サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2020年03月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ビタミンDが消化管がんの再発を予防する [2020年02月10日(月)]
今月のがん研究の専門ジャーナルに、消化管がん患者において、ビタミンDと、がん再発リスクとの関連を検証した研究が、慈恵会医科大学のグループから報告されていました。
(Cancers (Basel). 2020 Feb 4;12(2).)



ビタミンDは、がん細胞増殖を抑制し、抗がん作用を示すことが知られています。


がん細胞は、

生物学的に利用可能な(つまり、ビタミンD結合タンパク質(DBP)に結合していない)25-ヒドロキシビタミンD(25 [OH] D)を、

DBP結合25(OH)Dよりも効率的に取り込むと考えられています。



今回の研究では、


ビタミンD欠乏のバイオマーカーとして

総25(OH)ビタミンDではなく、

この生物学的に利用可能な25(OH)Dを用いて、

ビタミンDの投与による、消化管がん患者の無再発生存率(RFS)への影響が検証されました。

(AMATERASU試験の一環としてのアドホック解析です。)


バイオアベイラブル25(OH)D値は、

血清総25(OH)D、アルブミン、DBP値、およびDBP遺伝子多型(rs7041およびrs4588)のデータから計算されました。

355人の患者のデータが解析の対象となりました。


解析の結果、

生物学的利用能が低い25(OH)D(中央値未満)(n = 177)の患者群では、

5年間のRFSは、

ビタミンD投与群では77%、

偽薬投与群では58%でした。
(HR 0.54; 95 %CI、0.31〜0.95; p = 0.03)


一方、生物学的利用能が高い25(OH)D値の患者群では、

ビタミンD群と偽薬群との間に有意差は検出されませんでした。
(p = 0.046)


以上のデータから、


血中ビタミンDが低値の消化管がん患者において、


ビタミンDの投与によるRFSの改善作用が示唆されます。


------------------------------------------------------------------
日光浴でビタミンD不足が改善できると思いますか?



グルコサミンの風評被害by整形外科医



DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果


------------------------------------------------------------------
posted at 23:56 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/5058
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る