サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2018年07月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
葉酸+スタチンが心不全患者での心機能に好影響を与える [2018年06月08日(金)]
今月の臨床検査学の専門ジャーナルに、心不全患者において、スタチン剤と葉酸の併用による心機能への作用が検証されました。
(Med Sci Monit. 2018 Jun 4;24:3744-3751.)


高ホモシステイン血症は、

左室機能の低下や慢性心不全の症状に関連することが分かっています。


スタチン剤(Atorvastatin)は、

慢性心不全患者の心臓突然死のリスクを低下させることが示されています。


葉酸は、血管疾患において、血管内皮機能を改善すると考えられます。


そこで、今回の研究では、

高ホモシステイン血症を有する慢性心不全患者において、

アトルバスタチンと葉酸の併用投与により、

心機能及び左室リモデリングへの作用が検証されました。


具体的には、

高ホモシステイン血症を合併した慢性心不全の高齢患者を対象に、

・標準治療群

・標準治療+アトルバスタチン併用群

・標準治療+葉酸併用群、

・標準治療+アトルバスタチン+葉酸の併用群

の4群について介入が行われ、

血中ホモシステイン値やNT-proBNPが測定されました。

左室機能や、
(cardiac function indexes and left ventricular early diastolic peak flow velocity/atrial systolic peak flow velocity (E/A) ratio )

6分間歩行距離(6MWD)も調べられています。


解析の結果、

介入前と比べて、

介入後において、

6MWD の増加、

ホモシステイン値の低下、

NT-proBNPの低下という効果が、

それぞれの群で見出されました。

効果の高い順に、

標準治療+アトルバスタチン+葉酸の併用群、

標準治療+アトルバスタチンの併用群、

標準治療+葉酸の併用群、

標準治療

という順番でした。

以上のデータから、

高ホモシステイン血症を有する慢性心不全の高齢患者において、

標準治療に、スタチンと葉酸を併用投与することによる心機能改善作用が示唆されます。





葉酸はビタミンB群の一つです。

成人の場合、生活習慣病、特に動脈硬化性疾患に対する葉酸サプリメントの効果が知られています。


葉酸サプリメントの投与によって、血中ホモシステイン値が低下し、

ホモシステインによる血管内皮障害が抑制されることで、

動脈硬化性疾患のリスクが低下すると考えられます。


実際、これまでの観察研究や疫学研究において、
血中ホモシステイン値が低いと、脳卒中や心血管疾患の発症率が低いことが示されています。



葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析


葉酸サプリメントはACE阻害剤との併用で脳卒中を31%低減する

葉酸は、食品にも含まれますが、プテロイルポリグルタミン酸という形であり、利用効率は50%です。

一方、サプリメントに利用されている合成された葉酸は、プテロイルモノグルタミン酸であり、生体での利用効率が85%と高いことが特徴です。


葉酸サプリメントの利用は、中高年の動脈硬化予防の点からも推奨されます。


日本での食事摂取基準では、葉酸は、240㎍の摂取が推奨されています。
一方、葉酸代謝にかかわる遺伝子変異により、約16%の日本人では、多めの葉酸摂取が必要です。

そこで、天然型よりも安定して吸収率が高い合成型の葉酸サプリメントを400マイクログラムの摂取が推奨されます。


葉酸 30日分

葉酸1日1粒あたり、葉酸400μg、ビタミンB2 1.3mg、ビタミンB6 1.7mg、ビタミンB12 2.5μg
通常価格

\239(税込\258)





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
拡張期血圧に対するビタミンDの降圧作用:メタ解析 [2018年05月29日(火)]
今月の高血圧研究の専門ジャーナル(電子版)に、ビタミンDサプリメントによる血圧への作用を検証したメタ解析が、中国のグループから報告されていました。
(J Am Soc Hypertens. 2018 May 9.)


ビタミンDは、抗炎症作用を有しており、生活習慣病の予防効果が考えられます。

生活習慣病や内臓脂肪型肥満に伴う病態の本質は、「慢性炎症」です。

したがって、機能性食品成分による病気の予防のためには、抗炎症作用を有し、かつ、安全性が確立し、かつ、経済性(費用対効果)の高い製品の利用が進められます。


食品成分で、抗炎症作用を有し、かつ、多くの臨床研究において有用性が示されているのは、ビタミンD、コエンザイムQ10、オメガ3系必須脂肪酸(EPAやDHA)、ウコン、グルコサミンなどです。




高血圧症を生じる動脈硬化は、血管の慢性炎症であり、

ビタミンDは、抗炎症作用によって、動脈硬化の進展抑制が考えられます。

ただし、血圧が正常な群では、ビタミンDサプリメントの投与では、降圧作用は認められません。


一方、

ビタミンDが欠乏している群(血中ビタミンD値;25[OH]Dが30 ng/mL 未満、あるいは50 nmol/L未満)では、ビタミンDの降圧作用については、明確ではありません。


そこで、今回の系統的レビュー/メタ解析では、

ビタミンD欠乏の被験者において、

ビタミンDサプリメント投与による血圧への作用が検証されました。


具体的には、

主要医学データベースを用いて関連論文が検索され、
(PubMed, Web of Science, ScienceDirect, Cochrane)

7報560名の被験者データがメタ解析の対象となりました。


解析の結果、

ビタミンDサプリメント投与により、

末梢収縮期血圧の有意な低下が見出されました。
(-1.65 mm Hg, 95% CI: -3.05 to -0.25, I2 = 30.3%)

その他の指標では、ビタミンDサプリメントによる有意な変化は認められませんでした。


また、

サブグループ解析では、

アジア諸国、

8週間の介入、

5000IU以上/日の投与

の群において、

収縮期血圧と拡張期血圧の有意な減少が見出されたということです。


以上のメタ解析データから、

ビタミンD欠乏の患者において、

ビタミンDサプリメント投与による降圧作用が示唆されます。

今後、補完療法としての臨床的意義の検証が期待されます。



慢性炎症は、さまざまな生活習慣病の病態となる原因ですので、

健康増進・疾病予防には、抗炎症作用を有するサプリメントが、ベーシックサプリメントとして推奨できます。

ビタミン類では、ビタミンD3、

ファイトケミカルでは、濃縮ウコン
が定番でしょう。


近年、ビタミンDは、骨の健康維持だけではなく、免疫調節作用や抗がん作用など、多彩な効果が示されています。


一般に、
健康保持や疾病予防の目的で利用されるビタミンD3サプリメントの摂取量は、
1日あたり
25マイクログラム(1,000IU)から50マイクログラム(2,000IU)です。


ビタミンDは、免疫調節作用や抗がん作用など、多彩な作用を有する脂溶性ビタミンの1種です。

多くの生活習慣病や慢性疾患、難治性疾患の患者群において、ビタミンD低値が示されており、ビタミンDサプリメントの臨床的意義が注目されています。



日本からの報告では、

ビタミンDサプリメントのインフルエンザ予防効果


が知られています。


また、さまざまな生活習慣病では、血中ビタミンD値が低いことが知られており、健康保持や疾病予防のために、ビタミンDサプリメントの摂取が推奨されます。


(欠乏症の予防ということでは通常の食事からでも補えますが、疾病予防という目的では、1日あたり1,000〜2,000
IUの摂取が必要であり、サプリメントを利用することになります。)



今日では、ビタミンD欠乏症の典型例のような疾患は少ない一方、血中ビタミンDの低値が広く認められることから、生活習慣病の予防やアンチエイジングを目的としたビタミンDサプリメントの利用が推奨されます。


日本人の間でも、ビタミンDの潜在的不足/欠乏が顕著になっています。


たとえば、
日本人妊婦の90%がビタミンD不足


血中ビタミンD値が高いと大腸腺腫リスクが低い

というデータがあります。


日本人2型糖尿病患者の90%以上がビタミンD不足


ビタミンDによるインスリン抵抗性改善作用@2型糖尿病



ビタミンDが2型糖尿病での糖代謝を改善する:メタ解析



ビタミンDによる妊娠糖尿病での糖代謝改善作用:メタ解析


ビタミンD低値が高血糖と相関する:メタ解析




DHCでは、ビタミンD3サプリメントを製品化しています。


ビタミンDサプリメントに対する効果には個人差がありますが、

臨床的には、ビタミンDサプリメントを1,000 IU/日の用量で投与すると、血中25ヒドロキシビタミンD値が10ng/mL増加する、

という報告もあります。

マルチビタミンのビタミンDはRDAのための設定ですので、別途、ビタミンDサプリメントの利用となります。







------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:56 | この記事のURL
地中海食による心臓病死亡率の低下効果:世界7カ国共同研究 [2018年05月22日(火)]
今月の臨床栄養学の専門ジャーナルに、世界7カ国共同研究(Seven Countries Study)からの16のコホート研究に基づいて、食事と心臓病死亡率との関係を検証した研究が、日米欧のグループから報告されていました。
(Eur J Clin Nutr. 2018 May 17.)

