サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2017年12月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
最新記事
葉酸が腹膜透析(CAPD)患者の死亡率を減少する [2017年11月24日(金)]
今月の血液浄化研究の専門ジャーナルに、葉酸サプリメントによる、持続性自己管理腹膜透析(CAPD)患者の死亡率への作用を検証した臨床研究が、中国のグループ(Sun Yat-Sen University)から報告されていました。
(Blood Purif. 2017 Nov 22;45(1-3):28-35.)


葉酸は、水溶性ビタミンB群の1種であり、ホモシステインを代謝して、高ホモシステイン血症を改善する作用を有しています。

葉酸サプリメントは、動脈硬化を予防し、脳卒中や認知症のリスクを低下させるというエビデンスが確立しています。

葉酸サプリメントの投与によって、血中ホモシステイン値が低下し、

ホモシステインによる血管内皮障害が抑制されることで、

動脈硬化性疾患のリスクが低下します。

さて、

今回の研究では、

CAPD(持続携行式自己腹膜透析法)患者において、

葉酸サプリメントによる死亡率への作用が検証されました。


具体的には、

1,358名の患者を対象に、

葉酸(FA)への暴露が、葉酸の用量とフォローアップ期間の累積から求められました(FA%)。


FA%のカットオフ値は、34%未満であり、

フォローアップ期間の中央値は
40.7ヵ月でした。



FAが34%を超える場合、

全死亡率が36%低下、
(adjusted hazard ratios [HRs] 95% CI 0.64 [0.48-0.85])


心血管死亡率が33%低下
(HR 0.67, 95% CI 0.47-0.97)

という相関が見出されました。

さらに、

FAが10%高くなるごとに、

全死亡率は7.5%低下、
(0.925、95% CI 0.879-0.973)

心血管死亡率は7.4%低下
(0.926、95% CI 0.869-0.988)

という関連が見出されました。


以上のデータから、

CAPD患者において、

葉酸サプリメントによる全死亡率の低下、および、心血管死亡率の低下が示唆されます。




葉酸サプリメントは、動脈硬化を予防し、脳卒中や認知症のリスクを低下させるというエビデンスが確立しています。

葉酸サプリメントの投与によって、血中ホモシステイン値が低下し、

ホモシステインによる血管内皮障害が抑制されることで、

動脈硬化性疾患のリスクが低下すると考えられます。


実際、これまでの観察研究や疫学研究において、
血中ホモシステイン値が低いと、脳卒中や心血管疾患の発症率が低いことが示されています。


葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析


葉酸サプリメントはACE阻害剤との併用で脳卒中を31%低減する

葉酸は、食品にも含まれますが、プテロイルポリグルタミン酸という形であり、利用効率は50%です。

一方、サプリメントに利用されている合成された葉酸は、プテロイルモノグルタミン酸であり、生体での利用効率が85%と高いことが特徴です。


これまでの観察研究や疫学研究において、
血中ホモシステイン値が低いと、脳卒中や心血管疾患の発症率が低いことが示されています。


葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析


葉酸サプリメントはACE阻害剤との併用で脳卒中を31%低減する

葉酸は、食品にも含まれますが、プテロイルポリグルタミン酸という形であり、利用効率は50%です。

一方、サプリメントに利用されている合成された葉酸は、プテロイルモノグルタミン酸であり、生体での利用効率が85%と高いことが特徴です。





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報
------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
血中マグネシウムが低いと死亡率が高い@慢性腎臓病患者 [2017年10月31日(火)]
今月の腎臓病研究の専門ジャーナルに、慢性腎臓病(CKD)患者において、血中マグネシウム値と死亡率との関連を調べた研究が、米国のグループ(University of Texas Southwestern Medical Center)から報告されていました。
(Nephrol Dial Transplant. 2017 Oct 25.)


一般に、

血中マグネシウムの低値は、死亡率の上昇、心血管疾患リスクの上昇などを生じます。



マグネシウムが糖尿病のリスク低下に有用:メタ解析




マグネシウムによる高血圧改善作用:メタ解析




今回の研究では、


慢性腎臓病(CKD)の有無と、

血中マグネシウムと死亡率との関連が検証されました。

(多民族ダラス心臓研究:multiethnic Dallas Heart Study (DHS) というコホート研究の一環です。)

具体的には、

血中マグネシウムの3分位と、

全死亡率、心血管死イベント、心血管疾患(CVS)サロゲートマーカーなどとの関連が調べられています。


フォローアップ期間の中央値は、

12.3年でした。

(11.9-12.8, 25th percentile-75th percentile).


3551名の被験者の中で、

306名 (8.6%)が慢性腎臓病(CKD)を有していました。


血中マグネシウムの値は、

CKD患者では2.08 ± 0.19 mg/dL
(0.85 ± 0.08 mM, mean ± SD)

非CKD患者では2.07 ± 0.18 mg/dL
(0.85 ± 0.07 mM)

でした。

フォローアップ期間中、

329例の死亡例(全死亡)、

306例の心血管死亡あるいはイベント、

が認められました。


交絡因子で補正後、

血中マグネシウムの値が0.2 mg/dL低下すると、

CKDの有無にかかわらず、
全死亡率が20−40%上昇しました。

CKD患者では、

血中マグネシウム値が三分位で最低群では、

最高群に比べて、全死亡率が2倍以上でした。



以上のデータから、

今回のDHSコホート研究では、

慢性腎臓病(CKD)患者において

血中マグネシウム低値(1.4-1.9 mg/dL; 0.58-0.78 mM)と、全死亡率上昇との間に有意な相関が見出されました。

今後、介入試験による検証が期待される分野です。




先行研究では、次の報告があります。



マグネシウムが糖尿病のリスク低下に有用:メタ解析




マグネシウムによる高血圧改善作用:メタ解析



マグネシウムの摂取が多いと日本人男性の心臓病リスクが低下:JPHC研究

マグネシウムが女性の健康寿命を延長する 




平均的な日本人の食生活では、カルシウムもマグネシウムも不足しています。


DHCでは、カルシウムマグサプリメントをお勧めしています。


カルシウム/マグ
1日3粒あたり
カルシウム360mg、
マグネシウム206mg、
ビタミンD(ビタミンD3)〈88IU〉2.2μg、
CPP(カゼインホスホペプチド)9.7mg




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報
------------------------------------------------------------------
posted at 23:55 | この記事のURL
小児糖尿病の腎障害に対する補完療法としてのカルノシンの働き [2017年07月30日(日)]
今月の小児糖尿病学の専門ジャーナル(電子版)に、小児糖尿病の腎障害に対するカルノシンの作用を調べた臨床研究が、エジプトのグループ(Ain shams University)から報告されていました。
(Pediatr Diabetes. 2017 Jul 26.)




カルノシンは、イミダゾールジペプチドの1種です。

産官学による研究で,抗疲労作用という機能性が示された成分です。


また、
これまでの基礎研究では、

カルノシンによる糖尿病や心臓病への有用性が示唆されています。


最近では、次のような研究が知られています。


カルノシンによる2型糖尿病リスク低減作用


アンセリンによる認知機能・身体機能改善作用




さて、今回の研究では、

小児糖尿病での腎障害に対するカルノシンの働きが検証されました。


糖尿病性腎障害では、

酸化ストレスが病態進展の原因となることから、

活性酸素のスカベンジャーとしてのカルノシンの作用を調べた、という背景です。




具体的には、

ランダム化偽薬対照試験として、

糖尿病性腎症を有しており、
ACE阻害剤を服用している小児糖尿病患者90名を対象に、


・カルノシン(1g/日)投与群:45名、

・偽薬投与群:45名

の2群について、
12週間の投与が行われ、

糖代謝(HbA1c)、尿細管障害の指標であるα1-マイクログロブリン(α1-m, A1M)、総抗酸化能、MDA(過酸化脂質)などが調べられています。


投与開始の時点では、

臨床指標および検査指標において両群間に差はありませんでした。



解析の結果、

12週間のカルノシン投与(1g/日)によって、

投与前に比べて、
および
偽薬投与群に比べて、
(P&#8201;<&#8201;.001)

HbA1cの有意な低下
(8.2&#8201;±&#8201;2.1% vs 7.4&#8201;±&#8201;1.3%)

UAEの有意な低下、
(91.7 vs 38.5&#8201;mg/g creatinine)

A1Mの有意な低下、
(16.5&#8201;±&#8201;6.8&#8201;mg/L vs 9.3&#8201;±&#8201;6.6&#8201;mg/L)

MDAの有意な低下
(25.5&#8201;±&#8201;8.1 vs 18.2&#8201;±&#8201;7.7&#8201;nmol/mL)

TAC(総抗酸化能)の有意な増加
(P&#8201;<&#8201;.001)

が見出されました。


なお、有害事象は示されていません。


また、
カルノシン投与群では、

投与前のTAC値は、

HbA1c値
(r&#8201;=&#8201;-0.58, P&#8201;=&#8201;.04)
および
A1M値
(r&#8201;=&#8201;-0.682, P&#8201;=&#8201;.015)
と有意な負の相関が見出されています。




以上のデータから、

ACE阻害剤服用中で、腎障害を有する1型糖尿病小児患者において、

L-カルノシン(1g/日)の12週間の投与により、

抗酸化能の亢進、

糖代謝指標の改善、

腎障害指標の改善といった作用が示唆されます。


今後、補完療法としての臨床的意義の検証が期待される分野です。




DHCでは,
イミダゾールペプチドサプリメントを製品化しています。


イミダゾールペプチドは,イミダゾール基を有するアミノ酸結合体の総称です。

近年、イミダゾールジペプチドが,抗疲労を有する機能性成分・サプリメントとして利用されるようになりました。

産官学による研究で,抗疲労作用という機能性が示された成分です。


アンセリンanserineやカルノシンcarnosineといった成分があります。

東南アジアの栄養ドリンク剤には,トリ胸肉エキスを利用したものがあります。

トリ(鶏)胸肉抽出物は,CBEX(Chicken Breast Extract)として知られる機能性食品素材です。

トリ胸肉中にはイミダゾールジペプチドであるカルノシンやアンセリンが豊富に含まれており,予備的な臨床研究では,トリ胸肉抽出物(イミダゾールジペプチドとして400mg含有)投与による抗疲労効果が示されています。


