サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年05月  >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
出講@「エコタイプ次世代植物工場」研究会 [2019年05月17日(金)]
本日、「エコタイプ次世代植物工場」研究会にて


「健康寿命延伸における葉酸の有用性

--公民連携による課題解決型保健事業の取り組み--」

という演題で、

出講いたしました。


主に、葉酸の働きやDHCでの公民連携の取り組みをお話いたしました。

また、研究会に関連したDHCでの展開として、

DHC海洋深層水の植物工場への応用例も紹介いたしました。


ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果




拙著「不育症・早産・産後うつ病・児の自閉症を防ぐビタミンMの効果!
〜プレコンセプションケアに不可欠な葉酸の働きと公民連携の保健事業〜」を上梓いたしました。



posted at 23:53 | この記事のURL
子どもの日のステッカーと飛行機のキャンセル [2019年05月05日(日)]
今日は移動日です。

夕方、チェックインしたときに、子どもの日のステッカーをもらいました。

一人で移動している私に渡しても仕方ないはずですが、ステッカーは今日しか使えないですし、おそらく、夕方になってもたくさん余っていたのでしょう。



最初の飛行機は予定通りの運航でしたが、2便目がキャンセル/欠航になってしまいました。
↓ 3つ目の便です。
posted at 23:56 | この記事のURL
出講@「第11回 元気!健康! フェア in とうほく」 [2019年04月06日(土)]
本日、「第11回 元気!健康! フェア in とうほく」(@仙台国際センター)にて


「ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ」
という演題で、

出講いたしました。



今回も、DHCは特別協賛させていただきました。



------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



『天然葉酸』サプリメントは虚偽の表示



ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------

posted at 23:58 | この記事のURL
平塚中郡薬剤師会主催市民公開講座 [2019年02月17日(日)]
今日の午後、
平塚中郡薬剤師会主催の市民公開講座に、


【サプリメント・健康食品の上手な使い方】

という演題で出講いたしました。

講演後の質疑応答ではいろいろと興味深いご質問があり、私も勉強になりました。


講演会にご参加いただいた皆様ならびに薬剤師会の関係者の皆様に御礼申し上げます。


------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定



DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------
posted at 23:56 | この記事のURL
出講@第89回日本衛生学会学術総会 [2019年02月03日(日)]
今日は、名古屋大学で開催された
第89回日本衛生学会学術総会の一般演題口演にて、

公民連携による保健事業:
健康ポイント、肥満メタボ脱出、葉酸サプリプロジェクト

として出講いたしました。

------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


posted at 23:54 | この記事のURL
出講@伊勢原シティプラザ [2019年01月21日(月)]
本日、伊勢原市の伊勢原シティプラザで開催された市民向け研修会にて、
ヘルシーエイジングと、食事、健康食品をテーマに、
出講させていただきました。

開催にあたりご尽力いただきました伊勢原市健康づくり課の皆様に感謝申し上げます。





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
スクリプスクリニック@サンディエゴ [2019年01月12日(土)]
今週末は、サンディエゴのスクリプスクリニック主催のカンファレンスに来ています。

サプリメント・機能性食品素材の臨床研究Updateが集中して行われる恒例の学術集会です。

外はいいお天気ですが、カンファレンスの参加者は、終日、会議室にこもっています。

↓カンファレンス会場の最後尾は、バランスボール席です。
 私はいつもどおり、最前列の普通の座席に陣取っています。


posted at 23:54 | この記事のURL
第15回ファンクショナルフード学会 学術集会出講 [2019年01月05日(土)]
本日、第15回ファンクショナルフード学会 学術集会が開催されました。


今回は、私が大会長を務めさせていただき、
出講いたしました。


開催にあたってご尽力いただきました関係者の皆様、特別講演や一般演題等にてご発表いただきました演者の皆様に深謝いたします。




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:56 | この記事のURL
第15回ファンクショナルフード学会 学術集会 [2019年01月05日(土)]
今日はこれから、

第15回ファンクショナルフード学会 学術集会に行ってきます。

posted at 09:15 | この記事のURL
日本ハーブ療法研究会第6回学術集会 [2018年12月09日(日)]
本日、日本ハーブ療法研究会第6回学術集会が開催されました。