世界7カ国共同研究(Seven Countries Study)は、食生活と心臓病(虚血性心疾患)との関連を明らかにするために、1957年に開始された、世界初の国際共同研究です。


7カ国研究では、地中海沿岸諸国および日本では、アメリカや北欧に比べて、心臓病が少ないことが示されてきました。


地中海食は、スペインやギリシャ、南フランスなど地中海地方の伝統食です。
野菜や果物、全粒の穀類、種実類、オリーブオイルの利用が多いという特徴があります。

地中海食は、健康増進や疾病予防に有用であることが知られており、多くの研究によってエビデンスが示されています。


さて、

今回の研究では、

7カ国共同研究のデータから、

長期間の心臓病死亡率と、食事摂取パターンとの関連が検証されました。


具体的には、7カ国で、1960年代に研究に参加した16報のコホート研究から、
(US, Finland, The Netherlands, Italy, Greece, former Yugoslavia: Croatia/Serbia, Japan)

40−59歳の男性12,763名が対象となり、


食事のパターン、脂質や炭水化物の摂取、地中海食スコアなどと、心臓病死亡との関係が調べられました。


50年間のコホート研究の期間中に、

97%の男性が死亡しました。

試験参加時には、

固形脂質の摂取は、北欧で多く、

オリーブオイルはギリシャ、

肉類は米国、

甘いものは、北欧と米国、

魚類は日本での摂取がそれぞれ多いことが見出されました。



地中海食の食事パターンは、

地中海諸国と日本で高値でした。


50年間の心臓病死亡率は、

固形脂質、糖類を含む甘いもの、動物性食品、飽和脂肪酸、ショ糖の摂取と有意な相関を示しました。
(r = 0.68-0.92)

一方、
野菜類、でんぷんなどは、負の相関でした。
(r = -0.59 to -0.91)


以上のデータから、

1960年代の食事としての伝統的な地中海食や日本食は、野菜が豊富であり、ショ糖を含む甘いものや動物性食品の摂取が少ないという特徴があり、

心臓病の死亡率を抑える作用が示唆されます。


農水省の調査によると、

日本人の食生活では、すでに数年前に、肉類/畜産品の摂取量が、魚類の摂取量よりも多くなっています。

また、野菜の摂取量は、欧米よりも少ないことも知られています。

さらに、和食の欠点として、塩分の摂取量が多くなり、高血圧や脳卒中のリスクを高めてしまいます。

心臓病の予防という点では、オリーブオイルや魚類の摂取が多い地中海食、また、魚類からのオメガ3系脂肪酸の摂取が多い、日本食のほうが、アメリカ人の平均的な食事よりは、優れています。

一方、
認知症や脳卒中の予防という点では、日本の食事や生活習慣は、アメリカより劣ることは、罹患率の推移を見れば明らかです。




DHCは、オーガニック(有機栽培)の
エクストラバージンオリーブオイルを取り扱っています。

ヌニェス・デ・プラド エクストラバージンオリーブオイル
数々の受賞歴を誇る、有機栽培の高級食用オリーブオイル



オロ・デ・ヘナベ エクストラバージンオリーブオイル
なめらかで、マイルドな風味。有機栽培の高級食用オリーブオイル




地中海食やオリーブオイルの効能については、多くのエビデンスが報告されています。


地中海食で死亡率が半減する



低炭水化物(糖質制限)食と地中海食は低脂肪食よりも有効



オリーブオイルの摂取10gで全死亡率が7%低下



地中海食がメタボを抑制



バージンオリーブオイルとナッツ類を含む地中海食の抗炎症作用



バージンオリーブオイルの心臓病予防作用



オリーブオイルによる皮膚の老化抑制作用



地中海食による認知症予防効果



地中海食+CoQ10サプリによる抗酸化作用



超低炭水化物・地中海食による減量効果




地中海食による高尿酸血症リスクの低下



オリーブオイルによる動脈硬化抑制作用



バージンオリーブオイルによる骨代謝改善作用




オリーブオイルとナッツによる心血管リスク低下作用



伝統的地中海食による脂質代謝改善作用



オリーブオイルによる膀胱がんリスク低下





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------
posted at 23:57 | この記事のURL
葉酸が初発脳卒中を73%低下する@低血小板・高ホモシステイン血症の高リスク群:CSPPTサブ解析 [2018年05月17日(木)]
今月の循環器学の専門ジャーナルに、リスクの高い高血圧患者において、葉酸サプリメントの投与により初発の脳卒中が73%低下した、という臨床研究が、中国のグループから報告されていました。
(J Am Coll Cardiol. 2018 May 15;71(19):2136-2146)


血小板数と、初発脳卒中リスクとの関連が示唆されています。


先行研究であるCSPPTでは、高血圧患者において、降圧剤と葉酸(800㎍)の併用による初発の脳卒中の予防効果(一次予防効果)が示されています。
(China Stroke Primary Prevention Trial [CSPPT])

今回の研究では、

血小板数が低値であり、総ホモシステイン値が高値である群での初発脳卒中リスクについて、

また、

そのリスクを葉酸が抑制するかどうか、検証が行われました。


具体的には、

CSPPTのサブ解析として、

中国人の高血圧患者10,789名(平均年齢59.5歳、38%が男性、脳卒中や心筋梗塞の既往のない患者)を対象に、

・エナラプリル10mg+葉酸800㎍の併用投与群(n = 5,408)

・エナラプリル10mg単独投与群(n = 5,381)

の2群について、

主エンドポイントの初発脳卒中が調べられています。



平均4.2年間のフォローアップ期間に、

371例の初発脳卒中が生じました。


まず、
エナラプリル単独投与群での層別解析では、

初発脳卒中の発症が最低群(3.3%)は、

血小板が高値(quartiles 2 to 4)で、総ホモシステイン値が低い(<15 μmol/l)グループでした。

これに対して、

初発脳卒中の発症が最高群(5.6%)は、

血小板数が低値(quartile 1)で、総ホモシステイン値が高値(&#8805;15 μmol/l)のグループでした。


次に、

降圧剤と葉酸の併用投与群では、

血小板数が低値でホモシステイン値が高値の高リスクグループにおいて、

初発脳卒中の発症が73%減少していました。
(HR: 0.27; 95%ci: 0.11 to 0.64; p = 0.003)

一方、
低リスク群では、有意差は認められませんでした。


以上、

血小板数が低値で、ホモシステイン値が高値の高血圧患者では初発脳卒中リスクが高いこと、

また、
降圧剤と葉酸の併用により、このリスクが73%低下したことから、


ホモシステイン値と血小板数をバイオマーカーとして、脳卒中リスクの高い高血圧患者に対しては、

葉酸サプリメントの投与による一次予防策が考えられます。





葉酸はビタミンB群の一つです。

成人の場合、生活習慣病、特に動脈硬化性疾患に対する葉酸サプリメントの効果が知られています。


葉酸サプリメントの投与によって、血中ホモシステイン値が低下し、

ホモシステインによる血管内皮障害が抑制されることで、

動脈硬化性疾患のリスクが低下すると考えられます。


実際、これまでの観察研究や疫学研究において、
血中ホモシステイン値が低いと、脳卒中や心血管疾患の発症率が低いことが示されています。



葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析






------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
高血圧の改善に有用な食事療法とは:系統的レビュー/メタ解析 [2018年05月14日(月)]
ヤフーのニュース欄に掲載されていた、ネットの健康記事の中で、

誤訳のような表現がありました。


「性欲が消えてしまう6つの意外な理由」

という見出しで、

ライフハッカー[日本語版]とあるので、翻訳のようです。


「性欲が消えてしまう6つの意外な理由」

の記事の冒頭で、

「国際性機能学会(ISSM)によると、血圧の薬からアスリートが足につける薬まで実にさまざまな医薬品に、テストステロンの量を減らす効果が認められるとのこと。」



この中の、「アスリートが足につける薬」というのは、水虫薬のことです。

水虫のことを、アスリート・フットというので、単に直訳してしまったようですが。。。


この記事は、英文翻訳でしょうから、おそらく、機械翻訳をしたものを(医学知識は全くない)ライターがリライトして、日本語として整えていると思われます。



アスリートが足につける薬、というと、筋肉痛か何かで、消炎鎮痛薬のことのように勘違いしてしまいそうですが、

これは、「アスリート・フットの薬」がもともとの表現で、水虫薬の意味です。

(元の英文記事は確認していませんので、どなたかお願いします。)




さて、本日の私的なお勉強日記です。


今月の栄養学の専門ジャーナルに、高血圧の改善に有用な食事療法を検証した系統的レビュー/メタ解析は、オーストリアのグループ(University of Vienna)から報告されていました。
(Crit Rev Food Sci Nutr. 2018 May 2:1-59)



今回の研究では、

高血圧および高血圧予備軍(高血圧前段階)に対する各種の食事療法の有用性に関して、

ネットワークメタ解析が行われました。


具体的には、

主要医学データベースを用いて、
(PubMed, Cochrane CENTRAL, Google Scholar)

2017年6月までに収載された論文を対象に、

・食事療法のランダム化比較試験であり、

・高血圧あるいは高血圧予備軍(前段階)の成人を対象にし、

・12週間以上の介入を行った試験が検索され、

67試験から13の食事療法が対象となり、
(DASH, low-fat, moderate-carbohydrate, high-protein, low-carbohydrate, Mediterranean, Palaeolithic, vegetarian, low-GI/GL, low-sodium, Nordic, Tibetan, and control)

17,230名のデータから、

収縮期血圧と拡張期血圧への作用が検証されました。

なお、DASH(ダッシュダイエット)は、米国の公的機関が推奨している食事ガイドラインで、
野菜や果物、低脂肪の乳製品を多く摂るような食事です。

また、
パレオダイエット(Palaeolithic)は、日本語訳では、旧石器時代食や原始人食といわれる、低炭水化物食です。(つまり、狩猟民族時代の食事であり、農耕による穀類がない時代の食事)



ネットワークメタ解析の結果、

13の食事療法のうち、

DASH, 地中海食, 低炭水化物食, パレオダイエット(Palaeolithic), 高たんぱく食, 低GI食、低食塩食(塩分制限食)、 低脂肪食が、

対照食に比べて、

収縮期血圧を有意に低下し、
(-8.73 to -2.32 mmHg)

拡張期血圧を有意に低下させました。
(-4.85 to -1.27 mmHg)




SUCRAs(surface under the cumulative ranking)でのランク付けによると、

DASH(Dietary approaches to Stop Hypertension)が、収縮期血圧(90%)および拡張期血圧 (91%)に対して、最も有効性が高く