イミダゾールジペプチド(カルノシンおよびアンセリン)は,抗酸化作用を有し,活性酸素による組織傷害に対する保護作用を示します。

また,イミダゾールジペプチド投与により,骨格筋中のカルノシンおよびアンセリン濃度が上昇します。

骨格筋のカルノシンの濃度は,運動パフォーマンスと相関することから,
骨格筋におけるイミダゾールジペプチドの抗酸化作用により,抗疲労効果が発揮されると思われます。




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報



医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:55 | この記事のURL
魚油が2型糖尿病と心臓病の合併患者での腎障害を抑制 [2017年07月18日(火)]
今月の循環器病学の専門ジャーナルに、2型糖尿病を有する心臓病患者において、EPA+DHAによる腎機能への有用性を示した臨床研究が、米国のグループ(Harvard Medical School)から報告されていました。
(J Am Heart Assoc. 2017 Jul 14;6(7).)



狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患患者では、

アルブミン尿が、炎症マーカーとなり、死亡率と関連します。


今回の研究では、

アルブミン尿を呈する心臓病患者において、

EPA+DHAの有用性が検証されました。


具体的には、

安定した冠状動脈疾患を有する被験者262名(平均年齢63.3±7.6歳、17%が女性、30%が2型糖尿病)を対象に、

・EPA+DHA(EPA 1.86グラム、DHA 1.5グラム)投与群、

・対照群(非投与群)

の2群について

1年間の介入試験が行われ、


尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)が調べられています。



解析の結果、

まず、非糖尿病の心臓病患者では、

ACRに関して両群間での有意差は認められませんでした。


一方、

非投与群の糖尿病患者では、

ACRが72.3%、有意な上昇(増悪)が認められ、
(P<0.001)、


EPA+DHA投与群では有意な変化は認められませんでした。


ARBやACEなどの降圧剤を服用している2型糖尿病患者では、

EPA+DHA投与群では、
ACRの変化は認められていませんが、

非投与群では、
ACRが64.2%、有意に上昇(増悪)していました。
(P<0.001)



その他、

ACRの変化は、

収縮期血圧の変化との有意な相関が見出されています。
(r=0.394, P=0.01).


以上のデータから、

心臓病患者(冠状動脈疾患)のうち、2型糖尿病を有する患者において、

EPA+DHA投与による、腎障害の症状抑制作用が示唆されます。






DHCでは、オメガ3系必須脂肪酸サプリメントを製品化しています。



EPA、
(EPA 30日分 \950(税込\1,026))




DHA、
(DHA 30日分 \1,191(税込\1,286))





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報



医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:56 | この記事のURL
葉酸サプリメントが腎障害を有する高血圧患者の死亡率を低下する:CSPPT研究 [2017年04月28日(金)]
高血圧研究の専門ジャーナルに、高度タンパク尿を呈する高血圧患者において、葉酸サプリメントの投与による全死亡率の低下作用を示した臨床研究が、中国とのグループから報告されていました。
(J Hypertens. 2017 Jun;35(6):1302-1309.)




葉酸はビタミンB群の一つです。

成人の場合、生活習慣病、特に動脈硬化性疾患に対する葉酸サプリメントの効果が知られています。




葉酸サプリメントの投与によって、血中ホモシステイン値が低下し、

ホモシステインによる血管内皮障害が抑制されることで、

動脈硬化性疾患のリスクが低下すると考えられます。


実際、これまでの観察研究や疫学研究において、
血中ホモシステイン値が低いと、脳卒中や心血管疾患の発症率が低いことが示されています。



葉酸サプリメントで脳卒中が10%低下、心臓病が4%低下:メタ解析


さて、
今回の研究では、

降圧剤を服用中の高血圧患者において、

葉酸サプリメントの摂取による高度タンパク尿を呈する腎障害患者での死亡率への影響が検証されました。。

(中国脳卒中一次予防試験CSPPTのサブ解析です。)


具体的には、
ランダム化二重盲検比較試験として、


心血管疾患の既往を有していない20,702名の高血圧患者を対象に、

・ACE阻害剤(10mgのエナラプリル Enalapril、商品名:レニベース)単独投与群(n&#8202;=&#8202;10&#8202;354)

・ACE阻害剤(10mgのエナラプリル)+葉酸800マイクログラムの併用投与群(n&#8202;=&#8202;10&#8202;348),

の2群について、死亡率が調べられています。


介入期間の中央値は、
4.5年間です。


解析の結果、

まず、ACE阻害剤(エナラプリル)単独投与群では、

タンパク尿を有していない群に比べて、

高度タンパク尿の患者グループは、死亡率が3.30倍、
[vs. absent, 10.8 vs. 2.7%; HR=&#8202;3.30; 95% CI: 2.10-5.18]


低eGFRの患者群(60未満ml/min)では、

90 ml/min以上の群に比べて、死亡率が1.93倍であり、

(<60 vs. &#8805;90&#8202;ml/min per 1.73&#8202;m, 13.0 vs. 2.2%; HR=&#8202;1.93; 95% CI: 1.19-3.12)

腎障害と、全死亡率の上昇との間に有意な相関が認められました。

次に、

葉酸サプリメントの併用群では、

高度尿タンパク患者群での全死亡率が半減、
(葉酸併用群;6.4% vs. 医薬品単独群10.8%, hazard ratio&#8202;=&#8202;0.49; 95% CI: 0.26-0.94)
していました。

ただし、タンパク尿ではない患者、もしくは、軽度タンパク尿患者では、死亡率に有意差は認められませんでした。
(2.8 vs. 2.9%, hazard ratio&#8202;=&#8202;0.99; 95% CI: 0.84-1.17; P for interaction&#8202;=&#8202;0.040)

また、
全死亡率との関連では、
eGFRの機能に関する層別解析において、葉酸サプリメントとの有意な相関は認められませんでした。


以上のデータから、

重大な心血管イベント既往のない高血圧患者で、高度タンパク尿を呈する場合において、

降圧剤と葉酸サプリメントの併用投与により、全死亡率低下という有用性が示唆されます。


なお、この研究のサブ解析では、次のデータも知られています。


葉酸サプリメントはACE阻害剤との併用で脳卒中を31%低減する



葉酸は、食品にも含まれますが、プテロイルポリグルタミン酸という形であり、利用効率は50%です。

一方、サプリメントに利用されている合成された葉酸は、プテロイルモノグルタミン酸であり、生体での利用効率が85%と高いことが特徴です。


葉酸サプリメントの利用は、中高年の動脈硬化予防の点からも推奨されます。


日本での食事摂取基準では、葉酸は、240&#13197;の摂取が推奨されています。
一方、葉酸代謝にかかわる遺伝子変異により、約16%の日本人では、多めの葉酸摂取が必要です。

そこで、天然型よりも安定して吸収率が高い合成型の葉酸サプリメントを400マイクログラムの摂取が推奨されます。


葉酸 30日分

葉酸1日1粒あたり、葉酸400μg、ビタミンB2 1.3mg、ビタミンB6 1.7mg、ビタミンB12 2.5μg
通常価格

\239(税込\258)





------------------------------------------------------------------
DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。

地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



DHCが日本のサプリを健康にします。


「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
慢性腎臓病に対するオメガ3系必須脂肪酸の有用性:メタ解析 [2017年02月25日(土)]
臨床医学系のジャーナルに、慢性腎臓病に対する補完療法としてのオメガ3系必須脂肪酸の有用性を調べたメタ解析が報告されていました。
(Clinics. 2017 Jan 1;72(1):58-64.)



EPADHAなどのオメガ3系必須脂肪酸は、抗炎症作用・動脈硬化予防作用、認知機能改善作用、抗うつ作用など多彩な働きが示されています。



今回の研究では、

慢性腎臓病患者に対するオメガ3系必須脂肪酸サプリメントの有用性が検証されました。


具体的には、
主要医学データベースを用いて、
(PubMed, Embase, the Cochrane Library)


腎機能として、
タンパク尿、クレアチニンクリアランス、糸球体濾過量(GFR)、末期腎不全(ESRD)率と
オメガ3系脂肪酸摂取との関連が調べられました。


ランダム化比較試験9報から慢性腎臓病患者444名のデータが対象となりました。

フォローアップ期間は、2ヶ月から、76.8ヶ月です。

解析の結果、

対照群/非投与群あるいは低用量のオメガ3系必須脂肪酸投与群に比べて、

高用量のオメガ3系必須脂肪酸サプリメント投与群では、

タンパク尿リスクの有意な低下が認められたということです。
(SMD: -0.31; 95% CI: -0.53 to -0.10; p=0.004)

また、

末期腎不全のリスクは半減していました。
(51%のリスク低減、RR: 0.49; 95% CI: 0.24 to 0.99; p=0.047)

なお、
クレアチニンクリアランスおよび
(SMD: 0.22; 95% CI: -0.40 to 0.84; p=0.482)

糸球体濾過量
(SMD: 0.14; 95% CI: -0.13 to 0.42; p=0.296)
には有意差は認められませんでした。


以上のデータから、

オメガ3系必須脂肪酸サプリメントによる慢性腎臓病での補完療法としての有用性が示唆されます。



DHCでは、オメガ3系必須脂肪酸サプリメントを製品化しています。




EPA、
(EPA 30日分 \950(税込\1,026))






DHA、
(DHA 30日分 \1,191(税込\1,286))






機能性食品素材・サプリメントでは、抗炎症作用や抗酸化作用を有する成分があり、人工透析患者に対する効果が示唆されています。

(腎不全・維持透析患者のためのサプリメント)


例えば、疫学研究では、魚油/オメガ3系脂肪酸の摂取が多いと、人工透析患者の生存率が向上する、というデータが知られています。
(Am J Kidney Dis. 2011 Aug;58(2):248-56.)