今回は、私が大会長を務めさせていただき、

「健康寿命の延伸のためのハーブおよび機能性素材の役割」

として、出講いたしました。


開催にあたってご尽力いただきました関係者の皆様、特別講演、教育講演、一般演題等にてご発表いただきました演者の皆様に深謝いたします。





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
ヘルシーエイジング(健康長寿)セミナー@平塚市美術館 [2018年11月22日(木)]
本日、

平塚市美術館ミュージアムホールで、

「ヘルシーエイジング(健康長寿)セミナー」

が開催されました。



私は、講演会の第1部で、

「ヘルシーエイジングのための食事と健康食品

〜健康長寿に役立つサプリメントの上手な使い方〜

という演題で発表させていただきました。



出講に際して、いろいろとご配慮いただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。


健康づくりの推進に係る協定




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:52 | この記事のURL
国際個別化医療学会@日赤本社 [2018年11月18日(日)]
今日は、第24回国際個別化医療学会(阿部博幸理事長)@日赤本社でした。


私は、ランチョンセミナーの座長を務めさせていただきました。

プレシジョンメディスンの実践として、泌尿器科分野を中心にした演題が多く、勉強になりました。

レセプションでは、学会の顧問である高久史麿先生とも少しお話させていただきました。




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:52 | この記事のURL
バナナから葉酸は摂れません! [2018年11月13日(火)]
本日、プレコンセプションケアについてのセミナーが慶応大学三田キャンパスであり、出席してきました。

別件で、女子栄養大学の香川副学長とやり取りした際に、セミナーの案内をもらい、ご挨拶がてら、参加した次第です。

冒頭の香川副学長のご講演は、改めて勉強になりました。

それに続いて、産婦人科の医師からの葉酸も含めたプレコンセプションケアの概説、薬学の立場からの医薬品と葉酸に関する情報、泌尿器科からの実際の障害に関する情報も良くまとまっていました。

ただし、後半の発表で、食事からの葉酸摂取の啓発については、相変わらず勘違いした食育原理主義であり、リアルワールドでの実践を考えると、時間的にもコスト的にも非現実的であり、違和感がありました。

さらに、発表の中には、医学・栄養学の知識不足で、明らかに不適切な啓発情報になっている事例もあって、気になりました。


例えば、K大学のSFCからの何とか博士の先生の講演では、まず、若年女性の栄養に関する一般的な情報が示された後、バナナで葉酸を摂取というような話がありました。
(もちろん医療資格を持っている医療関係者ではなく、栄養学の知識やリアルワールドで患者指導をしたことがない、文系研究者の妄想のレベルの話でした。)

バナナ1本プラスで、葉酸の充足率が+8%とかで、そもそも臨床的な意義では疑問ですが、葉酸の摂取の啓発にバナナとオレンジジュースは使わないのは栄養学の常識なのです。


まず、食事からの葉酸は吸収率が50%、
それに対して、サプリメントの合成葉酸は85%という高い利用率です。

そのため、2000年の旧厚生省の通知では、妊娠前からの葉酸サプリメントの摂取が推奨されています。

それでも、栄養関係の立場からは、葉酸の豊富なレシピ、という提案がいつもあります。

食事性葉酸の相対生体利用率は食品によってかなり異なり、一緒に食べる食品によっても影響を受けます。

食品に含まれる葉酸は,主にプテロイルポリグルタミン酸型であり、このポリグルタミン酸は、空腸の冊子縁膜に存在するγ-グルタミルヒドロラーゼ(通称コンジュガーゼ)によって加水分解を受け、モノグルタミン酸型へ速やかに分解されます。

モノグルタミン酸型は,特異的なトランスポータによって、能動的に吸収されて、粘膜細胞内ではモノグルタミン酸型として存在します。

コンジュガーゼは、γ-グルタミン酸の結合を切る酵素であり、亜鉛を補欠分子族とする亜鉛酵素の1種です。

食事性葉酸であるプテロイルポリグルタミン酸型葉酸の吸収に必要な、このコンジュガーゼの酵素活性を阻害する化合物を含む食品として、オレンジジュースとバナナが有名です。

つまり、オレンジジュースとバナナは、コンジュガーゼ活性を阻害して、食事性葉酸の吸収を抑制するため、葉酸の安定した供給源とはなりません。

そのため、栄養学の教科書には、葉酸の豊富な食品として、オレンジジュースやバナナが掲載されることはありません。


ところが、本日のセミナーでは、K大学のSFCからの何とか博士により、バナナからも葉酸を摂取できます、というような話がありました。

(おまけに、セミナー参加者には協賛メーカーから本物のバナナが配布されていました!!)