次に、

収縮期血圧への降圧作用では、

Palaeolithic, と低炭水化物食が続き、


拡張期血圧への降圧作用では、

地中海食が続きました。


なお、

各食事療法の比較に関するエビデンスの信頼性は、いずれも低いあるいは中程度であり、

例外は、DASH食と低脂肪食の比較が高い信頼性のエビデンスでした。



以上、今回のネットワークメタ解析のデータから、

高血圧および高血圧予備軍(前段階)の改善に最も有用な食事療法は、DASH(Dietary approaches to Stop Hypertension)であると考えられます。


今回は高血圧に対する効果を検証していますので、

高血圧の改善を目的として示されているDASH食が最も有効となったのは、当然とも考えられます。

DASH食以外では、地中海食と低炭水化物食が有意な効果を示したとされています。

したがって、高血圧だけではなく、糖尿病や脂質異常症など多くの生活習慣病の改善という点では、
地中海食と低炭水化物食のほうが、勧めやすいと思います。

また、一般に、地中海食のほうが、DASHよりも、継続しやすい食事と考えます。



DHCでは、

肥満・糖尿病・アンチエイジング・ヘルシーエイジング(健康長寿)のための食事として、

「‘ゆるやか’糖質制限」(緩やかな糖質制限食・低炭水化物食)を推奨しています。



最新の科学的根拠を俯瞰すると、

「緩やかな糖質制限食・低炭水化物食」を基本とした食生活が、

「ヘルシーエイジング(健康長寿)」

「ダイエット(適正体重の維持)」

「アンチエイジング(抗加齢)」

に有用であると考えられます。



DHCの製品で、低炭水化物食・低GI食・低GL食に相当するのは、


DHCプロティンダイエット
です。



DHCプロティンダイエットは、減量のため、あるいはリバウンド予防のための食品(フォーミュラ食・置き換え食)として考えられていますが、


コエンザイムQ10やポリフェノール、食物繊維などの機能性食品成分を含んでおり、

ヘルシーエイジングのための低カロリー・低炭水化物食品として、食事代わりに利用できます。




その他、低GI食、低GL食として、

発芽玄米

米こんにゃく

があります。










------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
マグネシウムの投与が血管を健康に保つ:メタ解析 [2018年05月06日(日)]
動脈硬化研究の専門ジャーナルに、マグネシウムサプリメントの投与による血管内皮機能への作用を検証した系統的レビュー/メタ解析が報告されていました。
(Atherosclerosis. 2018 Apr 14;273:98-105.)



一般に、
血中マグネシウムの低値は、死亡率の上昇、心血管疾患リスクの上昇などを生じます。

マグネシウムは、日本人で摂取不足が示されています。

(国民健康栄養調査では、カルシウム、マグネシウム、亜鉛が摂取不足です。)



先行研究では、次の報告があります。

マグネシウムによる高血圧改善作用:メタ解析


マグネシウムの摂取が多いと日本人男性の心臓病リスクが低下:JPHC研究



マグネシウムが糖尿病のリスク低下に有用:メタ解析





今回の研究では、

マグネシウムの投与による血管機能への影響について、

FMD(血流依存性血管拡張反応:FMD、Flow Mediated Dilation))
および
頸動脈内膜中膜肥厚(IMT、CIMT)

を血管内皮機能の指標として用いたランダム化比較試験を対象に、系統的レビュー/メタ解析が行われました。



具体的には、

主要医学データベースを用いて、
(MEDLINE、 EMBASE)

2017年11月までの収載論文が検索され、

7報のRCTから、

306名のデータが解析の対象となりました。


解析の結果、

マグネシウムサプリメントの投与により、

FMDの有意な上昇が認められました。
(MD: 2.97; 95% CI: 0.23 to 5.70%, p = 0.033)

一方、
IMTは、減少傾向を示しましたが、有意差は検出されませんでした。
(MD: -0.13&#8239;mm; 95% CI: 0.27, 0.01; p = 0.077)


各論文の異質性は、投与期間や用量、被験者数などに起因していました。


また、

層別解析では、

マグネシウムサプリメントの投与によるIMTの減少(改善)は、

慢性維持透析患者においてより顕著に見出されたということです。


なお、フォローアップ期間が長いこと、被験者数が多い、IMTの投与開始時の値が高値であることなどは、異質性を低下させる因子でした。 (p&#8239;<&#8239;0.001).


以上のメタ解析データから、

マグネシウムサプリメントによる血管内皮機能(FMD)改善作用が示唆されます。



マグネシウムの摂取による心血管疾患への有用性を示した先行研究として、次の報告があります。



マグネシウムが糖尿病のリスク低下に有用:メタ解析




マグネシウムによる高血圧改善作用:メタ解析



マグネシウムが女性の健康寿命を延長する 


血中マグネシウムが低いと死亡率が高い@慢性腎臓病患者



国民健康栄養調査では、マグネシウムやカルシウムといったミネラルの摂取不足が示されています。


DHCでは、カルシウムマグサプリメントをお勧めしています。


カルシウム/マグ

1日3粒あたり
カルシウム360mg、
マグネシウム206mg、
ビタミンD(ビタミンD3)〈88IU〉2.2μg、
CPP(カゼインホスホペプチド)9.7mg







------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
コエンザイムQ10+セレンサプリメントが12年後の心臓病死亡率を41%低下させる [2018年04月14日(土)]
今月の科学誌プロスワンに、コエンザイムQ10とセレンのサプリメント投与により、心臓病の死亡率が41%低下した、という臨床研究が、スウェーデンのグループ(Link&#246;ping University)から報告されていました。
(PLoS One. 2018 Apr 11;13(4):e0193120.)


コエンザイムQ10とセレンは、いずれも抗酸化作用を有しており、

心疾患をはじめとする生活習慣病のリスク低減の目的で、広く利用されています。

コエンザイムQ10は、生体内でも産生されますが、加齢とともに体内の産生量が減少し、それとともに、生活習慣病のリスクが高まるという相関が知られています。

また、同年代で比較すると、糖尿病などの生活習慣病患者では、同年代の健常者に比べて、内在性コエンザイムQ10が減少している、という相関が知られています。

セレンは、必須ミネラルであり、抗酸化作用を有しています。
欧州では、セレンの摂取不足が知られています。



今回の研究では、

コエンザイムQ10+セレンのサプリメントを4年間投与した介入試験のサブ解析として、サプリメントによる心臓病予防効果が、12年後にも認められるかどうか、心臓病死亡率が調べられました。


(今回の研究のスウェーデンでの先行研究では、

コエンザイムQ10+セレンサプリメントの投与によって、

心血管疾患死亡率の有意な低減効果が示されています。

コエンザイムQ10+セレンによる心臓病死低下効果




具体的には、

スウェーデンにおいて、

70歳から88歳のスウェーデン人443名を対象に、

1日あたり200mgのコエンザイムQ10と200μgのセレン、あるいは偽薬の投与試験が、5年間の前向きランダム化二重盲検偽薬対照試験として行われ、
(実薬群221名、偽薬群222名)

エンドポイントは死亡で、
ITT解析が行われました。

5.2年間の追跡期間では、
偽薬群に比べて、介入群(CoQ10+セレン投与群)において、
心臓死の有意な減少が認められました。

(介入群;5.9% vs. 偽薬群;12.6%; P=0.015)


その後、今回の研究として、サブ解析での12年間のフォローアップが行われ、

心血管死亡率などが記録されました。


12年後の解析では、

コエンザイムQ10+セレンサプリメントの4年間の投与によって、

心血管死亡率の有意な低下が見出されました。

心血管死亡率は、
コエンザイムQ10+セレンサプリメント投与群では28.1%、

偽薬投与群では38.7%

でした


Cox回帰分析の結果、

コエンザイムQ10+セレンサプリメント投与による心血管死亡率が41%低下する、という関連が見出されました。
(HR: 0.59; 95%CI 0.42-0.81; P = 0.001)



虚血性心疾患、糖尿病、高血圧などを有する患者において、

心血管死亡率の有意な減少が見出されています。



以上のデータから、

健康な高齢者において、

コエンザイムQ10+セレンサプリメントの4年間の投与により、心臓病の死亡率低減効果が示唆されること、

また、この効果は、12年後にも有意であり、

心血管死亡率の有意な低下をもたらすことが考えられます。




コエンザイムQ10は、ATP産生作用や抗酸化作用を介して、さまざまな生活習慣病に効果が示されています。
健康な人や未病の状態では、1日あたり90mg〜110mg程度をベーシックサプリメントとして毎日摂取します。

一方、何らかの疾患があり、補完療法として用いる場合には、1日あたり100mg〜300mg程度の利用になります。

欧州の研究では、
がん患者にコエンザイムQ10を投与することで、生存率が向上したという報告もあります。


また、
臨床的には、がん患者では、放射線や化学療法といった治療あるいは終末期において、
がんに関連した倦怠感(Cancer Related Fatigue:. CRF)が高頻度に出現することが知られています。


コエンザイムQ10には、酸化型(=ユビキノン,ubiquinone)と還元型(=ユビキノール,ubiquinol)があります。



還元型CoQ10のほうが、酸化型CoQ10よりも体内で利用されやすいと考えられます。
(酸化型CoQ10は、体内に吸収された後、いったん還元されてから、利用されます。)


コエンザイムQ10に関するこれまでの研究の多くは、酸化型(=ユビキノン,ubiquinone)を用いています。


したがって、一般的には、生活習慣病の予防やアンチエイジング目的に関して、酸化型CoQ10のユビキノンの摂取で十分な効果が期待できます。


一方、特定の疾患に対して用いる場合、あるいは、体内の生理機能が低下している高齢者の場合には、還元型CoQ10の利用が推奨されます。








------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
ビタミンDが脳卒中による死亡率を低下@日本人成人 [2018年04月06日(金)]
脳卒中の専門ジャーナルに、ビタミンDの摂取と、脳卒中の死亡率との関連を調べた研究が、北海道大学と大阪大学のグループから報告されていました。
(Stroke. 2018 Feb;49(2):454-457)




