サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2018年04月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
αリノレン酸の抗炎症作用 [2007年02月25日(日)]
食事由来のαリノレン酸(ALA)による抗炎症作用が米国の研究グループから報告されました。
Am J Clin Nutr 2007 85: 385-391)


動脈硬化症は、慢性炎症性疾患の一つととらえられています。

これまでの研究によって、高コレステロール血症患者を対象にした研究において、食事に由来するALAの摂取量が多いと、脂質代謝を改善し、炎症性心血管リスクを低減することが示唆されています。

ALAは、DHAやEPAと同じオメガ3系必須脂肪酸の1種です。

しそ油や亜麻仁油、ごま油などがALAを多く含んでいます。




さて、今回の研究では、試験食を摂取した被験者の培養末梢単核球を用い、高ALA食による抗炎症性サイトカイン濃度への影響が検討されました。


高コレステロール血症23名を対象に、ランダム化クロスオーバー法にて、3種類(高ALA食、高リノール酸食、平均的な米国食)の試験食が6週間投与されました。


その結果、高リノール酸食や平均的な米国食に比べて、高ALA食摂取群では、IL-6, IL-1およびTNF-αの産生が有意に低下し、TNF-αの血中濃度が有意に低下していました。


このデータから、ALAの多い食事を摂取すると、いくつかのサイトカイン類の産生が抑制され、その結果、抗炎症効果が得られると考えられます。
posted at 23:21 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/272
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る