また、腎不全患者の新規透析用動静脈グラフト術後経過に対する魚油サプリメントの効果を示したランダム化比較試験も示されています。


その他、次のような報告も知られています。


葉酸サプリメントによる末期腎不全患者の死亡率低下効果



腹膜透析患者におけるビタミンCとEの抗酸化作用



維持透析患者でのビタミンEの抗酸化作用



・慢性血液透析患者に対するビタミンD3サプリメントの有用性



・腎不全患者の透析用動静脈グラフトに対する魚油サプリメントの効果



・ビタミンD高値は腎結石症との相関なし




・還元型コエンザイムQ10による腎機能改善作用



・ビタミンD3+カルシウムサプリメントによる効果@慢性腎臓病患者



・ビタミンD不足の腎臓移植患者ではタンパク尿が認められる



・人工透析患者におけるαリポ酸の効果



・ビタミンDによる慢性腎臓病の死亡率低下作用



・末期腎疾患患者におけるビタミンDサプリメントの効果




------------------------------------------------------------------
DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。

地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



DHCが日本のサプリを健康にします。


「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:54 | この記事のURL
高用量のコエンザイムQ10(CoQ10)による末期腎不全での抗酸化能亢進作用 [2016年12月22日(木)]
今月の腎臓病学の専門ジャーナル(電子版)に、高用量のコエンザイムQ10投与によって、末期腎不全患者における酸化ストレスマーカーの改善効果を示した臨床研究が、米国のグループ(University of Washington)から報告されていました。
(Am J Kidney Dis. 2016 Dec 4)



末期腎不全・末期腎障害患者では、酸化ストレスの亢進が認められ、心血管リスクにも関連すると考えられます。


コエンザイムQ10は、脂溶性のビタミン様物質であり、抗酸化作用やATP産生作用を介した疾病予防や慢性疾患の症状改善作用が報告されています。




今回の研究では、

慢性維持透析患者において、酸化ストレスを軽減する介入方法が検証されました。

具体的には、

ランダム化二重盲検偽薬対照試験として、

慢性維持透析患者65名(週3回透析施行)を対象に、

・コエンザイムQ10を600mg/日の用量で投与した群、

・コエンザイムQ10を1200mg/日で投与した群、

・偽薬投与群

の3群について、4か月間の介入試験が行われました。

(各群1日1回の投与)


主アウトカムは、
血中酸化ストレスマーカー(F2-isoprotanes)

副アウトカムは、
血中 isofurans(酸化ストレスマーカー)

心臓関連バイオマーカー、
(N-terminal pro-brain natriuretic peptide and troponin T)

透析前血圧、

安全性/許容性です。


最初に登録された患者80名のうち、15名は、最初の登録後の受診を完了しなかったため、

65名が試験解析の対象となりました(ITT解析)。

解析の結果、

まず、有害事象は認められませんでした。

次に、

4ヶ月後の時点で、

血中F2-isoprostanesは、コエンザイムQ10(1200mg)投与群において、偽薬投与群に比べて、有意な減少を示しました。
(600mg群では有意差は認められていません。)

(平均変化 -10.7 [95% CI, -7.1 to -14.3] pg/mL [P<0.001] and -8.3 [95% CI, -5.5 to -11.0] pg/mL [P=0.1], respectively)

なお、
血中isofurans, 心臓バイオマーカー類, 透析前血圧に関しては、コエンザイムQ10投与による有意な変化は見出されませんでした。


以上のデータから、

末期腎障害・腎不全患者において、

高用量(1,200mg)のコエンザイムQ10投与による抗酸化作用が示唆されます。

今後、臨床的意義の検証が期待される分野です。




コエンザイムQ10には、酸化型(=ユビキノン,ubiquinone)と還元型(=ユビキノール,ubiquinol)があります。



還元型CoQ10のほうが、酸化型CoQ10よりも体内で利用されやすいと考えられます。
(酸化型CoQ10は、体内に吸収された後、いったん還元されてから、利用されます。)


コエンザイムQ10に関するこれまでの研究の多くは、酸化型(=ユビキノン,ubiquinone)を用いています。


したがって、一般的には、生活習慣病の予防やアンチエイジング目的に関して、酸化型CoQ10のユビキノンの摂取で十分な効果が期待できます。


一方、特定の疾患に対して用いる場合、あるいは、体内の生理機能が低下している高齢者の場合には、還元型CoQ10の利用が推奨されます。




DHCのサプリメントでとるなら、下記の製品となります。






------------------------------------------------------------------
「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


DHCが日本のサプリを健康にします。


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:53 | この記事のURL
ビタミンDの摂取は腎臓結石リスクに影響しない [2016年08月26日(金)]
今月の泌尿器科学の専門ジャーナルに、ビタミンD摂取と、腎結石リスクとの関連を調べた研究が、イタリアと米国のグループから報告されていました。
(J Urol. 2016 Aug 18. pii: S0022-5347(16)31070-9)


ビタミンDは、骨の健康維持だけではなく、免疫調節作用や抗炎症作用を有しており、さまざまな生活習慣病やいわゆる難治性疾患に対して、補完療法として広く利用されるようになりました。

また、未病や生活習慣病では、ビタミンDが不足していることも知られています。


今回の研究では、

縦断前向き研究として、
ビタミンDの摂取と、腎臓結石との関連が検証されています。


具体的には、

コホート試験の参加者193,551名のデータを対象に、
(Health Professionals Follow-up Study (HPFS), Nurses' Health Study (NHS) I and IIからのデータです。)


ビタミンDの層別解析として、

ビタミンDの総摂取量
(<100, 100-199, 200-399, 400-599, 600-999, &#8805;1,000 IU/day)

ビタミンDサプリメントの摂取量
(none, <400, 400-599, 600-999, &#8805;1,000 IU/day)

について、

3,316,846患者年のフォローアップが行われています。



フォローアップ中、
6,576件の腎臓結石イベントが見いだされました。


年齢やBMI、運動習慣、医薬品の利用歴、その他の栄養素の摂取といった交絡因子で補正が行われました。



交絡因子で補正後、

今回のHPFS(医療プロフェッショナルフォローアップ研究)の被験者において、

ビタミンDの総摂取量摂取と、

腎臓結石との間に有意な相関は認められませんでした。

(HPFS; HR for &#8805;1,000 vs <100 IU/day 1.08, 95% CI 0.80, 1.47, p-value for trend = 0.92)


以上のデータから、

論文著者らは、

ビタミンDの通常量の摂取は、
腎臓結石のリスクと有意な相関は見られないこと、

ただし、
高用量の摂取におけるリスク上昇の可能性も否定はできない、
と考察しています。
(このリスクは、個別のNHS2データに基づく考察です。)




近年、ビタミンDは、骨の健康維持だけではなく、免疫調節作用や抗がん作用など、多彩な効果が示されています。


一般に、
健康保持や疾病予防、ヘルシーエイジングを目的としたビタミンD3サプリメントは、

1日あたり

25マイクログラム(1,000 IU)から、50マイクログラム(2,000 IU)が推奨されます


ビタミンD3サプリメントは、安全性、有効性、経済性に優れていますので、健康保持や疾病予防、あるいは多くの疾患での栄養状態を改善する前提条件に、ベーシックサプリメントとして広く利用されることが推奨できます。



多くの生活習慣病や慢性疾患、難治性疾患の患者群において、ビタミンD低値が示されており、ビタミンDサプリメントの臨床的意義が注目されています。

米国での関連学会は、下記の推奨をしています。


米国老年医学会は、1日あたり4,000 IUを推奨

米国老年医学会(AGS)では、高齢者における転倒や骨折を予防するために、血中ビタミンD値(25OH-D)が30 ng/mL (75 nmol/L)は必要としています。

そして、ビタミンDの推奨量は、1日あたり4,000 IUとしています。

(これは、食事、サプリメント、日光暴露による総量です。
なお、この量は、現実的には食事のみからでは不可能であるため、サプリメントを利用することになります。)


米国内分泌学会は、1日あたり1,500 IU〜2,000 IUを推奨

米国内分泌学会のガイドラインでは、1日あたりの所要を男女とも年齢によって、次の3段階に分けています。
1歳未満の乳児は400〜1,000 IU、
1歳〜18歳では600〜1,000 IU、
19歳以上では1,500 IU〜2,000 IU


サプリメントでは、ビタミンD3が用いられます。





日本からの報告では、

ビタミンDサプリメントのインフルエンザ予防効果


が知られています。


また、さまざまな生活習慣病では、血中ビタミンD値が低いことが知られており、健康保持や疾病予防のために、ビタミンDサプリメントの摂取が推奨されます。


(欠乏症の予防ということでは通常の食事からでも補えますが、疾病予防という目的では、1日あたり1,000〜2,000
IUの摂取が必要であり、サプリメントを利用することになります。)



今日では、ビタミンD欠乏症の典型例のような疾患は少ない一方、血中ビタミンDの低値が広く認められることから、生活習慣病の予防やアンチエイジングを目的としたビタミンDサプリメントの利用が推奨されます。


