サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年11月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
レスベラトロールの心不全リスク低減作用 [2011年11月02日(水)]
科学誌プロスワンに、レスベラトロールによる心不全リスク抑制効果を示した基礎研究が、フランスのグループ(Univ Paris-Sud Châtenay-Malabry)から報告されていました。
(PLoS One. 2011;6(10):e26391.)




レスベラトロールは、赤ワインなどにも含まれるポリフェノールの1種です。
抗酸化作用や抗炎症作用を有しています。


レスベラトロールは、長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化することが知られています。

近年のアンチエイジング研究では、レスベラトロールが長寿遺伝子を活性化することが話題になっています。



この数年、レスベラトロールに関する研究が盛んになり、様々な作用が示されています。



さて、今回の研究では、心不全に対するレスベラトロールの効果が検証されています。


心不全は、心臓の収縮機能の障害、エネルギー代謝異常による心臓の機能不全の病態です。


レスベラトロールは、抗酸化作用や抗炎症作用を有しており、心不全における心臓や骨格筋でのエネルギー代謝に対する作用が想定されます。


具体的には、高血圧性心不全モデルとして、食塩感受性ラットを用いて、心不全を導入し、その後、レスベラトロールが18 mg/kg/日の用量で8週間投与されました。

(高食塩食3週間投与によって、心不全が導入され、高血圧と心肥大の病態が確立した後、8週間のレスベラトロール投与。)



レスベラトロール投与の結果、
対照群に比べて、生存率が有意に改善しました。

(レスベラトロール群では64%、対照群では15%;p<0.001)


また、体重減少の抑制、心不全(駆出率の低下)の抑制といった効果も見出されています。


さらに、大動脈血管内皮機能障害も、レスベラトロール投与によって抑制されたということです。



レスベラトロール投与は、ミトコンドリア機能の維持、脂肪酸酸化、PPARα発現の維持を介して、これらの機能を発揮すると考えられます。



以上のデータから、レスベラトロールは、心不全において、生存率の改善、血管内皮機能の改善、心臓の収縮能の維持といった効果を示すことが期待されます。


今後、臨床的意義の検証が期待される分野です。



------------------------------------------------------------------
医療機関専用サプリメント【DHC FOR MEDIC】(DHCフォーメディック)

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】

【健康食品FAQ】

【DHCの研究開発】
------------------------------------------------------------------
posted at 23:58 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/1991
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る