このSFCからの人は、もちろん医療資格を持っている医療関係者ではなく、栄養学の知識やリアルワールドで患者指導をしたことがない、文系研究者のようです。

彼女は専門外なので、葉酸や栄養学・医学の知識不足なのは仕方ありませんが、やはり、自分の知らないことや勉強不足のことについては、話すべきではない、と改めて感じたセミナーでした。



私は、一応、研究者の端くれとして、特定のテーマについて、1.すでに常識であること、2.専門家でコンセンサスのあること、3.専門家の間で議論がある点、4.まだよくわかっていないこと、について、区別して、話すようにしています。

したがって、中途半端な知識で、いい加減なことをいうことはないように、(そもそも、たいして知らないことを、薄い知識でいうべきでないことは常識ですが)、私も気を付けたいと思います。




DHCは、
健やか親子21(第2次)の応援メンバーとして参画し、

葉酸サプリメントの啓発と頒布を行っています。

【株式会社ディーエイチシー】
健やかな妊娠と出産のために、 葉酸サプリメントの啓発に取り組んでいます



DHC葉酸サプリメントは、マーケットシェア第1位であり、
一ヶ月30日分は、258円です。


葉酸 30日分

葉酸1日1粒あたり、葉酸400μg、ビタミンB2 1.3mg、ビタミンB6 1.7mg、ビタミンB12 2.5μg
通常価格

\239(税込\258)






妊娠を考える女性では、胎児の神経管閉鎖障害リスクを減らすために、合成の葉酸サプリメントの摂取が推奨されています。

また、食事由来の葉酸は不安定であり、吸収率が50%と低いので、合成の葉酸サプリメントの摂取が、厚生労働省により推奨されています。


葉酸サプリメントは、
妊娠の4週間前から妊娠12週までの摂取が薦められていますので、
妊娠がわかってからではなく、妊娠を考えている女性はすべて摂取、となります。
(葉酸サプリメントを1日400マイクログラム)

(日本では母子手帳に葉酸サプリメントの必要性が記載されていますが、そのタイミングでは本来の意図からは遅すぎます。)


エコチル調査に関しては、次の報告があります。

日本での神経管閉鎖障害(二分脊椎症など)の発症率:エコチル調査

葉酸サプリメントを適切に摂取している妊婦はわずか8%!@エコチル調査アップデート






------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
第9回日本カイロプラクティック科学医学会学術大会 [2018年11月11日(日)]
今日は、
第9回日本カイロプラクティック科学学会学術大会の第1日目でした。



基礎医学から臨床医学まで幅広い分野をカバーし、興味深い発表の多い学会です。

最後のセッションでは、スポーツカイロプラクティックの分野での発表があり、
特定のアスリートに対応しているDC、チームについているDC、リオオリンピックの日本チームに帯同したDCなど、異なる立場から、面白い内容を伺えました。

懇親会の最初に、私は、会の副代表として簡単に挨拶をさせていただきました。

大変充実した学会で、関係者の皆様に感謝申し上げます。




カイロプラクティックは、米国をはじめ、欧米主要国では公的資格が確立しています。


ただし、日本では、国際基準に相当するカイロプラクター(カイロプラクティックの施術者)は1,000名ほどです。


(これに対して、街中のカイロプラクティック/いわゆる整体などの看板は、1万から3万とされています。)



国際基準を満たすカイロプラクターの名簿は、登録機構を介して、厚労省の医事課に提出されています。



(日本でのカイロプラクターは

「日本カイロプラクティック登録機構」

で検索できます。



ちなみに私は、

カイロプラクティック新橋外来センター

で受けています。)