ビタミンDは、抗炎症作用や免疫調節作用を有しており、

心血管疾患リスク低減作用が示されています。

今回の研究では、

日本人成人において、

食事からのビタミンDの摂取と、脳卒中と冠状動脈疾患の死亡率リスクとの関連が検証されました。

具体的には、

前向きコホート研究として、

40歳から79歳の健康な日本人58,646名(男性23,099名、女性35,547名)を対照に、

自己記入式食事調査が行われ、

1989年から2009年まで、19.3年間(中央値)のフォローアップが行われ、

ビタミンDの摂取と、死亡率との関係が調べられています。


合計965,970人年のフォローアップ中、

脳卒中1514名、心血管疾患702名の死亡例が認められました。


解析の結果、

ビタミンDの摂取は、脳卒中の死亡リスクと有意な負の相関が認められ、

特に、
脳出血による死亡率との有意な負の相関が認められました。


なお、

心血管疾患の死亡率では有意な相関は認められませんでした。


多変量解析の結果、

ビタミンDの摂取について、

摂取量が多い群(&#8805;440 IU/d)では、

少ない群(<110 IU/D)に比べて、

脳卒中全体の死亡率が30%有意に低く、
(HR;0.70、0.54-0.91; P for trend=0.04)

脳出血の死亡率が34%有意に低い、
(HR; 0.66 (0.46-0.96; P for trend=0.04)

という関連が見出されました。


以上のデータから、

ビタミンDの摂取と、脳卒中の死亡率との間の有意な負の相関が示唆されます。



近年、ビタミンDは、骨の健康維持だけではなく、免疫調節作用や抗がん作用など、多彩な効果が示されています。


一般に、
健康保持や疾病予防、ヘルシーエイジングを目的としたビタミンD3サプリメントは、

1日あたり

25マイクログラム(1,000 IU)から、50マイクログラム(2,000 IU)が推奨されます


ビタミンD3サプリメントは、安全性、有効性、経済性に優れていますので、健康保持や疾病予防、あるいは多くの疾患での栄養状態を改善する前提条件に、ベーシックサプリメントとして広く利用されることが推奨できます。



多くの生活習慣病や慢性疾患、難治性疾患の患者群において、ビタミンD低値が示されており、ビタミンDサプリメントの臨床的意義が注目されています。


DHCでは、安全性、有効性、経済性(費用対効果)に優れたサプリメントを製品化しています。



ビタミンD3
(ビタミンD3 30日分 \286(税込\308))   ⇒1ヵ月分は約300円。








------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:57 | この記事のURL
ビタミンCが術後心房細動を予防する:メタ解析 [2018年04月03日(火)]
臨床循環器学の専門ジャーナル(電子版)に、術後心房細動に対するビタミンCの有用性を検証した系統的レビュー/メタ解析が報告されていました。
(Clin Cardiol. 2018 Mar 30.)


術後心房細動(Postoperative atrial fibrillation, POAF)は、術後回復の遅延、血行動態の破綻リスク、脳梗塞などの重大な二次的合併症のリスク、塞栓症予防の抗凝固療法で術後出血といった問題を生じます。


今回の研究では、

心臓術後の患者での術後心房細動(POAF)の予防に関して、

ビタミンCサプリメント(ビタミンC単独あるいは他の療法との併用)の効果を評価するための系統的レビューとメタ解析が行われました。


具体的には、
主要医学データベースを用いて、
(PubMed, EMbase, Web of Science and Cochrane Library)

心臓手術を受けた成人患者において、ビタミンCサプリメントの効果を調べたランダム化比較試験(RCT)が検索され、

13報のRCTから、
1956名のデータが抽出されました。


解析の結果、

ビタミンCサプリメントによって、

POAFリスクが32%有意に低下しました。
(RR 0.68, 95% CI 0.54 to 0.87, P = 0.002)

ビタミンCサプリメント単独では25%の有意なリスク低下、
(0.75, 95% CI 0.63 to 0.90, P = 0.002)

ビタミンCサプリメントの他の治療との併用では68%の有意なリスク低下
(RR 0.32, 95% CI 0.20 to 0.53, P < 0.001)

が認められています。



この相関は、サブ解析や感度分析でも同様でした。

さらに、

ビタミンCサプリメントは、

ICUでの入院期間を有意に短縮し、
(WMD -0.24 days, 95% CI -0.45 to -0.03, P =0.023), HLOS (WMD -0.95 days, 95% CI -1.64 to -0.26, P = 0.007),

有害事象リスクを半減させました。
(RR 0.45, 95% CI 0.21 to 0.96, P = 0.039)



以上のデータから、

心臓の術後の成人において、

ビタミンCサプリメントの投与による術後心房細動リスクの低減作用が示唆されます。





ビタミンC ハードカプセル(1,000mg)
(ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分【栄養機能食品(ビタミンC・ビタミンB2)】\629(税込\679)) ⇒1ヵ月分は約210円。





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------
posted at 23:51 | この記事のURL
イチョウ葉エキスは虚血性脳卒中発症後の認知機能低下を抑制する [2018年03月28日(水)]
神経学研究の専門ジャーナルに、虚血性脳卒中の発症後において、イチョウ葉エキスの有用性を検証した臨床研究が、中国のグループ(Nanjing University Medical School)から報告されていました。
(Stroke Vasc Neurol. 2017 Dec 18;2(4):189-197)



イチョウ葉エキスは、抗酸化作用や血小板凝集抑制作用、循環改善作用を有し、認知症の予防や閉塞性硬化症の改善に用いられるハーブサプリメントです。


イチョウ葉エキスには、特有のフラボノイド系ファイトケミカルが存在し、抗酸化作用や抗炎症作用、血小板凝集作用などを介して、効果を発揮します。


これまでに多くの臨床研究が行われており、認知症などに対して有効性と安全性が示されています。




(イチョウ葉エキスによる認知症改善効果@ドイツ)

(イチョウ葉エキスの有効性と安全性)

(イチョウ葉エキス20年間摂取による認知機能低下抑制作用)

(イチョウ葉エキスと認知症治療薬のシナジー)




今回の研究では、

急性虚血性脳卒中と、その発症後の血管イベントに対して、

イチョウ葉エキス(GBE)の有用性と安全性が検証されました。


具体的には、

多施設共同ランダム化オープンラベル試験として、

5つの病院にて、

脳卒中発症後7日内の患者を対象に、

・GBE投与群(1日あたり450mgのGBE+100mgのアスピリン)

・対照群(1日あたり100&#8201;mgのアスピリン)

の2群を対象に介入が行われ、

6か月後の時点で認知機能が測定されました。

主アウトカムは、
6か月後の時点でのMoCA(Montreal Cognitive Assessment)スコアの低下、

副アウトカムは、
認知機能や神経機能に関する指標、有害事象、血管イベントです。

(MoCAは、軽度認知障害MCIの簡易スクリーニング検査として国際的に認められています。)

348名の患者が試験に登録し、

GBE投与群179名、

対照群169名
でした。


18名(5.17%)が脱落しました。


解析の結果、

MoCAは、

対照群に比べて、

GBE投与群において、有意な改善が認められました。

(MoCAスコア:
-2.77±0.21 vs -1.99±0.23, P=0.0116 (30 days);
-3.34±0.24 vs -2.48±0.26, P=0.0165 (90 days);
-4.00±0.26 vs -2.71±0.26, P=0.0004 (180 days))


また、

NIHの脳卒中スケールスコア(12日、30日)、

modified Rankin Scaleスコア(30日、90日、180日)、

Barthel Index スコア(30日, 90日、180日)に関しても、

GBE投与群のほうが、対照群に比べて、有意な改善が認められました。


さらに、
MMSE(30日, 90日,180日)でも、同様に、GBE投与群における改善が示されています。


その他、

Webster's digit symbol testスコア(30日)、
Executive Dysfunction Index スコア(30日、180日)でも同様に、GBE投与群にて改善が見出されました。


一方、

有害事象や血管イベントに関しては、両群間で有意差は認められていません。



以上のデータから、

イチョウ葉エキスによって、

虚血性脳卒中発症後の認知機能低下抑制作用が示唆されます




機能性食品・サプリメントの中で、ヒト臨床研究によって、認知症改善作用が示されているのは、次の成分です。



イチョウ葉エキスによる認知症への効果:メタ解析


イチョウ葉エキス


イチョウ葉エキス製剤による認知症の症状改善作用


イチョウ葉エキスによる認知症改善効果@ドイツ


イチョウ葉エキスの有効性と安全性


イチョウ葉エキス20年間摂取による認知機能低下抑制作用


イチョウ葉エキスと認知症治療薬のシナジー


PS(ホスファチジルセリン)サプリメント


PS(ホスファチジルセリン)による認知機能改善作用


エクストラヴァージン(バージン)オリーブオイル


エクストラバージンオリーブオイルによる認知症予防効果


大豆イソフラボンによる認知機能改善効果@メタ解析



・ビタミンB群

ビタミンB群投与による脳萎縮(灰白質萎縮)抑制効果と認知機能低下抑制効果


脳萎縮進行抑制効果を示した臨床研究


オメガ3系必須脂肪酸とαリポ酸によるアルツハイマー病の進行抑制効果



一般に、認知機能への効果を期待する場合には、ビタミンB群、オメガ3系脂肪酸(EPADHA)、イチョウ葉エキスといったサプリメントを比較的長期間(数ヵ月以上)に利用することが必要と考えられます。

また、ウコン・クルクミンによる認知症改善作用も報告されています。

DHCでは、複合サプリメントも製品化しています。









------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:53 | この記事のURL
脳卒中予防には葉酸サプリメントが有用:メタ解析 [2018年02月09日(金)]
移動中の飛行機の機内で使われていた紙ナプキンに、
五輪のマークとチームUSAの文字が印刷されていました。





さて、本日の私的なお勉強日記です。


脳卒中研究の専門ジャーナルに、葉酸を食品に強制添加していない国において、脳卒中予防のための葉酸サプリメントの有用性を示したメタ解析が、米国の台湾のグループから報告されていました。
(J Stroke. 2018 Jan;20(1):99-109.)