日本人の間でも、ビタミンDの潜在的不足/欠乏が顕著になっています。


たとえば、
日本人妊婦の90%がビタミンD不足


血中ビタミンD値が高いと大腸腺腫リスクが低い

というデータがあります。




DHCでは、ビタミンD3サプリメントを製品化しています。


ビタミンDサプリメントに対する効果には個人差がありますが、

臨床的には、ビタミンDサプリメントを1,000 IU/日の用量で投与すると、血中25ヒドロキシビタミンD値が10ng/mL増加する、

という報告もあります。

マルチビタミンのビタミンDはRDAのための設定ですので、別途、ビタミンDサプリメントの利用となります。



DHCでは、適正な価格で高品質のマルチビタミンマルチミネラルカルシウム・マグネシウムを提供しています。


中高年以上の疾病予防・健康増進のためには、


下記のサプリメントは、すべてベーシックサプリメントとして摂取が推奨できます。


すべての摂取にかかるコストは1か月分で、2,000円程度から、ですので、

安全性・有効性に加えて、経済性(費用対効果)にも優れています。



マルチビタミン、
(マルチビタミン 徳用90日分 \886(税込\956)) ⇒1ヵ月分は約300円。



マルチミネラル、
(マルチミネラル 徳用90日分【栄養機能食品(鉄・亜鉛・マグネシウム)】\1,239(税込\1,338))  ⇒1ヵ月分は約450円。



ビタミンC ハードカプセル(1,000mg)
(ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分【栄養機能食品(ビタミンC・ビタミンB2)】\629(税込\679)) ⇒1ヵ月分は約210円。




ビタミンD3
(ビタミンD3 30日分 \286(税込\308))   ⇒1ヵ月分は約300円。




コエンザイムQ10、
(コエンザイムQ10 包接体 徳用90日分  通常価格\2,143(税抜))  ⇒1ヵ月分は約700円。






↑ 上記は、合計で一か月分が約2,000円ほどです。中高年以上の全員に推奨できるベーシックな成分です。






↓ 下記の成分は、上記に加えて追加する場合に、優先されるサプリメントです。



EPA、
(EPA 30日分 \950(税込\1,026))





DHA、
(DHA 30日分 \1,191(税込\1,286))




乳酸菌
(届くビフィズス 30日分 通常価格 \1,429(税抜))







------------------------------------------------------------------
「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


DHCが日本のサプリを健康にします。


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
オメガ3系脂肪酸による糖尿病性腎症リスク低下作用 [2016年05月07日(土)]
今月の科学誌に、糖尿病と脂質異常症患者において、オメガ3系脂肪酸サプリメントによる腎機能への作用を検証した臨床研究が報告されていました。
(PLoS One. 2016 May 2;11(5):e0154683.)


EPAやDHAといったオメガ3系脂肪酸では、抗炎症作用を介した動脈硬化抑制作用による生活習慣病予防効果が知られています。


今回の研究では、

糖尿病と高中性脂肪血症の患者において、

オメガ3系脂肪酸サプリメントによる腎機能への作用が検証されました。


具体的には、

2型糖尿病患者344名を対象に、
(被験者には、高中性脂肪血症に対してオメガ3系脂肪酸サプリメントの利用歴のある患者も含まれています)

尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)や糸球体濾過量(GFR)が調べられています。

オメガ3系脂肪酸サプリメントの用量での層別解析も行われています。


解析の結果、

オメガ3系脂肪酸サプリメントの投与により、

血中総コレステロール値、中性脂肪値、尿中ACRの有意な減少(=尿中アルブミンの低下)が見出されました。


被験者の半数にあたる172名の患者では、腎機能の低下は認められず、

125名(36.3%)ではGFRの緩やかな増加が認められました。


用量別では、

1日あたり4グラムのオメガ3系脂肪酸サプリメント投与群では、

4グラム未満の摂取群に比べて、

腎機能の維持が顕著でした。
(p < 0.001)


多変量解析の後でも、オメガ3系脂肪酸サプリメントの用量依存的な腎機能保護作用が示されています。


以上のデータから、

脂質異常症および糖尿病を有する患者において、

オメガ3系脂肪酸サプリメントによる腎機能保護作用、腎障害リスク低下作用が示唆されます。




EPADHAなどのオメガ3系必須脂肪酸は、抗炎症作用・動脈硬化予防作用、認知機能改善作用、抗うつ作用など多彩な働きが示されています。



EPAやDHAといったオメガ3系脂肪酸では、抗炎症作用を介した動脈硬化抑制作用による生活習慣病予防効果が知られています。


オメガ3系脂肪酸の抗炎症作用のメカニズムとして、以前は、オメガ6系との比率からアラキドン酸カスケードへの機序が考えられていました。


現在では、これに加えて、EPAとDHAの代謝物自体に抗炎症作用があることがわかっています。





臨床研究におけるオメガ3系脂肪酸の投与量は、1日あたり数百ミリグラムから4グラム程度です。


また、EPA:DHA=2〜3:1の割合です。


日本人の食事摂取基準では、EPAおよびDHAの摂取量を一グラム/日としています。


EPAもDHAも、どちらも健康維持や疾病予防に重要です。


一般に、DHAは脳の栄養素、EPAは血管の栄養素といえるでしょう。



------------------------------------------------------------------
「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


DHCが日本のサプリを健康にします。


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:57 | この記事のURL
肥満の人工透析患者は置き換え食で減量 [2016年05月04日(水)]
透析治療の専門ジャーナル(電子版)に、慢性維持透析中の肥満患者において、フォーミュラ食・置き換え食による減量効果を示した臨床研究が、オーストラリアのグループ(Bond University)から報告されていました。
(Hemodial Int. 2016 Apr 4)



肥満やメタボリック症候群、2型糖尿病の食事療法として、

低カロリー・低脂肪でタンパク質やビタミンミネラルを適量含有するフォーミュラ食・置き換え食による減量効果、体組成改善効果、内分泌代謝指標改善効果が確立しています。

しかし、腎不全の患者において、フォーミュラ食・置き換え食による有用性は十分に調べられていません。


そこで、

今回の研究では、

人工透析・慢性維持透析患者で、

腎臓移植のためにも減量が必要な肥満者におけるフォーミュラ食・置き換え食の有用性が検証されました。


具体的には、

慢性維持透析患者5名(46-61歳)を対象に、


1日あたり

低カロリー食(950 kcal, タンパク質100gに調整した置き換え食を3食分。Optifast)と、

主な食事1回、

2回の低カリウム果物

が投与されています。


各種の栄養素の必要量は、全ての被験者で充足されるように設計されました。


透析処方、透析前後の体重変化、透析の間の体重増加、血清生化学指標、医薬品などが、364日間の試験期間中、モニターされています。


試験期間中、被験者1名において、リン吸着剤が中止されましたが、フォーミュラ食・置き換え食の利用とは無関係でした。

特に、問題となる有害事象は見出されませんでした。


低カロリー食の利用によるエネルギー制限の幅は、

1170 kcal から 2160 kcalでした。


解析の結果、

被験者全員が減量しました。
(平均7% [range 5.2%-11.4%])


最も顕著な減量幅は、12週間までの間に見出されており、

その後、コンプライアンス(フォーミュラ食などの遵守率)の相違による体重変化がありました。


以上のデータから、

肥満で減量が必要な慢性維持透析患者において、

フォーミュラ食・置き換え食による減量の安全性と有用性が示唆されます。



DHCの製品で、低炭水化物食・低GI食・低GL食に相当するのは、


DHCプロティンダイエット
です。



DHCプロティンダイエットは、減量のため、あるいはリバウンド予防のための食品(フォーミュラ食・置き換え食)として考えられていますが、


コエンザイムQ10やポリフェノール、食物繊維などの機能性食品成分を含んでおり、

ヘルシーエイジングのための低カロリー・低炭水化物食品として、食事代わりに利用できます。



------------------------------------------------------------------
「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


DHCが日本のサプリを健康にします。


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
維持透析患者におけるコエンザイムQ10の抗炎症作用 [2016年04月10日(日)]
腎臓病学の専門ジャーナルに、慢性維持透析患者において、コエンザイムQ10サプリメントによる抗炎症作用を示した臨床研究が報告されていました。
(J Nephropathol. 2016 Jan;5(1):38-43.)




コエンザイムQ10は、抗酸化作用やATP産生作用を有する機能性成分で、体内でも産生されます。

しかし、加齢とともに内在性コエンザイムQ10は減少し、生活習慣病や慢性疾患でも低下がみられることから、アンチエイジング分野で広く摂取が推奨されているベーシックサプリメントです。



慢性維持透析患者では、酸化ストレスが亢進しており、様々な合併症が知られています。



今回の研究では、

人工透析患者において、コエンザイムQ10による炎症及び動脈硬化関連指標への影響が検証されました。



具体的には、

一重盲検ランダム化クロスオーバー試験として、

34名の人工透析患者を対象に、

1日あたり100mgのコエンザイムQ10あるいは偽薬のいずれかが3か月間投与されました。
(2週間のwashout)


26名が試験を完了しました。



解析の結果、

コエンザイムQ10投与により、

炎症マーカーである血中CRP値の有意な低下が見出されました。
(P < 0.001) (95% CI = -20.1 to -10.5)

また、
栄養状態の指標となる血中アルブミンの有意な増加も見出されています。
(P = 0.044, 95% CI = 0. 0-0.6)

なお、血中ホモシステイン地には有意な変化は見出されませんでした。
(P = 0.630)


以上のデータから、

人工透析患者において、

1日あたり100mgのコエンザイムQ10投与による抗炎症作用が示唆されます。





機能性食品素材・サプリメントでは、抗炎症作用や抗酸化作用を有する成分があり、人工透析患者に対する効果が示唆されています。

(腎不全・維持透析患者のためのサプリメント)


例えば、疫学研究では、魚油/オメガ3系脂肪酸の摂取が多いと、人工透析患者の生存率が向上する、というデータが知られています。
(Am J Kidney Dis. 2011 Aug;58(2):248-56.)


