サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年11月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
セントジョーンズワートはSSRIと同等の抗うつ作用を示す [2012年05月26日(土)]
今月の薬理精神医学の専門ジャーナル(電子版)に、セントジョーンズワートによる抗うつ作用を示した臨床研究が、オーストラリアのグループ(University of Melbourne)から報告されていました。
(Pharmacopsychiatry. 2012 May 16)



これまでの多くの臨床研究によって、セントジョーンズワート(和名セイヨウオトギリソウ,学名Hypericum perforatum)が、軽症から中等度のうつ病の症状改善に効果的であり、安全性も高いことが示されています。



うつ病に対して、セントジョーンズワートは、SSRIなどの医薬品と同等の効果を有し、かつ、副作用は医薬品よりも少ないという特徴があります。


(近年、SSRIに対するメタ解析が話題になっています。仮にこれらのメタ解析を支持するとしても、SJWを副作用の少ない、アクティブプラセボとして、その効果を評価することができます。)



さて、今回の研究では、うつ病に対するセントジョーンズワートの効果について、アクティブ対照の医薬品(SSRI)と偽薬対照の設定で検証が行われました。



具体的には、

うつ病患者124名を対象に、

・セントジョーンズワート(900r〜1500r/日)

・抗うつ薬のSSRI(セルトラリン、sertraline;50-100r)

・偽薬

のいずれかを8週間投与し、

レスポンダーについては26週まで継続が行われました。


(26週間のランダム化二重盲検対照試験)



主アウトカムは26週時点でのHAM-D(うつ病評価指標)です。



解析の結果、

26週時点のHAM-Dは、

・セントジョーンズワート投与群:6.6±4.5

・SSRI(セルトラリン)投与群:7.1±5.4

・偽薬投与群:5.7±5.4

でした。




投与前後の比較では抗うつ作用の有意差が認められています(p=0.036)が、

群間比較では有意差はなく、改善傾向のみ(p=0.61)でした。




BDIやCGIといった指標でも同様です。




論文著者らは、

26週時点のデータでは、セントジョーンズワートもSSRIもどちらも臨床的な治療効果が認められる、

と考察しています。








DHCでは、セントジョーンズワートを主成分とするサプリメントや、複合サプリメントを取り扱っています。



------------------------------------------------------------------
医療機関専用サプリメント【DHC FOR MEDIC】(DHCフォーメディック)

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】

【健康食品FAQ】

【DHCの研究開発】
------------------------------------------------------------------
posted at 23:54 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/2197
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る