葉酸は、ビタミンB群の1種であり、高ホモシステイン血症を改善することから、

動脈硬化予防、認知症予防の作用を有しています。


葉酸の摂取が、血中ホモシステイン値を低下させ、

葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析


葉酸サプリメントはACE阻害剤との併用で脳卒中を31%低減する



世界81カ国では、葉酸が穀類などに添加され、神経管閉鎖障害リスク低減策がとられています。
(ただし、日本では、葉酸が添加されておらず、H12の当時の厚生省の通知により、栄養補助食品からの摂取が推奨されています。)

認知症予防のために葉酸をサプリメントで400マイクログラム摂りましょう!
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4299


葉酸は、胎児の先天奇形である神経管閉鎖障害(二分脊椎)のリスク低減に加えて、脳血管疾患リスク低減作用もあることから、米国では1998年からシリアルなど穀類の食品に葉酸添加を義務付けています。


一方、日本など一部の国では、葉酸の食品への添加を国の施策としては行っていません。

今回の研究では、

食品への添加を行っていない国において、

脳卒中予防のための葉酸サプリメントの有用性が検証されました。

具体的には、

主要医学データベースを用いて
(PubMed, EMBASE, clinicaltrials.gov)

1966年1月から2016年8月までのデータが検索され、

葉酸サプリメントと脳卒中リスクとの関連が調べられています。


脳卒中をアウトカムとして報告した、
13報のランダム化比較試験(RCT)、65,812名の被験者のデータが対象となりました。



解析の結果、

対照群に比べて、

葉酸サプリメント投与群では、

脳卒中リスクが15%低下していました。
(RR, 0.85; 95% CI, 0.77 to 0.95)


葉酸単独あるいは葉酸+少量のビタミンB12(シアノコバラミン&#8804;0.05 mg/day)は、

脳卒中リスクが25%低下したのに対して、

葉酸+多めのシアノコバラミン(&#8805;0.4 mg/day)では、有意差は認められませんでした。
(RR, 0.95; 95% CI, 0.86 to 1.05)


以上のデータから、

葉酸添加が義務付けられていない国では、
脳卒中予防のために、葉酸サプリメントが有用であると考えられます。



葉酸サプリメントは、動脈硬化を予防し、脳卒中や認知症のリスクを低下させるというエビデンスが確立しています。

葉酸サプリメントの投与によって、血中ホモシステイン値が低下し、

ホモシステインによる血管内皮障害が抑制されることで、

動脈硬化性疾患のリスクが低下すると考えられます。


実際、これまでの観察研究や疫学研究において、
血中ホモシステイン値が低いと、脳卒中や心血管疾患の発症率が低いことが示されています。


葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析


葉酸サプリメントはACE阻害剤との併用で脳卒中を31%低減する

葉酸は、食品にも含まれますが、プテロイルポリグルタミン酸という形であり、利用効率は50%です。

一方、サプリメントに利用されている合成された葉酸は、プテロイルモノグルタミン酸であり、生体での利用効率が85%と高いことが特徴です。





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。


------------------------------------------------------------------
posted at 23:54 | この記事のURL
マルチビタミン・ミネラル・植物栄養素による心血管リスクマーカーの改善作用 [2018年01月28日(日)]
今月の栄養学の専門ジャーナルに、マルチビタミン+マルチミネラル+植物栄養素による心血管リスクマーカーへの好影響を示した臨床研究が、ロシアと米国のグループから報告されていました。
(Nutrients. 2018 Jan 25;10(2))


マルチビタミンやマルチミネラルは、ベーシックサプリメントとして、年齢や性別に関係なく成人すべてに推奨できます。


マルチビタミンサプリメントの有用性に関して、次の研究が知られています。


マルチビタミン・ミネラルと死亡率の関係:メタ解析

マルチビタミン・ミネラルサプリメントで栄養素不足が解消



50歳以上の米国の男性医師14,641名を対象にした研究で、

マルチビタミンによるがんリスク低減効果

(平均的な日本人を集団で対象とする場合、現代の食生活では潜在的な栄養素の不足という問題は想定されますが、マルチビタミンの投与で死亡率低下というデータまでは検出できないと思います。)

(なお、マルチビタミン・ミネラルサプリメントによる抗がん作用や死亡率低下のメカニズムとしては、ビタミンCやビタミンE、セレンといった抗酸化作用を持つ成分が、酸化障害の抑制を介して、抗がん作用および生活習慣病予防効果を示す、となります。)


さて、
今回の研究では、

ロシア人において、

マルチビタミン・マルチミネラル・植物栄養素の複合サプリメントによる心血管リスクマーカーへの作用が検証されました。

具体的には、

ランダム化二重盲検偽薬対照試験として、

40-70歳の健康な成人120名を対象に、

8週間の投与が行われました。



投与されたサプリメントには、
1日あたりビタミン14種類
(800 μg Vit A, 5.0 μg Vit D, 16 mg Vit E, 55 μg Vit K, 2.0 mg Vit B1, 2.4 mg Vit B2, 3.0 mg Vit B6, 2.0 μg Vit B12, 180 mg Vit C, 26 mg niacin, 60 μg biotin, 3.0 mg β-carotene, 400 μg folate and 10 mg pantothenic acid),

ミネラル9種類、
(471 mg calcium, 5.0 mg iron, 37.5 μg iodine, 6 mg zinc, 0.75 mg copper, 1 mg manganese, 55 mg magnesium, 25 μg chromium and 50 μg selenium)

植物抽出物
(リンゴ、ビルベリー、ブドウ種子、ウメ、ザクロ、クランベリー、ブドウエキス、ローズマリーエキス、パセリ、人参、ブロッコリー、ホウレン草、西洋わさび)
です。


アウトカムとして、

血中のβカロテン、αトコフェロール、ビタミンC、B6、B12、葉酸、亜鉛、セレンについて、

投与開始時、4週間、8週間の時点で測定されました。

心血管リスクマーカーとして、

ホモシステイン値、hs-CRP、酸化LDL、GGT(gamma-glutamyl transferase)、尿酸、脂質指標などが開始時と56日目に調べられています。



解析の結果、

マルチビタミン・マルチミネラル・植物栄養素の複合サプリメントの8週間投与によって、

血中ビタミンCやケルセチン、赤血球の葉酸が有意に増加し、

ビタミンB6とB12の減少の抑制が認められました。


また、
投与前に比べて、

サプリメント投与後に、

血中ホモシステイン値およびGGTの有意な低下が見出されました。

(それぞれ-3.97 ± 10.09 &#181;mol/L; -1.68 ± 14.53 U/L)


以上のデータから、

マルチビタミン・マルチミネラル・植物栄養素含有複合サプリメントによる心血管リスクマーカーの改善作用が示唆されます。


ロシアは、地域特性や生活習慣により、健康寿命が短く、心血管リスクも高いとされています。

今回の研究は、ロシアで行われており、ビタミン、ミネラル、植物栄養素の2ヶ月間の投与による有用性が検出されました。

今後、臨床的意義の検証が期待される分野です。





DHCでは、適正な価格で高品質のマルチビタミンマルチミネラルカルシウム・マグネシウムを提供しています。

------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------
posted at 23:54 | この記事のURL
脳卒中発症後にビタミンDが低下する [2018年01月23日(火)]
リハビリテーション医学の専門ジャーナルに、脳卒中発症後のビタミンDの低下を示した臨床研究が、韓国のグループから報告されていました。
(Ann Rehabil Med. 2017 Dec;41(6):944-950.)


今回の研究では、

脳卒中患者において、血中ビタミンD値と背景因子が検証されました。


具体的には、


血中ビタミンD値(25(OH)D)が測定された脳卒中患者51名を対象に、

亜急性期の患者23名、

慢性期の患者28名

の2群の比較が行われ、

脳卒中後のビタミンD値および背景因子が調べられています。



解析の結果、

亜急性期の患者に比べて、

慢性期の患者では、

血中ビタミンD値(25(OH)D)が有意に低値でした。
(12.3 vs. 16.3 ng/mL; p<0.05)


血中ビタミンD値は

脳卒中の発症後の経過に従って、有意な低下を示しました。
(r=-0.52, p=0.01)


非経口栄養の既往のある患者では、

経腸栄養患者群に比べて、

ビタミンDは有意に低値でした。
(7.3 vs. 18.8 ng/mL; p<0.01)


一方、

経口摂取群と、

経管栄養摂取群では有意差は見出されませんでした。


また、
慢性期の脳卒中患者群では、

介助なしに歩行できる患者のほうが、

非外来患者と比べて、ビタミンDが有意に高値でした。
(18.3 vs. 11.3 ng/mL; p<0.05).