カイロプラクティックは、米国発祥であり、欧米やオセアニア諸国では法制化されています。

頸部痛や腰痛といった筋骨格系の症状に対する介入が中心です。

また、スポーツ選手/アスリートのコンディションの維持のために、スポーツカイロプラクティックがあり、

小児や妊婦など、幅広い対象があります。

また、下記のような研究を見ると、健康寿命延伸にも貢献すると考えられます。

カイロプラクティックは感覚運動機能の改善を介して高齢者の転倒リスクを低減する





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:53 | この記事のURL
出講@平成30年度 平塚市中央公⺠館 市⺠アカデミー講座 [2018年11月10日(土)]
今日は、平成30年度 平塚市中央公⺠館 市⺠アカデミー講座の気張らない子育て第4回にて、

「ママ・パパのための健康食品の上手な使い方」

〜子育て中の健康管理にサプリメントを活用しましょう〜

として出講させていただきました。


ご参加いただきました皆様、講座の開催に際してご尽力いただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。



平塚市とDHCは、健康づくり推進に係る連携協定を締結し、
健康づくり事業に取り組んでいます。




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
第9回守谷スポーツフェスティバル [2018年10月28日(日)]
DHCは、健康づくりと地域活性化のために茨城県守谷市と包括連携協定を締結しています。



本日、第9回守谷スポーツフェスティバルが開催され、

私は、
健康づくりのためのスポーツ
運動に役立つ健康食品・サプリメントの使い方

として出講させていただきました。

本日のセミナー開催にあたりまして、ご尽力いただきました守谷市役所の関係者の皆様に感謝申し上げます。




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:53 | この記事のURL
出講@第77回日本公衆衛生学会 [2018年10月26日(金)]
本日は、第77回日本公衆衛生学会の最終日でした。

ヘルスプロモーションのセッションの一般演題・口演にて、

「茨城県境町での公民連携事業:
健康ポイント、肥満メタボ脱出、葉酸サプリプロジェクト」

として発表いたしました。

境町とDHCとの連携による保健事業の取り組みの成果です。


境町とDHCは、包括連携協定を締結し、地域活性化と健康づくり事業に取り組んでいます。


境町の橋本町長の政策判断と、境町福祉部子ども未来課健康推進室の皆様のご尽力により、下記のような、新たな公民連携での健康づくりの取り組みが進んでいます。


境町健康づくりプロジェクト (健幸マイレージ,葉酸サプリメント,メタボ脱出減量プログラム)





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
健やか親子21(第2次)の現状と中間報告に向けた意見交換  [2018年10月24日(水)]
今日は、第77回日本公衆衛生学会の初日でした。

福島県郡山市での開催のため、東日本大震災および原発事故に関連した発表が多い印象です。

夕方、健やか親子21(第2次)の現状と中間評価に向けて新たな指標を考える、
という自由集会が開催されたので、参加してきました。

ディスカッションタイムでは、
新たな指標として、
ICT利用と子どもの健康などが議論されました。

例えば、
寝る前にスマホなどを使うとブルーライトで、視神経が刺激されて睡眠障害になるという問題はよく知られています。

また、最近では、LINEを使う時間が長いと、学校の成績が落ちる、ということも言われています。

ただし、感覚的にはわかっていても、エビデンスとして示すのは結構手間のかかる分野もあります。


その他、家庭内での受動的喫煙については、アイコスの問題があり、日本が実験場になっている、という発言もありました。


一方で、古い問題ですが、まったく解決していない問題もあります。

例えば、妊娠前からの葉酸サプリメントの摂取です。


H12年(2000年)に厚生省(当時)が、

「妊娠を考える女性は、【妊娠1ヶ月以上前から】葉酸を合成補助食品で摂るように」

という通知を出しました。


妊娠が分かってからでは遅く、

妊娠初期の神経管閉鎖障害のリスク低減に葉酸サプリメントは必須です。


しかし、環境省のエコチル調査では、現在でも、日本の妊婦の9割以上が、葉酸サプリメントを適正に摂れていないという現状が示されています。

今どきの女性は、妊娠初期に葉酸サプリメントが必要である、という知識は持っています。


では、なぜ、葉酸サプリメントを摂っていないのかということですが、

例えば、

ネットで検索すると、ステマの手法のために、とんでもなく法外な値段の葉酸サプリメントの宣伝記事が上位に来るため、どれをとっていいかわからない、

という問題があると感じます。



情報提供サイトを装いつつ、実際には、一ヶ月分が3000円も4000円もするような葉酸サプリメントを、不正確な表現(=つまり、宣伝のための虚偽の説明、優良誤認を生じる説明)とともに紹介し、、、
ということがネットでは氾濫しています。