また、腎不全患者の新規透析用動静脈グラフト術後経過に対する魚油サプリメントの効果を示したランダム化比較試験も示されています。


その他、次のような報告も知られています。


葉酸サプリメントによる末期腎不全患者の死亡率低下効果



腹膜透析患者におけるビタミンCとEの抗酸化作用



維持透析患者でのビタミンEの抗酸化作用



・慢性血液透析患者に対するビタミンD3サプリメントの有用性



・腎不全患者の透析用動静脈グラフトに対する魚油サプリメントの効果



・ビタミンD高値は腎結石症との相関なし




・還元型コエンザイムQ10による腎機能改善作用



・ビタミンD3+カルシウムサプリメントによる効果@慢性腎臓病患者



・ビタミンD不足の腎臓移植患者ではタンパク尿が認められる



・人工透析患者におけるαリポ酸の効果



・ビタミンDによる慢性腎臓病の死亡率低下作用



・末期腎疾患患者におけるビタミンDサプリメントの効果






------------------------------------------------------------------
「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


DHCが日本のサプリを健康にします。


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報



医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------
posted at 23:54 | この記事のURL
ブラジルナッツがNrf2活性を亢進する@人工透析患者 [2016年03月21日(月)]
今月の分子栄養学の専門ジャーナル(電子版)に、人工透析患者におけるブラジルナッツの作用を調べた予備的な臨床研究が、ブラジルのグループから報告されていました。
(Mol Nutr Food Res. 2016 Mar 15.)


ブラジルナッツは、セレンが多いという特長があるナッツ類です。

アーモンドなどと比べるとずいぶん大きなナッツです。

日本ではあまり見かけませんが、アメリカなどではミックスナッツに入っていることがあります。
(ミックスナッツの中で、一番、大きなナッツが、ブラジルナッツと思って間違いないと思います。ブラジルナッツが入っていれば、ですが。)


ブラジルで行われた先行研究では、

人工透析患者において、

ブラジルナッツ投与によるセレンの状態の改善、
(潜在的なセレン不足の改善)

酸化ストレスの減少
(セレンは抗酸化作用を有するミネラルのため)

抗炎症作用が示唆されています。



さて、今回の研究では、人工透析患者において、ブラジルナッツ投与による酸化ストレス関連指標(Nrf2活性)への影響が検証されました。



慢性維持透析患者では、酸化ストレスが亢進しており、様々な合併症が知られています。



Nrf2(NF-E2-related factor 2)は、転写調節因子の1種であり、

生体内では酸化ストレス障害に対する防御機構を担っている重要な分子です。


具体的には、

人工透析患者13名を対象に、

1日あたりブラジルナッツ1粒を3ヶ月間投与し、

非投与群の人工透析患者12名との比較が行われています。

関連指標として、
末梢血単核球のNF-κB, Nrf2, quinoneoxidoreductase 1 (NQO1)の発現、

血漿中のMDA、CRP、IL-6が介入の前後で測定されています。



解析の結果、

ブラジルナッツ投与群では、

Nrf2発現の増加、
(=酸化ストレスに対する防御機能の亢進を示唆)

NF-κB発現の減少が認められたということです。
(=抗炎症作用を示唆)


また、
サイトカイン類やMDAも、有意な減少(改善)が示されました。

一方、対照群では、有意な変化は示されていません。


以上のデータから、


人工透析患者において、

ブラジルナッツ(1日1粒)投与による酸化ストレス軽減作用が示唆されます。


今後、臨床的意義の検証が期待される分野です。


機能性食品素材・サプリメントでは、抗炎症作用や抗酸化作用を有する成分があり、人工透析患者に対する効果が示唆されています。

(腎不全・維持透析患者のためのサプリメント)


例えば、疫学研究では、魚油/オメガ3系脂肪酸の摂取が多いと、人工透析患者の生存率が向上する、というデータが知られています。
(Am J Kidney Dis. 2011 Aug;58(2):248-56.)


また、腎不全患者の新規透析用動静脈グラフト術後経過に対する魚油サプリメントの効果を示したランダム化比較試験も示されています。


その他、次のような報告も知られています。


葉酸サプリメントによる末期腎不全患者の死亡率低下効果



腹膜透析患者におけるビタミンCとEの抗酸化作用



維持透析患者でのビタミンEの抗酸化作用



・慢性血液透析患者に対するビタミンD3サプリメントの有用性



・腎不全患者の透析用動静脈グラフトに対する魚油サプリメントの効果



・ビタミンD高値は腎結石症との相関なし




・還元型コエンザイムQ10による腎機能改善作用



・ビタミンD3+カルシウムサプリメントによる効果@慢性腎臓病患者



・ビタミンD不足の腎臓移植患者ではタンパク尿が認められる



・人工透析患者におけるαリポ酸の効果



・ビタミンDによる慢性腎臓病の死亡率低下作用



・末期腎疾患患者におけるビタミンDサプリメントの効果





------------------------------------------------------------------
サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHCが日本のサプリを健康にします。


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:58 | この記事のURL
ビタミンCとEによる造影剤腎症リスク低減効果:メタ解析 [2016年01月19日(火)]
ついこの間までの暖冬とはうってかわって、厳しい冷え込みが続いています。

冬は、冬らしく寒いほうが、観光や衣料品などの産業には好ましいでしょうから、経済効果もあるのでしょうけれど、
医学的には、厳冬よりは暖冬のほうが、より安全に過ごせると思います。

冬期には、免疫調節のために、私は、エキナセアとビタミンD3サプリメントを摂っています。


さて、本日の私的なお勉強日記です。

今月の循環器学の専門ジャーナル(電子版)に、抗酸化ビタミン類による造影剤腎症リスク低減効果を示した系統的レビュー・メタ解析が報告されていました。
(Kardiol Pol. 2016 Jan 18.)

心血管の造影やPCIに伴うヨード造影剤の投与は、急性腎不全を生じることがあります。

多くは1週間程度で回復しますが、稀に慢性腎不全となり、人工透析の導入が必要になることもあります。
・のこと。

さて、今回の研究では、造影剤に起因する急性腎障害(造影剤腎症、CIN:contrast induced nephropathy)に対する抗酸化ビタミン類の働きが検証されました。

具体的には、主要医学データベースから、

心血管造影後のCIN、人工透析の必要性、血中クレアチニン値、死亡率などに対するビタミンC、ビタミンE、αリポ酸、N-アセチルシステイン(NAC)への影響が調べられています。




2350報が抽出され、
49報が解析の対象となりました。


解析の結果、

CINに対して、

NACは21%のリスク低減作用、
(OR of 0.79; 95% CI: 0.69-0.9; P=0.000),

ビタミンCは37%のリスク低減作用、
(0.63 (95% CI: 0.45-0.89; P=0.000),

ビタミンE は50%のリスク低減作用
(OR of 0.5; 95% CI: 0.27-0.92; P=0.026)

が見出されました。


また、血中クレアチニン値は、
NACにより平均-0.119低下し
(95% CI: -0.191 to -0.046; P=0.000)

ビタミンCおよびビタミンEでは有意な減少は示されませんでした。


以上のデータから、

心血管造影検査(冠状動脈造影検査)後の急性腎障害(造影剤腎症)に対して、

ビタミンC、ビタミンE、NACといった抗酸化ビタミンによるリスク低減効果が示唆されます。


ビタミンCやビタミンEは、年齢や性別に関係なく、ベーシックなサプリメントとして普段から摂取が推奨されます。

冠状動脈疾患は、動脈硬化性疾患であり、慢性炎症が病態として存在しますので、抗炎症作用・抗酸化作用のあるサプリメントの有用性が確立しています。
(ビタミンC、ビタミンE、オメガ3系必須脂肪酸など)




中高年以上の疾病予防・健康増進のためには、


下記のサプリメントは、すべてベーシックサプリメントとして摂取が推奨できます。


すべての摂取にかかるコストは1か月分で、2,000円程度から、ですので、

安全性・有効性に加えて、経済性(費用対効果)にも優れています。



マルチビタミン、
(マルチビタミン 徳用90日分 \886(税込\956)) ⇒1ヵ月分は約300円。



マルチミネラル、
(マルチミネラル 徳用90日分【栄養機能食品(鉄・亜鉛・マグネシウム)】\1,239(税込\1,338))  ⇒1ヵ月分は約450円。



ビタミンC ハードカプセル(1,000mg)
(ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分【栄養機能食品(ビタミンC・ビタミンB2)】\629(税込\679)) ⇒1ヵ月分は約210円。




ビタミンD3
(ビタミンD3 30日分 \286(税込\308))   ⇒1ヵ月分は約300円。




コエンザイムQ10、
(コエンザイムQ10 包接体 徳用90日分  通常価格\2,143(税抜))  ⇒1ヵ月分は約700円。






↑ 上記は、合計で一か月分が約2,000円ほどです。中高年以上の全員に推奨できるベーシックな成分です。






↓ 下記の成分は、上記に加えて追加する場合に、優先されるサプリメントです。



EPA、
(EPA 30日分 \950(税込\1,026))





DHA、
(DHA 30日分 \1,191(税込\1,286))




乳酸菌
(届くビフィズス 30日分 通常価格 \1,429(税抜))







------------------------------------------------------------------
サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHCが日本のサプリを健康にします。


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
レスベラトロールによる腹膜透析の限外濾過改善効果 [2016年01月07日(木)]
今夕、かかりつけの歯医者さんに行ってきました。

統合医療的な歯科治療を行っている歯科医院で、

合谷(ゴウコク)に対して、経皮的低周波ツボ通電法(TEAS)を受けながらの治療でした。


さて、本日の私的なお勉強日記です。





今月の腎臓病学の専門ジャーナルに、腹膜透析において、レスベラトロール投与による限外濾過の改善効果を示した臨床研究が、中国のグループから報告されていました。
(Ren Fail. 2016 Jan 4:1-8.)


