サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2017年12月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
最新記事
男性型脱毛症とノコギリヤシ [2009年08月14日(金)]
男性型脱毛症(Androgenetic alopecia,AGA)は,成人男性にみられる禿頭(とくとう)の1種です。

思春期以降の時期に,額の生え際や頭頂部の髪が薄くなります。

一般に,遺伝素因や男性ホルモンの影響が原因と考えられています。


AGAに対して,ハーブサプリメントの成分ではノコギリヤシの働きが注目されています。


これは,AGAの要因のひとつとして,5−α還元酵素によるテストステロンからDHT(dihydrotestosterone)への代謝が関係すると考えられており,ノコギリヤシはこの酵素活性を抑制する作用を有するからです。


なお,ノコギリヤシは,5−α還元酵素阻害作用を作用機序として,前立腺肥大症(BPH)に対して用いられます。


AGAに対しては,BPH治療薬の効果が示唆されていますので,ノコギリヤシにも同様の効果が期待されているわけです。



AGAに対するノコギリヤシの効果については,ランダム化偽薬対照二重盲検臨床試験が報告されています。
(J Altern Complement Med. 2002;8:143-52.)

軽症から中等度のAGAを示す健康な男性(23歳から64歳)を対象に,ノコギリヤシ抽出物(liposterolic extractとβシトステロール含有)を投与した結果,10名中6名の被験者におけるAGA改善効果が認められたということです。



その他,症例報告では,AGAの女性(24歳)におけるノコギリヤシの外用も知られています。
(Australas J Dermatol. 2002 Nov;43(4):311-2.)


今後,臨床的意義の検討が期待されます。


------------------------------------------------------------------
医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】
------------------------------------------------------------------
posted at 23:57 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/1176
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る