(ためしに、葉酸サプリメント 妊娠などと検索してみてください。)


このような、情報サイトや利用者の声を装ったサイトが上位に来て、
スマホやネットについて、一定のリテラシーがある若い世代でも、葉酸サプリメントを選ぼうとして、ネットを読めば読むほど、何を選んでいいかわからない、というのだと思います。


一方、研究者の側にも課題があります。

子どもの健康とネット利用の問題やアイコスによる受動喫煙など、新しいテーマにはみんなの関心が集まり、かつ、研究費もつくのだと思います。

しかし、葉酸サプリメントや栄養の問題は、目新しい話題ではないのに、解決しておらず、そのまま放置されています。



現在、年間100万出生くらいですので、

今年も、神経管閉鎖障害という先天奇形を持った子供が数百人以上、生まれています。

妊娠中絶されている例も多いので、実際には、1000名以上になるのは確実です。


これらの赤ちゃんは、安価なビタミンBのサプリメントである葉酸サプリメントを妊娠前からとっていれば、90%以上、予防することができます。

現在、切れ目のない子ども子育て支援、という政策になっていますが、

実際には、妊娠前からの葉酸サプリメント摂取の問題は、「切れてしまっている」課題です。


DHCは、
健やか親子21(第2次)の応援メンバーとして参画し、

葉酸サプリメントの啓発と頒布を行っています。


【株式会社ディーエイチシー】
健やかな妊娠と出産のために、 葉酸サプリメントの啓発に取り組んでいます






DHC葉酸サプリメントは、マーケットシェア第1位であり、
一ヶ月30日分は、258円です。



葉酸 30日分

葉酸1日1粒あたり、葉酸400μg、ビタミンB2 1.3mg、ビタミンB6 1.7mg、ビタミンB12 2.5μg
通常価格

\239(税込\258)





妊娠を考える女性では、胎児の神経管閉鎖障害リスクを減らすために、合成の葉酸サプリメントの摂取が推奨されています。

また、食事由来の葉酸は不安定であり、吸収率が50%と低いので、合成の葉酸サプリメントの摂取が、厚生労働省により推奨されています。


葉酸サプリメントは、
妊娠の4週間前から妊娠12週までの摂取が薦められていますので、
妊娠がわかってからではなく、妊娠を考えている女性はすべて摂取、となります。
(葉酸サプリメントを1日400マイクログラム)

(日本では母子手帳に葉酸サプリメントの必要性が記載されていますが、そのタイミングでは本来の意図からは遅すぎます。)


エコチル調査に関しては、次の報告があります。

日本での神経管閉鎖障害(二分脊椎症など)の発症率:エコチル調査

葉酸サプリメントを適切に摂取している妊婦はわずか8%!@エコチル調査アップデート







------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------
posted at 23:55 | この記事のURL
第58回城西大学薬学部生涯教育講座 [2018年10月20日(土)]
本日、第58回城西大学薬学部生涯教育講座が開催されました。


私は、
健康寿命延伸のためのサプリメント・健康食品の臨床的意義

−セルフメディケーションにおける適正使用に向けた現状と課題−

として出講させていただきました。




本日の生涯教育講座への出講にあたりまして、さまざまにご配慮いただきました城西大学の実行委員会の先生方に感謝申し上げます。


------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:56 | この記事のURL
第22回日本統合医療学会2日目 [2018年10月08日(月)]
今日は、第22回日本統合医療学会@札幌市立大学の2日目でした。


私は、

・指定交流集会5「認知症の予防・症状軽減のための統合医療的アプローチ」

・一般口演7 システム構築

・ランチョンセミナー(第1会場)

にて発表させていただきました。



------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:53 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る