腎不全では、人工維持透析が必要になります。

血液透析では、血液と透析液の間にある半透膜(水分および小さな物質を通過させる膜)により、水や物質の移動を行い、有害物質を取り除き、不足する成分を補います。 これは、「限外濾過」と「拡散」の原理にもとづいています。

このうち、
「限外濾過」というのは、透析器(ダイアライザー)の出口を狭くするように圧力をかけて、血液中の余分な体液(主に塩分・水分)を除去します。

腹膜透析患者において、技術的なエラーの要因に、限外濾過不全があります。


今回の研究では、
レスベラトロール(トランスレスベラトロール)による腹膜透析への働きが検証されました。

具体的には、
ランダム化二重盲検試験として、

腹膜透析患者72名を対象に、

トランスレスベラトロール(150mg/日の低用量群と、450mg/日の高用量群)投与群

あるいは

偽薬投与群

12週間の介入が行われています。



臨床指標として、
24時間限外濾過量、限外濾過率、24時間尿量、残存腎機能、透析効率(kt/v)などの指標が測定されました。

また、腹膜透析での血管新生マーカーとして
VEGF, fetal liver kinase-1 (Flk-1), angiopoietin-2 (Ang-2), tyrosine kinase 2 (Tie-2), thrombospondin-1 (Tsp-1)が腹腔内液で測定されています。


72名中64名が解析の対象となりました。

内訳は、
18名:レスベラトロール高用量群、
22名:同低用量群、
24名:偽薬群
です。


解析の結果、


限界濾過(UF)総量およびUF率に関して、

偽薬群に比べて、

トランスレスベラトロール投与群では、

有意な改善が認められました。

[高用量投与群:
投与開始時からの変化: 171.4 (141.3-201.5) (mL), p&#8201;=&#8201;0.003 (Net UF); 11.3(10.5-12.1) (mL/h), p&#8201;=&#8201;0.02 (UF rate)]

[低用量投与群:
投与開始時からの変化: 98.1 (49.5-146.7) (mL), p&#8201;=&#8201;0.007 (Net UF); 6.5 (4.4-8.6) (mL/h), p&#8201;=&#8201;0.04 (UF rate)]

また、
偽薬群に比べて、

高用量群では、

VEGF, Flk-1, Ang-2の発現率が有意に減少し、

Tie-2 とTsp-1は有意に増加しました。
(低用量群では有意差ナシ)


以上のデータから、

腹膜透析において、

レスベラトロール投与による限外濾過の改善および血管新生の抑制といった有用性が示唆されます。

今後、さらに臨床的意義の検証が期待される分野です。



機能性食品素材・サプリメントでは、抗炎症作用や抗酸化作用を有する成分があり、人工透析患者に対する効果が示唆されています。

(腎不全・維持透析患者のためのサプリメント)


例えば、疫学研究では、魚油/オメガ3系脂肪酸の摂取が多いと、人工透析患者の生存率が向上する、というデータが知られています。
(Am J Kidney Dis. 2011 Aug;58(2):248-56.)


また、腎不全患者の新規透析用動静脈グラフト術後経過に対する魚油サプリメントの効果を示したランダム化比較試験も示されています。


その他、次のような報告も知られています。


葉酸サプリメントによる末期腎不全患者の死亡率低下効果



腹膜透析患者におけるビタミンCとEの抗酸化作用



維持透析患者でのビタミンEの抗酸化作用



・慢性血液透析患者に対するビタミンD3サプリメントの有用性



・腎不全患者の透析用動静脈グラフトに対する魚油サプリメントの効果



・ビタミンD高値は腎結石症との相関なし




・還元型コエンザイムQ10による腎機能改善作用



・ビタミンD3+カルシウムサプリメントによる効果@慢性腎臓病患者



・ビタミンD不足の腎臓移植患者ではタンパク尿が認められる



・人工透析患者におけるαリポ酸の効果



・ビタミンDによる慢性腎臓病の死亡率低下作用



・末期腎疾患患者におけるビタミンDサプリメントの効果





------------------------------------------------------------------
サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHCが日本のサプリを健康にします。


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:53 | この記事のURL
維持透析患者におけるコエンザイムQ10の許容性 [2015年11月07日(土)]
今月の腎臓病学の専門ジャーナルに、慢性維持透析患者において、コエンザイムQ10の許容性を検証した漸増試験が、米国のグループ(University of Washington School of Medicine)から報告されていました。
(BMC Nephrol. 2015 Nov 3;16(1):183.)



コエンザイムQ10は、抗酸化作用やATP産生作用を有する機能性成分で、体内でも産生されます。

しかし、加齢とともに内在性コエンザイムQ10は減少し、生活習慣病や慢性疾患でも低下がみられることから、アンチエイジング分野で広く摂取が推奨されているベーシックサプリメントです。



慢性維持透析患者では、酸化ストレスが亢進しており、様々な合併症が知られています。




今回の研究では、

維持透析患者におけるコエンザイムQ10(CoQ10)の安全性が検証されました。

具体的には、

維持透析患者にコエンザイムQ10を最大1,800mg/日の用量まで漸増投与し、

酸化ストレスマーカーとして、
血中F2-イソプロスタンとイソフルランが測定され、

血中CoQ10値も調べられています。


20名の被験者中15名が、コエンザイムQ10の漸増試験を完了しました。


解析の結果、

血中平均CoQ10値は、

試験開始時の704&#8201;±&#8201;286 ng/mLから

4033&#8201;±&#8201;1637 ng/mLへと線形に増加しました。


一方、

酸化ストレス指標である血中イソフルラン値は、

開始時の141&#8201;±&#8201;67.5 pg/mLから

試験完了時の72.2&#8201;±&#8201;37.5 pg/mL へと有意に減少しました。

(P&#8201;=&#8201;0.003 vs. baseline and P&#8201;<&#8201;0.001 for the effect of dose escalation on
isofurans)


血中F2-イソプロスタン値には有意な変化は見出されませんでした。


全ての被験者において、特に問題となる有害事象は認められていません。



以上のデータから、

慢性維持透析患者において、

1日あたり1,800mgまでのコエンザイムQ10投与の安全性と、抗酸化作用が示唆されます。




DHCでは、カネカ製の還元型コエンザイムQ10(ユビキノール)を適正な価格・継続できる価格で提供しています。



コエンザイムQ10 還元型 30日分
究極の進化型! 飲んでダイレクトにはたらきかけるスーパーQ10
コエンザイムQ10還元型1日2粒総重量690mg(内容量420mg)あたり 還元型コエンザイムQ10 110mg、総トコトリエノール33.6mg、黒胡椒抽出物5mg(ピペリン95%)、ビタミンB6 4mg、ビタミンB12 20μg、葉酸100μg
通常価格
\2,286(税込\2,468)


機能性食品素材・サプリメントでは、抗炎症作用や抗酸化作用を有する成分があり、人工透析患者に対する効果が示唆されています。

(腎不全・維持透析患者のためのサプリメント)


例えば、疫学研究では、魚油/オメガ3系脂肪酸の摂取が多いと、人工透析患者の生存率が向上する、というデータが知られています。
(Am J Kidney Dis. 2011 Aug;58(2):248-56.)


また、腎不全患者の新規透析用動静脈グラフト術後経過に対する魚油サプリメントの効果を示したランダム化比較試験も示されています。


その他、次のような報告も知られています。


葉酸サプリメントによる末期腎不全患者の死亡率低下効果



腹膜透析患者におけるビタミンCとEの抗酸化作用



維持透析患者でのビタミンEの抗酸化作用



・慢性血液透析患者に対するビタミンD3サプリメントの有用性



・腎不全患者の透析用動静脈グラフトに対する魚油サプリメントの効果



・ビタミンD高値は腎結石症との相関なし




・還元型コエンザイムQ10による腎機能改善作用



・ビタミンD3+カルシウムサプリメントによる効果@慢性腎臓病患者



・ビタミンD不足の腎臓移植患者ではタンパク尿が認められる



・人工透析患者におけるαリポ酸の効果



・ビタミンDによる慢性腎臓病の死亡率低下作用



・末期腎疾患患者におけるビタミンDサプリメントの効果


------------------------------------------------------------------
サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:54 | この記事のURL
レスベラトロールによる糖尿病性腎症の障害抑制作用 [2015年09月30日(水)]
本日、『DHC松屋銀座TOURIST Lounge 直営店』がオープンしました。


松屋銀座の外国人観光客向け化粧品カウンター「TOURIST Shop&Lounge(ツーリスト ショップ アンド ラウンジ)」内での、DHCの外国人観光客向け店舗です。

4ブランドのうちの1つがDHCとなっています。
(資生堂、クレ・ド・ポーボーテ、SK−II、DHCの4ブランド)





さて、本日の私的なお勉強日記です。

細胞病理学の専門ジャーナルに、レスベラトロールによる糖尿病性腎症への作用を検証した基礎研究が報告されていました。
(Anal Quant Cytopathol Histpathol. 2015 Aug;37(4):243-51.)