以上のデータから、

脳卒中発症後では、

栄養摂取方法の相違に係わらず、

ビタミンD値が時間経過とともに低下すること、

非経口栄養摂取の患者では、ビタミンD欠乏が悪化すること、

長期の入院ではビタミンD欠乏リスクが高まること

が考えられます。


今後、ビタミンDサプリメントの投与による臨床的意義の検証が期待されます。


近年、ビタミンDは、骨の健康維持だけではなく、免疫調節作用や抗がん作用など、多彩な効果が示されています。


一般に、
健康保持や疾病予防、ヘルシーエイジングを目的としたビタミンD3サプリメントは、

1日あたり

25マイクログラム(1,000 IU)から、50マイクログラム(2,000 IU)が推奨されます


ビタミンD3サプリメントは、安全性、有効性、経済性に優れていますので、健康保持や疾病予防、あるいは多くの疾患での栄養状態を改善する前提条件に、ベーシックサプリメントとして広く利用されることが推奨できます。



多くの生活習慣病や慢性疾患、難治性疾患の患者群において、ビタミンD低値が示されており、ビタミンDサプリメントの臨床的意義が注目されています。

例えば、下記の研究があります。

ビタミンDサプリメントのインフルエンザ予防効果


線維筋痛症患者はビタミンDが低値:メタ解析


ビタミンD不足が腰痛と相関:メタ解析


統合失調症の発症前にはビタミンD不足と葉酸不足が先行:メタ解析


不妊男性へのビタミンDサプリメントが出生率を上げる


ビタミンKとビタミンDの充足が関節機能の維持に重要


DHCでは、安全性、有効性、経済性(費用対効果)に優れたサプリメントを製品化しています。



ビタミンD3
(ビタミンD3 30日分 \286(税込\308))   ⇒1ヵ月分は約300円。





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:56 | この記事のURL
ビタミンDが心不全患者での抗炎症作用を示す:メタ解析 [2018年01月21日(日)]
今月の科学誌に、心不全患者において、ビタミンDによる抗炎症作用を検証した系統的レビュー/メタ解析が、オーストラリアのグループ(Monash University)から報告されていました。
(Sci Rep. 2018 Jan 18;8(1):1169.)


単球やマクロファージ、活性Tリンパ球やBリンパ球など多くの免疫細胞に、ビタミンD受容体が存在しており、
ビタミンDは、炎症反応や免疫機能に影響することがわかっています。

基礎研究では、活性型ビタミンD[1,25(OH)2D3]が、炎症惹起サイトカイン類の発現を抑制し、抗炎症性サイトカイン類の産生を促進し、免疫細胞の活性を調整することがし見出されています。

ビタミンDの抗炎症作用の一部は、NFκBの経路の阻害を介していることが示唆されています。
基礎研究では、ビタミンDの投与により、炎症性関節炎、1型糖尿病、自己免疫性脳脊髄炎の発症予防効果が示されており、
ビタミンDが、ビタミンD受容体発現の増加により、NFkBの抑制を示すというデータもあります。


このように、ビタミンDは、抗炎症作用を有しており、
さまざまな生活習慣病のリスク低減効果が知られています。



今回の研究では、

心不全患者におけるビタミンDの抗炎症作用が検証されました。


具体的には、

系統的レビュー/メタ解析として、

主要医学データベースを用いて、
(MEDLINE, CINAHL, EMBASE, All EBM, and Clinical Trials registries)

2017年1月25日の時点で収載された、

心不全患者におけるビタミンDサプリメントによる炎症マーカーとの関連を調べたランダム化比較試験(RCT)が検索され、


7報がクライテリアに合致し、

6報の&#8201;1012名のデータが対象となりました。


メタ解析の結果、


対照群と比べて、

ビタミンDサプリメント投与群では、

TNF-αの有意な減少が見出されました。
(n&#8201;=&#8201;380; p&#8201;=&#8201;0.04)


一方、


CRP値(n&#8201;=&#8201;231)やIL-10 (n&#8201;=&#8201;247) あるいは、IL-6 (n&#8201;=&#8201;154)については、


ビタミンD投与群と対照群との間に有意差は見出されていません。
(all p&#8201;>&#8201;0.05)


以上のデータから、

心不全患者において、

ビタミンDサプリメント投与による抗炎症作用が示唆されます。





近年、ビタミンDは、骨の健康維持だけではなく、免疫調節作用や抗がん作用など、多彩な効果が示されています。


一般に、
健康保持や疾病予防の目的で利用されるビタミンD3サプリメントの摂取量は、
1日あたり
25マイクログラム(1,000IU)から50マイクログラム(2,000IU)です。


ビタミンDは、免疫調節作用や抗がん作用など、多彩な作用を有する脂溶性ビタミンの1種です。

多くの生活習慣病や慢性疾患、難治性疾患の患者群において、ビタミンD低値が示されており、ビタミンDサプリメントの臨床的意義が注目されています。



日本からの報告では、

ビタミンDサプリメントのインフルエンザ予防効果


が知られています。


また、さまざまな生活習慣病では、血中ビタミンD値が低いことが知られており、健康保持や疾病予防のために、ビタミンDサプリメントの摂取が推奨されます。


(欠乏症の予防ということでは通常の食事からでも補えますが、疾病予防という目的では、1日あたり1,000〜2,000
IUの摂取が必要であり、サプリメントを利用することになります。)



今日では、ビタミンD欠乏症の典型例のような疾患は少ない一方、血中ビタミンDの低値が広く認められることから、生活習慣病の予防やアンチエイジングを目的としたビタミンDサプリメントの利用が推奨されます。


日本人の間でも、ビタミンDの潜在的不足/欠乏が顕著になっています。


たとえば、
日本人妊婦の90%がビタミンD不足


血中ビタミンD値が高いと大腸腺腫リスクが低い

というデータがあります。




DHCでは、ビタミンD3サプリメントを製品化しています。


ビタミンDサプリメントに対する効果には個人差がありますが、

臨床的には、ビタミンDサプリメントを1,000 IU/日の用量で投与すると、血中25ヒドロキシビタミンD値が10ng/mL増加する、

という報告もあります。

マルチビタミンのビタミンDはRDAのための設定ですので、別途、ビタミンDサプリメントの利用となります。





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:55 | この記事のURL
コエンザイムQ10による高血圧改善作用@メタボリック症候群:メタ解析 [2018年01月19日(金)]
今月の循環器学研究の専門ジャーナル(電子版)に、メタボリック症候群患者において、コエンザイムQ10による高血圧改善作用を示した系統的レビュー/メタ解析が報告されていました。
(High Blood Press Cardiovasc Prev. 2018 Jan 12.)


コエンザイムQ10は、脂溶性のビタミン様物質であり、抗酸化作用やATP産生作用を介した疾病予防や慢性疾患の症状改善作用が報告されています。

例えば、下記の研究があります。

コエンザイムQ10による高血圧改善


高血圧患者におけるコエンザイムQ10の抗炎症作用 




今回の研究では、

メタボリック症候群患者において、

コエンザイムQ10による降圧作用が検証されました。


具体的には、

主要医学データベースを用いて、
(PubMed, EMBASE, Web of Science and Cochrane)

2017年8月10日までの研究が検索され、

メタボリック症候群患者において、

コエンザイムQ10と血圧との関係が調べられています。


17報のRCT、684名の被験者のデータが解析の対象となりました。


解析の結果、

コエンザイムQ10サプリメント投与によって、

収縮期血圧の有意な低下が見出されました。

(SMD - 0.30; 95% CI - 0.52, - 0.08)

また、
拡張期血圧は、コエンザイムQ10投与により、低下傾向が示されています。
(SMD - 0.08; 95% CI - 0.46, 0.29)


以上のデータから、

メタボリック症候群患者において、

コエンザイムQ10投与による降圧作用/収縮期血圧改善作用が示唆されます。


今後、補完療法としての臨床的意義の検証が期待される分野です。



これまでに次の研究が知られています。


スウェーデンでの先行研究では、

コエンザイムQ10+セレンサプリメントの5.2年間の投与によって、

心血管疾患死亡率の有意な低減効果が示されています。

コエンザイムQ10+セレンによる心臓病死低下効果



コエンザイムQ10による高血圧改善


高血圧患者におけるコエンザイムQ10の抗炎症作用 




コエンザイムQ10は、ATP産生作用や抗酸化作用を介して、さまざまな生活習慣病に効果が示されています。
健康な人や未病の状態では、1日あたり90mg〜110mg程度をベーシックサプリメントとして毎日摂取します。

一方、何らかの疾患があり、補完療法として用いる場合には、1日あたり100mg〜300mg程度の利用になります。

欧州の研究では、
がん患者にコエンザイムQ10を投与することで、生存率が向上したという報告もあります。


また、
臨床的には、がん患者では、放射線や化学療法といった治療あるいは終末期において、
がんに関連した倦怠感(Cancer Related Fatigue:. CRF)が高頻度に出現することが知られています。


コエンザイムQ10には、酸化型(=ユビキノン,ubiquinone)と還元型(=ユビキノール,ubiquinol)があります。



還元型CoQ10のほうが、酸化型CoQ10よりも体内で利用されやすいと考えられます。
(酸化型CoQ10は、体内に吸収された後、いったん還元されてから、利用されます。)


コエンザイムQ10に関するこれまでの研究の多くは、酸化型(=ユビキノン,ubiquinone)を用いています。


したがって、一般的には、生活習慣病の予防やアンチエイジング目的に関して、酸化型CoQ10のユビキノンの摂取で十分な効果が期待できます。


一方、特定の疾患に対して用いる場合、あるいは、体内の生理機能が低下している高齢者の場合には、還元型CoQ10の利用が推奨されます。







------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:56 | この記事のURL
喫煙者の脳卒中予防にはより多くの葉酸サプリメントが必要 [2018年01月05日(金)]
今月の脳卒中研究の専門ジャーナルに、葉酸サプリメントによる脳卒中予防効果に関して、喫煙の既往に関する層別解析を行った臨床研究が、米国と中国のグループから報告されていました。
(Stroke. 2018 Jan;49(1):114-120.)


