サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ドライアイ症状がビタミンDサプリメントで改善 [2017年09月21日(木)]
今月の眼科学の専門ジャーナル(電子版)に、ドライアイ症状に対するビタミンDサプリメント投与の有用性を検証した臨床研究が、オーストラリアのグループ(Queensland University of Technology)から報告されていました。
(Cont Lens Anterior Eye. 2017 Sep 11.)



ビタミンDは、抗炎症作用や免疫調節作用など、生体の機能維持に必須の微量栄養素です。

今回の研究では、

血中ビタミンD値とドライアイ症状、およびビタミンDサプリメントの経口投与による作用が検証されました。


具体的には、次の3つの群を対象に研究が行われています。

(i) 29名の高齢の被験者、

(ii) 29名のドライアイ患者、

(iii) ドライアイであり、かつ、血中ビタミンDが低値である被験者32名に、2ヶ月間、ビタミンDサプリメントを投与した群


被験者のドライアイ症状に対する評価のために、

・ドライアイの自覚症状試験:眼表面疾患指数. Ocular Surface Diseases Index (OSDI)

・フェノールレッド綿糸法.phenol red thread test (PRT)

・シルマーテストSchirmer's tear test,

・涙液層破壊時間,

といった指標が調べられています。

また、
QOLや血中ビタミンD、IL-6も測定されました。


解析の結果、

まず、
高齢者では、

ビタミンD値と、ドライアイ症状およびドライアイ重症度、疲れ目の症状との間に有意な負の相関が見出されました、

次に、
ドライアイと診断された被験者でのビタミンD値は、OSDIスコアやIL-6といった指標との関連は認められませんでした。
一方、IL-6値は、涙液産生と相関を認めました。

さらに、
ビタミンDサプリメントの投与試験では、

ビタミンD値は29mol/lに上昇し、

ドライアイ症状の有意な減少が認められたということです。

なお、IL-6値には有意な変化は見出されていません。


以上のデータから、

高齢者において、
血中ビタミンDの低値(<50nmol/l)は、ドライアイ症状と相関すること、

ドライアイ患者では相関が認められないこと、

ビタミンDサプリメント投与により、ビタミンD値の上昇、ドライアイ症状の改善、涙液の質の改善、眼球表面の状態の改善
が示唆されます。


これまでに次の研究が知られています。



オメガ3系脂肪酸によるドライアイ改善作用




魚油サプリメントによるドライアイ改善作用



オメガ3系脂肪酸+抗酸化サプリメントによるドライアイ症状改善作用


オメガ3系必須脂肪酸によるドライアイ改善メカニズム


オメガ3系脂肪酸サプリメントによるドライアイ改善効果@緑内障患者


DHCは、OTC医薬品も製品化しています。

DHC赤い目薬<一般点眼薬>[第3類医薬品]
現代人の目の疲れ・かすみ・かゆみ、目の充血に






------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報
------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4173
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る