レスベラトロールは、ポリフェノールの1種で、赤ワインやブドウ、ピーナッツなどに見出される色素成分です。



今回の研究では、

糖尿病性腎症のモデル動物において、

レスベラトロール投与による、腎組織への影響、レプチンやsirtuin2発現への影響が調べられました。



具体的には、
正常雌Wistar Albinoラット(n=33)にて、STZ誘導性糖尿病モデルラットとして1ヵ月後に、

レスベラトロール(10 mg/kg)が15日間投与され、

腎臓の組織学的所見および腎組織でのレプチンとsirtuin2発現が測定されています。

解析の結果、

まず、STZ投与により、高血糖など糖尿病の症状が見出されました。

次に、レスベラトロール投与により、

血糖値の低下傾向(有意差ナシ)が示されました。

また、
腎臓の組織学的検査では、

レスベラトロール投与によって、

糖尿病性腎障害の抑制が認められ、

レプチンの発現が増加していた、ということです。

なお、sirtuin 2発現には有意な変化は見出されていません。


以上のデータから、

レスベラトロール投与によって、
糖尿病性腎症での腎障害軽減作用が示唆されます。

作用機序として、レスベラトロールの抗酸化作用や稿糖尿病作用が推察されています。

今後、臨床的意義の検証が期待される分野です。




レスベラトロールは、ポリフェノールの1種で、赤ワインやブドウ、ピーナッツなどに見出される色素成分です。

レスベラトロールは、長寿関連遺伝子の1つであるサーチュイン遺伝子の活性化を介して、アンチエイジング効果があるのでは、と期待されています。

長寿になるかどうかを確認するためのヒト臨床試験は容易ではありませんが、
最近の臨床研究では、内分泌代謝疾患や生活習慣病の改善効果が示唆されています。




現在、レスベラトロールは、抗酸化作用や抗炎症作用を有し、代謝に好影響を及ぼすことから、健康維持や生活習慣病予防からアンチエイジングの分野で注目されています。




例えば、基礎研究では、

レスベラトロールによるインスリン抵抗性改善作用


レスベラトロールによる糖尿病予防


レスベラトロールによる糖代謝改善作用


レスベラトロールの心不全リスク低減作用


レスベラトロールによる肥満予防のメカニズム



レスベラトロールによる抗がん作用


レスベラトロールによる大腸がん抑制作用


レスベラトロールの抗炎症作用


動脈硬化抑制作用


という報告があり、


ヒト臨床研究では、

レスベラトロールによる肥満者での代謝改善


レスベラトロールによる糖尿病改善作用



レスベラトロールによる脳循環改善


子宮内膜症関連痛に対するレスベラトロールの効果


レスベラトロールによる運動効果@2型糖尿病患者


レスベラトロールによる非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)改善作用


という報告が知られています。





------------------------------------------------------------------
サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:52 | この記事のURL
慢性腎臓病でオメガ3系脂肪酸が20-HETEを減少し血圧を低下させる [2015年06月26日(金)]
今月の高血圧研究の専門ジャーナル(電子版)に、慢性腎臓病患者において、オメガ3系必須脂肪酸の投与により、20-HETEが減少、血圧が低下したという臨床研究が、オーストラリアのグループ(Royal Perth Hospital)から報告されていました。
(J Hypertens. 2015 Jun 22.)



20-HETEは、ヒトではCYP4F2、CYP4F3、CYP4A11などにより産生され、肝臓や腎臓、脳、好中球に発現している分子です。

血管機能の調整、血圧やナトリウム調整に関与し、
血管収縮作用を示す他、
血管新生作用などがあり、虚血性脳血管疾患、心臓の虚血再潅流障害、腎臓疾患、高血圧症といった疾患において、産生が増加します。


オメガ3系必須脂肪酸は、
アラキドン酸代謝に作用し、過酸化脂質(F2-isoprostane)を低下させることが知られています。

今回の研究では、
オメガ3系必死脂肪酸による20-HETE への作用が検証されました。



具体的には、

慢性腎臓病患者74名を対象に、
オメガ3系脂肪酸(4g)、コエンザイムQ10(200mg)、両方の併用群、対照群
について、8週間の介入試験が行われています。



8週間の介入後、

オメガ3系必須脂肪酸の投与によって、
血中20-HETE値の有意な低下
(P&#8202;=&#8202;0.001)、

F2-isoprostanesの有意な低下
(P&#8202;<&#8202;0.001)

が見出されたということです。

CoQ10群では有意な変化は示されませんでした。



回帰分析によると

オメガ3系必須脂肪酸投与によって、

投与前と比べて、

血中20-HETE値の有意な低下、

収縮期血圧の有意な低下
(P&#8202;<&#8202;0.0001)

拡張期血圧の有意な低下
(P&#8202;<&#8202;0.0001)

が示されたということです。


論文著者らは、
本研究が、
慢性腎臓病患者において、
オメガ3系必須脂肪酸(4g/日)の投与による血中20-HETEの低下、
および、それと相関する高血圧の改善を示した最初の報告であるとしています。


慢性腎臓病患者におけるオメガ3系必須脂肪酸の有用性については、これまでに多くの研究で示されています。



機能性食品素材・サプリメントでは、抗炎症作用や抗酸化作用を有する成分があり、人工透析患者に対する効果が示唆されています。

(腎不全・維持透析患者のためのサプリメント)


例えば、疫学研究では、魚油/オメガ3系脂肪酸の摂取が多いと、人工透析患者の生存率が向上する、というデータが知られています。
(Am J Kidney Dis. 2011 Aug;58(2):248-56.)


また、腎不全患者の新規透析用動静脈グラフト術後経過に対する魚油サプリメントの効果を示したランダム化比較試験も示されています。


その他、次のような報告も知られています。


葉酸サプリメントによる末期腎不全患者の死亡率低下効果



腹膜透析患者におけるビタミンCとEの抗酸化作用



維持透析患者でのビタミンEの抗酸化作用



・慢性血液透析患者に対するビタミンD3サプリメントの有用性



・腎不全患者の透析用動静脈グラフトに対する魚油サプリメントの効果



・ビタミンD高値は腎結石症との相関なし




・還元型コエンザイムQ10による腎機能改善作用



・ビタミンD3+カルシウムサプリメントによる効果@慢性腎臓病患者



・ビタミンD不足の腎臓移植患者ではタンパク尿が認められる



・人工透析患者におけるαリポ酸の効果



・ビタミンDによる慢性腎臓病の死亡率低下作用



・末期腎疾患患者におけるビタミンDサプリメントの効果




------------------------------------------------------------------

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:57 | この記事のURL
亜鉛による維持透析患者でのエリスロポエチン抵抗性改善作用 [2015年05月25日(月)]
今月の栄養学の専門ジャーナルに、維持透析患者において、亜鉛投与によるエリスロポエチン抵抗性改善作用を示した臨床研究が、日本大学のグループから報告されていました。
(Nutrients. 2015 May 15;7(5):3783-3795.)



亜鉛は、体内で作用する多くの酵素の働きに必要とされ、さまざまな代謝過程に必須のミネラルです。



腎臓疾患による人工透析/慢性維持透析患者では、
亜鉛の摂取不足が認められます。


今回の研究では、

維持透析患者において、亜鉛投与によるエリスロポエチン抵抗性(ERI)への作用が検証されました。




具体的には、

血中亜鉛値が低値(<65 μg/dL)の維持透析患者70名を対象に、

・亜鉛含有薬(ポラプレジンク)投与群(n = 35)
(1日あたり34 mgの亜鉛投与群)

・非投与対照群(n = 35)

の2群について、

12ヶ月間の投与が行われました。



被験者全員が、腎性貧血に対して、エリスロポエチン製剤(epoetin alpha)を服用中です。

(ERI(エリスロポエチン抵抗性)は、ESAの1週間あたりの用量/dry weight (kg)/hemoglobin (g/dL)にて計算。)




解析の結果、

試験開始直後から

網状赤血球値は、亜鉛投与群において、一過性の上昇を示しました。



3ヵ月後の時点で、亜鉛投与群において、

血中亜鉛値は有意に上昇し、血中銅値は有意に減少しました。

この変化は、試験期間中、継続して認められています。



血中鉄やトランスフェリン飽和度には有意な変化は認められませんでした。

血中フェリチン値は、亜鉛投与群において、試験期間を通じて、低下しました。



なお、
ヘモグロビン値の変化については、両群間において、有意差は認められませんでした。




さらに、

亜鉛投与群において、

ESA用量およびERIは、10か月後および9か月後の時点において、投与前に比べて、有意に低下しました。


多変量解析によると、

ESA用量の減少およびERIの低下について、有意な相関を示したのは、血中亜鉛値でした。




以上のデータから、

亜鉛低値を示す慢性維持透析患者において、

亜鉛の投与によるエリスロポエチン抵抗性の改善作用が示唆されます。




DHCでは、亜鉛サプリメントを製品化しています。



亜鉛 30日分【栄養機能食品(亜鉛)】
必須ミネラルで、バイタリティあふれるカラダに
通常価格 \267(税込\288)







機能性食品素材・サプリメントでは、抗炎症作用や抗酸化作用を有する成分があり、人工透析患者に対する効果が示唆されています。

(腎不全・維持透析患者のためのサプリメント)


例えば、疫学研究では、魚油/オメガ3系脂肪酸の摂取が多いと、人工透析患者の生存率が向上する、というデータが知られています。
(Am J Kidney Dis. 2011 Aug;58(2):248-56.)