葉酸はビタミンB群の一つです。

成人の場合、生活習慣病、特に動脈硬化性疾患に対する葉酸サプリメントの効果が知られています。


葉酸サプリメントの投与によって、血中ホモシステイン値が低下し、

ホモシステインによる血管内皮障害が抑制されることで、

動脈硬化性疾患のリスクが低下すると考えられます。


実際、これまでの観察研究や疫学研究において、
血中ホモシステイン値が低いと、脳卒中や心血管疾患の発症率が低いことが示されています。



葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析


さて、
今回の研究では、

葉酸サプリメントによる脳卒中の一次予防効果において、

男性被験者での喫煙の既往の有無による層別解析が行われました。

(中国脳卒中一次予防試験CSPPTのサブ解析です。)



具体的には、

CSPPT試験において、二重盲検法にて、

・ACE阻害剤(10mgのエナラプリル Enalapril、商品名:レニベース)単独投与群(n&#8202;=&#8202;10&#8202;354)

・ACE阻害剤(10mgのエナラプリル)+葉酸800マイクログラムの併用投与群(n&#8202;=&#8202;10&#8202;348),

の2群から、

男性の被験者8384名が解析の対象となり、

主アウトカムは初回脳卒中として調べられました。


介入期間の中央値は、4.5年間です。


解析の結果、

まず、

降圧剤単独投与群では、

初回の脳卒中リスクは、試験開始時の葉酸濃度や喫煙歴(非喫煙者 vs.喫煙の既往歴を有する被験者)でさまざまでした。


次に、

非喫煙者(喫煙をしたことがない被験者)では、

葉酸サプリメントの摂取と、初回脳卒中との間に有意な負の相関が見出されました。
(P for linear trend=0.043)

一方、

喫煙の既往を有する被験者では、この相関は見出されませんでした。


試験開始時の葉酸の濃度と喫煙の既往は、初回の脳卒中と有意な相関が示されています。
(P=0.045)


被験者全体の解析では、

非喫煙者(喫煙をしたことがない被験者)では、

葉酸サプリメントの摂取により、

初回脳卒中リスクが64%減少し、
(HR, 0.36; 95% CI, 0.16-0.83)


喫煙の既往歴を有し、葉酸の濃度が正常範囲の被験者では、

初回脳卒中リスクが31%低下という相関が見出されました。
(HR, 0.69; 95% CI, 0.48-0.99).


以上のデータから、

葉酸サプリメントによる初回脳卒中リスク低下作用は、

喫煙の既往者に比べて、

非喫煙者において顕著であると考えられます。



脳卒中は、動脈硬化が原因の一つであり、

葉酸は、動脈硬化リスクの一つである高ホモシステイン血症を改善することで、脳卒中リスクを抑制します。

喫煙も動脈硬化リスクであり、脳卒中リスクを高めますので、

葉酸の効果が、喫煙者では減弱すると考えられます。



なお、この研究のサブ解析では、次のデータも知られています。


葉酸サプリメントはACE阻害剤との併用で脳卒中を31%低減する


葉酸サプリメントが腎障害を有する高血圧患者の死亡率を低下する:CSPPT研究


葉酸は、食品にも含まれますが、プテロイルポリグルタミン酸という形であり、利用効率は50%です。

一方、サプリメントに利用されている合成された葉酸は、プテロイルモノグルタミン酸であり、生体での利用効率が85%と高いことが特徴です。


葉酸サプリメントの利用は、中高年の動脈硬化予防の点からも推奨されます。


日本での食事摂取基準では、葉酸は、240&#13197;の摂取が推奨されています。
一方、葉酸代謝にかかわる遺伝子変異により、約16%の日本人では、多めの葉酸摂取が必要です。

そこで、天然型よりも安定して吸収率が高い合成型の葉酸サプリメントを400マイクログラムの摂取が推奨されます。


葉酸 30日分

葉酸1日1粒あたり、葉酸400μg、ビタミンB2 1.3mg、ビタミンB6 1.7mg、ビタミンB12 2.5μg
通常価格

\239(税込\258)




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
高用量のビタミンとミネラルサプリメントで心血管リスクが半減する [2018年01月01日(月)]
新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


(なお,本ブログは,私的なお勉強日記のため,特に面白い内容ではないと思います…,ご了承ください。)



さて、本日の私的なお勉強日記です。



今月のアメリカ心臓病研究の専門ジャーナルに、高用量のビタミンとミネラルサプリメントの投与によって、脳卒中や心臓病などの心血管疾患のリスクが54%低下したという臨床研究が、米国のグループ(Columbia University Division of Cardiology at Mount Sinai Medical Center)から報告されていました。
(Am Heart J. 2018 Jan;195:70-77.)


今回の研究では、

高用量のビタミンとミネラルサプリメントを投与した臨床研究において、

スタチン剤を服用していない被験者を対象にしたサブグループ解析では、

偽薬群に比べて、

サプリメント投与群において、想定外に大きな効果が見出されました。

(TACTという研究にて行われた登録者から、スタチンを服用していない被験者を対象にした追加解析です。)



TACT研究として、

50歳以上の心筋梗塞後の患者を対象に、

・高用量のビタミンとミネラルサプリメント(28成分)投与群、

・偽薬群

の2群の介入が行われ

TACTの参加者1,708名のうち、
(米国とカナダの134か所での登録者です。)

登録時にスタチンを服用していない被験者460名(27%)のデータが検証されました。

内訳は、

ビタミンミネラルサプリメント投与群:224名 (49%)
(6タブレット/日)

偽薬投与群: 236名 (51%)

です。


TACT研究の主エンドポイントは、

全死亡率、心筋梗塞、脳卒中、冠状動脈再建術、狭心症での入院

です。


主エンドポイントの発症は、

非スタチン投与の被験者では137名(30%)であり、

そのうち、

マルチビタミンミネラルサプリメント投与群では、
224名中51名(23%)であったのに対して、


偽薬投与群では、
236名中86名 (36%)であり、

サプリメントにより、38%のリスク低下が認められました。

(HR 0.62; 95% CI, 0.44-0.87; P=.006)


副エンドポイントとして、

心血管疾患死亡率、脳卒中、あるいは、心筋梗塞再発の合計では、


偽薬群に比べて、

高用量のマルチビタミンマルチミネラルの併用投与群において、

54%のリスク低下が見出されました。
(HR, 0.46; 95% CI, 0.28-0.75; P=.002)


その他のエンドポイントも、

偽薬群に比べて、

マルチビタミンマルチミネラルサプリメント投与群での好影響が認められました。


以上のデータから、

スタチン剤を投与されていない心筋梗塞後の患者では、

高用量のビタミンとミネラルサプリメント投与によって、心血管疾患のリスクが半減することが示唆されます。


高用量のビタミンとミネラルサプリメントをDHC製品で取るとしたら、

マルチビタミン、

マルチミネラル、

ビタミンCハードカプセル

ビタミンBミックス

ビタミンD

ビタミンE

をまとめてとる方法があります。



マルチビタミンサプリメントの有用性に関して、次の研究が知られています。


50歳以上の米国の男性医師14,641名を対象にした研究で、

マルチビタミンによるがんリスク低減効果

マルチビタミン・ミネラルと死亡率の関係:メタ解析

(平均的な日本人を集団で対象とする場合、現代の食生活では潜在的な栄養素の不足という問題は想定されますが、マルチビタミンの投与で死亡率低下というデータまでは検出できないと思います。)

(なお、マルチビタミン・ミネラルサプリメントによる抗がん作用や死亡率低下のメカニズムとしては、ビタミンCやビタミンE、セレンといった抗酸化作用を持つ成分が、酸化障害の抑制を介して、抗がん作用および生活習慣病予防効果を示す、となります。)






中高年以上の疾病予防・健康増進のためには、

下記のサプリメントは、すべてベーシックサプリメントとして摂取が推奨できます。


すべての摂取にかかるコストは1か月分で、2,000円程度から、ですので、

安全性・有効性に加えて、経済性(費用対効果)にも優れています。



マルチビタミン、
(マルチビタミン 徳用90日分 \886(税込\956)) ⇒1ヵ月分は約300円。


マルチミネラル、
(マルチミネラル 徳用90日分【栄養機能食品(鉄・亜鉛・マグネシウム)】\1,239(税込\1,338))  ⇒1ヵ月分は約450円。


ビタミンC ハードカプセル(1,000mg)
(ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分【栄養機能食品(ビタミンC・ビタミンB2)】\629(税込\679)) ⇒1ヵ月分は約210円。



ビタミンD3
(ビタミンD3 30日分 \286(税込\308))   ⇒1ヵ月分は約300円。



コエンザイムQ10、
(コエンザイムQ10 包接体 徳用90日分  通常価格\2,143(税抜))  ⇒1ヵ月分は約700円。




↑ 上記は、合計で一か月分が約2,000円ほどです。中高年以上の全員に推奨できるベーシックな成分です。



↓ 下記の成分は、上記に加えて追加する場合に、優先されるサプリメントです。

EPA、
(EPA 30日分 \950(税込\1,026))



DHA、
(DHA 30日分 \1,191(税込\1,286))


乳酸菌
(届くビフィズス 30日分 通常価格 \1,429(税抜))





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
食物繊維の摂取による心血管リスク低下効果:メタ解析 [2017年12月30日(土)]
食物繊維の摂取による心血管リスク低下作用を検証したメタ解析が、米国のグループ(National University of Health Sciences)から報告されていました。
(J Chiropr Med. 2017 Dec;16(4):289-299.)




