技術により、エンジンそのものの騒音が抑えられていて、マフラーからでる音を他社より少し大きくしても総合的な騒音では規制に引っ掛からないレベルにできています。ハーレーでさえノーマルですと、音は期待できません。あの音は北米仕様とかのマフラーに変えないと出ません。さてVT750Sこのバイクはノーマルでも可なり良い音が響きます。どどどどっというV型2気筒ならでわの鼓動感です。VT750Sのサウンドは、今回購入を決意した一つの要因です。http://www.youtube.com/watch?v=pWGHwD5eRz8&feature=related
posted at 19:42 | 他社とHONDAクルーザーの比較 | この記事のURL
コメント(0)
| 次へ
2020年03月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
分類
過去記事も見てね!
ブログともだち

自己紹介


リーマン
自己紹介
ブログ
BMI目標21


グラフを拡大する
最新記事一覧
QRコード
 
月別一覧
ログイン
Mypagetopに戻る