また、腎不全患者の新規透析用動静脈グラフト術後経過に対する魚油サプリメントの効果を示したランダム化比較試験も示されています。


その他、次のような報告も知られています。


葉酸サプリメントによる末期腎不全患者の死亡率低下効果



腹膜透析患者におけるビタミンCとEの抗酸化作用



維持透析患者でのビタミンEの抗酸化作用



・慢性血液透析患者に対するビタミンD3サプリメントの有用性



・腎不全患者の透析用動静脈グラフトに対する魚油サプリメントの効果



・ビタミンD高値は腎結石症との相関なし




・還元型コエンザイムQ10による腎機能改善作用



・ビタミンD3+カルシウムサプリメントによる効果@慢性腎臓病患者



・ビタミンD不足の腎臓移植患者ではタンパク尿が認められる



・人工透析患者におけるαリポ酸の効果



・ビタミンDによる慢性腎臓病の死亡率低下作用



・末期腎疾患患者におけるビタミンDサプリメントの効果








------------------------------------------------------------------

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------



posted at 23:53 | この記事のURL
白ワイン+エクストラバージンオリーブオイルによる慢性腎臓病での抗炎症作用 [2015年04月07日(火)]
今日、ある週刊医学情報誌 (ただし半分は製薬会社による薬の広告です) をめくっていたら、


真ん中の見開きページに、

漫画が掲載されていました。

(A3×2面の大きさでしたので、見開きとして広げると、

割とインパクトがあります。)



「ブラックジャックによろしく」の1シーンのようですが、

なんでも、漫画の作者が著作権を放棄しており、

著作権フリー素材のため、自由に使えるということを初めて知りました。




さて、本日の私的なお勉強日記です。


腎臓病学の専門ジャーナルに、慢性腎臓病患者において、白ワインとエクストラバージンオリーブオイルによる抗炎症作用を示した臨床研究が、イタリアのグループから報告されていました。
(Blood Purif. 2015;39(1-3):218-23.)



地中海食は、スペインやギリシャ、南フランスなど地中海地方の伝統食です。

野菜や果物、全粒の穀類、種実類、オリーブオイルの利用が多いという特徴があります。


地中海食は、健康増進や疾病予防に有用であることが知られており、多くの研究によってエビデンスが示されています。



地中海食のスタイルでは、

ワインの機能性も知られています。


疫学研究によると、

ワインの適度な摂取群では、

非摂取群あるいは大量摂取群に比べて、

心血管疾患リスクが低いことが見出されています。


これらのワインの機能性成分として、

主に赤ワインポリフェノール、レスベラトロールなどの作用が示されてきました。



一方、白ワインの摂取およびエクストラバージンオリーブオイルの機能性に注目した研究は多くはありません。


これらには、チロソールやヒドロキシチロソールといった抗酸化作用および抗炎症作用をもつフェノール類が含まれています。



そこで、今回の研究では、

白ワインとエクストラバージンオリーブオイルによる抗炎症効果が検証されました。


具体的には、

前向き一重盲検ランダム化クロスオーバー法にて、

慢性腎臓病患者10名(K-DOQI stage III-IV)および健常者10名を対象に、


アルコール飲料の2週間のwash out後、

1日あたり2〜3杯の白ワイン
(4 ml/kg body weight, 0.48 g/kg of alcohol 12%に相当)

エクストラバージンオリーブオイルの併用投与群、

あるいは、

エクストラバージンオリーブオイルのみの摂取群の2群について、

2週間の投与が行われています。

(クロスオーバーなので、間に2週間のwash out)



介入の前後で、

炎症マーカーである血中のCRP, IL-6、TNF-α、IL-8が測定されています。



また、

尿中のチロシンとヒドロキシチロシン、さらにそれらの代謝物も測定されました。



解析の結果、


慢性腎臓病患者での白ワインとエクストラバージンオリーブオイルの併用群では、

血中CPRの有意な低下
(4.1 ± 1.8 to 2.4 ± 1.9 mg/l (p < 0.05))

血中IL-6値の有意な低下が認められました。
(5.3 ± 3.2 to 3.4 ± 2.3 mg/l (p < 0.05))


また、

健常者での白ワインとエクストラバージンオリーブオイルの併用群でも、

血中CRP値の有意な低下、
2.6 ± 1.2 to 1.9 ± 0.9 mg/l (p < 0.05)

血中IL-6値の低下傾向が認められました。
2.2 ± 1.8 to 1.7 ± 1.3 mg/l (p = ns)



なお、

エクストラバージンオリーブオイルのみの投与群では、介入の前後で有意な変化は見出されていません。




尿中チロシンおよびヒドロキシチロシン値は、

白ワインとエクストラバージンオリーブオイルの併用群において、
有意な増加が認められました。



以上のデータから、

慢性腎臓病患者において、

白ワインとエクストラバージンオリーブオイルの併用による抗炎症作用が示唆されます。


今後、臨床的意義の検証が期待される分野です。



なお、白ワインの摂取を慢性腎臓病患者に勧めているわけではありません。

健常者でアルコールが摂取できる方では、

1日1杯から2杯の赤ワインが推奨できます。





赤ワインに関連したポリフェノールとして、

DHC製品では、
ポリフェノール



レスベラトロール

があります。



また、
DHCでは、ワインも取り扱っております。


(注意:
未成年の飲酒は禁止されています。
妊婦の飲酒は胎児に悪影響を及ぼすため、妊娠を考えている場合や妊娠の可能性がある場合には飲酒は控えましょう。
一般成人でも、適量を超える飲酒は有害です。
また、医薬品服用時には相互作用を生じることがあります。)






地中海食やオリーブオイルの効能については、多くのエビデンスが報告されています。


地中海食で死亡率が半減する



低炭水化物(糖質制限)食と地中海食は低脂肪食よりも有効



オリーブオイルの摂取10gで全死亡率が7%低下



地中海食がメタボを抑制



バージンオリーブオイルとナッツ類を含む地中海食の抗炎症作用



バージンオリーブオイルの心臓病予防作用



オリーブオイルによる皮膚の老化抑制作用



地中海食による認知症予防効果



地中海食+CoQ10サプリによる抗酸化作用



超低炭水化物・地中海食による減量効果




地中海食による高尿酸血症リスクの低下



オリーブオイルによる動脈硬化抑制作用



バージンオリーブオイルによる骨代謝改善作用




オリーブオイルとナッツによる心血管リスク低下作用



伝統的地中海食による脂質代謝改善作用



オリーブオイルによる膀胱がんリスク低下




------------------------------------------------------------------

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
発酵性食物繊維による透析患者での抗炎症作用 [2015年03月20日(金)]
慢性維持透析患者において、発酵性食物繊維による抗炎症作用を示した臨床研究が、中国のグループ(Tongji University Shanghai)から報告されていました。
(Int J Clin Exp Med. 2015 Jan 15;8(1):1363-9.)



維持透析患者では、慢性炎症や酸化ストレス障害によって、心血管リスクが高くなることが問題となっています。



食物繊維、特に水溶性食物繊維の摂取は、

血中の炎症マーカーを低下させ、

抗炎症作用や抗酸化作用を介して、

慢性維持透析患者にも好影響を与えると考えられます。



(なお、食物繊維の分類は、

水溶性食物繊維、不溶性(難溶性)食物繊維というのが一般的ですが、

最近では、発酵の有無による機能性に注目して、

発酵性食物繊維(fermentable fibers)と非発酵性、という分け方も使われます。


一般に、

発酵性食物繊維は、だいたい、水溶性食物繊維です。)




さて、

今回の研究では、

慢性維持透析患者の酸化および炎症の状態に対する水溶性食物繊維の作用が検証されました。



具体的には、

ランダム化偽薬対照試験として、

人工透析患者124名を対象に、


・1日あたり10グラムの食物繊維、

・1日あたり20グラムの食物繊維、

・偽薬対照の3群に分けて、


6週間の介入試験が行われました。



関連指標として、

CRP、血中アルブミン、中性脂肪、総コレステロール、LDL、HDL、MDA、総抗酸化能、SOD、GSH、hs-CRP、IL-6、TNF-α、IL-8などが測定されています。




解析の結果、

6週間の食物繊維(10グラム、20グラム)の投与により、

総コレステロール値、LDL、総コレステロール/LDL比は、有意に減少し、

総抗酸化能は有意に増加しました。



また、過酸化脂質の指標であるMDAは有意に減少し、

炎症関連指標であるTNF-α, IL-6, IL-8, CRPは、いずれも有意に減少(改善)しました。



TG, HDL, SOD, GSH-Pxには、有意な変化は示されていません。



以上のデータから、


水溶性食物繊維(発酵性食物繊維)による慢性維持透析患者における抗炎症作用が示唆されます。


今後、心血管イベントに対する臨床的意義の検証が期待される分野です。





機能性食品素材・サプリメントでは、抗炎症作用や抗酸化作用を有する成分があり、人工透析患者に対する効果が示唆されています。

(腎不全・維持透析患者のためのサプリメント)


例えば、疫学研究では、魚油/オメガ3系脂肪酸の摂取が多いと、人工透析患者の生存率が向上する、というデータが知られています。
(Am J Kidney Dis. 2011 Aug;58(2):248-56.)


また、腎不全患者の新規透析用動静脈グラフト術後経過に対する魚油サプリメントの効果を示したランダム化比較試験も示されています。


その他、次のような報告も知られています。


葉酸サプリメントによる末期腎不全患者の死亡率低下効果



腹膜透析患者におけるビタミンCとEの抗酸化作用



維持透析患者でのビタミンEの抗酸化作用



・慢性血液透析患者に対するビタミンD3サプリメントの有用性



・腎不全患者の透析用動静脈グラフトに対する魚油サプリメントの効果



・ビタミンD高値は腎結石症との相関なし




・還元型コエンザイムQ10による腎機能改善作用



・ビタミンD3+カルシウムサプリメントによる効果@慢性腎臓病患者



・ビタミンD不足の腎臓移植患者ではタンパク尿が認められる



・人工透析患者におけるαリポ酸の効果



・ビタミンDによる慢性腎臓病の死亡率低下作用



・末期腎疾患患者におけるビタミンDサプリメントの効果





------------------------------------------------------------------

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------
posted at 23:55 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る