食物繊維は、がんをはじめとする生活習慣病のリスク低減に有用です。


最近の研究では、次の報告があります。


食物繊維10gで全死亡率が11%低下:メタ解析


食物繊維の摂取と全死亡率・心血管疾患死・がん死亡の低下


10グラムの食物繊維が膵臓がんリスクを12%低下:メタ解析



10グラムの食物繊維が乳がんリスクを4%低下:メタ解析


毎日10グラムの食物繊維摂取で大腸がんリスクが10%低下


食物繊維サプリメントによる減量効果と糖代謝改善効果:メタ解析



さて、今回の研究では、

食物繊維の摂取と、心血管疾患リスクへの作用が検証されました。


具体的には、

既存メタ解析のアンブレラレビューとして、

1980年1月1日から2017年1月31日までにPubMedに収載された論文を対象に検索が行われ、

31報が、アンブレラレビュー/メタ解析の対象となりました



解析の結果、

食物繊維の摂取量がもっとも多い群では、

最も少ない群に比べて、

心血管死亡率が、17%〜23%低下、
(RR = 0.77-0.83)


心血管疾患発症率が、9%〜28%低下、
(RR = 0.72-0.91)

心臓病(冠状動脈疾患)が、7%〜24%低下、
(RR = 0.76-0.93)

脳卒中が、7%〜17%低下
(RR = 0.83-0.93)

という相関が見出されました。


また、
βグルカンやサイリウムファイバーに関するメタ解析では、

総コレステロール値とLDLコレステロール値の有意な低下(改善)も認められています。
(総コレステロールは、9.3 から 14.7 mg/dLへ、
LDLコレステロールは、 10.8 から 13.5 mg/dLへ低下)


以上、メタ解析のアンブレラレビューでは、

食物繊維の摂取による心血管疾患リスク低減効果が示唆されます。


厚労省による国民健康栄養調査では、
日本人の男女とも、一日あたりの食物繊維の摂取不足が示されています。

教科書的には、
もっと食物繊維をとりましょう
となりますが、実際に充足されていない状況が何十年も続いているわけですので、

補完的に、健康食品/サプリメントで食物繊維を補い、健康増進や疾病予防に利用することが合理的と考えます。



DHCでは、食物繊維含有サプリメントを製品化しており、1日1包の摂取で、日本人に不足している食物繊維の量が充足できるように設計されています。


食物繊維
植物由来の食物繊維を1日目安量あたり5,200mg配合


国民健康栄養調査では、男女とも食物繊維の摂取量が推奨量よりも数グラム程度、少ないことが示されています。DHC食物繊維1包の追加で不足分を満たすことができます。




DHC飲む野菜1日350
30種の野菜が1缶にぎっしり350g!野菜不足にうれしい、おいしい野菜飲料



パーフェクト野菜
32種類もの野菜をギューッと凝縮! 野菜不足な毎日を手軽にサポート



ケール青汁+食物繊維
食物繊維の難消化性デキストリンがおなかの調子を整える[特定保健用食品]



DHC青汁+豆乳(30缶入)
2つのヘルシー素材がこれ1本!イメージをくつがえすおいしさです!





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:52 | この記事のURL
心臓病・脳卒中を予防する食事パターンは:メタ解析 [2017年11月18日(土)]
栄養学の専門ジャーナルに、心臓病や脳卒中を予防する食事パターンに関する系統的レビュー/メタ解析が、欧州のグループ(ドイツ、オーストリア、ベルギー)から報告されていました。
(Crit Rev Food Sci Nutr. 2017 Oct 17:1-20.)



今回の研究では、心血管イベントのリスクに対する食事パターンの影響が、前向きコホート研究を対象にした系統的レビュー/メタ解析により検証されました。



具体的には、

2017年3月までに主要医学データベースに収載された前向き研究から、
(PubMed and Embase)

食事パターンとして、12の食事群の摂取と、
(全粒穀類、精製穀類、野菜、果物、種実、豆類、卵、乳製品、魚類、赤肉、加工肉、加糖飲料)

冠状動脈疾患、脳卒中、心不全のリスクとの関係が調べられています。

123報がメタ解析の対象となりました。

まず、

疾患リスクとの負の相関が見出された食材は、

全粒穀類、
(RRCHD: 0.95 (95% CI: 0.92-0.98), RRHF: 0.96 (0.95-0.97))

野菜と果物、
(RRCHD: 0.97 (0.96-0.99), and 0.94 (0.90-0.97);
RRstroke: 0.92 (0.86-0.98), and 0.90 (0.84-0.97))

ナッツ(種実)、
(RRCHD: 0.67 (0.43-1.05)),

魚類
(RRCHD: 0.88 (0.79-0.99), RRstroke: 0.86 (0.75-0.99), and RRHF: 0.80 (0.67-0.95))

でした。


一方、
疾患リスクと正の相関が見出されたのは、

卵、
(RRHF: 1.16 (1.03-1.31)),

赤肉、
(RRCHD: 1.15 (1.08-1.23), RRstroke: 1.12 (1.06-1.17), RRHF: 1.08 (1.02-1.14)),

加工肉、
(RRCHD: 1.27 (1.09-1.49), RRstroke: 1.17 (1.02-1.34), RRHF: 1.12 (1.05-1.19)),

加糖飲料
(RRCHD: 1.17 (1.11-1.23), RRstroke: 1.07 (1.02-1.12), RRHF: 1.08 (1.05-1.12))

でした。


全粒穀類、果物、ナッツ(種実)、乳製品、赤肉と、

冠状動脈疾患との間は、明確な用量依存的の相関が見出されました。


今回のメタ解析から、

全粒穀類、野菜、果物、ナッツ(種実)、豆類、乳製品、魚類、赤肉、加工肉、卵、加糖飲料の摂取と、

心疾患(冠状動脈疾患や心不全)と脳卒中リスクとの関連が示唆されます。



DHCでは、

肥満・糖尿病・アンチエイジング・ヘルシーエイジング(健康長寿)のための食事として、

「‘ゆるやか’糖質制限」(緩やかな糖質制限食・低炭水化物食)を推奨しています。



最新の科学的根拠を俯瞰すると、

「緩やかな糖質制限食・低炭水化物食」を基本とした食生活が、

「ヘルシーエイジング(健康長寿)」

「ダイエット(適正体重の維持)」

「アンチエイジング(抗加齢)」

に有用であると考えられます。



がんなどの生活習慣病、肥満、メタボリック症候群の予防や改善には、

「地中海食の食事パターン」を基本として、

地産地消の食材を用いた「緩やかな糖質制限食・低炭水化物食」が推奨できます。



地中海食は、スペインやギリシャ、南フランスなど地中海地方の伝統食です。
野菜や果物、全粒の穀類、種実類、オリーブオイルの利用が多いという特徴があります。

地中海食は、健康増進や疾病予防に有用であることが知られており、多くの研究によってエビデンスが示されています。




地中海食やオリーブオイルの効能については、多くのエビデンスが報告されています。


地中海食で死亡率が半減する



低炭水化物(糖質制限)食と地中海食は低脂肪食よりも有効



オリーブオイルの摂取10gで全死亡率が7%低下



地中海食がメタボを抑制



バージンオリーブオイルとナッツ類を含む地中海食の抗炎症作用



バージンオリーブオイルの心臓病予防作用



オリーブオイルによる皮膚の老化抑制作用



地中海食による認知症予防効果



地中海食+CoQ10サプリによる抗酸化作用



超低炭水化物・地中海食による減量効果




地中海食による高尿酸血症リスクの低下



オリーブオイルによる動脈硬化抑制作用



バージンオリーブオイルによる骨代謝改善作用




オリーブオイルとナッツによる心血管リスク低下作用



伝統的地中海食による脂質代謝改善作用



オリーブオイルによる膀胱がんリスク低下




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報
------------------------------------------------------------------

posted at 23:54 | この記事のURL
葉酸サプリメントが心血管疾患患者の脳卒中リスクを10%低下する:メタ解析 [2017年10月30日(月)]
今月の臨床医学誌に、心血管疾患を有する患者において、葉酸サプリメントによる脳卒中の予防効果を検証したメタ解析が報告されていました。
(Am J Med Sci. 2017 Oct;354(4):379-387)



葉酸サプリメントは、動脈硬化を予防し、脳卒中や認知症のリスクを低下させるというエビデンスが確立しています。

葉酸サプリメントの投与によって、血中ホモシステイン値が低下し、

ホモシステインによる血管内皮障害が抑制されることで、

動脈硬化性疾患のリスクが低下すると考えられます。


実際、これまでの観察研究や疫学研究において、
血中ホモシステイン値が低いと、脳卒中や心血管疾患の発症率が低いことが示されています。


葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析


葉酸サプリメントはACE阻害剤との併用で脳卒中を31%低減する


今回の研究では、

心血管疾患を有する患者において、

葉酸サプリメントによる脳卒中の予防への作用が検証されました。


具体的には、

2016年10月までの主要医学データベースから、
(PubMed, EMBASE and Cochrane Library)


CVD患者における葉酸サプリメント投与のRCTが検索され、

有用性が調べられています。


11報、65,790名のデータが対象となりました。

解析の結果、


葉酸サプリメントの摂取は、CVDを有する患者において、脳卒中リスクを10%低下するという有意な相関が見出されました。
(RR = 0.90; 95% CI: 0.84-0.97; P = 0.005)


層別解析では、

葉酸サプリメントの投与により、
ホモシステイン値が25%以上低下した被験者において、

より顕著な脳卒中リスク低下(15%リスク低下)が見出されました。
(RR = 0.85; 95% CI: 0.74-0.97; P = 0.03)


また、層別解析では、

葉酸の用量が1日あたり2mg(2000マイクログラム)未満の群で22%のリスク低下、
(RR = 0.78; 95% CI: 0.68-0.89; P = 0.01)

穀類への葉酸添加が行われていない被験者での葉酸サプリメントの摂取群で13%リスク低下
(RR = 0.87; 95% CI: 0.81-0.94; P = 0.04)

も認められています。


以上のデータから、

心血管疾患を有する患者において、

葉酸サプリメントの摂取による脳卒中リスク低下効果が考えられます。




葉酸サプリメントは、動脈硬化を予防し、脳卒中や認知症のリスクを低下させるというエビデンスが確立しています。

葉酸サプリメントの投与によって、血中ホモシステイン値が低下し、

ホモシステインによる血管内皮障害が抑制されることで、

動脈硬化性疾患のリスクが低下すると考えられます。


実際、これまでの観察研究や疫学研究において、
血中ホモシステイン値が低いと、脳卒中や心血管疾患の発症率が低いことが示されています。


葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析


葉酸サプリメントはACE阻害剤との併用で脳卒中を31%低減する

葉酸は、食品にも含まれますが、プテロイルポリグルタミン酸という形であり、利用効率は50%です。

一方、サプリメントに利用されている合成された葉酸は、プテロイルモノグルタミン酸であり、生体での利用効率が85%と高いことが特徴です。





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報
------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る